新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

東京は何位?2017年発表、観光客数が多い世界の都市ランキング TOP25






先日、観光庁発表のもので、2017年の訪日外国人(2017年9月15日時点)で2000万人超えという記事を見かけて、

やっと日本も観光客が2000万人を簡単に超えるようになったのかぁ…。と感心しているところである。

今からおよそ14年前の2003年。私がちょうど高校生のときだけれども、そのころは、
日本に来る外国人観光客数が、たったの521万人しかいなかったということを考えれば、この9月時点で2000万人を超えているという数字がいかに飛びぬけた数字か。ということがわかるだろう。

これは、2003年4月1日に官公庁が発足させた「ビジット・ジャパン」キャンペーンによるものが大きい。

訪日外国人旅行者数の推移(官公庁によるPDFデータ)

2000万人といえば、東京都(1370万人)の人口と、千葉県(614万人)の人口を合わせたくらいの人口である。

そう。それほど現在、日本には多くの外国人観光客が、飛行機や船で来るようになったということ。

それでも、日本は、中国にくる外国人観光客数、5900万人や、タイに来る外国人観光客3200万人には、まだ追いつけていない。(2016年のデータ)

また、これらの数字も、毎年変動が起きるので、上で示した数字と以下の2015年の数字には若干違いもある。

以下は、2015年の海外からの観光客数を示したデータ

10位=ロシア(3100万人)
09位=メキシコ(3200万人)
08位=英国(3400万人)
07位=ドイツ(3500万人)
06位=トルコ(3900万人)

05位=イタリア(5000万人)
04位=中国(5600万人)
03位=スペイン(6800万人)
02位=アメリカ(7700万人)
01位=フランス(8600万人)

世界観光ランキング(ウィキペディア日本語版)

※上のデータのソースとなっているウィキペディアの日本語版は、数カ月後に読み返したら内容が変わっていたので、だいたいこのくらいの数字。程度に参考にしたほうがよさそうだ。

で、今回のランキングは、上に書いたような国単位のランキングではなく、都市別の観光客数ランキング。euromonitor調査 という調査機関によるものであり、私的にも少し疑問に思う部分もありながらも、一応、この記事で紹介していきたいと思う。

結構、面白い結果となっていますよ~。( *´艸`)




25位 上海(690万人)

意外と少ない上海の観光客。中国には、5000万人の観光客が来ても、その最大の都市上海への観光客は意外と少ないということがわかった。上海の都市圏人口も、2500万人ほどいるので、その数字に比べても意外と少ないことが分かる。けれども、上海は依然として中国最大の都市圏人口を誇る。


24位 パタヤ(702万人)

なんとこの都市ランキングで、タイの都市は3つもランクインされている。それだけタイという国が人気である証拠なのかもしれない…。タイと言えば、ロシアにも人気があると言われており、特に、パタヤはロシア語の看板が多いということは有名である。

それほど極寒の地に住んでいるものにとって、タイという国はありがたい国なのだろう。また、パタヤと言えばバンコクから、150km ほどしか離れていなく、乗り物で2時間くらいで行ける距離。

最近タイで羽目を外す日本人も増えているという情報があるので、日本人としては行動に気を付けたいところである。

「最近日本人の質が悪くなってきているよね。と中華圏で話題になっている件【台湾の反応】」


23位 バルセロナ(704万人)



https://www.flickr.com/photos/jcucurull/16677405877

スペインでも人気の高いバルセロナは、なんと23位にとどまっている。この数字には少し疑問を感じる。国別ではスペインに来る外国人観光客は、6800万人もいるのにスペイン第二の都市であるバルセロナに、これだけの数字とはなぜ?

では、スペイン観光に行く人達は、どこに集まっているのか?と逆に聞きたくなるところである。


22位 ムンバイ(719万人)

ムンバイと言えばインド最大の都市。上の国別ランキングではインドという国がそれほど人気があるようには思えないけれども、この数字は何を反映しているのだろうか。


21位 デリー(740万人)

インド最大の都市ムンバイと、インドの首都デリー。この二つの数字があまり変わらないのが、不思議でならない…。


20位 マイアミ(780万人)



アメリカで唯一ニューヨークの次にランクインされているのがマイアミ。あれ?ロサンゼルスとか、シカゴ、サンフランシスコとかいったアメリカの大都市圏じゃなくて、なぜマイアミ?と思った人も多いかもしれない。

マイアミは人口がたった40万人だけれども、近郊の都市圏人口は、600万人と、名古屋都市圏に近い規模の人口を持つ。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_metropolitan_statistical_areas

