新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本よりも韓国のほうが、ゲイなどの【LGBT】に対してオープンになってきている?同性愛者や、トランスジェンダー(ニューハーフ)を取材【海外の反応】




この記事では現在の韓国に住んでいるLGBTがどのような考えを持っているか?ということを掘り下げていきたいと思います。

・日本よりも韓国のほうが、ゲイに対してオープンになってきている?韓国に住むゲイを取材【海外の反応】
・日本や、タイだけじゃない?韓国にも私のような、トランスジェンダー(ニューハーフ)が多い件【海外の反応】

二つの記事を統合した構成となっています。


日本よりも韓国のほうが、ゲイに対してオープンになってきている?韓国に住むゲイを取材【海外の反応】


韓国に住んでいて感じたこと。それは韓国は若者を中心に西洋的な考え方にかなり染まってきている部分。それは日本の若者以上に、その勢いが強いかもしれない。

というのも、たとえばよく韓国の20歳前後の人達と話していると、こんなことを聞く。それは今の40代後半や50代の人たちはマナーがないよね。です。だから気を付けたほうがイイよって。

つまり、この世代は韓国でもよい教育を受けられなかった世代で、マナーが悪く、電車とかも並ばなかったり大声で話したりする人も多い。けれども、今の10代とか20代とかって外国語ができる人も多く、外の世界をより多く知っていて、下手したらそこらへんの日本人の若者よりも、色々なことを知っているかもしれない人たちが多いのです。

こういう普通の韓国人の中学生ですら、日本のことを客観的にみてみるということからみても、分かると思いますが…。

「韓国人は、日本人を見下している?それとも興味がない?本当は大好き?二種類の動画を検証してみた【海外の反応】」

特に、海外在住の韓国人の数は海外在住の日本人よりも多い。とか、韓国人は日本人よりも自分の土地にそれほどこだわりを持っている人が多いというわけではない。という部分から考えても分かるかもしれません。

ちなみに、以下の記事では中学生くらいの学生にも同性愛者についてどう思うか?というインタビューをしてますが、最近の韓国の若者は自分の考えをきちんと持っていることがよくわかる。
「日本と韓国における LGBT (同性愛者)に対する意識の違いを検証【海外の反応】」

現在先進国の中でも唯一LGBTの分野で後れを取っている日本ですが、韓国では逆にどのような変革が起こっているのか?

それを今回は、私の友達でもあるヒチョルの動画から見ていきたいと思います・・。



この人・・。色々なタブーの動画をとってるのですよね…。このバイタリティは私も見習わなければ…。

この動画では結構踏み込んだ質問をしていたり、それに躊躇なく答えている人たちもいるので、気になった方はみてみてくださいね。

6:45 から、エイズの話にもなっています…。この動画、よくみればみるほど、かなり日本ではあまり語られていない部分まで踏み込んでいますね…。

また、韓国では多数の人が同性愛者を嫌っていて、その理由はメディアがそれを盛り上げることで、よりみんなそれについていく・・・→反日みたいなもの?w

だとも語っている。



ゲイになりたくてなったわけではなく、生まれてから自分がゲイだということに疑問を感じたこともあったので、女性とも頑張って付き合ったこともあった。

けれども、やっぱり自分は同性が好きなんだ。と気づいた部分を語っている男性もいた。

またこうやって動画に出て自分はゲイです。ということ。自分のことを正直に言うこと。それ自体が幸せ。という人も。

自分らしく、正直に生きる。これほど幸せなことはないでしょう。

詳しくは動画を視聴してくださいね♪

以下、海外の反応です。

■+3120
この動画では、ゲイの人たちが恐れずに質問に、真摯に答えているのが、印象的だった。無礼な感じは何一つなかったし。もっと多くの人が縛られずにオープンマインドに慣れたらいいのにね。

■+235(韓国人)
今回もインタビューご苦労様です。ヒチョルさんが作る動画は、世界を豊かにしていくものばかりですよね。

■+77(韓国人)
俺はゲイとかじゃないけど、彼らがこの動画で語っていたことについては、その通りだと思う。自分が好きになったパートナーと一生幸せでいられる。という夢はどんな人もかわらないよね。

■+99
こいつはゲイだ!ということを見分ける能力(gaydar)があるっていう人もいるけど、俺的には、見分けられない場合がほとんどではないか?と思う。

ストレートの男性であってもフェミニンな人もいるし、逆にゲイの男性でもものすごく男性らしい人もいる。こればかりは、見分けるのは難しいのでは?



