新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

カナダで天皇陛下の御料車列と警備が凄まじすぎる!と話題になっていた件【海外の反応】




カナダといえば、アメリカの上にポツンとある国と、多くの人が認識しているのかもしれませんが、カナダには王室があります。っていうと、え!?となりますよね…。

カナダに行ったことがある人はわかるかもしれませんが、カナダドルの肖像画は、エリザベス女王2世です。(現在のイギリス君主)

オーストラリア
ニュージーランド
カナダ

などは、現在でも君主がエリザベス女王である。そのため、カナダでも王室に対して関心のある人も多いだろう。というのが私の意見。

で、宮内庁のHPに、平成21年7月10日(金)にバンクーバーに到着と書いてあるように、

http://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/show/1?quarter=200903

天皇陛下はカナダのバンクーバーで歓迎を受けることになります。

2009年のことですね。現在2017年なので、8年前でしょうか。けれども、私にとったらつい最近のことに思えます。( ´艸`)

ちなみに話は戻って、カナダの君主はエリザベス女王2世ですが、最近噂されていることとして1つ興味深いのが、エリザベス女王2世が退位してしまった場合、

もしかしたら、オーストラリアやカナダが、コモンウェルスを脱退する可能性があるというふうに言われています。

非常にシリアスなタイトルとなっていますが、実際に英語版のユーチューブでは、このように現在健在である人に対して死後という言葉を使っているという事実…。



話はカナダに戻りますが、

つまり、違う見方でいえば、カナダという国エリザベス女王2世の国ということになります。以前、カナダのホームページに掲載されている世界の要人の称号に対するランク付け?みたいなものを解説したこともありますが、

カナダにとって天皇陛下、つまり世界からエリザベス女王2世と対等でいられるレベルのロイヤルファミリーが来ること自体凄いことなんですね。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」




以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん(アラブ人)
日本は、常にアジアナンバーワンだろう。

02.海外の名無しさん
おぉ。この映像カナダだったのか。アメリカのように思えたよ。警護車の感じがアメリカっぽい。

03.海外の名無しさん
おぉ。バンクーバーのフランス大使館の前で撮影されたものか!!

04.海外の名無しさん
戦争犯罪人

05.海外の名無しさん(マレー人)
外交儀礼にこれだけ税金を使い込むなんてほんとに浪費だな!

06.海外の名無しさん(日本人)
あの坂から上がってくる感じがいいなぁ。

07.海外の名無しさん
おそらくこの車は、レクサス・LSだろう。少なくても、ゴミみたいなフォード・モーター系のリンカーンの高級車ではないだろうね。

08.海外の名無しさん
あれ、いつもトヨタのクラウンじゃなかったっけ?

09.海外の名無しさん
タイのSrirasmi王妃ほどの車列ではない気もするけどね。

10.海外の名無しさん
凄く素敵な動画ね。でも、この動画のタイトルって、王室ってなってるけど、正しくは皇室よ?ロイヤル・ファミリー(王室)とインペリアル・ファミリー(皇室)を一緒にしないでほしいわ。ま、バンクーバーのオモテナシには本当に驚かされたけどね。

マルチリンガールのコメント

英語で書かれていたコメントのみ抜粋しましたが、案外海外の人たちのほうが皇室のことに詳しい?とか思ってしまいました。少なくても、日本では皇室に興味を持っている人自体あまりいないと思うので、嬉しい限りですね。

ちなみに、この動画はおまけです。あたくしの大好きな天皇陛下の若き日の映像。とても好青年です!!(>_<)/

以下、関連動画なので敢えてこの記事に統合しました(^_-)-☆




エリザベス女王って誰かに狙われてるの?ドイツでの警護車列が、あまりにも奇妙すぎる件【海外の反応】

以前、カナダをご訪問時に、カナダ人らしき人によってアップロードされたものをマルチリンガールブログでもご紹介しましたが、

「カナダで天皇陛下の御料車列と警備が凄まじすぎる!と話題になっていた件【海外の反応】」

上には上がいる。ってこういうことなのか?と、思った私。この動画はドイツのフランクフルトとベルリンで撮影されたものなのですが、

なんともすさまじい光景。これだけ警備する必要があるということは、それだけ狙われているということ?とも思ってしまいそうなくらいに、いかにも奇妙な光景に映る。



上の動画は、フランクフルトで、のエリザベス女王2世の警備車列。動画撮影者もビックリ。何があったの!?的な‥‥。

で、以下の動画は、ベルリンの中心部の写真なのですが(まさかフランクフルトから高速でずっとベルリンまで行ったわけじゃないわよね・・!?一体何時間車に乗ってたの!?)

