新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「1966年」にドイツ人カメラマンによって撮影された日本と、「1967年」の韓国を比較【海外の反応】



この記事では、もともと二つあった記事を、一つに統合しましたので、口調がおかしくなっているかもしれませんが、当時の東京やソウルの街並みの状況を中心に読んでいただければと思います(^_-)-☆

・日本も昔は、中国みたいだった?1966年にドイツ人カメラマンによって撮影された日本がスゴイ件【海外の反応】
・まだ漢字や日本の建物もそこら中にある時代。1967年の韓国ソウルが、大都会過ぎてビックリ【海外の反応】

これら二つの見出しが、この記事の中にはあります。どちらお好きなほうをお読みくださいね!


日本も昔は、中国みたいだった?1966年にドイツ人カメラマンによって撮影された日本がスゴイ件【海外の反応】


ついに見つけてしまったよぉ…。こんなレアな動画。って、コメント日本人ばかりだけどね…。けれども、この動画はドイツ人によって撮影されたものとされています。(チャンネルの投稿者も外国人というのがポイント)

まさか、マルチリンガールっていうブログなのに、日本人が日本のことを取り上げた動画を載せてたら話にならないからね…。(笑)

やはり、私のブログでは外国人目線を重視していますので…。けれども、やはりこの動画のコメントは日本人のコメントで埋め尽くされている。けれども、ところどころ英語で書かれたコメントもありましたので、以下にまとめてありますからね!

ちなみに、この当時の韓国の状況もまとめてみました!

「まだ漢字や日本の建物もそこら中にある時代。1967年の韓国ソウルが、大都会過ぎてビックリ【海外の反応】」



この動画は、17分ほどあり、なんだか中国っぽい音楽?で始まる…。朝早くから、新聞を届ける新聞のお兄さんの姿って、いいですよね。

もちろんこの当時はスマホなんていうものもなく、暇なときにスマホをみるなんていう習慣は日本人にはありませんでした。

現在の日本人はスマホが自分の体の一部、第二の手や頭みたいな状態になって、かなり依存しすぎて弱ってしまった?とも思ってしまう。こんな動画見ていると…。




2:40くらいから見れますが、こうやって家族そろって朝ごはん食べるなんて羨ましい…。しかも、今みたいな西洋的な家ではなく、いかにも日本的な家っていうのも…。

あらま!3:18の団地!私が昔住んだことのある団地にそっくり!!もしかしたら当時のものを改装したものだったのかも?

それにしても団地、よくもつな…。3:54→相変わらず日本の道は狭く、しかもクネクネしていますね・・・。坂も多かったり。

5:11 の子どもたち。。こういうの一度見てみたい!!( ´艸`)子どもって本来こうやって遊びたがるものなんですよねきっと…。

それにしても、女性がみな着物をきて、エプロン?みたいなのをしているのが、すごく日本人女性らしくて素敵。本当、奥さんという感じがする。

機械があまりなかったころ、今よりももっと人と人とのコミュニケーションがあったような気がする。少なくてもインターネット上でこうやって何かを読んだり、誰かとコミュニケーションすることすらできなかった時代だ。

大型ショッピングセンターがないこの時代、近くの商店街でいろんなお店にいって、そのお店の人と話しながら買い物するスタイルだったのですね。

12:04 を見てください!!
私、気づいてしまったわ…。最近日本では、中国のマナーが悪いと叩きまくる人がネット上には多いですが、日本もこの時代、こうやって車が人より偉い?みたいな感じで、普通に、クラクションを鳴らしまくってるじゃない!!(笑)

これ、私が中国に住んでいた時に、車がクラクション鳴らしまくるのを聞いていて、これが中国の民度なんだな。と勝手に思っていたけど、

日本にもそういう時代があったのですね…。この動画一つでもいろんなことを発見することができる。

12:45 当たりから見える銀座。。やはり今と変わらず都会!!

14:50 の畳の部屋!!これ、私が昔住んでたボロアパートと全く同じつくり!!ドアが同じタイプ!!感動!!