■+151
アディダスのTシャツと帽子をかぶってた男がめっちゃタイプ。カワイイ!

■+22(韓国人)
俺はゲイじゃないけど、ゲイだという理由で他人を責める奴らって信じられないよな。

■+1169
ゲイとかそういう話以前に、この緑色のTシャツ着た人、話の速度が速すぎる!

■+6(韓国人)
この動画では、韓国でゲイであるということはどういうことか。ということを完全にカバーしていないけれども、総合的には良いと思った。とにかく、凄く気に入ったよ。

■+70
もし俺もこうやってインタビューに誘われたら、逆に彼(ヒチョル)とデートしちゃうのになぁ。

■+186
あの緑色のTシャツ着ていた男は誰?彼はユーチューブチャンネルとか持ってるの?彼の話し方や、考え、がものすごくまとまっていて感激したよ。よく頑張ったな!


マルチリンガールのコメント



ほとんどのコメントは韓国人によるものです。また多くのコメントが、01と同じようなことでした…。ものすごくあの男性が人気なのですね…。確かに声も低いし、骨も男性的なので、ゲイの男性からモテそうな感じも…。

韓国では同性愛問題もそうですが、男性の軍隊に行かなければならないという問題や、いろんなことが若者たちの間で議論されており、彼らの中ではいままさに韓国のこの現状を変えていかなければならない。という空気になっています。

楽しみですね。今後、韓国がどう変わっていくのかが…。いずれにしても、こういう若い世代が今後の日本や韓国を背負っていくのですから…。

ちなみに、上の動画は、日本のゲイが韓国ソウルのゲイパレードに行ったときの映像です…。これって、下手したら日本よりも規模大きいんじゃね?と思いました(;^_^A

これがニューヨークだと、マンハッタンの中心部の一部が車全部通行止めになりますからね‥w

以下、ゲイとは違いますが、トランスジェンダーに対する記事も、こちらに統合しますので、興味があればご覧ください♪(別に作ってあった記事を統合)



日本や、タイだけじゃない?韓国にも私のような、トランスジェンダー(ニューハーフ)が多い件【海外の反応】


以前、韓国でのレズビアン・カップルを取材した動画をマルチリンガールのブログでも公開しましたが、正直言いまして、レズビアンとなると、私にも未知の世界というところがあります。

え?あんたも、性別不詳だから、彼女たちの気持ちわかるんじゃないの!?と思われそうですが、ちょっと事情は異なってくるんですね…。

「日本より進んでる?同性愛がタブーとなっている韓国にも、レズビアンのカップルがたくさんいた件【海外の反応】」

けれども、私自身、あのレズビアン・カップルの動画を観て気づいたこともあるんです。というのも、相手の性別が女性(生物学的に)であっても、内面、つまりジェンダーが男性であれば、付き合うことができるのかな?なんて思ったことでした。

特に、上のURLにある動画にいる、短髪の男性のような顔をした女性の場合、私は特に何も嫌な感じがしない。(たとえば恋人!?になるとかを想定して‥)というのが正直な感想である。

逆に、体は男性だけれども、女装をするような男性には絶対に惹かれない。たとえば、オネエ系みたいなゲイのひとたちなど…。

つまり、私は相手を、少なくても身体のみで選んでいないということが分かるかもしれない。

で、今回は韓国のトランスジェンダー事情について取材したヒチョルの動画なのですが、最近私は彼と仲良くなっていまして、たまたま彼が現在東京にユーチューブ動画を撮りに来ているということもあり、

なぜか私の家に二泊くらいしています。お互いに興味の持っている分野が似ていたり、結構、意気投合した感じですね・・。

ま、もちろん、そんな変な関係はありませんよ?( ´艸`)

で、彼の動画の数を見ればわかると思うのですが、本当にいろんな分野の動画撮影に挑戦しているんですね。

以下、日本語の字幕があります。(ヒチョルは日本語できませんが…)



で、動画ではどのようなことが語られていますか?


