新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本の新幹線は何位?世界最速の高速鉄道ランキング TOP10【海外の反応】





この記事では世界の高速鉄道におけるランキングを紹介したいと思う。今回参考にしたソースは以下の動画。

TOP-10 FASTEST TRAINS in the world || Amazing Compilation of the High speed Trains[HD]

400万回以上も再生されており、かなり注目されていた動画だ。とはいえ、私自身も動画の内容が正しいのか確認しつつも、ウィキペディア(英語版、日本語版両方)などを照らし合わせながら、特に速度の面では修正を入れてみた。

というのも、高速鉄道の速度を見るうえで、

設計最高速度(その車両本来が出せる最高の速度)
営業最高速度(運行するにあたり決められた速度)

という二つの速度があり、

また、たとえば日本の新幹線「はやぶさ」を例にとると、区間によってその最高速度は違うことがある。

320 km/h(東京 - 盛岡間)
260 km/h(盛岡 - 新函館北斗間)→整備新幹線区間であるため

また、東京ー盛岡区間をずっと320kmの速さで走行しているわけではなく、一部最高速度がこの320 kmに達するという意味であることは最初に理解していただきたい。

なので、フランスのTGVが2位になっているけれども、試験段階の最高速度の記録から順位が上がるという理屈にもなったりする。

ということもあってか、できるだけ、

・営業最高速度
・設計最高速度
・最高速度(試験段階)

を書けるように心がけたい…。

10位 THSR 700T(台湾)



運用者 台湾高速鉄路公司
製造所 川崎重工業日本車輌製造日立製作所
営業最高速度 300 km/h
設計最高速度 315 km/h
運用開始 2007年1月5日

日本初の輸出用新幹線車両。中国には技術供与したのに対して、台湾では700系新幹線車両(東海道・山陽新幹線で運用されているもの)ベースとして台湾用に輸出。

以下の動画は、16秒ほどしか再生されないが、THSR 700T がものすごい速さでカメラの前を通り過ぎていく映像。かなりのいいね!がつけられている。

台灣新幹線高速通過 ( 台灣高鐵 700T / THSR 700T )


9位 ICE 3 (ドイツ)



運用者 ドイツ鉄道、オランダ鉄道
製造所 シーメンス、ボンバルディア
営業最高速度 320 km/h
設計最高速度 330 km/h

設計最高速度は330 km/hである。また営業最高速度は320 km/h となっているが、これはドイツ国内ではなく、パリ首都圏ーストラスブール間(ドイツの都市でフランスを国境を接している)の路線、LGV東ヨーロッパ線で走行されている Class 407 のときの最高速度である。

ドイツ国内を走行する形式である、

・Class 403
・Class 406

に関しては、営業最高速度は、320 km/h となっている。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/ICE_3


8位 Talgo 350(スペイン)



運用者 レンフェ(スペイン国鉄)
製造所 タルゴボンバルディア・トランスポーテーション
営業最高速度 330 km/h

タルゴというのは、スペインで開発された一軸台車連接型客車およびそれによる列車の総称であり、これを開発した鉄道車両メーカーの名称でもある。と、ウィキペディアでも書かれてある通り、これは車両の名前ではない。

タルゴにはいくつかの形式があり、以下がその一覧である。

・Talgo III
・Talgo IV
・Talgo VI
・Talgo VII
・Talgo 350

このうちの、Talgo 350 が、レンフェ(スペイン国鉄)で、レンフェ102系として活躍している。けれども、レンジェ102というよりは、Talgo 350 という名称で紹介されることが多い。(ややこしいけど、同じ車両のことを意味している)

現在621kmの距離があるマドリードとバルセロナ間を2時間半で走行。

新大阪ー東京間の距離が 552.6km(2時間半)くらいと言われていることを考えれば、レンフェ102系のほうが若干早いのかもしれない。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Renfe_Operadora


7位 Freeciarossa 1000(イタリア)



運用者 トレニタリア(イタリアの民営鉄道会社)
製造所 日立レールイタリアボンバルディア・トランスポーテーション
営業最高速度 300 km/h
設計最高速度 400 km/h
 
