新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本より進んでる?同性愛がタブーとなっている韓国にも、レズビアンのカップルがたくさんいた件と、中国での変化【海外の反応】




今回も私の大好きなヒーチョリズムさんの動画をご紹介させていただきます。(最近、連絡を取る関係になりました)

レズビアンという言葉自体、日本では少々タブーとなっていますが、今回はヒーチョリズムさんのチャンネルから、日本人からみてもかなり興味深いタイトルを発見しましたので、さっそくマルチリンガールのブログでもご紹介させていただくことにしましたm(__)m♩

ちなみに、ヒチョルは同じような、こういう感じで韓国のトランスジェンダーにもインタビューしています。
「日本や、タイだけじゃない?韓国にも私のような、トランスジェンダー(ニューハーフ)が多い件【海外の反応】」

私にもレズビアンのお友達が高校の時に二人いました。私が高校3年生の時はよく、休み時間の時に、その二人と私合わせて3人で、色々サミットをしていましたが・・w

サミット!?ただ集まって話すだけです。。ちなみに、裏のサミット言われている

「なぜ日本人は、ビルダーバーグ会議に招待されないのか?」
じゃないですからね・・・。

で、そのメンバーのうち一人は九州の既婚女性の近くに住み、もう一人は北海道に残っているという感じ。ま、もう10年も連絡取っていないので、どう過ごしてるのかはわかりませんが・・m(__)m

同性愛者といっても、色々な呼び方がありますよね。
ゲイっていう言い方は、そもそも、幸せなとか、楽しい!という意味からきている。

それが同性愛者に対してゲイと呼ばれるようになっています。なので、この言葉自体は差別用語でも何でもない。



また、ホモセクシャルという言葉に対しても、homosexual つまり、ホモというのは、よく日本人が単一民族と言われたりしていますが、その時に使う英単語 homogeneous → 同種の。のように、

同じ種類という意味があるので、同じ種類つまり同性が好きみたいな意味になる。

なので、これも本質的には差別用語でも何でもない。

で、この記事の主題でもあるレズビアンは、なんと、ギリシャのレスボス島が語源なのです!!

女性に対する愛を謳った作品を多く遺した詩人であるサッポーレスボス島のエレソスという場所でまれたことが、この語源となっているそうです。。けれども、この島の住民は、これを歓迎していない模様・・・らしいです。



で、この動画を観ていると、強くたくましく生きている韓国のレズビアンカップルをたくさんみることができます。

アプリで知り合った人が多いようです。私も、韓国のアプリは日本よりも進んでいるようなそんな気もする。(私もアプリで韓国人と会ったことがあるので・・)

「24歳の時、韓国ソウルで25人以上の韓国人男子のメルトモと会ったりデートした理由」

よく聞かれるのは、

どうやってそういう行為をしているの?という話だそうです。




またこの動画は、レズビアンの方々から、世界に韓国のレズビアンの声を届けたいということで、要請があったそうです。

この動画の内容、かなり深いです。(日本語の字幕もついているので閲覧することをお勧め)

それにしても、彼(の動画は、色々な話題についてオープンに公開していますね。

動画を作るということは、何度も編集したり、字幕を付けたりかなり大変なので、頭が上がりませんね・・・。こういう動画をたくさん作っているということに対して。


以下、海外の反応


01.海外の名無しさん(韓国人)
本当に羨ましい。私のパートナーは一体どこにいるのだろう。

02.海外の名無しさん
韓国語で書かれているコメントがもっと肯定的だといいのにな。

03.海外の名無しさん(韓国人)
この動画を観て、不当な差別を受けている世の中の少数者方々が、みな幸せになれば良いのになと思ったよ。

04.海外の名無しさん
0:21のカップル、左側が右側の女を見つめているところ羨ましいな。あと、1:00のあたりで、左側の女が右側の女の手を握って、これが私の恋人なのよ!って自慢げにアピールしてるところも・・。

05.海外の名無しさん
このショートヘアーの痩せてる女性めっちゃ可愛い!!けど、彼女いるもんね・・・。ま、彼女もかわいいから仕方がないか・・

06.海外の名無しさん(韓国人)
幸せそうに見える!!(>_<)

07.海外の名無しさん(韓国人)
ゲイやレズビアンの方々が、社会で差別を受けずに、今後インタビューを受ける必要がないくらいの社会が実現することを祈っています。

08.海外の名無しさん(韓国人)
わが国では、性教育や、セクシャルマイノリティに対しての教育がとても貧弱だ。

09.海外の名無しさん
0:19の女性・・・。めちゃくちゃ魅力的過ぎて、何度も頭に浮かんでくる!!

