新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

韓国人は観光で日本に行ってあげてるのに、どうして日本人は韓国に来なくなっちゃったの?→日本人は、台湾に夢中なのだよ!




よく韓国人に言われるのが、なんで急に日本人が韓国に来なくなったの?というもの。で、私はいつもなんて答えていいのかわからないのですが、

2011年の東日本大震災の時に、台湾がアメリカ以上に義援金で支援してくれたりしたときに、韓国ではそれほど義援金が集まらなかったことや

2012年8月10日に当時大統領だった李明博が韓国の大統領としてははじめて竹島に上陸したり、かと思ったら、2012年8月14日に李明博大統領が、日本の象徴でもある日王(天皇陛下)に、謝罪を要求したことで、一気に日本人が冷めてしまったんじゃないの?ってことを言った。

また俳優の高岡蒼甫さんが、2011年の夏に、韓流スターがばかりでてくる現在の日本のテレビ業界、特にフジテレビを名指しで批判し、その後、東京各地でも日章旗や旭日旗(きょくじつき)を持った日本人がデモをした光景は、記憶に新しい。

そういう部分から、日本人の韓国離れが加速。2010年冬にソウルで日本語教師をしていた当時と、江南スタイルが世界中で流行り出した2012年の冬頃に韓国の大学に留学したときとでは、やはりソウルの雰囲気も違った。そう。私が韓国人に、

日本人はなんで韓国に来なくなっちゃったの?

って聞かれたのも、まさに2012年の冬頃だったので、つまりは2013年ころということになる。


(写真は台湾の渋谷ともいわれている西門町)

2010年ころは、やはりソウルの新宿ともいわれている明洞(ミョンドン)なんか歩いていても、日本人しかいないんじゃないの!?って思うくらい日本人でごった返していたので、当時日本語教師をしていた私は、明洞には近づきたくなかった。という記憶すらあるし。

で、ここから面白い数字を見てみたいと思います。

韓国と言えば、よく比べられる国に台湾と言うものがありますが、そもそも人口そのものが全然違います。

以下、2016年の人口をみてみると、

5125万人大韓民国
2355万人中華民国(台湾)

と、台湾の人口は韓国の半分以下。

そして、とても興味深いデータがある。なんと、日本人のこれらの国に対しての年間旅行者数の数字が面白いのだ。

まず、2016年からみていこう。

229万人=大韓民国
189万人台湾

ほぼ、変わらないくらい。40万人程度の差しかない。

ちなみに、2011年までさかのぼるとしたら、どうでしょう?

328万人大韓民国
129万人台湾

この数字・・・。数字って正直ですね。



すげー変わってしまったと思いませんか?韓国に行く日本人が、2011年→2016年の間で100万人も減ってしまったのです。

一方、台湾に行く日本人は増え続けているという事実。

この当時、異常なくらいに日本人が韓国へ旅行に行っていたことがわかります。また、台湾はこれだけ過小評価されていたのです。

そう。多くの日本人が台湾よりも、韓国に夢中だった年。だからこそ、フジテレビ批判で、俳優の高岡蒼甫さんがツイートしたことで、フジテレビ批判のデモが起きたのですよね…。→大規模デモがそれほど多くない日本にしては、当時かなりインパクトのあったこのデモの動画は、なんと100万回も再生されている。



けれども、2016年のデータをみると、やはり日本人が韓国には飽きてしまったのか、それとも台湾に興味を持ち始めたのかは不明ですが、現在は人口あたりで考えても、台湾観光のほうが人気ということになっている。

台湾の人口が韓国の半分以下ということを考えれば、韓国に来る日本人観光客が229万人で、台湾に来る日本人観光客が189万人というのは、どう考えても日本人が台湾好きだということを証明することになる。

一方、日本に来る韓国人観光客数は年間600万人超え確実。


韓国の朝鮮日報によると、今年2017年は、1月~10月までの訪日韓国人の人数が、過去最多になったと伝えられています。その数、583万人。11月、12月も合わせると、韓国人の年間訪日観光客数は700万人あたりに達すると予想されている。

これは日本が韓国に行く人数の3倍です。けれども、日本と韓国には人口の差がかなりあることも考えれば、日本人が韓国に行く6倍もの韓国人が日本に来ているということになります。

テレビでは対立しているような感じのする日韓ですが、日本が台湾に夢中になっている間、韓国が日本に夢中になっているという、三角関係が現在形成されつつあるのかもしれません('Д')

ちなみに、上の映像は、韓国人が大阪観光を宣伝している映像です。再生回数が200万回!という部分からも、大阪がかなり人気だということが伺える。また動画の質がかなり高い。

参照URL→日本政府観光局(JNTO)など
https://www.jnto.go.jp/jpn/inbound_market/market_basic_korea.pdf
https://www.jnto.go.jp/jpn/inbound_market/market_basic_taiwan.pdf
http://www.mediajeju.com/news/articleView.html?idxno=129247
http://clubtaiwan.net/tourism-ratio-visitor-japan/
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/11/2017121101538.html

こんな記事もオススメです。
「日本在住の外国人が、東京ではなく【大阪】にハマってしまう理由」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



韓国人は観光で日本に行ってあげてるのに、どうして日本人は韓国に来なくなっちゃったの?→日本人は、台湾に夢中なのだよ! 韓国人は観光で日本に行ってあげてるのに、どうして日本人は韓国に来なくなっちゃったの?→日本人は、台湾に夢中なのだよ! Reviewed by よこいりょうこ on 12月 22, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

江南スタイルも正直良い流行り方じゃなかった気がする。「アジアがこんな変な歌作ってる~」みたいな流行り方だった。実際、アメリカですれ違いざまに白人にアジア人ってだけで韓国人でもないのに、その歌をからかいながら歌われたって人の話を聞いたことあります。ヨーロッパというより北米でネタとして流行ってた感じ?youtubeの再生数や高評価だけはご立派だったけど、KPOPでよくみられる売り上げは全然ないという典型。
台湾は台北と台南では全然違うと聞きました。台北は美男美女は居ないけど、台南は日本人の好きな堀が深めのビビアン・スーみたいなタイプがちらほらいると聞きました。ただ残念な所は、台湾は日本好きでもあるけど、いきすぎた白人崇拝もあるみたいですよ。外国人ゲイが言うには、台湾人ゲイは白人ってだけでかなりむらがってくるみたいです。日本人ゲイも若くない男でもモテるみたいなので、台湾は外国人好きなんでしょうね。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.