15:25 私が一番好きな光景かも。めちゃくちゃ狭い部屋で、家族でご飯を食べる光景・・。これって日本に来るような外国人もすごく憧れるみたいです。

たとえば、そういう外国人が新宿歌舞伎町のゴールデン街に行くようです。(とても酒場が狭いので…。知らない人と交流しやすい)

で、動画は終わってしまったけど・・。これ本当にドイツ人によって撮影されたのかしら?という疑問はまだ残っています・・w

コメントはほとんど日本人からのものですが、英語で書かれたものもまだらにありましたので、その部分だけ、以下に書き留めておきますね。



以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん(中国系)
この動画には本当に驚かされたよ。初めから終わりまでよくできている。何度もリピートしてみました。また、心に残るものばかりでした。

我々はこれを撮影してくれた、Michael Rogge に感謝しなければ。



(彼の動画です)

02.海外の名無しさん(アラブ系)
この動画は純金だぜ!もっというなら、文字上の窓だ。つまり、この動画を観ることで、1960年代の本当の日本の声を聞くことができる!

03.海外の名無しさん(白人男性)
この当時の日本は、今現在存在する半分以上の世界よりも発展しているように見えるなぁ。

04.海外の名無しさん
1960年代初頭は、日本にとってもアメリカにとっても、黄金期だったよね。残念だけど、もう二度とこんな時代は来ないと思う。

05.海外の名無しさん
9年以上も近代の東京に住んでいる私からしたら、この動画は過ぎ去った過去からのお土産そのものだよ。懐かしすぎる!

06.海外の名無しさん
こんな素晴らしい動画をアップしてくれてありがとう。感謝するよ。真実の日本を見ることができた気がする。

07.海外の名無しさん
1966年は、日本では普通に女性が着物を着ていたのですね。ビックリしました。

08.海外の名無しさん
6:55 の仕事用のジャケット?確か日本では作業着っていうらしいけど、カッコ良すぎる!!俺の父さんは作業着のことを愛してたよ。毎日着ていたんだ。仕事がない土日でもね。この動画を観てたら、この作業着が欲しくなってきたよ。

09.海外の名無しさん
日本の警官はあまり変わっていない感じだなぁ。今もなお、道案内やお財布を落としたりした人にお財布を返したりとか、そんな感じだよね。

10.海外の名無しさん(インド人)
1966年の日本は、2025年にインドが成し遂げる光景よりも、かなり先進的で、近代的だよ。

インド人はこれを聞くとがっかりするかもしれないが、これが実情なんだ。我々インド人は、汚職の多いインド政府に疲れ切っている。インドには日本のような社会的士気や熱意がないからね。




FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

Kitaさん
1959年うまれのワタチ的にわ、きょうび子どもたちのファッションが、豊かな日本のハッテンをシンボライズしてるよーにおもわれる

永田さん
確かに私は大阪人ですがそこらじゅうクラクション鳴りっぱなし電車のプライオリティシートタバコ🚬お酒🥃関係なかった記憶があります、少しは変わったのかもしれませんね。少しは⁇

安藤さん(上海在住)
1970年の万国博に私は音声認識ロボットとAI機能つきの服飾デザイン→仕立てロボットを出展する係になったため1969年から1年間毎週大阪へ通いました。従って以下はその頃の話です。今のモダンな大阪とは違います。電車がホームに入ってくると大混乱。昼間に道路の真ん中に将棋台を出して自動車によけさせて堂々と賭け将棋をやる人たち。
電車やバスに窓から荷物を放り込んで座席を確保する人たち。(当時は外から窓を開けることができる車両だった)
阪神電車に乗っていたら、甲子園から乗ってきた人たちがワンカップ酒飲みながら今日の試合の敗因について語り合っているうちに、誰かが「ご苦労さん。毎日敗因にはこと欠きませんなぁ」と言った途端!「待て!ワレいまなにヌカしよったがぁ?」(関西弁は苦手なので記憶不正確)と顔色変えて車内でケンカ。私は東京者なので「えらいとこへ来ちまったなあ。万国博が中止にならないかなあ」と本気で思いましたよ。あれから1980年代が終わるころには今の日本標準に近づいてきましたね。あの体験がありましたから、私は上海市へ来たときに、普通の日本人(昔の大阪、名古屋、広島、北九州地区を除く普通の日本の人)みたいにびびってしまうこともなく中国生活に入ることができました。大阪には感謝しても感謝しきれません。おおきに、ありがとさん。


