新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

韓国 VS フランス。韓国ではあり得ないフランス文化について語っている動画が話題に【海外の反応】




多くの日本人が良いイメージを持ってしまうフランスと、悪いイメージを持ってい入るけれども好きな人も多い韓国。

この二つの国が比較されている動画を発見。(というよりも、ほとんどフランスのことしか語っていなかったけれども…)

そもそも、この3人のうち、真ん中はフランス人。そして両わきのアジア人女性が韓国人。で、この二人の韓国人は、このフランス人の女性と、一緒にデザイン関連の仕事で1ヶ月ほど一緒に働いていた仲だそうだ。

彼女は、フランス南部のスペインにも国境が近い都市、トゥールーズ出身。

それにしても、この動画で3人ともちょっと作り笑いしていそうな感じがウケる…。( ´艸`)

アジアに住んでいる白人女性がしそうなあの引きつった顔…。私フランス人だけど、別に自分のこと凄いとも思っていないのになぜか韓国人が、私がフランス人だってこと言うと、すごーぃ!!っていう目で見るからなんか申し訳なく思っちゃう…。みたいな、そういうふうに考えているような顔!!

私も韓国にいたとき、日本語ペラペラのフランス人女子とよく会っていたのでよくわかる…w



で、この動画の内容を軽く説明すると、

韓国とフランスで文化的に何か違うこととかってある!?という内容なのだけど、

フランスではお店に入ると、必ず挨拶をしなければならないという。もし挨拶をきちんとしないと、いいサービスをしてくれないのだそうだ。

というのも、韓国や日本と違ってフランスでお客様は王様というような考え方は一切ない。

ちなみに、

日本ではお客様=神様
韓国ではお客様=王様

また、韓国の場合、お店に入っても、店員が挨拶してくれないことが多いので、この二人の韓国人は、韓国ってなんて不愛想な国なの…。と言っていた。(^^;

なので、フランスではお客さんと店員は対等であり、双方がきもちよく挨拶をすることがポイントなのだそうだ。

また、フランスでは、merde =うんち。という単語があるけれども、英語話者が、shit! っていうときに使うのだそう。ちなみに、日本人も結構、クソ―!って言う人もいるので、同じようなものだと思うけどねぃ。

けれども、英語話者とは違う使い方もある。それが、頑張って!というときだそうだ。

昔、車が発明される前、人々は馬に乗っていたの。で、劇場の前で、俳優が、merde!! と言ったの。というのも、もし劇場の前に馬のうんちがたくさんあったとすれば、それは、観客が多いことを意味するからなの。

だから、試験などを受ける人に対して、頑張って!!(あなたはできる!!)っていうときも、merde! って使うのだそうだ。

私のフランス人の友達も言ってたけど、フランス語には汚い言葉が多いと言っていた。→こういうことだったのか。と納得できるような気もする。

またフランスでは、パンは齧ってはいけないという。つまり、齧る前に手かナイフで、パンを細かく分ける。(小っちゃい子どもでマナーが分からない場合はOK)

またパンをひっくり返した状態でテーブルの上に置くのもNGだそうだ。縁起が良くないようだ。けれども最近は、若者にはこういうことを知らない人たちも多いのだとか。高齢の人たちはよく知っているよう。

ちなみに、フランスでは昔、パン屋さんに行くと、パンの一番先っぽの部分を食べてもいいのだそう。(購入前のパンはこのように齧ってもいいんだそう)つまり耳の部分を、店員の前で食べる(齧る)のが習慣だったんだそう。今はそのような習慣はないのだけれど。

なぜかというと、日本人があまり好きではなさそうなパンの耳を、フランス人は一番おいしい部分だと思っているからだ。(カリカリするのだそう)→FBのフランス人友達に全部聞いてみたw

で、パンの耳、日本では固くて食べたくない!と思われる部分は、フランス語で、QUIGNON(キニョン)と呼ばれるようだ。




また、韓国では絶対にやらないけどフランスでやることとして、la bise があるのだそう。

la bise = 頬にキスをすること→皇后美智子さまも、ヨーロッパの王室関係者とは結構されている。


これは、つまり挨拶として相手の頬にキスをするというもの。これを聞いた韓国女子二人は、うわぁ、気まずい!!うちらはそういうの苦手なのよー!と言う。

でも、嫌いな人にやらなければならない場面になったらどうするの?と聞かれると、それでもしなければならないようだ。けれども最悪の場合、具合が悪いふりをするというのもあるよう。