上の動画のほうが再生数は高いものの、個人的には、下のベルリンでの警護車列のほうが、スゴイ!と思いました。

というのも、凄まじいくらいに白バイらしきバイクが、Vの形を作るように、先頭にいるのです。ちなみに、あまりの感激か?何事か!?と思いながら、私はちょっと吹き出しそうになってしまいました…。

ここまでするかよ・・みたいな。

けれども、エリザベス女王2世を怒らせてしまったら大変なことになってしまうので、それはそれで仕方がないと思う。→何か私が知らない理由もあるかもしれませんが(;^_^A

「ちょっとあんた、この私に対して curtsy(膝を曲げるお辞儀)をしなかったわね?エリザベス女王がブチギレた理由【海外の反応】」



ここは、ベルリンの中心部にあるティーアガルテンと呼ばれる場所。かなりの大きな公園の間に、直線道路があり、東京でいうのなら、皇居あたりに近いようなイメージ。

この車は、ベルリンのイギリス大使館に向かっているときの様子である。

もちろん、この車のどこかに、怒らせてはいけないエリザベス女王2世がのっているのである…。

1:17の森が壮大すぎてヤバイ・・。さすがにベルリンは、自然と調和した街だなと思いました。私のドイツ称賛始まりましたよ~。けど、首都のど真ん中でありながら、あれだけの森を残せるなんて感激です。




で、1:35 からいきなり音楽が変わる…。ここが、ウケる!!まるで、これから戦いに行くかのような、そんな感じを思い起こさせる・・

ついにエリザベスがドイツにブチ切れたか…。みたいなノリ。

それにしても、エリザベスどれに乗っているのだろう?まさか、カモフラージュとしてのっていなかったりなんて…。天皇皇后両陛下みたいに手を振ってくださらないし…。

あら、2:51 をみると、あのエメラルドグリーン色の何かをまとった女王らしき人が映っている…。これはドローンで撮影したと思われますが、よく許可でていますよね。

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
これはとても印象的だ。このような暖かい歓迎で女王陛下を迎えるということは、ドイツ人がかなり敬意を表している証拠だろう。

02.海外の名無しさん
完全に馬鹿げてる!!

03.海外の名無しさん(ドイツ人)
おぉ。なんて壮大な景色なんだ。自然が美しすぎる!

04.海外の名無しさん(イギリス人)
これは、本当に深い感銘を与える動画だ。俺らのクイーンがこのように丁重に扱われているなんて。ドイツよ、感謝するよ。

05.海外の名無しさん
間違いなく一番真ん中のバイクは、かなりのコントロールする必要があるだろうな。そうそうこのようなバイクのスキルは身につけられるものじゃない。あと、この動画の音楽のつけ方がセンスありすぎだよ。

06.海外の名無しさん(トルコ人)
エリザベス女王2世に対して、私は心から、愛と敬意を表したい
07.海外の名無しさん

08.海外の名無しさん
ドイツはエリザベス女王2世みたいな凄い人を受け入れることをラッキーだったと思ったほうがいい。

09.海外の名無しさん
このバイクのスキルもすごいが、そのあと、バイクのやつらみんなが、肩の上に乗っかって、高いピラミッドを作ってくれたらもっと爆笑したのに。

10.海外の名無しさん
ちょっとこれはやりすぎだよな。世界中のすべての女性とエリザベスは全く同等だよ。彼女は別にスペシャルなんかじゃない。ただのシンボルなのさ。

マルチリンガールのコメント
エリザベス女王がドイツに行っていたなんてことは私ですら知りませんでしたが、まさかここまで警備車列、特にベルリンの先頭に走っていたバイクのV型にはかなり驚かされました…。

こんな記事もオススメです。
「日本の天皇と皇后が、我らプミポン国王のためにわざわざタイに来てくれたぞ!【海外の反応】」
「英国ロンドンがイスラム教徒に乗っ取られた!?エリザベス女王やキリスト教徒がついにブチ切れていた件【海外の反応】」
「なぜエリザベス女王は、日本の天皇よりも世界的に有名なのですか?【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


カナダで天皇陛下の御料車列と警備が凄まじすぎる!と話題になっていた件【海外の反応】 カナダで天皇陛下の御料車列と警備が凄まじすぎる!と話題になっていた件【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 10月 29, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.