新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本人のゲイ(LGBT)が絶対行ってはいけない国 TOP10 と、優遇される国 TOP20【海外の反応】




これはランキングではないのですが、TOP10 というようなタイトルに。また日本人のゲイ。と強調形で書いてみましたよー。というのも、この記事見る人は90%が日本人ですからね…。( ´艸`)

ちなみに、ゲイと書いていますが、男性だけではなく女性に対してもゲイと表現することもありますし、最近はそういうものすべてひっくるめた LGBT という大変便利な言葉もある。いずれにしても、海外に行く人は、特に西洋の先進国の場合、日本よりも LGBT フレンドリーな国が多く、この言葉を知っていて損はない。

NY
パリ
ロンドン
ベルリン
ロサンゼルス
トロント

どこに行っても大都市にはたいていゲイタウンというものがあるし、そういうところでゲイじゃない人が、遊びに行って英語の勉強をしてくるというケースもある。→海外のゲイタウンは、新宿のゲイタウンとはまた違った空気があるのも確か。

女性も多く、結構ファッショナブルな地区に多い。たとえば、日本のゲイタウンは新宿にありますが、ロンドンやNYと言った大都市のゲイタウンは、日本でいう原宿みたいなオシャレなエリアの近くにあったりして、

ゲイ=ファッショナブルというイメージもある。(もちろん、ネガティブなイメージもありますからね?)

たとえば、ロサンゼルスのゲイタウンもハリウッドにありますしね…。NYの場合は、チェルシーなど。→チェルシーを歩いていたら、めちゃくちゃイケメンのアメリカ人がたくさんいましたw

「なぜ世界の有名ファッションデザイナーにはゲイが多いのか?」



けれども、日本人が行く多くの先進国はこのようにゲイに寛容な社会になりつつありますが、そうではない国も存在する。

そういうことを知らずに、羽目を外してしまうと、取り返しがつかないことになる場合もあるので、せめて、そういう国はどこにあるのか?

ということをなんとなく程度に覚えておくことも重要だと思います。→実際私のジェンダーは女性ですが、性別が男性なため、

アラビア語でユーチューブ動画を撮影してアップロードしたら、お前男だろ!みたいなメールが来ていたりも・・。




そんな一方で、私みたいな性別不詳のおかまちゃんと1年以上もやり取りしてくれている現在戦争中のイエメン在住の女の子もいます。

ま、いろんな国があるのですよね…。

以下のリストは、
・インド
・ロシア
・イラン
・ジャマイカ
・トルコ
・ウガンダ
・サウジアラビア
・ナイジェリア
・シンガポール
・パキスタン

ちなみに、ものすごく意外だと思われそうですが、中東にあるイスラエルという国は、ゲイにとって天国と言われているほど、ゲイフレンドリーな国と言われています。

イスラエルは、アジアでナンバーワンと言われているほど、ゲイが住みやすい国ともいわれているそうです。

理由は簡単。中東の国々はイスラム教ですが、イスラエルだけ戦後に中東の地に戻ってきたユダヤ教国だからです。宗教が変わるだけで、聖書の解釈の仕方も変わる…w

ちなみに

・ユダヤ教
・キリスト教
・イスラム教

これら3つは旧約聖書を読む。

ちなみに、東アジアでは台湾に続き、韓国でもかなりLGBTに対しての理解が広まってきているのも面白いところですね。

「日本よりも韓国のほうが、ゲイに対してオープンになってきている?韓国に住むゲイを取材【海外の反応】」





以下、海外の反応


01.海外の名無しさん
なんだよ、ほとんどが中東の国々じゃないか。

02.海外の名無しさん
やっぱりほとんどの国がイスラム教の国々だね。うん、知ってるさ。イスラム教が平和と愛の宗教だってことはね…。確かに今もあれらの国々は平和だね・・?