またマイアミといえば昔は危険な都市として認知されていたが、最近は危険な都市ランキングからも圏外となり、人口も増えていて建設ラッシュが続いている。

またマイアミはカリブからも近く、人の流れが結構あるのかもしれない。それにしても、私的には断然ロサンゼルスに集まる外国人のほうが多いのではないか?とも思ってしまう。特にアジア圏からくる外国人はカリフォルニアのロサンゼルス国際空港を使用することも多いので…。


19位 メッカ(796万人)



メッカは、イスラム教最大の聖地であり、祈りを捧げるところであると言われている。またハッジが行われある場所でもあるため、毎年イスラム圏から多くの人がやってくる。そういう意味で、この都市には人が集まるということになる。

それでも、最近砂漠に登場した成金都市のドバイには勝てないという皮肉さ…。( ´艸`)

ちなみに現在、メッカではロンドンのビッグベンが大きくなったような、アブラージュ・アル・ベイト・タワーズという高層ビルがあり、なんと高さ 600m というスケールが違う!ものが、こんなイスラムの聖地に建てられている…。


18位 プラハ(818万人)




チェコ共和国の首都プラハ。都市圏人口は215万人ほどなので、1年間に人口以上の人たちがやってくる都市ということになる。

音楽、文学、芸術、色々なものを楽しみにこの地にやってくる人が多いのも特徴。またなぜかプラハが大好きな韓国人は異常なほど多い。


17位 広州(860万人)

広州のある広東省には中国の工場が多いため、バイヤーなどが海外から多くやってくるという特徴がある。そのため、展示会などが広州で開かれることが多い。また香港から広州にやってくる人も多いので、それが数字に出ているのだろう。

私が広州に行ったときは、街の中心部には外国人はあまり見かけなかったけれども、展示会など大規模な催しが結構行われていて、広州郊外の開発区みたいな地区に集まっていた。またそういう地区には高級ホテルが併設されていたりするのも特徴。


16位 ソウル(900万人)



ソウルは中国人観光客と日本人韓国客の数字に影響されやすい都市だ。ここ数年で日本人観光客が大幅に減少してしまうという現象も起きている。

「韓国人は観光で日本に行ってあげてるのに、どうして日本人は韓国に来なくなっちゃったの?→日本人は、台湾に夢中なのだよ!」

けれどもソウルは中国人にとっては中国から一番近い近代国家となる。また日本よりも近くて安いというメリットがあるため、この数字が急激には減ることはないだろう。

また中国では若者を中心にやはり韓流に憧れる層が多いのも現実である。その他に東南アジアの中流階級が増えると、日本に来る観光客も増えるが、ソウルを訪れる観光客もますます増えるだろうと予測する。

ソウルではそういう需要を見越してか、仁川の湾岸に上の写真のような新しい地区を次々と作って、シンガポール化しているのが、印象的だった。


15位 イスタンブール(917万人)

トルコにはヨーロッパから多くの観光客が来るため、これは頷ける。またイスタンブールは地理的にも、ヨーロッパの観光客を受け入れると同時に、ロシア、中東、北アフリカからの観光客も受け入れやすい立地にある。




14位 台北(920万人)

台北は中国からの観光客が多いのではないだろうか?また上のURLにもあるけれども、日本人観光客がソウルから台北に乗り換えている人も多い。

実際に、この920万人のうちの300万人くらいは日本からの観光客と思われる。いずれにしても、台北は現在、台湾の首都という特殊な立ち位置にあるわけだけれども、

台湾と断交する国が次々と現れる中、台湾は中国に近い将来統合されてしまう可能性も否定できない。

「ヨーロッパも認める「北朝鮮」と国交を結んでいる国は多く、台湾(中華民国)と国交を結んでいる国が少ない理由」

そうなると、このランキングからは姿を消す可能性すらある。


13位 東京(927万人)



東京やっときた…。東京の順位は今後も上がっていくと予想される。けれども、900万台というのは世界4大都市(ニューヨーク、ロンドン、東京、パリ)として数えられる都市としては、やや物足りない感じもする。

というのも、数字としては台北とほぼ変わらないからだ。台北といえば、名古屋くらいの都市圏人口しかないのに、東京と同じくらいの規模の観光客が来ているというのは、負けてられないという気持ちにもなる…。


12位 ローマ(940万人)

ローマと言えばものすごく観光客が多いというイメージがあるものの、今や東京と変わらないという部分に驚いている人も多いかもしれない。またイタリアにはあんなに観光客が訪れるのに、なぜローマは少ないの?という話しにもなる。

やはりランキングに完璧を求めてはいけないのかもしれない…。


11位 プーケット(1060万人)

タイは物価も安く、周りに国も多く、人の出入りする条件が揃っている。またアジアにはかなりの人口が集中しているので、プーケットのような温かい場所は、寒い季節の国の人たちからすればかなり魅力的である。

またプーケットはマレーシアからも近いので、マレーシア人にとっては気軽に行ける外国ということもあり、その人の出入りが数字に反映されているのかも…!?