この動画にはいくつかの女性(体は男性)がでてきますが、多くの人たちが語っているのは、生まれたときから自分のことを女性だと思っていたということです。

これは思春期がきて、生殖器が発達する前に、そう思っているということがポイントです。

私がこの動画を観てなるほどと思ったのは、思春期がきて、子どもを作れる身体になってくると自ずと、異性に興味を持っていきますよね?その以前に、このひとたちは、自分が女性だと思っていたことです。

たとえば、小学生の低学年くらいなのに、お母さんの口紅をつけてみたりとか、お人形さんで近所の女の子と一緒に遊んでいたりとか、ママゴトをしていたりとか。それが普通だったし、何もおかしいことではないと思っていた。→これは私のことですね…。

なので、つまり体は男として生まれてきたけど、小さい時からずっとその文化圏の女の子がするようなことを自分もしていたというのがポイントかもしれません。




国によって文化も違えば女性が好む傾向も変わってくる。けど、共通していることは、男性に好かれたい。という思いでしょう。

成長するにつれて、たとえば思春期がきて、生理的にも男性が好きだと分かったとき、自分が本当は女性なのではないか?と悟ったのでしょう。そこで何が何でも女性の体を手に入れたい!と思う人は、性転換や女性ホルモンなどで自分をより女の外見に見せようと努力しようとするだろうし、あまり外見のことを変えようとは思っていないと思う人もいると思います。

私は後者ですね。私のジェンダーは、この動画の女性たちのように女性ですが、別に外見を変えてまでして男性にモテたいとは思っていません。それなら自分の好きな夢を追いかけていたいという気持ちのほうが強いので…。

私みたいな自分のジェンダーは女!と自覚しつつも、男性の身体で、男性の格好でいる人もいれば、

自分のジェンダーは女性だと薄々気づいていながらも、自分は男性なんだ!と無理をして、ゲイという形で、男性のまま男性を好きになる人もいる。

これは、なぜタイに性転換をしたり、いわゆる女性の格好をした男性がたくさんいるのか?ということを考えてみればわかると思うのですが、つまり、その国の社会が受け入れる器があるか?に、その国の人たちも左右されると思うのですね。

もし日本も、社会でそういういわゆる女装した男みたいな人たちが普通の会社で働ける社会であれば、おそらくゲイの数パーセントはそのようになっているでしょう。

というのが私の思うところです。

トランスジェンダーの本当の意味を以下に書きます


(写真はNYCのエンパイアステートビル。こんな有名なビルでさえ、LGBTのカラーに合わせてしまうことも)

まず日本では、よく性転換した男性や、胸を膨らませた男性のことをニューハーフと言いますが、これは英語ではなく、和製英語です。

英英辞書で new half(ニューハーフ)って検索しても出てきませんしね・・。

ニューハーフという言葉に一番近い響きのある英語は、 she-male という。けれども、英英辞書に書いてあるように、she-male と聞くと、多くの英語話者が思い浮かぶのが、売春婦のひとたちだそうです。また、ニューハーフと聞くと、おそらく夜の世界で活躍しているオカマさんたちみたいなイメージがあるのではないでしょうか?

