新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「クール・ジャパン」の日本は何位?世界一影響力(ソフトパワー)のある国 TOP10




クールジャパンとかなんとか言われているこのご時世。最近北海道の実家に帰ってきた私は普段見ないテレビをよくみているのだけど、やはりテレビではクールジャパンばかりやっていた。しかも、そんな番組を見ている私も、なんか嬉しくなってしまうという…。

確かに日本は世界でも人気だ。けれどもテレビを見ているとあたかも日本だけが世界で注目されているんだ!!というように思ってしまうのも不思議である…。

それはさておき、この記事では世界にもっとも影響を与える国を複数のサイトから調べてみた。

というのも、日本語圏ばかりの情報を鵜呑みにしていては、日本が特別ということしかほとんど語られないからである。

韓国に長く住んでいたこともあるので分かるが、韓国でも日本と同じように、クールコリアみたいなことをテレビでばかりやっている。

たとえば、あたかも東南アジアでは韓国が人気。というような感じや、テレビ番組に韓国に住んでいる外国人を多く出演させ、韓国の良さなどを喋らせるという、日本とやっていることはほとんど変わらない。

ちなみに中国でも同じことをやっているので、結局どの国の人間も、自分の国が世界で一番注目を集めていると思うものなのである。

さて、この記事では、国家の影響力をランキング化したもをいくつかご紹介した後、ソフトパワーにおけるランキングなども見て、日本がどのくらいの位置づけにあるのかを探っていきたいと思う。

①世界における影響力のある国(総合版)



(写真はロンドン)

2017年最初にこのブログを書いた時に、参照元の(U.S News)から抜粋したランキングは以下である。

順位
国名
20スウェーデン
19ギリシャ
18オーストラリア
17スイス
16トルコ
15韓国
14インド
13スペイン
12カナダ
11サウジアラビア
10アラブ首長国連邦
9イスラエル
8イタリア
7日本
6フランス
5ドイツ
4イギリス
3中国
2ロシア
1アメリカ

これは、参照記事(Most Influential Countries)に書かれていた2017年のランキングで、現在はページが丸ごと書き換えられ、TOP10になっている。2018年版のランキングは以下となる。

順位
国名
10カナダ
9イタリア
8イスラエル
7日本
6フランス
5ドイツ
4イギリス
3中国
2ロシア
1アメリカ

このランキングは、軍事・経済・政治・人口・一人当たりのGDPなど、いろんなものを総合した結果となっているようで、特に政治的影響力にフォーカスしているランキングではないか?と思う。

ちなみに、2017年に比べ2019年のランキングは、あまり変わっていないと言えば変わっていない。G7の国々はすべて入っているのと、ロシアと中国という軍事力が強い国が入っているのと、やはり世界でも一番優秀と言われているユダヤ人国家のイスラエルがランクインしている。

「ノーベル賞の20%、世界の富の分配、産業の独占。日本人はユダヤ人(失われた10支族)説まで、ユダヤに関する知識 TOP10」




やはり人口が韓国の3分の1程度なのにもかかわらず、韓国のGDPと変わらないような経済停滞国家ロシアがこれだけ影響力を持てるのは、軍事力がものを言う世界だからなのであろう。またロシアは宇宙産業にも深くかかわっているので、やはり影響力は強い。

また国土が広く地政学的にも将来的な潜在的脅威を持っている。

それにしてもイギリスはなぜ4位なのだ?と思った人も多いかもしれない。というのもイギリスの君主であるエリザベス女王2世はいまだにオーストラリア、カナダ、ニュージーランドといった先進国の君主でもある。

つまり日本語圏では、天皇陛下が世界で凄い!!と皆で盛り上がっているが、実際問題もっとすごいのはエリザベス女王であることは確かである。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

さすがのドイツでも総合力ではイギリスには勝てないということか…。また、面白いのがヨーロッパの主要国であり、中南米のほとんどの国の公用語をスペイン語に変えてしまったスペインはTOP10にはランクインされていない。

しかも面白いのがたいていスペインはハブされている状態・・。つまりスペインだけこれら4つの国よりも下にある。。よく比べられるスペインとイタリアですが、人口をみても、この二つは同等ではないこともある。

ちなみになぜにアラブ首長国連邦?とも思った。高層ビルをガンガン建てれば、影響力が高まるってことかい…。今はフェラーリでも、そのうち石油がなくなってラクダに戻ったりしてね( ´艸`)