10位 クアラルンプール(1230万人)



クアラルンプールといえば、シニア世代のリタイアメントビザや、英語教育を目的とした子育て世代以外の日本人いんは、影が薄い存在かもしれない。けれども、シンガポールやタイなど、近隣諸国が多いせもあるのか、意外なことに結構観光客が多い数字となっている。

ちなみに、確かガクトも、クアラルンプールに拠点を置いている。

「ハワイ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ドバイなどに在住、または海外に拠点を持つ日本の有名人 TOP25」

それにしても、マレーシアは日本人大歓迎のようで、東南アジアの多くの国は、入国後、観光ビザでは1ヶ月ほどしか滞在できないものの、マレーシアはなんと3ヶ月も滞在できる。(韓国やアメリカと同じ)

なので、マレーシアからシンガポールに行ったり、タイに行ったりしながら、1年ほどマレーシアのアパートを借りて住む人もいるのだとか…。


9位 深セン(1260万人)

これは一国二制度という香港がすぐ目の前にあるというのが数字に反映している。香港人は週末に深センに買い物に行く。また香港に観光に来る人の中には深センにも行こう。と思う人が多い。

深センといえば、香港が東京だとすれば、横浜くらいの距離なので、ま、香港が1位なので、この数字は頷ける。

「中国で一番最先端な都会は上海ではなく、深センですか?」




8位 ニューヨーク(1270万人)


世界の中心と言われ続けているニューヨーク。それにしては結構、外国からのお客さんは少ない模様。とも思うけれども、例えばパリやロンドンと違い、ニューヨークの場合、近くにある外国と言えばカナダくらいなので、ニューヨークやってくる外国人のほとんどは、飛行機に乗って遠くからやってくる人たちとなるため、そういうふうに考えると、この数字は結構多いのかもしれない。

もちろんアメリカ国内からニューヨークにやってくる人はもっと多いだろう。というのも、アメリカで本当の大都会と言ったらニューヨークくらいしかないのでね…。

「ニューヨークと東京ってどっちが都会なんですか?【アメリカの反応】」

またニューヨークを旅行するのであれば、マンハッタンの一部しか旅行しないのもいいけれども、危ない場所とそうではない場所を把握しつつも、ブロンクスや、ブルックリンにいって本当のニューヨークを感じてほしいとも思う。

「【閲覧注意】これがニューヨークの現実。売春婦同士が殴り合う。これが数年後の日本の姿か?【海外の反応】」


7位 パリ(1440万人)



私が一番疑問に思うのがこの部分。フランスと言えば、世界で一番外国人観光客数が多い国とされている。その数、なんと、8600万人。けれども、パリにはこれだけしか寄らないのだろうか…。とはいっても、それでもこの1440万人という数字は多いと個人的には思う。

その理由は、パリの面積が非常に狭いからだ。パリの面積は東京23区よりもはるかに小さく、東京の4区分くらいしかない。そんな狭いパリにこれだけの人たちがやってくる…。と考えると、少しゾッとしてしまう(;^_^A

「パリの20区=東京7区の広さしかない。どっちが国際都市で、都会?徹底調査してみた!」

でも、やはり、わからない。もしかしたら、このランキングでは、シェンゲン協定内の国籍はカウントされていないのかもしれない。いずれにしても、私が強調したいのは、パリといえば、花の都的なイメージがあるけれども、実際は、アフリカ系の移民が集まる場所だということである。

「白人はどこに?「パリはどこの国の首都ですか?」と世界で話題に【海外の反応】」

こういう現実を見て「パリ症候群」に罹ってしまう中国人が多いようである。(今や、パリ症候群は日本人だけではなく、中国人の間でも使われている…)


6位 ドバイ(1490万人)



1990年代まで砂漠の何もなかったところに突如現れたオアシス。ドバイの人口は、300万人程度。そのうちの85%が、インド人、パキスタン人、フィリピン人などの出稼ぎ労働者である。そんな国に、なぜこれだけの人たちが集まるのだろうか。

また何が日本の若者を引き付けるのだろうか?最近は、以下の私が書いた記事にもアクセスが集中しているほど、ドバイで働きたい日本人が多いようである。

「日本人は優遇?英語のできない日本人がドバイで仕事を見つける方法」

また、アラブ首長国連邦の都市でもあるドバイがほかの移民都市と違うところは、犯罪率の低さが挙げられると思う。これは意外に知られていないのではないだろうか?

