新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本で犯罪を犯す「来日外国人」の国籍 TOP10(総検挙件数と総検挙人数を比較)




以前日本に住んでいる外国人という記事を書いた。というのも、日本に住んでいる我々日本人からすると、どの国籍の外国人が日本に多く住んでいるのか、あまり意識することはないからだ。実際、多言語習得が趣味の私も、どの国籍の人たちが日本に多く住んでいるのか。ということはずっと知りたかった。

「日本に住んでいる外国人ランキングTOP10」

で、この記事を書いてわかったことは、日本には、意外とたくさんの外国人が暮らしているということだ。(西洋に比べたら全然だけどね…)

「移民大国ドイツ、スイス、スウェーデン、イギリス、オランダ、フランス、スペイン、イタリア、デンマークにおける外国籍の違い TOP10」

西洋国家、特に昔植民地支配をしていたヨーロッパの国、そしてそもそもが移民の国であるアメリカに比べたら、やはり日本の外国人はまだ少なすぎるというくらい、少ない。

外国人人口の割合で言えば、日本は韓国にも負けている。つまり、韓国のほうが人口に対する外国人の割合が多いということになる。

「中国と韓国に住んでいる外国人ランキング TOP10」

ということもあってか、日本はまだ安全な国と言えるのかもしれない。

ちなみに、日本は、外国人永住者が多い国では166位という、先進国でありながら非常に外国人が少ない国である。

「日本は何位?外国人永住者が多い国(海外領土含む)ランキング TOP200」

とは言っても、高齢化社会によって今後、日本人を介護する若い人たちが必要になってくることや、移民を受け入れない風潮が日本でできているものの、タイミングによっては今後、移民が日本にやってくるかもしれない。ということは否定できない。

また最近の情報によると、戦後の好景気によって作られた多くの団地が過疎化しており、その過疎化したような団地に、中国人やブラジル人、また南アジアから来たような人たちが住み着いているという。

つまり、パリの郊外に旧植民地のアフリカ系住民が住み着いているように、今後、首都圏でも過疎化したエリアに多くの外国人が固まって住み着く例が増えていくかもしれない。

「白人はどこに?「パリはどこの国の首都ですか?」と世界で話題に【海外の反応】」




そして、今後ますます日本では日本人の間でも、格差が広がっていくと言われている。

企業や株主ばかりが利益を得て、労働者に還元されない、つまり労働分配率をスウェーデンの企業が取り組んでいるように日本もやってみたりしないと、日本人による犯罪ももっと増えていくのではないかとも思う。

と、ちょっと前置きは長くなってしまったけれども、そのような現在の日本で、今、どんな国籍の人たちが日本で犯罪に手を染めているのか。ということを「警察庁刑事局組織犯罪対策部」による「国際捜査管理官」が作成した資料に載っていた外国人による、犯罪の「総検挙件数」と、「総検挙人数」を見ていきたいと思う。

けど、ひとつこのランキングで注意をしてほしいのは、以下のランキングは、

本資料の「来日外国人」とは、我が国に存在する外国人のうち、いわゆる定着居住者(永住者、永住者の配偶者等及び特別永住者)、在日米軍関係者及び在留資格不明者を除いた外国人をいう。

という部分からも分かるように、日本に永住している在日韓国人や、在日中国人などは含まれていない。あくまでも日本に短期間旅行でやってくるような人たちの場合が多く、そのため、留学生として大勢やってきているベトナム人の数が多く見えるというようなカラクリもあるということは先に知っておいてほしい。

では、以下では「総検挙件数」を重視して解説していきたい。以下は、「総検挙件数」ランキング。

10位 スリランカ=234件

スリランカと言えば、南インド人のイメージに近いと思ってもらえばいいと思う。ちなみに、スリランカと同じ南アジアのネパールの総検挙人数は、143人であった。特にネパール人は日本に5万人くらい(アメリカ人も5万人くらい)いるといわれているので、そう考えると、犯罪者は結構少ないことになる。つまりアメリカ人よりもネパール人のほうが犯罪者が少ないとも言える。→特別永住者がどのくらいなのかがわからないので何とも言えないけど…。

また、この辺(南アジア)は貧しい国々なので、日本に来て犯罪に手を染めてしまいやすいのかもしれない。





9位 アメリカ=290件

総検挙人数の場合、アメリカ人は、209人であった。在日米軍関係者及び在留資格不明者を除いた数字なので、旅行者による犯罪か?

アメリカ人と言っても、白人だけでなく色々な人種がいるし、日本にやってくるアメリカ人には、黒人やアジア系アメリカ人も多い。



8位 ペルー=291件

総検挙人数の場合、ペルー人は、234人であった。ペルー人と言うとあまりしっくりこないかもしれないけれども、ペルー人と台湾人は、それぞれ日本に4万人ほど住んでいるので、ペルー人って意外と多い。

無論、日本人はペルー人のことなんて気にも留めていないので、存在感すらない。



7位 タイ=299件

総検挙人数の場合、タイ人は、280人であった。私からするとタイ人の印象は、仏教国の優しい微笑みの国の人たち。というものだけど、案外日本で犯罪犯している人多いのだね…。