アラブ首長国連邦といえばドバイだが、あの国はサウジアラビアの子分みたいなものなのに、なぜにサウジアラビアより上なのかは謎…


②世界における文化的影響力のある国 TOP10


順位
国名
10スウェーデン
9スイス
8オーストラリア
7ブラジル
6日本
5イギリス
4アメリカ
3スペイン
2フランス
1イタリア

文化的影響力となると日本はアジアでナンバーワンとなった。このTOP10にはアジアの国は日本しか入っておらず、いかにアジアの中で日本が文化的にも上位に位置付けられているのかが分かる。

このランキングは、料理、ファッション、暮らしやすさ、また他の国からみて粋(クール)と思われているかなどがランキングに反映されている。また、音楽、テレビ番組、映画、その国の伝統のみならず、現在のカルチャーなども反映されている。

つまり、「クールジャパン」というのは確かに存在する。このランキングは西洋人が評価しているランキングなので、アジアを訪れる白人の中で、日本が一番上位に位置付けられていると思ってもいいだろう。

それにしても、イタリアは強い。日本人から見るとイタリアって、ヨーロッパの主要国でも経済のお荷物国家と思う人もいれば、ファッションがクールと思う人もいる。

けれども、実際ヨーロッパではイタリアに訪れる人たちがものすごく多いことからも分かるように、文化的な面で非常に尊敬していると言える。

「日本は何位?観光客数が多い世界の国ランキング TOP30」

Cultural Influence(U.S.News)



③英語版の「影響力のある国ランキング」では日本はハブ!?

expat(国外居住者)に情報を多く提供している、expat.com でも影響力のある国ランキングの記事があったが、日本は除外されていた。

というよりも、そもそも白人国家しか書く気がないのだろう。( ´艸`)

イギリス、フランス、アメリカ、ドイツ、カナダのみしかなかったのが面白い…。案外これが白人の目線なのかもしれない。

Which are the most influential countries in the world


④ユーロニュースによるソフトパワーランキングの評価 TOP10

euronews.com の(SOFT POWER INDEX 2017)という記事によると、ソフトパワーランキングは以下のようになっていた。

※もう一度、「ソフト・パワー」の意味をおさらい。

国家が軍事力や経済力などの対外的な強制力によらず、その国の有する文化や政治的価値観、政策の魅力などに対する支持や理解、共感を得ることにより、国際社会からの信頼や、発言力を獲得し得る力のことである。

つまり、経済力とか一切抜きに、その国が好き!と反射的に思われているかどうかということであると言えばわかりやすいだろうか。

まさしく日本人が評価されたがっている一番の部分だ。日本人は、一人当たりの経済力ではもうヨーロッパの国々には勝てない。また、軍事力では中国やアメリカ、ロシアに勝つこともできないし、すると評価されたいのはこの部分だろう。

で、以下が2017年のランキングである。

順位
国名
点数
10オランダ67.89
9スウェーデン69.32
8オーストラリア70.15
7スイス70.45
6日本71.66
5カナダ72.9
4ドイツ73.67
3アメリカ75.02
2イギリス75.72
1フランス75.75


10位 オランダ(67.89)

日本ではなぜかオランダは全然話題にならない。一人当たりのGDPも、平均身長もドイツよりも高く、イノベーション国家としても認知度が高かったり、最近はオランダがかなり注目されている。

また残念なことに、オランダでは昔の条約が今も残っていて、日本人が優遇されるという話もあるのにね…。(;^_^A→もっと日本人であること利用しちゃおぅw

「オランダがスイスと日本だけに「最恵国待遇」を与える理由と、フリーランス(起業家)にとって「ベルリン」よりお勧めな理由」


9位 スウェーデン(69.32)

スウェーデンといえば、知名度がやはり高い。というのも北欧とか、スカンジナビア半島と聞けば、スウェーデンがその中心国家なので…。

特にブロンド、青い瞳、税金高いけど豊かさ指数高い、超個人主義的な教育、北方の大国など色々なイメージが浮かんでくる。

けれども忘れてはいけない。スウェーデンは移民を受け入れすぎて、レイプ国家になってしまったという側面もある。

「日本人を尊敬します。俺らスウェーデン人が、移民問題に関して日本に倣わなければならない理由【海外の反応】」


8位 オーストラリア(70.15)