10.海外の名無しさん
私が初めて韓国に到着したとき、ここは保守的で閉鎖された国なんだなって思ってたよ。でも実際に韓国に来てみると、そんなに同性愛者に対して閉鎖された国のようには感じなかった。事実、弘大(ホンデ)とかでよくレズビアンカップルとかを見るし。それをみて、韓国はLGBTコミュニティの希望だ!って思ったくらいだよ!!


マルチリンガールのコメント

私も、セクシャルマイノリティ?に属すると思うのですが、女性同士のマイノリティについてはあまり考えたことがありませんでした。この記事を書きながら、やはり愛するというのは、生殖器が同じ、とか、同じじゃない!?とかは関係がないのだということを考えさせられたような気がします。(;´・ω・)

ちなみに、私は心が女なので女性とはもちろんお付き合いできませんが、この動画に出てくるようなショートヘアーの男性っぽい女性なら、大丈夫かも!?なんて一瞬思ってしまった・・(;^_^A

ま、要するに、パートナーはやりたいやりたくないかで決めるべきではないということなのでしょうね・・。

以下、同性愛が認められないともいわれている中国の大都市上海で、レズビアンの女性がフリーハグを求める動画もあったので、

おまけとして、こちらの記事に、統合しておきます(^_-)-☆



同性愛がタブーの中国上海で、レズビアンの女性が目隠しでフリーハグを求めている動画が世界で話題に【海外の反応】

ふと、私の眼に留まったこの画像。一体、この男性は何をしているのかしら?とみてみると、どうやらこの人は男性ではなく女性のようだ。

つまり、彼女は男性。身体は女に生まれたけど男の格好で男性として行きたいという人。私の反対よね?私は体は男だけれども、自分のことは女と思っている。けど、化粧とか面倒くさいから女装姿では外に出ようと思わないだけ。

で、そんな彼女は中国で大胆にも、目隠しをしながらフリーハグを求めている動画に挑戦している。

上海と言えば、中国最大の都市であり、香港を含めなければ、中国で一番開かれた大都市だと思う。そんな中国最大の都市で彼女は目隠しフリーハグに挑戦したのだ。

しかも、この動画、なんと300万回以上再生され、しかもコメント数が、1万2千を超えるという…。

日本でこのようにレズビアン(LGBTのLの部分)の女性がフリーハグを求めている動画を探しても見当たらない。

つまり彼女は日本人のレズビアンよりも、ある意味で先を行っているということになる。

私は上海にも住んでいたし、上海のそのような事情も知っているが、実は中国は日本以上に同性愛に関して寛容な国なのではないか?とたまに思うこともある。

私が日本語教師だった時に担当していたカワイイ系の女子は、私にはハルビンに彼氏がいるの。と言っていたり。また彼女は男性でも、三浦春馬みたいな女の子顔系の男性しか好きじゃないとも言っていた。

そんな中国では LGBT パレードをすると、拘束されてしまいますが…。

「どこが一番進んでる?日本、中国、韓国、台湾。東アジアのゲイ(LGBT)パレードを比較してみた【海外の反応】」

けれども、インターネットでの LGBT 同士の出会いは、インターネットやアプリの普及でものすごく活発的に行われているのが現状だ。



だからといって、LGBTではない人たちに、フリーハグを求める。というのはまた別の話なのではあるが…。

では、この動画の内容を簡単に説明しますね。

とにかく緊張して、フリーハグを求める目隠しの男性(体は女性)、ずーっと、誰もハグをしてくれなかったけれども、0:33 あたりから、外国人女性二人組が、彼女とハグ。

なんだろう、上海みたいな洋館がたくさんあるところに、こういう白人女性が歩いていると、似合いますねぇ~( ´艸`)