設計最高速度はかなり早いのに、300 km で運行している。また、製造所には日立レールイタリアという会社の名前が載っているが、これはイタリアに本社を置く、レオナルド S.p.A(フィンメッカーニカ、フィンメカニカとも呼ぶ)から、買収したアンサルドブレーダ (AnsaldoBreda S.p.A. )が前身であり、日立レールイタリア日立製作所が、2015年(平成27年)2月にイタリアに作った会社である。

ちなみに、日本語表記では、Freeciarossa 1000のことを、イタリア国鉄ETR400電車と呼んでいるようだ。


6位 HEMU-430X(韓国)



運用者 KORAIL(韓国鉄道公社)
製造所 現代ロテム
営業最高速度 370 km/h
設計最高速度 430 km/h 

韓国の高速鉄道は結構乗るけれども、結構快適で、しかも日本の新幹線よりも安いのが特徴。


5位 新幹線955形電車(日本)



運用者 東海旅客鉄道
製造所 三菱重工業、日本車輌製造、川崎重工業、日立製作所
営業最高速度 443 km/h

この記事のソースとなる動画では、N700 shinkansen新幹線N700系電車)という紹介で、新幹線955形電車の速度が紹介されていた。

上のスクリーンショットは、3:59 あたりから一瞬出てくる富士山。

もう一度言うけれども、この新幹線955形電車は、新幹線N700系電車のことではなく、2002年1月に運用終了、また同年2月1日に廃車となったとされる新幹線955形電車のことである。(高速試験用電車として活躍していた)

現在の新幹線で一番早いはやぶさ(東京 - 盛岡間)をこのランキングに入れたとすれば、営業最高速度は、320 km/h になるので、お隣の韓国よりも遅いということになる。


4位 CRH380A(中国)



運用者 中国鉄路総公司
製造所 四方機車車両
営業最高速度 350 km/h
設計最高速度 380 km/h

CRH380A が、このランキングで上位に挙がっている理由は、形式 CRH380AL で、試験走行で、最高時速 486 km/h を記録したからである。

中国に行くと、中国版の新幹線である高鉄(高速鉄道)には、和諧号と書かれているが、CRH380A は、まさに和諧号のことである。

中国語版のウィキペディアを読むと、やはり中国の車両というだけあって、英語版よりも中国語版のほうが情報が細かく整理されていた。

この車両は、日本語のウィキペディアには、

2004年 - 川崎重工業より中国高速鉄道CRH2型電車やリニアモーター方式の広州地下鉄04形電車の技術供与を受ける。

と書かれていた。また中国語版でもきちんとこの事実を伝えられている。

CRH380A型电力动车组,或称CRH2-380型,是原中华人民共和国铁道部为营运新建的高速城际铁路及客运专线,由中车青岛四方机车车辆股份有限公司在以原型为日本新干线E2系1000番台的CRH2型电力动车组基础上改款的CRH系列高速動車組,最高营运速度350公里/小时。中国铁路总公司将所有引进国外技术、联合设计生产的中国铁路高速(CRH)車輛均命名為和谐号。






また、この高速鉄道は英語圏でものすごく話題になっている。以下の動画は、この高速鉄道に乗ったときの様子である。硬貨を窓側に立てておいても倒れない。というくらい揺れが少ないと強調している。

Watch how long coin can balance on high-speed train traveling at 350 kph

日本と違い中国はまだ先進国扱いされていない部分もあるので、発展途上国からは中国に見習おうという声もでてきている。

以下、もう一度日本語でも情報を引用しておこう。
中国高速鉄道CRH2型電車(ちゅうごくこうそくてつどうCRH2がたでんしゃ)とは、中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)が第6次在来線スピードアップのために日本川崎重工業車両カンパニーから購入した高速鉄道車両である。
というように、日本の新幹線を改良したのが現在の中国の新幹線であり、今後、開発のスピードが早まれば、日本を飛び越えて、鉄道大国となる可能性も否定できない。

中国高速鉄道CRH2型電車


3位 上海トランスラピッド(中国)



運用者 上海申通地鉄集団 
製造所 四方機車車両
営業最高速度 431 km/h

最高時速 501 km/h (311 mph)を記録した。と言われているが、普段の営業最高速度は、431 km/h となっている模様。

上海トランスピットと言えば、2001年ころから今に至るまでずっと運行し続けている。つまり、速度の面で言えば日本は中国に20年くらい遅れているという言い方もできる。

