新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

中国嫌いは嘘?多くの台湾人が中国本土(特に南京、上海、広州)に暮らしている理由【台湾の反応】




なぜ台湾人は中国本土に住んでいるのですか? 彼らは独裁を恐れないのだろうか?というようなスレッドが英語圏のサイトにあった。興味深かったので少しご紹介したいと思います。


まず台湾人は世界中に散らばっている。とはいっても、中国人ほどは散らばっていないのは確か。散らばっていたとしても、中国ほど人口が多くないので、台湾人が特別目立つということはない。

ウィキペディアで在外台湾人を調べてみると、世界中に住んでいる台湾人の国別ランキングは以下のようになる。

10位 豪州(510,000人)
09位 シンガポール(60,000人)
08位 ベトナム(60,000人)
07位 日本(61,000人)
06位 カナダ(66,455人)
05位 ブラジル(70,000人)
04位 タイ(140,000人)
03位 アメリカ(364,595人)
02位 インドネシア(510,000人)
01位 中国本土(1,000,000人)

このように、中国には台湾人が100万人ほどいると言われている。台湾の人口は、2017年現在2300万人なので、かなりの割合で中国本土にいるという計算になる。

「海外に住む日本人の国別TOP20, 日系人の国別 TOP20 と、世界の日本人街リスト」

日本人が中国に13万人しかいないことを考えれば、日本より遥かに少ない人口の台湾人が中国に100万人もいるというのは、驚異的な数字かも知れない。

それにしても、このランキングを見ていたら、インドネシアにはなぜこんなに台湾人が多いのか?ということが気になり始めてきたではないか…。

それは日を改めて書くことにしよう…。

ちなみにオーストラリアのABCニュースでも、台湾の選挙が近づくたびに、中国に住んでいる約100万人の台湾人の数割が、わざわざ台湾の選挙に参加するために帰国する。と書いている。

Taiwan election: Nearly 1 million expatriate Taiwanese in China to forgo vote as their side's chances dim

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Overseas_Taiwanese


(台北よりも都会チックな南京。日本人にはこの発展度はあまり知られていない)

それでは、quoraというサイトで紹介されていた、なぜ多くの台湾人が中国本土に暮らしているのですか?についての反応を書いていきます。

01.海外の名無しさん
独裁政権というものには、さまざまな形がある。たとえば、弾圧的な手法もあれば、国民に気づかれないように独裁するやりかたもある。後者のほとんどは米国の同盟国がとる手法だ。だから、世界中どこでもだいたい実際は独裁政権なのだよ。しかも、台湾も数十年間、独裁政権下にあったため、台湾人にとって何も恐れることはないのです。

02.海外の名無しさん
中国本土に住むほとんどの台湾人は、1949年の中国革命のときに台湾に逃げた中国本土の子孫とその家族なんだよ。しかも、南京、上海、広州など、中国国民党の本拠地だったエリアに台湾人が多いのも特徴。

03.海外の名無しさん(台湾人)
いくら中国本土のひとたちが、台湾省と呼ぼうが、台湾は、中華民国、つまり Republic of China (ROC) であり、中国の政治に関与することも、中国の政治に参加することもできない。 したがって、実際に台湾人が中国本土に行くと外国人扱いです。その証拠として、台湾人が中国に入国するためには、パスポートが必要。独裁というこの概念は、中国本土の中国人にのみ適用されるので、実際に台湾人が不愉快な思いをすることはない。

04.海外の名無しさん(台湾人)
理由は簡単。台湾よりも中国本土によりビジネスチャンスがあるからだ。台湾人は商売好きなのだよ。知らなかったのかね?

05.海外の名無しさん
多くの台湾人が中国を目指す理由を重要性の高い順番に紹介していこうと思う。

①お金→台湾の若者にとって台湾島だけで仕事を探すのは先が暗い。なので世界経済第2位の中国市場に入りたいのは、誰でも想像がつくことだろう。ビジネスチャンスがはるかに高い。起業家にとっては西洋国家よりも中国に参入しやすい。つまり、中国市場で競争するとしたら、台湾人がとっても有利になるわけだ。

②人材→台湾人の人材が本土で求められているためである。台湾人と同じ質を持った中国人は本当に少ないのです。

③社会性を高めるため→台湾にいると、小さすぎて心も狭くなる。けれど中国に行けば、もっと野心がうまれるし、リッチなマインドを育てることができる。社会的にいろんな経験ができるのもポイント。

④教育→台湾人でも台湾の大学に入るのは結構大変。けれども中国の大学に行けば、それほどスコアを求められないため、容易に入学できる。

⑤思っているほど政治はひどくない→確かにフェイスブックは使えないけど、VPNとかでなんとかなる。抜け道はいくらでもあるんだ。

マルチリンガールのコメント
さまざまな意見がみられました。私は以前、南京に住んでいましたが、そのときに直接台湾人に会ったことはないものの、南京は今も中華民国(台湾)の首都だと、台湾では教えられていて、中国の都市の中でも、台湾人は南京に多い。と聞かされたこともあった。

中国の知恵袋系サイトでも、やはり、なぜ南京にはこんなにも台湾人が暮らしているの?というスレッドがたてられている。
为什么南京这么多台湾人?????????