フランスでも、北部、南部、西部、東部で、この la bise のやり方は違うのだという。パリでは両頬にキスしなければならないらしい。

で、間違ってキスしてしまうこともあるらしい。(いつも頬にキスをしていると間違ってしてしまうのだとかw)

ちなみに初めてあったような人とはほとんどの場合しないようだ。けれど、友達の友達だった場合するのが普通。

また、ビジネスではしない。むしろ、ビジネスの場合は握手。

パーティーでたくさん人がいた場合は、皆にしなければならないという。(これって、会社とかでたくさんの人たちに毎回お疲れ様ですっていう感じと似ているのかな??w)

あと年明けになった瞬間にもするのだという→間違ったことに発展しないことを願うが…w




以下、海外の反応です。

01.海外の名無しさん(フランス人)
私はフランス人女子だけど、この動画はフランスと韓国の大きな違いを知るうえでとても参考になった。あと、韓国人がフランスのことをどう考えてくれているのかも知れてうれしかったよぉ。

02.海外の名無しさん(フランス語圏)
面白かったよ。私は今インドでフランス語の先生として働いている。フランス人ではないけど、フランス語圏で育ったよ。あとフランスにも少しだけ暮らしていたことがある。フランスの文化に対する韓国人のリアクションが面白すぎたよ。というのも、ここインドでも彼らはフランスの文化に対してものすごく反応的だからね。

03.海外の名無しさん(ブラジル人)
ブラジルでは、脚を折る!というような言葉があるんだけど、これがつまり、頑張って!っていう意味になるよ!だから、フランスみたいに、うんち=頑張って!とはならないね。あとフランスと違うのはブラジルでは初めて会ったような人でも、2回キスをしたりする。

ブラジルではハグとかキスとか当たり前なんだけど、韓国ではこれができないっていうのはなんだか辛いなぁ。

04.海外の名無しさん(フランス人)
昔々、フランスのパン屋では、ひっくり返したパンは死刑執行人のためにとってあったものだって聞いたことがあるよ。だからフランスではパンをひっくり返した状態でテーブルに置くと、縁起が悪いと言われているのだってさ。

05.海外の名無しさん(フランス人)
この動画で言っていた通り、パーティーに行くと、みんなに la bise をしなければならない。私はこれが大っ嫌いなんだよねぇ。

06.海外の名無しさん
ビジネスでは la bise をしないって言っているけど、時々場合によってはすることもあるよ!その職場の空気によるんだけどね。女性はよく男女関係なく自分から la bise をする一方、男性からは la bise よりは握手を求めてくるほうが多いかな。ま、男女関係なく、その人たちの性格によるのだけどね。

07.海外の名無しさん(韓日精通のフランス人)
韓国と日本に何度も行っているフランス人の俺からしたら、 フランスに帰ったとき la bise をやるのは本当に疲れる。面倒だよぉ。もし、la bise をしたくないなら、パーティーに先に到着するといいよ、後から来た人が la bise をしてくれるから、こっちから先にする必要もないしね!

08.海外の名無しさん(スペイン人)
うちらスペイン人もフランス人と同じように、頑張って!って言うときに、mucha mierda(たくさんのうんち)って使うよ!!

09.海外の名無しさん(フランス人)
私フランス人だけど、なぜ、頑張って!っていうときに、うんち!っていうのか、今この動画を見て初めて知ったよ…。

10.海外の名無しさん
フランス人のすごいところは、口を閉じながらガムを噛めるところだよね。

マルチリンガールのコメント
これを見ていて思ったのは、 la bise は頬にキスをすることだけれども、これを嫌がっている人も多いのだということ。日本も、別に疲れてもいない人にお疲れ様ですって何度も言わなければならないのが嫌だと思う人もいるけれども、フランスもこのように昔の習慣が今もなお残っていて、やらないと、なんであんたはやらないの?という空気があるのだろうね。とすると、アメリカがもっと楽なのかなぁ?なんて思ったりもした。

こんな記事もオススメです。
「「韓国語を学んでる日本人って頭おかしい人、多くね?」って韓国人に言われて思ったことと、日本人はフランス語が好きで、韓国人はドイツ語が好きな理由」
「韓国人男子が流暢なフランス語で話している動画がカワイイ!!と話題になっていた件【フランスの反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


韓国 VS フランス。韓国ではあり得ないフランス文化について語っている動画が話題に【海外の反応】 韓国 VS フランス。韓国ではあり得ないフランス文化について語っている動画が話題に【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 23, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.