またこのリニアモーターカーは、ドイツがドイツで導入しようとしていたけれども、実現できなかったということで、上海という大都市に作ったのだという。

しかも、10年以上経った今、海外では評価されてる。この上の動画は文字通り、世界で一番早いtrain! というタイトルになっているが、6:30~6:36あたりをみると、社内のメーターが営業最高速度の431km になるところがみれる。

私は昔、上海に住んでいたので、このトランスピットはよく乗ったものだよ…。( ´艸`)


2位 TGV(フランス)



運用者 フランス国鉄モロッコ国鉄タリスリリア
製造所 アルストム(多国籍企業)
営業最高速度 320 km/h

TGVと言っても、フランス語で新幹線と言っているようなものなので、これらにもいくつかの形式がある。

SNCF TGV Réseau
SNCF TGV Duplex
SNCF TGV POS
Euroduplex

これらすべては、営業最高速度が、320 km/h である。他の TGV の形式には、300km のもあるので、TGV の中では一番早い形式となる。

また、TGVは試験走行で、最高時速 574 km/h という数字を出しており、

French Train Hits 357 MPH Breaking World Speed Record (Fox News)

それが、このランキングで上位に来ている理由である。


1位 LO series SCMaglev(日本)



製造所 日本車輌製造、三菱重工業
最高運転速度 603 km/h (375 mph)

色々な車種をみてきたわけだけれども、なんと1位は日本だった…。ビックリ。また動画のコメントを見ても、世界ではこのリニアモーターカーができることが、ものすごく期待されているのだなと実感。

日本人の私からすると、リニアモーターカーなんてたくさんお金使って大丈夫なの?とか、ほとんど地下だから景色とかみえないし残念とか思ってたけど、この動画でこうやって1位になっていることや、海外の反応を見ても、ポジティブな意見が多く、いかに、ほかの国も喉から出がでるほど欲しい鉄道なのか。ってことが分かった瞬間だった。



以下、海外の反応


これ偶然クリックした動画だったんだけど、なんと日本にリニアモーターカーがあったんだ!!知らなかった!めちゃくちゃクールすぎる!


VIA鉄道(カナダ国内の都市間旅客鉄道サービスを提供する国営企業である)


日本が鉄道を作る技術に関しては1番スゴイと思う。


北米とアメリカの鉄道はさすがにないね。VIA鉄道(カナダ国内の都市間旅客鉄道サービスを提供する国営企業)はもしかしたら世界で一番遅い鉄道TOP10にランクインするかもな。

アメリカ人
我々アメリカ人は、アムトラック(アメリカのJRみたいなもの)に乗って移動するわけだけどさ、ほんの一部でしか、70MPH(120km)を出せない。最高でも120kmだよ?しかも、ウエストバージニア州などで寝台列車の場合は、ベッドがあるからという理由で、25MPH(40km)しか出さないんだよ。

なぜアメリカでは寝台車を早くしないのだろうかって疑問に思っている。おそらくアメリカでは正しい人ほどお金を持っていないという証拠なんだろうね。

ブラジル人
ここブラジルでは、晴天の日は、40kmしか出さないし、雨の日は20kmしかださない。血まみれで弱ってしまったロバのほうが早いとさえ思ってしまうんだ。

昔、イギリスが作った鉄道だけどね。けど、ブラジル政府がそれを廃止した。

フランス人
なんでなの?TGVが2位なのかがものすごく疑問。世界で一番遅いと思っていたのに‥。


日本はいつもすべてにおいて先を行っているよね。

日本人
中国の高速鉄道は新幹線のコピーだよ!

→それは違いますね。新幹線は中国に技術移転との名目で売られたのですよ。なのでコピーではないのです。中国はそれを購入し、改良した。(海外の名無しさん)

中国人



ナンバーワンは、時速600kmで走る中国の超高速鉄道であるべきだろう。

マルチンのコメント

それぞれの列車のデザインもそうだけど、やはりこういうのをみているのは結構楽しいですね。面白いことはアメリカになぜ高速鉄道がないのか?ということかもしれない。

コメントにもアメリカを皮肉るようなものが多かった。→おそらく、アメリカの場合は広すぎるしお金持ちはお金持ちだけで暮らそう。っていうのが日本よりも強いせいか、アメリカの移動をスムーズにしたくないのではないか?なんてなんとなく思った。