なんと、そこから次々といろんな人がハグを。しかもほとんどが若い女性たち。

目隠ししていると、いつハグされるかわからない。というドキドキ感がありそう。しかも、自分が受け入れられているんだ。という不思議な気持ちになるのだろうね。

彼女にも笑顔がどんどんでてくる。ハグをしてくる人には、やはり外国人とオシャレな女性が多かった。




これをみて私が感じたことは、中国の発展は精神面までにきているのではないか?ということ。

「10年ぶりに中国に来て感じた発展のスピード(マナー含む)が日本以上にすごかった件」

たまたまこの動画は、中国の中でも一番発展している、また外国人に開放された大都会上海のど真ん中だったけれども、上海も東京に負けないくらい外国人が流入して、外国の情報に敏感な人がとても多い。

そういう部分を見ても、LGBT の面でいつか中国が日本を超えてしまうのではないか?とも私は思ってしまうのだ。実際に、中華圏でもある台湾は日本より先にこれを実行してしまった。

おそらく、この動画を見れば、上海や中国に対する考え方も変わってくるのではないか?

つまり、LGBT だけでなく、上海は人びとの多様性において、西洋のようになってきているような気もする。


以下、海外の反応


01.海外の名無しさん(白人女性)
私はストレート。同性愛者じゃないわ。でも、単純にこの動画を見て泣いてしまったわ。

02.海外の名無しさん
私はアジア人のバイセクシャルです。この動画なんか知らないけど、ものすごく泣けました。私の国では、同性を好きになってしまった場合でもそれを簡単には言えない。もし言ったら、親や親戚にばれてしまう可能性があるからね。

03.海外の名無しさん
俺だったら、彼女にハグはしないだろう。彼女がレズビアンだからという理由ではない。俺は人のセクシャリティについてどうでもいいと思っている。だから敢えて彼女に対してハグする必要もない。彼女が女性を愛しているということが、正常だからだ。けど、この動画はとても素晴らしかったよ。いろんな人が彼女にハグをしてあげて俺も嬉しかった。

04.海外の名無しさん
中国って挑戦的だね。応援しているよ!

05.海外の名無しさん
彼がゲイでも、男性でも、女性でも私はどうでもいい。まず、見知らぬ人にハグするなんて私はそんなことしたくないの!

06.海外の名無しさん
動画、ものすごく感動したよ。でも私が彼女だったら、ハグされるたびに、キャーって言ってしまうかもしれない。だって目隠ししていていつハグされるかわからないんだよ??

07.海外の名無しさん
0:16 のこのオジサン何なの?ハグするふりして素通りして行ったよね。

08.海外の名無しさん
私だったらハグよりも、彼女をデートに誘っちゃうな。だってとっても勇敢な人なんだもん。

09.海外の名無しさん
たぶん、彼女にハグした女子たちってみんなヤオイのファンなんじゃないの??

10.海外の名無しさん
うちらはみんな同じ。LGBT も少数民族も、障がい者も。みんな違っていて当たり前なの。


マルチリンガールのコメント

コメントを見ていると、なぜか泣いてしまったという人が多い。私もうるっときた。なんだろう、ここがアメリカだったら、うるっとこないかもしれない。

上海という LGBT がタブーとなっている国だからかもしれない。そんな国で、フリーハグをやろうとするのは相当勇気がいることだと個人的には思った。

また、私が実際に感じることでもあるのですが、中国の発展のスピードは物理的な部分だけではなく、人々の精神にまで及んでいる。のは確実なのかもしれない。

こんな記事もオススメです。
「公園でずっと一緒に話していても飽きない人を選びなさい。日本とヨーロッパの恋愛観や人生観が全く違う件」
「日本では自分のこと「バイセクシャル」だと、認識できていない人が多い理由」
「日本よりも韓国のほうが、ゲイに対してオープンになってきている?韓国に住むゲイを取材【海外の反応】」
「日本と韓国における LGBT (同性愛者)に対する意識の違いを検証【海外の反応】」



日本より進んでる?同性愛がタブーとなっている韓国にも、レズビアンのカップルがたくさんいた件と、中国での変化【海外の反応】 日本より進んでる?同性愛がタブーとなっている韓国にも、レズビアンのカップルがたくさんいた件と、中国での変化【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 11, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.