ちなみに、タイを中心に、東南アジアでやりたい放題やっている日本人の評判は最近悪い…。また日本人のことを尊敬しているようで見下しているタイ人も結構多い。

「誰も言えない、欧米、東アジア、東南アジア、国籍や人種間におけるタブーな序列(ヒエラルキー)日本人は何位?」



6位 コロンビア=378件

私が目に付いたのが、スリランカ人とコロンビア人だ。この二つのグループは、日本にも滞在者が1万人未満なのにもかかわらず、これだけ多い。

また、日本のニュースではまずコロンビアという言葉すら出てこない。というのも面白い。組織犯罪的なものに関わっていることが多いという噂もある。

ちなみにコロンビアという国は以前、世界でも最も危険な国と言われていたけれども、最近はその座を譲っているようである。

とはいっても、中南米が世界でも最も殺人が多いという事実は変わらないようだ。

「10万人あたり100人が殺害される凶悪犯罪都市。世界で最も危険な都市はどこですか?【海外の反応】」


5位 フィリピン=958件

総検挙人数の場合、フィリピン人は、803人であった。フィリピン人が日本に来る理由として、特に女性の場合、夜の世界で働く人がいまだに多いという。また発展途上国の国籍なので、これだけ検挙件数が多いのは頷ける。

ちなみにフィリピンでは、一般の日本人が知らないジャピーノという言葉が有名だ。

「日本人男性とフィリピン女性の間にできた「ジャピーノ」が韓国のTVで特集されていた件【韓国の反応】」




4位 韓国=983件

総検挙人数の場合、韓国人は、796人であった。上にも書いたけれども、ここでは戦後に移住してきた在日韓国人・朝鮮人などは含まれない。というのも彼らは特別永住者にあたるからだ。


ちなみに、そんな韓国という国は危ないか?と言われればそうでもない。韓国はHDI(人間開発指数)も日本と同じくらいになっており、また他の国からも、韓国は安全な国と思われている。

「日本よりも犯罪発生件数が多くて、治安が悪い?韓国で一番危ない場所はどこですか?【韓国の反応】」

個人的には大阪のほうがガラが悪いと思ったり…。(大阪に限らず、日本の田舎のヤンキーは韓国人よりもガラ悪く思えたりすることもある)

「日本で危ない場所 TOP7と、東京で行かないほうがいい危険な場所【海外の反応】」


3位 ブラジル=1619件

総検挙人数の場合、ブラジル人は、482人であった。日本には、約17万人のブラジル人が住んでいるが、この数は年を追うごとに減少している。

ブラジル人が住んでいる地区は、工業地帯のような愛知県や群馬県が多く、もちろんここに住んでいるブラジル人は、特別永住者の場合が多い。というのも、日系ブラジル人も多いからだ。

そういう特別永住者の人たちの犯罪件数はここには含まれていない。ということもポイント。



2位 ベトナム=2488件



写真は、ベトナム人美女。→くれぐれも振り返り美人的なベトナム美女には警戒してくださいね♪

総検挙人数の場合、ベトナム人は、1548人。最近ベトナム人留学生が異常に多い。ベトナムでは日本に留学するだけでアルバイトなどで稼げる!というイメージがあり、これを「偽装留学生」という。

もちろん日本でスキルを学んでベトナムの日本企業で働きたいというようなベトナム人も多いものの、多くの留学生にとって日本でアルバイトをすることは、高い給料を得られることにも繋がる。

ベトナムはまだタイほど進んでいなく、中国人や韓国人と違い、日本ではかなり経済的に厳しい生活を送っているものも多く、そのストレスが犯罪という反動に繋がっている可能性もある。

ちなみにベトナム人は中国人が超大嫌いなことで有名だ…。

「ベトナム人→日本人は大好きだけど、中国人とフランス人のことは大嫌い?また、中国人がベトナム人を見下す理由【海外の反応】」

そんな国柄を狙って日本はベトナムに投資をしまくっている。結果、日本語学校に通うベトナム人が増え、日本ではベトナム人の偽装留学生者が増え…。というサイクルに…。

結果、日本にくるベトナム人は貧乏生活などでストレスがたまり犯罪を犯す。で、日本でみんなから冷たい目をされ、日本が大嫌いになって、反日になってベトナムに帰国する。

というのも、日本人はベトナム人を中国人以下のように思っている人が多いからだと私は思った。

韓国人は東南アジア人や黒人を見下すことでものすごく有名だけれども、日本人も口に出さないだけで、かなり見下しているのではないか?とも思ったりするのだ。

「なぜ、多くの韓国人は東南アジア人や黒人を見下すのか」



1位 中国=5509件

総検挙人数の場合、中国人は、4382人、台湾人は、127人であった。中国人と言えば世界中に散らばっているイメージだけれども日本に一番多い外国人も中国人である。とはいっても、66万人ほどで、そのうちの多くは特別永住者である。


そのほか=2166件

総検挙人数の場合、そのほかは、1685人になっていた。

Reference Site
https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai/H26_rainichi.pdf




マルチリンガールのコメント

今後、東南アジアの留学生の増加や、観光客増加によって来日外国人による犯罪も増えていくかもしれない。特に、現在のスウェーデンがレイプ大国になっている現状を見ると、日本もそのようになってほしくないと思うばかりである。

「日本人を尊敬します。俺らスウェーデン人が、移民問題に関して日本に倣わなければならない理由【海外の反応】」

また現在の日本は、欧米諸国からみると、外国人が少ないという点で評価することも忘れてはならない。

「親愛なる日本の友人よ。君たちの移民政策は非常に優秀だ。ドイツが日本を称賛する理由【ドイツの反応】」

無論、特別永住者と来日外国人はまた少し違う話ではあるが…。この線引きがかなり難しい。


FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

大津さん
これは滞在者数とか在住者数で割って、何%かってしないとデータの意味が無いんじゃないかなあ。(因みにこれをノーマライズと言います)

北原さん
相変ずいいとこついてきますね。


こんな記事もオススメです。
「日本や韓国は何位?意外な国が上位に。レイプ大国ランキング TOP50」

日本で犯罪を犯す「来日外国人」の国籍 TOP10(総検挙件数と総検挙人数を比較) 日本で犯罪を犯す「来日外国人」の国籍 TOP10(総検挙件数と総検挙人数を比較) Reviewed by よこいりょうこ on 12月 23, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.