03.海外の名無しさん(ジャマイカ)
ジャマイカでは、ゲイであることは犯罪者よりも罪だということを教えられる学校もあるよ。私の学校では、ゲイの女性がいて、彼女がゲイだということをわかった瞬間に、叩いたりするいじめが発生しているわ。ゲイだというだけでたたかれるような国なのよ。

04.海外の名無しさん
トルコ、ロシア、シンガポールがこのリストに入っているのはジョークにしか思えない。だって、これらの国々よりももっとLGBTを抑圧しているような国はもっとあるでしょ?たとえば、エジプト、カタール、クウェート、オマーン、イエメン、イラク、アラブ首長国連邦、ソマリア、アルジェリア、モロッコ、セネガル、ガンビアなどね…。それらの国々に比べたら、トルコ、ロシア、シンガポールなんてまだまだパラダイスじゃないの。

05.海外の名無しさん(インド人女性)
私はインド人で、LGBTではなくストレートの女子ですが、LGBTコミュニティを応援しています。インドでは公共の場でキスしたりするだけで、自警団によって路上での生活を強いられたり、監獄に放り込まれることもある。

「インドにおける、セックスや恋愛についての考え方が変わってきている?【インドの反応】」

06.海外の名無しさん
とっても悲しいよね。結婚っていうのは愛なのに・・。ジェンダーの問題ではないと思う。

07.海外の名無しさん
このリストに載っているのって、原始的な国家ばっかりやん。

08.海外の名無しさん
俺はストレートの男性だけど、他人を傷つけるような行為をしなければ、どんなことをするのもその人の自由であると信じてる。

09.海外の名無しさん
イスラム教の国々に対しては、あれは文化だからしょうがないんだ。私も正直言うと、LGBTを罰するのは反対の立場。けれども一方で、一般原則的に言うと、イスラム教の文化もやはり尊重されるべきだと思う。

10.海外の名無しさん
マレーシアを忘れていないか?リストに入っていなかったよ??



マルチリンガールのコメント
アラビア語を一年間も一生懸命勉強してきた私ですが、あの神の言語はとっても、大好きなのですが、実際にこのアラビア語を使う国はすべて私が住みづらい国であることも判明・・。やはり、海外滞在はフランス・ドイツくらいで我慢するしかないのだろうか?と思いながらこの記事を書いていました(^^;

ま、南米とか行ってホットなラテン男子とデートするのも悪くないわね・・・。なんて。ま、南米は南米で、犯罪多いから危ないって言うのもあるんですけどね・・。

最後に・・。
タイトルでは絶対に行ってはいけない国と書きましたが、やはりこれくらい強めに覚えておいてほしいですね。実際に何かあってからでは遅いので…。(;^_^A

日本人は海外出ると羽目外しやすいですからね…。

以下、

Best LGBT Cities 2017 に掲載されていた、ゲイ・フレンドリーの都市別ランキングです。


20位 ブリストル(イギリス)
19位 コペンハーゲン(デンマーク)
18位 シッチェス(スペイン)
17位 バンクーバー(カナダ)
16位 ウィーン(オーストリア)

15位 リスボン(ポルトガル)
14位 メルボルン(オーストラリア)
13位 マンチェスター(イギリス)
12位 モントリオール(カナダ)
11位 パリ(フランス)

10位 サンフランシスコ(アメリカ)
09位 ニューヨーク(アメリカ)
08位 バルセロナ(スペイン)
07位 ブライトン(イギリス)
06位 ベルリン(ドイツ)

05位 ロンドン(イギリス)
04位 テルアビブ(イスラエル)
03位 トロント(カナダ)
02位 アムステルダム(オランダ)
01位 マドリード(スペイン)

70位→東京、83位→香港、61位→バンコク。

これは、デート、LGBTのナイトライフ、安全性、LGBT権利、都市の開放度などを総合的に合わせたものなので、必ずしもバンコクみたいなオカマちゃんがたくさんいる国がTOPになるとも限らないということか。

それにしても、スペインがダントツという感じがする。カナダやオーストラリアなどの多文化共生社会の国もやはり強い。

意外なのが、テルアビブ。ここは事実上、アジアで一番ゲイに開放な都市とされている。またワーホリでトロントに住んでいたり、ニューヨークに二回ほど滞在したことのある私からすると、やはりこれらの両都市は、過ごしやすかった。

日本に戻ると、そのギャップに逆に違和感を覚えてしまうくらいである。

Reference Site
https://www.nestpick.com/best-lgbt-cities/

こんな記事もオススメです。
「最近日本人の質が悪くなってきているよね。と中華圏で話題になっている件【台湾の反応】」
「日本と韓国における LGBT (同性愛者)に対する意識の違いを検証【海外の反応】」
「先進国で1番、同性結婚や【LGBT】後進国である日本は今後どうなる?同性婚が合法化している国をまとめてみた」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本人のゲイ(LGBT)が絶対行ってはいけない国 TOP10 と、優遇される国 TOP20【海外の反応】 日本人のゲイ(LGBT)が絶対行ってはいけない国 TOP10 と、優遇される国 TOP20【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 1月 21, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.