「移民80%を超える「アラブ首長国連邦」ドバイはなぜ犯罪率が低い?キミたちが知らない12の秘密を教えるよ【海外の反応】」


5位 マカオ(1540万人)

これは、一国二制度である、中華人民共和国、香港、澳門の関係だろう。つまり、香港、マカオ、深センは距離的にすぐの場所にあり、これらの往来がこの数字に直結しているのだろう。

また面白いことに、マカオは都市別での一人当たりのGDPでは、カタールと同じトップクラスであり、お金持ちの多い場所としても知られる。

List of countries by GDP (PPP) per capita


4位 シンガポール(1660万人)



最近はシンガポールと聞くとカッコイイというイメージしか思い浮かばない。なんでしょう、投資家が集まる場所みたいなイメージを私は勝手に作ってしまう。おそらく多くの人が私と同じような印象を抱いているかもしれない。

けれども、実際にシンガポールに住んでみると、貧富の差がかなりあり、普通の人たちは、日本人とさほど変わらないか、それより下の生活をしている。

それはともかく、シンガポールに、なぜ日本全体にくる観光客以上の人たちが集まるのだ?香港と違い、中国人が簡単に陸路で入国できるわけでもないし…。

けれども、シンガポールはもともとマレーシアであり、そこから分離された国。シンガポールには、マレーシア南部にあるジョホールバルという都市から通勤するものもいるので、飛行機以外にも、陸路から人の往来がある場所である。

またシンガポールは意外にも、田舎であったりする。

「東京と比べた結果、香港やシンガポールがド田舎過ぎてワロタ。ライバルは横浜?」

多くの人はシンガポールの高層ビル群しかみたことがないけれども、郊外に出ると、上のような低層住宅が広がり、ソウルと少し似た風景である。

またクリーンなイメージがあるシンガポールにも、いわゆる風俗外っぽい場所があるのもまた面白いところ。

「在住者も知らなかった?シンガポールの売春地区「ゲイラン」が話題になっていた件【海外の反応】」





3位 ロンドン(1920万人)


ロンドンは、世界一の国際都市とも形容されているくらいなので、当たり前の数字といえば、あたりまえかもしれない。またイギリスはシェンゲン協定には加盟していないので、フランス人がイギリスに行く場合でも、パスポートが必要となる。

それにしても、ロンドンとパリの数字にかなり差があるのが気になるところではある…。


2位 バンコク(2120万人)



インターネット上でよく囁かれる、人生を諦めた白人が集まる場所。が、2位!?実際に香港にも、人生を諦めかけた系の白人女性が、かなりバスの中で暴言を吐いている場面を見てしまった私だけれど…。

上にも書いた通り、タイには、ロシア人も多く訪れるそうだ。それにしても、バンコクという都市は、最強だなぁ。ほんと…。

バンコクにハマってしまうリピーターがかなり多いのだろう。バンコクは東南アジアのエンターテイメントの中心である点も大きいかもしれない。

「バンコク・ホーチミン・クアラルンプール・シンガポール・ジャカルタ・マニラ・ヤンゴン。どれが東南アジアで1番の大都市圏?」

ちなみに、バンコクは夜遊びの場所が多く、日本人が思っているよりも危険な場合もあるので、気を付けてほしいところ。

以前私のブログでもまとめたけれども、バンコクのいくつかのスポットを抑えておくだけで、あまり行かないように気を付けることができる。

「【閲覧注意】旅行中に間違って行ってはいけない、世界の売春街(風俗街) TOP15」


1位 ホンコン(2660万人)



この数字は、まさに香港(都市別ではなく国単位別で)に来る観光客数ランキングと重なっている。日本全体にやって来る以上の外国人が、東京23区ほどの広さしかないような、香港の中心部に集まっている。と思うとゾクっとするが、私が先日香港に行ったときも、まさに白人だらけだった。