オーストラリアと言えば、1999年ころはまだ日本よりも一人当たりのGDPが低く、日本人にとっては、割と安く英語留学に行けるような場所だった。けれども今現在、物価が非常に高く、一人当たりのGDPでは日本を大きく引き離し、シンガポールとともに、アジア太平洋地区で、個人の豊かさランキングでは日本を超えてしまった。

「一人当たりのGDPは日本人より格上。オーストラリアが日本より豊かなのは本当か?豪州に関するトリビア TOP10」

またカナダと同様、かなり新しい国なのにもかかわらずソフトパワーで評価されるのは、多くの人たちが多民族国家に憧れていることや、オーストラリアが南半球に、大きな島丸ごと持っていることや、英語が公用語であり、一人当たりのGDPが高く、資源に恵まれていることなど、色々なイメージが重なっているのだろう。


7位 スイス(70.45)

スイスに留学しています。っていうのと、ポーランドに留学しています。っていうのと、どっちが響きがよく聞こえるだろうか。世の中ってそんなものなのである。

私はスイスのほうが日本よりも上なんじゃないか?と思ったりもする。(響き上では)たとえば、中国人が日本留学かスイス留学か選べるなら、おそらく面子を気にしてスイスを選ぶと私は思う。

なぜならスイスやドイツ、フランスへ留学するというのと、日本に留学するというのでは、やはり日本に留学のほうが、少し格が下がるように聞こえるからだ。


6位 日本(71.66)

日本はアジアにおいてナンバーワン。アジアの国々ではどこに行ってもたいてい日本人というだけで、親切にしてくれる人が結構多い。日本はそれだけアジアで信頼を得ているのであり、これは反日国家と言われている中国や韓国でも、個人的には日本人が好きな人が多いことからも分かる。

私は韓国で長く生活していて、多くの人に日本人というだけで親切にしてもらったし、現在住んでいる東南アジアでも、皆日本人というだけで、優しい感じがする。

たまに思うことは、もし私が中国人って言ったらどうなるんだろう…。ってことだよね。先人が残した日本のブランド力を今後も維持していきたいものだ。



5位 カナダ(72.9)

カナダは移民を積極的に受け入れている国。また同じ北アメリカでも、アメリカ合衆国の半分以下の犯罪率を維持している国。

List of countries by intentional homicide rate

つまり私からすると、アメリカ合衆国はデカすぎて、貧富の格差が激しすぎるけれども、カナダの場合、アメリカが進化して縮小したようなイメージにも見える。

カナダの人口はアメリカの10分1なのにもかかわらず、ここまで順位を上げているのは、地理的にアメリカに近いことや、国土が広くて、人種の種類が豊富、自然が豊かなど、色々なイメージが重なっているからなのかもしれない。


4位 ドイツ(73.67)

ドイツも、フランスやイギリスとともに世界史の中では重要な国の一つである。また多くのものが発明された国でもあるし、今もなお、ヨーロッパを経済で支配している。ドイツに対しては嫉妬する国も多く、逆にドイツ人が周辺国(特に南欧)を見下しているのでは?とも言われることがある。

「典型的なドイツ人の特徴「TOP10」を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!?」

そんなドイツと言えば、日本人からも好かれ、逆に日本はドイツからは見下されているような気もするのは私だけ?( ´艸`)



3位 アメリカ(75.02)

経済、軍事など、ほぼあらゆる面で先端を行っている国アメリカ。また英語はもともとイギリスが発祥だが、現在なぜ英語が公用語なのかと言えば、結局アメリカの存在があるからである。

アメリカが嫌いなアメリカ人も多いけれども、やはりこの国無くして世界は成り立たないのは間違いなく、現在日本に核が飛んでこないのも、アメリカの存在があるからだということも忘れてはならない…。

つまり日本寄りもソフトパワーがある国としては、当然である。


2位 イギリス(75.72)

カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、カリブ海に浮かぶ複数の国家、パプワニューギニアなどは全て、日本に天皇がいるように、エリザベス女王2世が今もなお君主である。

またロンドンのシティは、いまだに世界の金融センターとも言われ、イギリスの権威はいまだに強い。中東の大富豪がロンドンに不動産を買いまくるのも、色々な事情を知っているからなのかもしれない。


1位 フランス(75.75)


私がこのランキングを見た感想は、日本は戦争も放棄したし、移民も受け入れていないせいかドイツやフランスなんかより全然平和な社会を築けているし、日本文化は世界で一番クールだと思っていたので、なぜに最近国家として成り立っている「カナダ」に負けているの?と思ってしまった。( ´艸`)