井原さん→安藤さん
1970年代ならば、戦後の職業難で大阪は九州四国や東海地方から沢山の人が押し寄せた後の定住してしまった人達の集まりですね。私も1990年代後半から大阪に数年住んでいましたが、同級生の中にも親や祖父母が大阪の人は本当に数人でした。(私は出身地すら違いましたが…)出稼ぎ労働者の孫や子供や朝鮮族の人が多かった印象です。安藤翁が見た1970年代の大阪の人はおそらく殆どが出稼ぎ労働者だと思います。

安藤さん→井原さん
「東京のやつらは‥‥」と言われてもたいていは東京人ではなく田舎から来た人だというのと同じですね。あのころ東京でも職場の出身別構成はこんな感じでした。(同期入社が1600人。社員数は海外事業所が10万人で国内が5万人いたから、人口構成サンプルとしては統計母数として、有意だと思います)いちばん多いほうから「東北・北海道」→「近畿地域」→「九州・沖縄・南西諸島」→「関東地方(東京も含むけど埼玉→神奈川→千葉→群馬→東京→栃木の順)」で、なぜか中部地方、山陽山陰地域(中国地方というと誤解するので)と四国の出身者はあまりいなくて珍しかったです。
大都会で「ここの連中は‥‥」と言っても、たいていはそこの土地の人ではないということですね。


榊原さん
1960年代に日本で働いていた欧米人の証言で「アメリカの車はは左側、イギリスは右側通行、日本は右と左の間を縫って走ってる」と言ってました。昭和30年代の映像や写真を見ると中国やロシアの車道みたいになってますね。吉永小百合主演の伊豆の踊子でも、現代(撮影当時1960年代)の映像を見るとバイクがノーヘルでした。

安藤さん→榊原さん
そうでしたね。オートバイでヘルメットはかぶりませんでした。カミナリ族(後世の暴走族の前身)なんか、ヘルメットかぶるときは日本刀や猟銃を持ってケンカに行くときだけでしたね。新橋駅前にビルが建つ前に関東松田組の組長の奥さんがマーケットをやっていたんですけど(組長は刑務所)、厚木の海軍航空隊の夜間戦闘機の月光からはずしてきた20ミリの機関砲を布団の上に乗せて、韓国人や中国人がトラックにたくさんの人を乗せて(みんな銃を持って撃ちながら)走り去るのをトラックごとやっつけるために撃ちまくってました。新橋駅のホームは見物人であふれかえる人人人‥‥米軍のMPがジープと兵員輸送車でやってきて見物。マナーなんかありませんでしたね。(吉永小百合は私と同じ中学でした)

武田さん
日本でも場所によって文化度が違いますから。。。

安藤さん→武田さん
その通りです。昔の日本がどこでもマナーが悪かったわけではありません。ドイツ人は日本の悪口言うのが好きだから。(私の勤務先がドイツでいちばん大きな電機会社を買収したとき、職場にドイツ人が混じったのですが、日本の悪口ばかり言ってました。模型飛行機クラブで多摩川河川敷で模型飛行機同士の戦争して、撃墜数で日本が(我々が)勝ちました)

