新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

あんたは中国人?それともイギリス人?なんでそんなに英語がネイティブなの?【海外の反応】




現在世界に散らばっている中国人その数は、日本人の数とは比べ物にならないのは、誰もが予想できることだろう。日本で暮らし、日本のテレビ番組を見て、日本人だけと会話している生活をしているとみえてこないことがある。

それはマイノリティの存在だ。

LGBT、障がい者、少数民族など、マイノリティ(少数派)というものは数えればきりがないようにも思えるけれども、一つ忘れているのは、ハーフの存在ではないだろうか?

彼らは一見普通の人たちに見えても、ハーフというだけで疎外されたりする場合もある。(日本や韓国などの単一民族国家では特に)

日本を単一民族国家と呼ぶのにも議論はあるけれども、実際は融合が進んで一つの価値観にまとまっているという点では、やはり単一民族国家なのかもしれない。

日本にも、沖縄の人々はアイヌの人々は民族性が違うともされることがあるようだけど…。少なくとも、フランスに住んでいるアラブ人のように、フランス人の価値観とは別の行動をとったりすることもない。

で、この記事では中国系イギリス人をインタビューした動画を解説していきたいと思う。私自身、イギリスに住んでいる中国人。というのは今まで意識はしてこなかったので、とても新鮮な内容だったので、ぜひシェアしようと思った。

イギリスとは言っても、イングランドではなく、イングランド北部にあるスコットランドで撮影されたものだ。

そうそう。あのイギリスからの独立運動もあるあのスコットランド。

以下の動画は、スコットランド最大の都市、グラスゴーにある stow college で撮影された模様。

ではでは、いきましょうか。



この動画では、何人かの中国系イギリス人が、いくつかの質問を受けている。

0:36 からはじまるこの動画では、どう見ても中国人の少年にしかみえない男子がまずは流暢な中国語で自己紹介を始める。

で、こんな中国人顔なのに、なんなのその英語のネイティブっぷりは!と私でも驚いてしまうくらいにそのギャップが凄すぎる…。

彼が言うには、大人になったら中国に帰りたいのだという。イギリスには全然友達がいないけれども、中国にはたくさんいるようだ。(二重国籍??)

1:18 からは、何やらお年頃?声変わり系の少年が登場。→声低すぎ!w

で、ここでものすごく面白い情報が。インタビュー者が BBC って知っている?と聞くと、彼は知ってるさ。

British Born but Chinese =BBC →なので、ここでは放送局の意味ではない。

で、アメリカで生まれた中国人は、

American Born but Chinese = ABC というのだそうだ。→こちらもアメリカの放送局の名前じゃないからね…(^^;

今度、英語話せる中国人に聞いてみようかしら。

ちなみに、1:26 の彼の笑顔が可愛すぎてワロタw

1:28 →白人にしか見えない…。けれども、イギリスでは中国人にしか見えないのだと言われるそうだ。逆に中国に行くと、白人みたい。と言われるのだそう。

2:29 からは、あんたは中国人なの?イギリス人なの?とインタビュー者に迫られる場面が…。

・中国人だよ(少年)
・よくわからない(少女)
・両方かな?パスポート上はイギリス人だけど(白人顔の少女)
・両方だよ(声低めの少年)




以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん(中国人女子)
白と緑のセーターをきた女子めっちゃかわいいよぉ!

02.海外の名無しさん
中国人がスコットランド・アクセントで英語を話しているところ初めて見たよ!

03.海外の名無しさん
この子どもたちがどこの国の人達かって?これはものすごく簡単な質問なのだよ。彼らはイギリスで生まれたんだ。だから、イギリスの教育を受けているわけだし、イギリス文化も染みついている。彼らが民族的には中国人であっても、イギリスで生まれたのだからイギリス人に決まっている。

04.海外の名無しさん(韓国人)
中国系イギリス人としての彼らの存在、そしてそれによって彼らが人生の中で混乱している姿。こういうストーリはひじょう

05.海外の名無しさん
0:39 にでてきた男の子、民族性は中国人なのに、中国語が全然でてこないで悔しそうにしている姿、めっちゃかわいかったよぉ。

06.海外の名無しさん
BBCとかマジでウケるんだけど。

07.海外の名無しさん(中国人)
俺だったら大学卒業するまで自分の子どもは海外に送りたくはない。

08.海外の名無しさん
1:41 のエイプリルっていう少女すごくかわいいんだけどぉ!

09.海外の名無しさん(中国人)
彼らの国籍はイギリス。けれども民族性は中国。ただそれだけのことだろう?

10.海外の名無しさん
人種差別的なことを言うわけではないのだけど、 2:45 で彼が話していた英語が、"I class myself as jew nationality" に聞こえたよ…。

→俺はユダヤ国籍…。本当は、dual nationality 二重国籍

マルチリンガールのコメント
いろんな人たちがいるのだなぁと改めて実感。っていう私の元カレの中にも、こういう人が一人いたのだけどね…(^^;

いずれにしても、国籍と民族性は別。ということを考えるのであれば、日本に住んでいる在日朝鮮人・韓国人の中にも、日本国籍を取得した人(帰化した人)は、国籍は日本人だけど、民族性が朝鮮人・韓国人ということなのだ。ということがわかってくる。

私はそもそも無知なせいか、在日朝鮮人とか、日系ブラジル人とかって日本人と何が違う?って思っていた側なので…。

記事を作るにあたり色々勉強になることが多い。

こんな記事もオススメです。
「在日同胞(在日朝鮮人・韓国人)たちに聞いてみた!日本と韓国の違い【海外の反応】」
「中国語をマスターすると、アメリカ人のような感覚になれる理由」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


あんたは中国人?それともイギリス人?なんでそんなに英語がネイティブなの?【海外の反応】 あんたは中国人?それともイギリス人?なんでそんなに英語がネイティブなの?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 22, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.