台湾の一部の人たちには、中国をもう一度、中華民国に切り替えて、南京を首都にしようとたくらんでいる人もいるのかもしれませんね(笑)

以下に関連記事を統合しておきます(^^♪



なぜ中国と台湾は対立を続けるのか?【海外の反応】

英語圏のサイトで、なぜ中国と台湾は対立を続けるのか?という動画がかなり見られている。というこの動画は、なぜかいいね!を押したマークがついていたので、私も過去に見ていたのだということ。(笑)

おそらく、日本人の中には中国・台湾・香港などがなぜそれぞれ違う国なのか?と思ったりもしているのではないか?

けれども、これらは明らかに現在、違う国であり、それを知るには歴史を学ばなければならないということにある。

歴史・・と聞くと、読みたくなるかもしれませんが、こんなバカな私でもわかるように書いてみたいと思います♩



ところで、台湾人は、中国のことを大陸と呼んでいるのをご存知でしょうか?

中国と聞くと、中華人民共和国というふうに日本人は思ってしまいがちなのですが、実は台湾も中国。え?どういうこと?

現在、アジアには二つの中国があります。
①中華人民共和国
②中華民国(台湾)

もともと中華人民共和国が成立するまでは、中華民国という国しかありませんでした。その中華民国の政府が台湾島に行ってしまったので、台湾島が中華民国という国になったわけです。

つまり台湾は島の名前。台湾という国の正式名称は中華民国。

けれども面白いことに、英語に直すと、中国という名前は消えます。
①中華人民共和国→ CHINA(支那)
②中華民国→TAIWAN(台湾)

これは韓国にも言える。
韓国→KOREA(高麗)

不思議と言えば不思議…。

つまり、中華人民共和国政府からすると、本物の中国は中華民国(台湾)ではない!だから、中華人民共和国に統合されるべきだ。という風に考えているのかもしれない。

この動画を見る限り、現在の中国では台湾を将来的に香港のように統合しようと考えているということが分かる。確かに中国人からしてみれば、あれだけ先進国になった台湾が気になってしかたないということはあり得るだろう。




また台湾を併合することで、より日本を孤立させることも可能。フォーチューンという雑誌によると、中国の経済規模が米国を上回ると言われている2030年あたりに、中国は行動にでるかもしれない。

今の北朝鮮状態を見ても分かると思うのですが、本当に何が起きるかわからない世の中になっていると思うし…。けれども台湾の併合に関しては、2020年東京オリンピック後すぐに起きることはないと思うというのが私の見方かな…。
http://fortune.com/2017/02/09/study-china-will-overtake-the-u-s-as-worlds-largest-economy-before-2030/

いずれにしても、経済規模として中国は2030年あたりには米国を超えると言われているので、今現在の中国や韓国への厳しい対応も、過去のモノになってしまう可能性も否めない。

以下、海外の反応です。

1.海外の名無しさん
あらまぁ・・。あんたさ、中国で起きた国共内戦の直接的な原因がアメリカだったってことには、なぜ言及しなかったの?それによって中国と台湾が現在でも対立しているわけでしょ?→これに200以上のいいね!がついている。

2.海外の名無しさん
ここに書かれているコメントには馬鹿げたものも結構多いね。ていうのも、この動画は、政府や政党がお互いに嫌い合っているということにフォーカスしている。だから、中国人と台湾人の一般市民がお互いを嫌い合っているってことではないということ。けど、ひとつ言わせていただくと、インターネット上では嫌い合っている人も結構いるね。→(これって、日本人が直接韓国人に会っても何も言わないのに、インターネット上では悪口言いまくっているのと同じことかしら?)

3.海外の名無しさん
中国大陸に住んでいる中国人だけど台湾を嫌ったことなんて一度もないんだけど…

4.海外の名無しさん
おもしろいことに、中国大陸に住んでいる中国人は台湾のことを何とも思っていないのに、台湾人は敵意をむき出してるよね。→(中国大陸の人たちにとったら、台湾は日本の本州の人たちが沖縄をみている感覚に似ているのかな?)あまり、関心がない。そういうイメージ?けれど、台湾人からすると、中国は核を向けている国でもあるし、脅威なのかもしれませんね…。

5.海外の名無しさん
なんで、内モンゴル地区を中華人民共和国に含めるワケ?→ちょっと話題が逸れてる・・w

こんな記事もオススメです。
「南京で日本語教師だったとき、中国人に聞いた大虐殺の真実」



中国嫌いは嘘?多くの台湾人が中国本土(特に南京、上海、広州)に暮らしている理由【台湾の反応】 中国嫌いは嘘?多くの台湾人が中国本土(特に南京、上海、広州)に暮らしている理由【台湾の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.