そういう背景もあり、最近ではトランスジェンダーという言い方が浸透しつつあります。また、LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)という言葉も世界中で、浸透しつつある。

L→レズビアン(女性→女性)
G→ゲイ(男性→男性)
B→バイセクシャル(男性・女性→男性・女性)
T→トランスジェンダー(主に、自分とは反対の性別の格好をしたい人)

となっており、とりあえず、自分のことを LGBT と言っておけば、最近は通じるようにもなってきました。

ちなみに、トランスジェンダーとは何も、性転換した人にだけ使われる言葉ではないようで、語源的に、ジェンダーを超えた。という部分からも分かるように、英英辞書で検索した結果、

トランスジェンダーは以下のものを含むとされていました。
・ゲイ
・バイセクシャル
・レズビアン

つまり、私は思うのですが、これら3つを定義すること自体難しくなっているので、すべてトランスジェンダーでいいのではないか?ということになっていくと思います。

「先進国で1番、同性結婚や【LGBT】後進国である日本は今後どうなる?同性婚が合法化している国をまとめてみた」

このように、日本は先進国の中でも全然進んでいませんが、同性婚が当たり前になってきている世界ですから、こういう少数派は当たり前!という時代に来ているのであり、あえて、ゲイとかレズとかで、区別する必要がなくなってきているのかもしれません。

ではでは、少し脱線してしまいましたが、動画の反応に行きますね・・

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
私たちのことを好きになる必要はない。けど、私たちを傷つけるのは辞めてほしい。ってって言ってたけど、自分自身を傷つけているのは、あなたたちなのではないの?

02.海外の名無しさん(韓国人)
この動画に出てくれた人たちは勇敢だね。普段言えないようなことにも素直に答えてくれている。しかも、彼女たちの考え方はとても成熟していて、質問の内容にもきちんと答えられていたね。素晴らしいと思ったよ。

03.海外の名無しさん
07:03 の部分、彼女照れてるじゃないか…。あんまり褒めすぎるのもよくないぞ!!

04.海外の名無しさん
アイデンティティは複数の変数の共通部分だ。 彼らが自分自身を見つけてうれしいです。 ここでこれについて議論してくれてありがとう。

05.海外の名無しさん
06:47 もかなり褒めてるね・・。彼女が照れて声が震えちゃってる…。あまりにも嬉しかったんだろう。

マルチリンガールのコメント
この動画二つから、お隣韓国の同性愛事情がなんとなくわかってきたのではないでしょうか?人の数だけ色々な形があるといのはどこの国でも同じということですね。

こんな記事もオススメです。
「韓国では同性同士ではお互いに触りまくるのに、異性同士だと触っちゃダメなの?そのタブーとは?【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本よりも韓国のほうが、ゲイなどの【LGBT】に対してオープンになってきている?同性愛者や、トランスジェンダー(ニューハーフ)を取材【海外の反応】 日本よりも韓国のほうが、ゲイなどの【LGBT】に対してオープンになってきている?同性愛者や、トランスジェンダー(ニューハーフ)を取材【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 16, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

韓国が物凄く西洋の影響を受けてるっていうのはわたしも感じます。
やっぱり元々の韓国の文化が少ない?いつの時代も、中国や日本の文化の影響をうけてた国なので、守るべきみたいなものがなくて、西洋文化に染まってしまうのかも。少女時代でしたっけ、あのグループも色々分析された結果、西洋文化の寄せ合わせのコンセプトだったみたいですね。台湾にしろ韓国にしろ日本よりオープンな国民性なので、日本とは違うでしょうけど。例えば政治運動だったりも、若者があちらは結構参加するけど、日本の若者は人の目を気にして参加したがらない。LGBTパレードも、韓国も西洋的なバカ騒ぎする感じ。日本は、理解をすすめる為のイベントって感じだから、そこまで盛り上がりをみせない。白人のゲイ男性に聞いたんですが、海外のゲイの中にもああいうパレード嫌いな人いるみたいです。「露出してバカ騒ぎする人」「一緒にされたくない」って思ってる人もいるとか。日本でもそうですよね、ゲイリブを煽る人と、日本にゲイリブは必要ないと思ってるゲイもいるように。

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.