関川さん
今は逆にワーワーどうでもいいことでうるさすぎます。不寛容で窮屈な社会になったなぁ〜と思います。もっと大らかでいいと思うのに。

井原さん
1990年代の東京千葉は最悪でした。親の転勤で和歌山から連れてこられましたが…まず、大気と水が悪い。また、町中悪臭と暴力的な人間、ホームにタンやツバ、ゲロや小便…電話ボックスは中が見えないくらいの卑猥な広告と金貸しの広告、中で自慰行為をしたであろう形跡と悪臭…新宿駅の通路沿いに乞食がの家がたくさんありました。(ホームレスの家とかくと矛盾していると思ったので敢えて乞食といいました。)店員や駅員の態度も悪く、店も汚い店が多かったです。そして何より、どこもかしこもどんよりしていました…

北原さん
ふーむ・・・?1966年と言ったら、私が、20歳ちょい前。信州の田舎が、実家でしたが、着物はありましたが、ほとんどの女性は、洋服でしたよ。日本のどこをリポートしたのですかね???

石井さん(香港在住)
途中で映っている黄色い電車は山手線です。なんで京浜東北線はその頃の新車が映っているんだ?

Takedaさん
着物の上に着ているのは、割烹着で、ドラマなんかで小料理屋の女将さんが着物の上に着てるヤツです。

仲市さん
私の母も洋服上に割烹着を来てました。単にエプロン代わりでしょうが。

武市さん
今と違って、ご近所さんと仲良くしていた時代ですね(^^)v

宮崎さん
野糞、経験者です。場所を選んでやります。まず人目につかない所。人様が踏んづけない所とか^^;山歩きなどで便所がない所では誰でもそうしますね。

小田原さん
これって私の小さかった頃の物ですね。本当に懐かしい。ですが主さんが言われる様なクラクションがあちこちで鳴らされるってのは無かったですね危険に対して警告の為だったんじゃないですか?自転車も歩行者も車に対して まだまだ無頓着だった時代クラクションを鳴らすことで危険を回避する役割があったのだと思います

篠塚さん
1958年生まれのおいらは丁度出てくる子供と一緒位、懐かしい光景です。

森岡さん
ちょっと気になった事が・・・自分1961生まれでこの映像の一番下の子より少し上位かな気になったのは食事の時に「いただきます」が無かったなあと自分はすごくうるさく言われた家だったので・・・近所も周りもしっかり言わせられてたのでちょっと気になりました(お姉ちゃんがいきなり箸をのばして食べ始めたので少しびっくりしました)

久美子さん
>エプロンみたいなの→割烹着って言葉が分からなくなっちゃっているんですねえ。初期のドラえもんでは、のびたのお父さんは、着物を着ています。

森岡さん→久美子さん
サザエさんのフネさんはいまだに着物割烹着でしたよね?最近観ていないので自身ありませんが・・・

久美子さん→森岡さん
こないだの放送では、「くけ台」をつかってお裁縫していました。日本人でも「くけ台」知っている人はいなくなったでしょうね~。




Iseさん
数十年前は電車やバスの中でもタバコ吸い放題で、食べた弁当の容器は座席の下に置いておくのが定番。
田舎に行ったら粋なおばさんが立ションしてたりしてましたからねぇ。

野路さん
経済や技術は進歩しても中国の民度は全然違いますよね…。歩んできた歴史や思想、政治制度が全く違いますから。

野口さん
田舎の私には、当時の都会での、憧れのスタイルでした。50年前の中華人民共和国では、都会でも皆んな同じ自転車と人民服の群れで、自動車どころではなかったですよね。

Morikawaさん
高度経済成長時代で皆「早く食べて早く仕事へ」と真面目に急いでた時代ありましたね。電車通勤でも歩くスピードがメチャ早かったですよ。東京は特にね。そういう時代もありました。

Akiさん
こんにちわ。当にその通り。当時は今の中国以下だと思います。無知識・無教養が、当たり前で、都合良い事だけを喧伝し、悪いことは社会全体で隠す、又は無関心。エゴイズムが自覚症状の無いまま、急成長していた時代。