白人率は東京よりも高いと感じた。タクシーの運転手が、白人のタクシー乗車を拒否する場面もみたりしたくらい…。

ここは、オメェらの国じゃねぇんだよ!早く帰れよ!みたいな香港人の態度も見てしまった…。(笑)

「北京、上海、ソウルよりも、香港・深セン・広州旅行をオススメする5つの理由」

また屋台でご飯を食べているとき、隣にいた白人の若者グループは、いかにも自国でストレスが溜まっていたのかわからないけれど、香港最高!アジア最高!と、羽目を外している様子であった。

けれども、私は香港のこの東洋と西洋をごっちゃまぜにしている雰囲気がまた好きなのだ。

東京には確実ないこの雰囲気。

香港に行く前は、別に行きたいなんて思ったこともなかった私だけれど、いざ行ってみると、地図でみていた、またはユーチューブで見ていた場所とは印象が大分が違って、かなり気に入ってしまった。

この写真だけみていると、ただ高層ビルがたくさんあって、人が多そうなイメージしか思いつかないのだけれど、高層ビルがあるエリアはほんの一部だけであり、あとはちょっと郊外に出ると、山がたくさんあって、散歩ができるコースもたくさんある。

また島がいくつもあるので、リゾート地に来たような感覚が味わえる場所にも、市内から30分ほどでアクセス可能。

この上の写真はビクトリアピークという場所から撮影したもので、実はこの山の上はかなり涼しく空気も澄んでいた(私が訪れた時期が11月だったため湿気がなかったからかもしれない)

また、展望台から離れると、人が少ない普通の山で、高尾山くらいの高さの山なのだけれど、散歩道コースで下ることも可能。

また、Euromonitor の予想では、2025年までに香港の観光客は、4500万人ほどに増えるとも言われている。

いずれにしても将来、香港が中国になってしまったら、このランキングからは消えてしまうかもしれない。



FBでのコメント

石井さん(香港在住)
香港包括大陸過來的人數。深圳也是包括從香港進去的。比如說我每個星期差不多3次去深圳,那一年之內我大概120人次去深圳。這樣算深圳入境的人應該算得多。

デニーズさん(香港人)
そうです:2660万人という数字は、深センからの買い物する中国人たちですね。もしMTRの上水駅に行ったら、分かるはずです。

加藤さん
香港ってブレードランナーに出てくる町を少しキレイにしたかんじかと思ってました!

Asamiさん
クアラルンプールには日本人の移住者も多いですね。歌手のGACKTも移住しているそうです。おそらく節税の為でしょう。

安藤さん(上海在住)
GACKTめ。いま、戦時中の学徒動員の本を読んでいたところだったので、純粋に国の為に出征した学徒兵の皆さんと、逃税などという私利私欲のGACKTの違いが‥

12月下旬に廈門というところの結婚式に出席してくれと(ネットでしか話したことがない)中国人若者から頼まれたので行かねばなりません。あそこも香港みたいに白人観光客が多いらしいです。討ちてしやまん大和魂。

ちなみに、暑いから夏のかっこうして行かねばなりません。昨年のクリスマスイブの日に香港に行ったら、暑くて熱射病になりました。私が暑くてTシャツ一枚になっていたのに香港にはふざけた人とふざけたトナカイがいて、サンタクロースのかっこうをしていました。廈門も似たようなもんですよね





マルチンのコメント

なんだか、このランキング。全体的に、意外な数字。とも思ったりしませんか?なぜ、西洋の都市がそれほどランクインされていないの?と誰もが思うところでしょう。実際に、このソースの記事にもそのようなことが書かれていました。

今後もどんどん東洋の都市にシフトしていくようなことも書かれていました。アジアの時代ですね。まさに。

おそらく、今の調子で頑張っていけば、トウキョウも、都市別の観光客数で、TOP10入りするのではないか?と思っている私でした。

また上の数字は旅行者だけでなく、ビジネスで出張している人の数字も入っていると思うので、特にシンガポールなどビジネスで外国から人の出入りが激しい国はやはり数字が跳ね上がるのだろう。とも思いました。

Reference Site
Top 100 City Destinations Ranking – WTM London 2017 Edition Revealed by Euromonitor
The top tourist destinations in 2017

こんな記事もオススメです。
「日本は何位?観光客数が多い世界の国ランキング TOP30」
「2050年、世界で最も話されている言語と、最も影響を持つ言語ランキングTOP10」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


東京は何位?2017年発表、観光客数が多い世界の都市ランキング TOP25 東京は何位?2017年発表、観光客数が多い世界の都市ランキング TOP25 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 24, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.