新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

アイスランドとハンガリーが、ロスチャイルド系の銀行を追い出したと話題になっていた件【海外の反応】




ロスチャイルド家。と聞くと、あ、あの陰謀論かぁ。と耳を貸さない人も多いのですが、実際に私はユーチューブでもロスチャイルド家の人たちは何度もみているので、ごくごく普通の人だということも知っている。

ユーチューブで彼らの動画を観る前までは、存在しない誰かが作った話だ!というふうに認識していた。けれども、今はインターネットで、ウィキペディアを使えば、あらゆる言語で同じ話題についての知識が得られるし、またなんでもある程度までは自分で調べることができるようになった。そういうこともあってか、逆に最近は知らない人はいないのではないか?と思う。

私が以前書いたこちらの記事

「なぜ日本人は、ビルダーバーグ会議に招待されないのか?」

これもそうですが、こういう会議も、実際に自分たちのホームページを普通に持っている。にもかかわらず、多くの人たちはこういうものの存在すら信じたりはしない。まさに、パレートの法則のように、80%の人たちが信じようとしない調べようとしないのに対して、20%の人達が真実なのか?と、疑って調べたりするのかもしれない。

やはり個人的には、最近はロスチャイルド家について、普通のメディアも報じるようになったので、逆に知らない人はいないとは私は思ってる…。

Only Three Countries Left Without a ROTHSCHILD Central Bank!

で、

上のURLでは、以下7ヶ国の中央銀行が、2000年時点までにロスチャイルド家に支配されていなかったと書いている。

厳密に言うと、ロスチャイルドが所有していると言われているアメリカの日本銀行と言われているFRB(連邦準備制度)のことを指しているのだと思われる。

アフガニスタン
イラク
スーダン
リビア
北朝鮮
イラン
キューバ

2000年までは上記7ヶ国だったのが、2013年になると、その数は減り、

・北朝鮮
・イラン
・キューバ

のみが、ロスチャイルド系に支配されていないとのことだ。英語圏では、残り3ヵ国だね…。というような記述がよくみられる。




つまり2000年~2013年の間にアフガニスタン戦争、イラク戦争、スーダン内戦、リビア内戦などが起こったことを考えると、なんとなく話が繋がってくるような気もする。

この話を信じている人達の間では、次に狙われるのは北朝鮮と言われている。それも平昌オリンピック後。

彼らはとにかく、北朝鮮やイランの中央銀行が欲しいのだとか…。

「アメリカに潰された国々、なぜ北朝鮮だけは滅ぼされない?」

けど、私自身、どのように各国の中央銀行とロスチャイルドのかかわりがあることを証明できるのか?ということは調べられていないので、そこはまだ謎の領域だ。

で、どのように、各国の中央銀行が、ロスチャイルド家と関わっているのか?ということを判断するのか?ということが、以下の地図をみれば、薄っすら見えてくるのではないか?とも思ったりした。



Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/International_Monetary_Fund

上の地図は、IMF と関わっているかどうか?ということを示す地図。

①オレンジ→IMFメンバー(SDDS)
②ピンク→IMFメンバー(GDDS)
③緑→IMFメンバー(DDSシステムを使用していない)
④灰色→IMFとかかわりがない

SDDS と GDDS というのは、データ公表に関するIMFの基準。のようだ。

https://www.imf.org/external/np/exr/facts/jpn/dsbbj.htm

以下の質問にもありますが、多くの人がロスチャイルド家がFRB(連邦準備制度)やIMFや世界銀行をコントロールしていると思っている。

Does the Rothschild family control the IMF or the World Bank?

確かに北朝鮮は灰色になっているのでIMFと関係がなく、イランもIMFだけれども、DDSシステムを使用していない。というあいまいな立場になっている。

で、本題に入りますが、話題になっていた動画がこれだ。

アイスランドが、ロスチャイルド系のすべての銀行家を逮捕した!

というもの。(^^;



再生回数100万以上で、かなり盛り上がっている動画だ。

反応を見てみると、

以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん
金融ビジネスにかかわっているすべてのTOPは、それだけで罪だ。

02.海外の名無しさん
俺らはみな団結して、こえを終わらせるべきだ。誰もが平和を求めてるのだから。

03.海外の名無しさん
これは知識のある人たちによるパワーだよね。

04.海外の名無しさん(オーストラリア人)
よくぞやった、アイスランド。すべての国に勇気を与えてくれたね。次は俺の住んでいるオーストラリアで起きてほしい。

05.海外の名無しさん(カナダ人)
カナダもこれに続くべき。

以下は、

ハンガリーはロスチャイルド系の銀行を国から出るよう命じた!

というようなタイトルの動画だ。



01.海外の名無しさん
政治家や一般市民は、各国の中央銀行が何者かによってハイジャックし続けられているという現実にいつ気づくんだろうね?

02.海外の名無しさん
ハンガリーよくやったぞ!幸運を祈る!

03.海外の名無しさん
ハンガリーはこの出来事を今後の歴史で自国民に教えていくべきだ。どれだけ現在の世界が、何者かによってコントロールされているのか。またそれに対してハンガリーは勝ったということもね。

04.海外の名無しさん
ロシアも最近同じことしたよ!!

05.海外の名無しさん
だからか。ヨーロッパの中でもハンガリーの経済成長率が高い理由がわかった。

マルチリンガールのコメント
このように、私の知らないところで、しかも私の知らない知識がたくさん必要とされるような出来事が起きているようである。SDDS なんていう言葉はこの記事を書いて初めて知ったしね。

けど、疑問もある。ハンガリーとアイスランドは、上の地図ではやはりIMFと関係があるということになる。

いずれにしても、このブログでも、この関連の記事は今後も増やしていきたいと思う。(^^;)また個人的にはこの記事が何かのヒントになればいいなとも思う。

おまけ。
フェイスブックではこんなスレッドがたてられていました。興味深すぎる。
アイスランドに続いてハンガリーでも中央銀行を拒絶し、国民達による銀行制度を奪い返すという奇跡が起きた。 田布施一族が日銀を私有化させてきた歴史の中で田布施の中心的な重要人物の安倍首相としては、このような事実を国民に決して知らせたくない。

こんな記事もオススメです。
「世界では常識?日常英会話の90%以上は、OXFORD 3000単語だけで十分な理由」
「20歳から英語の勉強を10年間も続けている理由と、そのメリット」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


アイスランドとハンガリーが、ロスチャイルド系の銀行を追い出したと話題になっていた件【海外の反応】 アイスランドとハンガリーが、ロスチャイルド系の銀行を追い出したと話題になっていた件【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 05, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.