新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本人がトルコについて知らないコト TOP10【海外の反応】




トルコと言えば、親日国。って思っている人も多いかと思う。けれども、トルコのことをどれだけ知ろうとしているだろうか?

トルコは親日だから、好きだモーン!とか言っている人に限って、トルコのことを全然知らない。また興味すら持っていなかったりする。のは、あながち間違いではないかもしれない。( ´艸`)

そんな私も、今年はトルコ語を本格的に始めようと思うので、今後トルコにかなり詳しくなる可能性もある。

で、この記事では、私が以下のトルコについてアンタが知らない15のコト!的な動画をみて、厳選した TOP10 を作ってみようと思う。

10位 トルコ人女性は、ヨーロッパのいくつかの国々よりも先に女性参政権を獲得していた





私が調べたところ、トルコの女性が参政権を獲得したのは、1934年で、これは、フランス、イタリア、日本、ベルギー、イスラエル、韓国、中国、ギリシャ、シンガポールなどよりも先であるということがわかった。

Women's suffrage (wikipedia)


9位 食事の前にスープを飲むのがトルコでは普通。朝食の前にもね


それほど、驚くことではないけれども、旅行に行く前に知っておいていい知識かも。その国の習慣がそれぞれ異なっているのは、私が興味深いと感じている部分でもある。



8位 イスタンブルールで最も高いと言われているレストランは、現金しか受け付けない


現金主義なのか?これは興味深い。けれども、それほど重要な情報とは思えないけど…。



7位 1934年まで多くのトルコ人が苗字を持っていなかった

これは驚いていいのかよくわからないけれども、事実のようである。

ま、トルコ人とトルコの話をしたときに、昔トルコでは苗字がなかったんだよね?と聞いてあげたら、トルコ人に、よく知っているね!と言われるかもしれない!( ´艸`)

The surname law: A profound change in Turkish history


6位 世界のどこよりも、トルコで多くのジャーナリストが拘束されている

トルコ怖すぎ!!確かに、ジャーナリスト 拘束 トルコで検索すると、日本の主要メディアも報じていた。

トルコってなんか勝手な印象だと、結構安全な国っていうイメージがあるけれども、言論の自由がないのかな?って思ってしまう。




5位 トルコ人は超愛国主義者だ


確かに、トルコは愛国主義国家というイメージが強い。よくアラブ通の本を読むと語られているのが、中東にはたくさんの国があるが、本当に国として機能しているのは3ヵ国しかないという話しを耳にする。

・エジプト
・トルコ
・イラン

これらは、日本のように自国の歴史に誇りを持っている愛国主義者が多いと言われているそうだ。サウジアラビアなどは、王室が色々な部族をうまくまとめているに過ぎない。なのでサウジアラビア人であることを誇りに思う!というような人はあまりいないのだそうだ。あとアラブ首長国連邦、カタール、ドバイなんかも、長い歴史を持っているような国ではないのもポイントかもしれない。

またトルコはオスマン帝国として、かなり強かった時期もある。それも関係しているのかもしれない。

いずれにしても、

「新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)の件で、トルコ人が中国政府にマジギレしている理由」

同じトルコ系と思っているウイグル人をいじめる中国人にブチギレするくらいだしねぃ…w


4位 トルコには、ユネスコ世界遺産が17つも登録されている



実際に、2017年時点での世界遺産登録件数は、日本の21カ所のほうが多い。また、世界遺産はなぜかヨーロッパの国々に集中しているのも疑問ではあるけれども…。

World Heritage Site (wikipedia)

けれども、これはポーランド、ポルトガル、スウェーデン、ベルギー、ペルー、韓国、スイス、オランダなどよりも多く、案外、意外に思えるのかもしれない。

ちなみに、中東エリアではトルコが一番世界遺産が多いということになる。


3位 トルコに行けば、鶏の胸肉プリンを出されるだろう



これは逆に楽しみかもしれない。トルコでしか食べれないものなのかもしれないけど、ベジタリアンの人などは戸惑うかも…。


2位 国民の人口に対してフェイスブックユーザーが最も多い国のひとつである

確かに、調べてみると、トルコのフェイスブックユーザー数はものすごく多いことが判明。その中には、偽アカウントや二重アカウントももちろんあるかもしれないけれども、日本の人口1億2000万人に対して、たったの2000万人ちょっとしか日本のフェイスブックユーザ―はいないと言われているけれども、

トルコの場合、人口8000人に対して、なんと5000人以上もフェイスブックが使われている。

Reference 
Leading countries based on number of Facebook users as of January 2018 (in millions)

つまり、簡単にいうと、トルコ人友達を作りたければフェイスブックで交流することだ!( ´艸`)


1位 サンタクロースは実はトルコで誕生した


以下、ナショナルジオグラフィックより。

サンタクロースの墓を発見か、トルコの教会の床下

サンタクロースの起源としての説として、ミラのニコラオスがあげられるのだそう。彼は、当時トルコのアンタルヤ県のゲレミシュ(Gelemiş)という小さな町の近くにあるパたらというところでうまれたということはウィキペディアにも書かれている。

サンタクロースといえばフィンランドだけれども、サンタクロースの起源までさかのぼるとトルコまでたどり着くってことか…。





以下、海外の反応


01.海外の名無しさん(トルコ人)
この動画では一部、トルコはイスラム国家って語ってたけど、トルコは非宗教的な国家だということはきちんと伝えてほしかったなぁ。

02.海外の名無しさん(パキスタン人)
パキスタン人だけど、トルコのこと愛してるよ。

03.海外の名無しさん(トルコ人)
一部この動画では間違った情報があると思うよ。たとえば、朝食時にあまりスープを飲んだりはしないとか。

04.海外の名無しさん(トルコ人)
まず言っておきたいのが、トルコではラクダになんか乗らないぜ?トルコはアラブと違って砂漠の国ではないんだ。トルコに住んでいるけど、ラクダなんてみたこともない。

05.海外の名無しさん
鶏の胸肉プリン食べたことあるけど、鶏の味がしないよなぁ…。

マルチリンガールのコメント
コメントを訳していていつも思うのが、なぜかパキスタン人がコメントに乱入している場合が多い。そもそも考えてみれば、パキスタンの人口って、もうちょっとで2億くらいになるものね…。

Reference Site
https://www.youtube.com/watch?v=FxCFGX1Tj2M

こんな記事もオススメです。
「日本に関して知っておくべきことと、知らなくてもいいことを25つ紹介しよう【トルコの反応】」
「トルコとモンゴルが ASEAN (東南アジア諸国連合)に加盟したい理由【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本人がトルコについて知らないコト TOP10【海外の反応】 日本人がトルコについて知らないコト TOP10【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 28, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.