Jackieさん
今の謝罪社会も異様です。

大黒さん
1966年って高度経済成長中。冷戦まっただ中で戦後まだ20年ほどしか経っていない。全土が焦土となった中で、よくここまでリカバリー出来たと誇らしいですね。カローラやサニー等が発売されてマイカー元年、この後も飛躍的に家電が普及。夢があってイイ時代ですね

多喜さん
今も、○立ナンバーとか、軽ワゴンはすぐクラクション鳴らしますね。弱い、自分の行動制御が出来ず我儘→道路交通法守れない、、一般常識がない、共和できず、クラクション連発、周りドン引き。LOL!

kagamiさん
日本は、オリンピックを境に、高度成長、中国も、オリンピックを境に、高度成長、、、

横山さん
安かれ悪かれのメイドインジャパン。昭和世代ではわりあい常識でしたね^^

Ninomiyaさん
男の子が使っているご飯茶碗、同じようなデザインの使った記憶がある。全国ブランド?

えり子さん
光化学スモッグって、言葉がありました。お正月3が日だけ、富士山が綺麗に見えた時代でした。日本も環境問題では、苦慮してきています。それがあったから、きれいな日本ができたと思っています。

五月さん
これはやらせ…いただきますもないもんね

小田木さん
クラクションだけじゃありません。バブル期にはNYティファニーで、こっちの棚からそっちまで全部ください、みたいな事もしてましたね。元祖爆買いは30年前の日本人です。

田中さん
そうだよ!クラクションで殺人もあった。しかし、見習うモデルがなく。日本人は学んだんだよ。世界の良い所を!
しかし、学ばない国があるよ。日本人というモデルがあるのに。
シナの公害にしろ、シナは学ばないから、スモッグひどいだろ!

蔵田さん
ドイツだって、この頃、ハンブルグの歓楽街で、クラクション鳴らしまくりだったんじゃねえの?

深川さん
しかし救急車が通ってるのに歩道をゾロゾロ歩く日本人も恥を知るべし(¯―¯٥)

妙子さん
50年前ですね〜〜子供の数も3.4人は当たり前でしたね。商店街も活気があり皆んな「生き生き」してますね。ただ日常的に、和服はあまり着なくて、何かの会合とか、参観日には、着物を着てたと思います。……何にしても本当に懐かしい、映像ですね〜。

熊元さん
何処かで見た様な風景ですね。食卓を囲む子供がカメラに映るのでよそゆきの格好してますよ。(^-^)

田中さん
逆にこの頃は礼儀と道徳を重んじてた頃ですね

穎原さん
この動画、前からお気に入りです。お父さんのお茶碗持つ所作の美しい事!そして自分の記憶にある昔の東京がたまらなく懐かしい!

小山さん
色々民度が熟成してない面はあって、人さらいも当たり前にいましたが、大人は総じて思い遣りがあり面倒見もよく、頭の可笑しい人が地域に一人や二人はいても多くの人は受け入れて見守っていましたから、結構自由に徘徊していました。
豆腐屋のラッパの音や石焼き芋の売り声も街の音でした。舗装されていない道路のが普通で、バス通りに時々馬が荷車を牽いて通るのを見るのが楽しみな時代でした。祭りなどの露天は、遊べる要素が色々あって、駄菓子屋豪華版みたいで子供には楽しかったですね。

高橋さん
高度成長期、戦争が終わって21年、私、小1年生この家庭みたいに裕福ではなかったですが、幸せでしたねこの時代!懐かしい(^_^)

嶋岡さん
死んだ親父もそうでしたね。休みで母親がどこかえ連れて行けというと必ず競馬場だったけどね。食事の用意が出来るまで新聞や競馬の予想紙など見てたけどね。ただ親父は飯を食うときには星座でしたけどね。昭和30年頃はこんな風景でしたね。

知光さん
私が子供の時は今の生活と全く違ってました。今の中国よりも酷かったと思います。夢が持てた時代だったかもしれません。今のような閉塞感はなかったかな?今のように直ぐに過激な発言は少ないかったかもしれません。日本では、いつから夢を無くしたのかと思います。