カナダは日本とは全然違い、1867年(明治維新ころ)に誕生した国家であり、日本とは違い多様性を重んじており、移民を積極的に取り入れている。また日本のようにこれといった深い文化はないように思える。

また1位がフランスなのは頷ける。というのも、アメリカでさえフランスが何か発言すれば、聞き耳を立てるからである。

またアメリカ人は、日本人が英語を聴いた時に聞き耳を立てるように、フランス語がどこかで聞こえたとたんに聞き耳を立てるともいわれている。

それだけ西洋の中ではフランスが歩んできた文化が尊敬されているという証拠なのだろう。




⑤今後、日本が目指す方向

日本はどう頑張っても、経済力、軍事力、政治力では今後、中国には勝てないだろう。となると、努力してインドやインドネシアなどと繋がっていかなければならない。というのは前提としても、国家のブランド力を今以上に引き上げることが重要である。

けどこれって、今の日本政府がかなり力を入れていると思うので、より多くの人が今後ますます日本に観光に来ると思うし、注目を浴びるのは確かだと私は思う。

昔(2008年ころかな?)、国家の品格という本を読んだことがあったのだけれども、その本には「日本は今後経済が縮小してもフランスのように、発言力がある国を目指すべきだ」というようなことが書かれていた。

つまり、フランス(6700万人)は、日本(1億2600万人)の半分くらいの人口しかいなく、経済もそれほど凄い!というわけでもなく、むしろ貧困化し、パリの一部は黒人化しているけれども、

「白人はどこに?「パリはどこの国の首都ですか?」と世界で話題に【海外の反応】」

フランスという国家が歩んできたプロセス(産業革命、フランス革命、政治の中心地だったこと、現在もファッションの中心地)を多くの人は知っており、その積み重ねが今現在のフランスというブランドに繋がっているのだ。

つまり、上にも書いたが、たいていどこの国でも「フランスでは、あ~やってやってるよぉ~」って言えば、「おぉ、そうなんだぁ」となるわけである。

これが、アメリカで、「日本では、あ~やってやってるよぉ~」と言っても、「あっそぉだから何?」となるわけである。

フランスに関して言えば、今でも世界中で英語に次いで二番目に学ばれている言語であり、アメリカ英語の中にも、多くのフランス語が、フランス語の発音に似た形で生きている。

またあのイギリス連邦の名目的な君主、エリザベス女王2世もフランス語が堪能…( ゚Д゚)→エリザベス女王2世が逆に日本語を話して、クール!!ってなったとき、日本の地位がもっと上がっている証拠かもしれない…。

で、最後に、このソフトパワーランキングを見ると面白いことが分かる。それは、総合版ランキングでは上位だった

・中国
・ロシア

などが一気に排除されていること。けれども今後、中国は文化力にも力を入れていくと思うので、徐々にソフトパワーランキングの上位にあがってくる可能性は十分にある。

その中で日本人が原点に戻りつつも、新しい日本の良い形を考えていこうという姿勢が必要だろう。

西洋でも、日本に留学する=エリートと思われるようになる日が来ることを祈る。とも言いたいところだけれども、そうではなく、日本が今まで持ってきた人を助ける精神をもっと強化していくことで、日本の評判はますます上がっていくのではないだろうか。

それは、経済的に成功しているから。とか、外見が良いからとかではない。東南アジアの国々の一部の人たちから、西洋の植民地から解放されたのは日本のお陰だとか言われるように、弱いものを助ける人がもっと増えること。それが、実際の評判や価値に繋がっていくのだと思う。

実際、以下のような人たちがなぜ日本史で全然話題にならないのか、私は不思議でならないのだ…。

「日本史には出てこない、日本人が世界で称賛・尊敬される理由と、現代版のサムライ TOP9」

Reference Site
https://softpower30.com/wp-content/uploads/2018/07/The-Soft-Power-30-Report-2018.pdf
https://www.weforum.org/agenda/2018/05/these-are-asias-most-influential-countries

こんな記事もオススメです。
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」
「国籍(市民権)をとりやすい国と、取りづらい国のランキング【海外の反応】」
「日本は何位?観光客数が多い世界の国ランキング TOP30」

「クール・ジャパン」の日本は何位?世界一影響力(ソフトパワー)のある国 TOP10 「クール・ジャパン」の日本は何位?世界一影響力(ソフトパワー)のある国 TOP10 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 29, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.