アメリカ人自身が、なぜ世界の中心の俺の国の鉄道がアジアの鉄道に負けてるんだ?って疑問に思っている。

ま、これから、ドバイなどで進められているハイパーループも含め、世界で列車の建設ラッシュは続いていきそうな感じがしますよね。

それにしても、このランキングにはハイパーループは入っていなかったなぁ。ということで、この記事はドバイとアブダビを結ぶハイパーループで締めたいと思う。

以下、他の関連記事を統合してみました(^_-)-☆




ハイパーループ(ドバイーアブダビ)



品川ー名古屋間 2027年開業予定
品川ー新大阪間 2045年開業予定

となっている日本のビッグプロジェクトでもあるリニア新幹線。上でも書いたように、このリニア新幹線は日本人が思っている以上に世界で期待されている。

一方で、日本人が知らないところで、またも違うビッグプロジェクトが進んでいることをご存知だろうか。その名も、ハイパーループ

この映像をみれば、まずいろんなことに衝撃を受けると思う。というのも、従来の鉄道と、ちょっと発想が違うからである。

仕組みとしては、箱のような部屋に入り、その箱が一つの列車のような長い入れ物に入れられる。その後、それがチューブ(管)の中を飛行機のような速度で一瞬で目的地まで加速する。

アラブ首長国連邦の二大都市であるアブダビドバイハイパーループで繋げようということで、現在調査が始まっているようだ。この区間の距離は284kmである。

東京駅―浜松駅(名古屋よりの静岡県)の距離が、257kmくらい。この距離を、なんと12分で移動するようなイメージといえばわかりやすいだろうか…?飛行機より速い!?( `ー´)ノ

ちなみに、このハイパーループは、サンフランシスコーロサンゼルス区間でも調査が始まっている模様。これが世界各地に広まっていくと、日本のメディアが一生懸命、日本の新幹線を世界に売り込む!みたいに頑張っている姿がむなしくなってくるかもしれない…。

とはいっても、こんなハイパーループなんていう新しい技術が、果たしてうまく機能するのか?という疑問もあるのが現状である。

また資金面で見ても、日本のリニア新幹線の総工費はおよそ9兆円。と言われているのに比べ、距離が近いということもあるものの、アブダビ―ドバイ区間のハイパーループの総工費は、250億円ほどとも言われている。

つまりハイパーループのほうが、リニア新幹線より全然安いのだ。また値段については現段階では議論中とのことらしい。日本のリニア新幹線の場合はトンネルを掘ったり、土地を買ったり色々大変なのだろう…。

Reference Site
http://www.forbes.com/sites/alexkonrad/2016/10/25/hyperloop-one-seeks-new-cash-amid-high-costs/#6e9cc6357854

以下の動画は、ハイパーループ(アブダビ―ドバイ)が移動していく様子のイメージ。



こういう乗り物ってふとしないときに完成していたりするので、要注意である。( ´艸`)日本人が中国を見下している間に中国はキャッシュレシュ社会になってしまったというように、ふとしたときに気づくことって結構多いと思うからだ。

また、ウィキペディアのハイパーループ(LA-SF)の記述はかなり充実していたので、話が今後進んでいく可能性もある。

それにしても、日本人があまり目のつけないドバイでこれほど近代的な乗り物が近い将来、こんな感じで乗車可能になるって思うと、ワクワクドキドキである。

普段、仕事あんましたくねー的なイメージのあるアラブ人も上の動画では超エリートに見えるのも、またまた不思議でならない( ´艸`)

ちなみに、まだまだハイパーループには公開されていない部分も多く、懐疑的に思ったほうがよさそうだ。

ハイパーループに対する海外の反応

ドバイではこんなすげぇもの作ってるんか。インドではまだメトロしか作ってないのに…。というインド人がいる一方、バカな発明はやめたまえ、実用的ではない。

ハイパーループの場合、ちょっとでもダメージを受けたら、中に入っている人のほとんどが死んでしまうのではないか?という疑問や、

メンテナンスや安全面で考えると、実用化には至らないじゃないかな?と思うよ。という声、チューブ(管)の中で事故が起こったらどうする?という厳しい意見も聞かれた。

いずれにしても、日本の新幹線が世界を牽引することを願うばかりだ。

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本の新幹線は何位?世界最速の高速鉄道ランキング TOP10【海外の反応】 日本の新幹線は何位?世界最速の高速鉄道ランキング TOP10【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 20, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.