野村さん
よこいさんは、昔の日本をご存知無いのですネ!!‼️50年前の道路交通マナーを、含め価値判断基準は、違いますので、今の感覚でマナーが悪い良いと言われることには、違和感を感じました!スマホ普及もこの4、5年ですしね!中国と一緒というのも、どうかと思いますが、経済的に豊かになる直前という意味では、同じかもしれないし、豊かになって、横柄になり、その後修正できた日本人と、それが出来ない国民、民度は、あると私は、思っています

3、40年前のオートバイ漫画、楠木みちはるの、あいつとララバイ他ノーヘルが、当たり前に描かれてましたし、ドラマもそうでした❗️三ない運動の後、ヘルメット着用が、やっと浸透し、バイク漫画も、レース主体でヘルメット着用が当たり前のものが、描かれるようになりました!

それでは、以下、当時の韓国の状況による記事を統合しますね(^_-)-☆





まだ漢字や日本の建物もそこら中にある時代。1967年の韓国ソウルが、大都会過ぎてビックリ【海外の反応】

1967年の韓国。なんて想像したことすらない。日本の統治時代の豊かになった動画は以前みたことはあるが、戦後、朝鮮戦争が終わり、1964年の東京オリンピックが終わったあたりのソウルなんて、あまり考えたこともなかった。

「外国人によって撮影された、日本統治時代の韓国ソウルの光景が凄まじい件【韓国の反応】」

独裁政権?というようなものが頭の中によぎっていたくらい。そうそう、1980年5月18日から27日にかけて大韓民国(韓国)の全羅南道の道庁所在地であった光州市を中心として起きた民衆の蜂起である光州事件に関する映画を見たり、また光州に行ったこともあるけれども、

さすがに、1960年代という、微妙な年代の韓国のことを知ろうとも思っていなかったし、知るとも思っていなかった。

私みたいにこうやって記事ばかり書いていると、掘り出し物が結構見つかってくるんですよね…→ユーチューブの関連動画あたりにw




変な話、この時代の人たちの韓国人の顔を見ていれば、現在韓国で整形している人たちの顔を容易にあてることができるようになるかもしれませんね。

朝鮮人自体、もともと美しいのに、整形する必要があるのかしら・・って私は思うけどね…。

「日本人がよく言う、韓国人はみんな整形している!は嘘ですか?」

それにしても、この動画、いろんな韓国人の生活の表情を映している。

2:50 あたりから、あらま、ラジオ体操をしているではないか…。日本から導入されたものよね…?

5:25 あたりを見ても、まだ漢字がたくさん並んでいる時代。

09:01 あたりから、朴 正𤋮(パク・チョンヒ)さんがでてくる。ちなみに、日本名は高木正雄。あの朴槿恵の父で、韓国の経済を独裁政権によって立て直したと言われている。また日本が大好きとされている。なので、朴槿恵さんが大統領になったとき、国民から親日と思われないように中国路線になったともいわれている。

いずれにしても、私の仲良しの韓国人男子の友達の中で、二人くらい朴正煕さんのことを尊敬している!と私に言ってきたのですが、彼ら曰く、韓国で彼のことを褒めると、頭おかしいんじゃないの?と言われるらしい。w

その友達2人によると、フィリピンと同じくらいの経済力しかなかった韓国が、朴正煕によって急成長したと語っていた。

それにしても話は戻りますが、

9:01 あたりからの高速道路の光景、現在の発展途上国より普通にインフラが整い始めてきていることがわかる。

本当に、1967年!?と思ってしまうくらい。

10:32 みたいに、この時代でも、色気振りまいている女子がいるのだね…wその後、水原ゆきのバスの光景が見れますが、個人的にはこの感じが好きかも。




で、11:14 からは、水の韓国人女子が続々と登場…。ん?なぜか、この時代の日本とはなんか違う気もするのは気のせいだろうか…。

「日本も昔は、中国みたいだった?1966年にドイツ人カメラマンによって撮影された日本がスゴイ件【海外の反応】」

あ、でも私の気のせいね、上のURLの動画もう一度見直してみたら、はやり日本のほうが、何倍も発展している印象・・。新幹線も有楽町を通っているし!→新幹線が開通した初めての日は、1964年10月1日のようです。

ではでは、韓国人の反応を見てみましょうか。


以下、韓国の反応

01.韓国の名無しさん
この当時、1967年に、まだ多くの朝鮮総督府の建物があったとは・・。過去の歴史からいったん離れ、実用的な目的で使用していたのだろう。当時、もっとも規模が大きい建物が、朝鮮総督府の建物であっただろうし、活用度が高かったのだと思う。我々にとって、朝鮮総督府の建物は痛みが伴う建物だが、当時は、これらの建物を活用せずには、生きてゆくことができなかったのだろうきっと。

02.韓国の名無しさん
このような貴重な映像は一体どこで保管されていたのだろうか?どうして消されなかったのか?不思議でたまらない…。

03.韓国の名無しさん
この当時って、北韓(北朝鮮)より生きていくことが難しかった時代。遠足行って、卵焼き食べて、ソーセージも食べられる子どもたちはみな中間層だよ。だから韓国はものすごく良くなったってことなんだ。当時我々が羨んでいたフィリピンは、今では世界の中でも貧困国。いつもお腹が減っている人が溢れてるんだってさ。

04.韓国の名無しさん
この当時、朴正煕ではなく、間違った人が韓国の指導者だった場合、今頃、スリランカと肩を比べるような国だっただろう。

05.韓国の名無しさん
本当に感慨深い映像ですありがとうございます。

06.韓国の名無しさん
この当時、ソウルがこの程度の都市だったってことは、地方はもっとひどかったってことかぁ?

07.韓国の名無しさん
朴正煕を支持するわけではないが、彼が凄いと思ったのは、韓国は天然資源もなく、土地も狭いのに、長期独裁主義によってこれだけ国を発展させたこと。同じ、ロシアのプーチンとはまるで違うようだ。ロシアは我が国の人口の3倍近くもいるにもかかわらず、GDPは我々以下だ。

08.韓国の名無しさん
つまりこの映像は、朴正煕の独裁政権は正しかったということなのだな?

09.韓国の名無しさん
若い諸君よ。 勉強しない限りパク・チョンヒ大統領が祖国のために何をしてきたのか分かりませんよ。 独裁者だったとただ非難だけせずに、その時代の脈絡で彼を再び慎重に評価してみてくださいね。

10.韓国の名無しさん
違う違う、朝鮮王朝の正宮である景福宮(キョンボックン)は全部日本時代に取り壊されたんだぞ。だから現在復元中らしいぜ。


マルチリンガールのコメント


Reference Site
http://english.visitkorea.or.kr/enu/ATR/SI_EN_3_1_1_1.jsp?cid=1340416

韓国側からすると、朝鮮総督府の建物は、屈辱的に映るよう。けれども、現在も、ソウル駅の隣には、東京駅と同じ赤煉瓦のソウル駅がまだ残っている。

しかも、皮肉なことに、現在のモダン建築よりも、存在感があり、現在の東京駅とソウル駅が双子だということがわかる。→これは韓国人でしらない人が多いです。ちなみに、中国東北部の瀋陽駅も日本人が建設したものであり、これも東京駅にそっくりの赤レンガで建てたものです。

ソウルを歩いていると、また小さい路地に入ってみると、日本時代に建てられたものは、まだまだみることができます。

こんな記事もオススメです。
「ソウルのコシウォンに住んでいたとき、80歳の韓国人に聞いた日本統治時代の真実」
「日本のハンサムなサムライが、イタリアで順位付けされていた件【イタリアの反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



「1966年」にドイツ人カメラマンによって撮影された日本と、「1967年」の韓国を比較【海外の反応】 「1966年」にドイツ人カメラマンによって撮影された日本と、「1967年」の韓国を比較【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 10月 30, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.