新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20




この記事では現在に近い2016年の GDP(国内総生産)と、近い将来の GDP を比較していきたいと思う。

PPP(購買力平価)や、一人当たりの GDP などではなく、ただ単に現在のGDP(国内総生産)のランキングを将来のものと比較してみることで、今後、どの言語を学んだら有利になるのか?(経済的に)など、そのようなことを考えるための記事にしたい。

なので真に受け止めないでね…!?(*´ω`*)

この記事で使用するランキングは、2016年のものが、世界銀行によるもの。そして、2030年と2050年の予測が、2017年2月に発表されたロンドンを本拠地とするプライスウォーターハウスクーパースによるランキングである。


もう一度言うけれども、GDP が高いから、その国が凄い!というわけでは決してない。小国ながらも、ルクセンブルグ、スイス、ノルウェー、カタールなどは、1人当たりの GDP が高かったりする。

結局一人当たりの GDP が高いほうがその国の豊かさを測る指標に近くなるし、1人当たりのPPP(購買力平価)、その国で一人当たりが消費する金額を見ることで、その国の豊かさを図るものも存在する。

以下のランキングはあくまでも、国内総生産(国が1年間にどれだけ儲けたか?)ということなので…。直接、個人と結びつく話でもない。

けれども、これをみることで少なくても、その国の存在感や、影響力が上がっているか?などはわかってくるのではないだろうか?

また日本の存在感が低下していくかもしれない。ということも感じとれる数字となっているかもしれない。

以下のランキングは、米ドルで発表されていたものだけれども、1ドル100円と単純に計算することで、できるだけ日本円に近づけてみた。



2016年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20

20位 サウジアラビア(64兆6438億円)
19位 スイス(66兆8851億円)
18位 オランダ(77兆7227億円)
17位 トルコ(86兆3711億円)
16位 インドネシア(93兆2259億円)

15位 メキシコ(104兆6922億円)
14位 オーストラリア(120兆4616億円)
13位 スペイン(123兆7255億円)
12位 ロシア(128兆3162億円)
11位 韓国(141兆1245億円)

10位 カナダ(152兆9760億円)
09位 ブラジル(179兆6186億円)
08位 イタリア(185兆8913億円)
07位 インド(226兆3792億円)
06位 フランス(246兆5453億円)

05位 イギリス(264兆7898億円)
04位 ドイツ(347兆7796億円)
03位 日本(494兆158億円)
02位 中国(1119兆9145億円)
01位 アメリカ(1862兆4475億円)

Reference Site
https://data.worldbank.org/indicator/NY.GDP.MKTP.CD?year_high_desc=true

このランキングを見てまず思うのは、日本と中国の GDP は、2009年には、ほぼ同等だったのに対して、今や中国は日本の二倍の GDP になっているということだ。

現在の中国は GDP 的な数字で見ると、日本と中国の中間に位置するということがわかる数字だ。

2030年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20
20位 オランダ(100兆7000億円)
19位 ポーランド(101兆5000億円)
18位 サウジアラビア(140兆7000億円)
17位 トルコ(170兆5000億円)
16位 オーストラリア(171兆6000億円)

15位 スペイン(186兆3000億円)
14位 カナダ(203兆0000億円)
13位 ロシア(211兆1000億円)
12位 メキシコ(214兆3000億円)
11位 韓国(227兆8000億円)

10位 イタリア(227兆8000億円)
09位 インドネシア(244兆9000億円)
08位 ブラジル(296兆9000億円)
07位 フランス(318兆6000億円)
06位 イギリス(353兆0000億円)

05位 ドイツ(434兆7000億円)
04位 日本(546兆8000億円)
03位 インド(784兆1000億円)
02位 アメリカ(2347兆5000億円)
01位 中国(2649兆9000億円)



今まで、2030年に中国がアメリカを超えるというのは疑問視されてきた。

中国崩壊論がずっと叫ばれているものの、中国は崩壊するどころか、日本人が知らない間に徐々に変わってきている気もする。

また、このランキングも、十年以上後のことを予測しているので、何が起こるかわからないため、現実的な数字とも言えないけれど、国の規模としては、日本と中国は完全に、このあたりで、対等とは言えなくなっているのは間違いないのではないか?

そのため、日本には今後どうしてもアメリカの存在が重要になるのではないか?とも思ってしまう。

また、韓国の GDP は日本の半分くらいだけれども、韓国の人口は日本の半分以下なので、一人当たりのGDPとしてみた場合、ほぼ同等だということになる。

2016年の数字と比較すると、韓国の一人当たりの GDP が上がっていることがわかるかもしれない。

つまり、このころから、日本と韓国は一人当たりの GDP では同額であり、韓国人がわざわざ日本に留学に来るというようなことも減ったりしてくるのかもしれないし、逆に日本人がもっと韓国に働きに行ったりするような時代になっているのかもしれない。

2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20

20位 スペイン(273兆2000億円)
19位 パキスタン(283兆1000億円)
18位 エジプト(299兆0000億円)
17位 カナダ(311兆0000億円)
16位 イタリア(311兆5000億円)
15位 ナイジェリア(328兆2000億円)

14位 サウジアラビア(349兆5000億円)
13位 韓国(353兆9000億円)
12位 トルコ(408兆7000億円)
11位 フランス(470兆5000億円)

10位 ロシア(512兆7000億円)
09位 イギリス(536兆9000億円)
08位 メキシコ(556兆3000億円)
07位 ドイツ(613兆8000億円)
06位 ブラジル(653兆2000億円)

05位 日本(677兆9000億円)
04位 インドネシア(727兆5000億円)
03位 インド(2802兆1000億円)
02位 アメリカ(3410兆2000億円)
01位 中国(4985兆3000億円)



日本人であれば、アメリカよりも中国と比べてしまうのではないか?

同じ東アジアの国であり、また戦後、長い間日本よりもずっと貧しかった中国が、戦後100年くらいになる2050年には、日本の7倍ものGDP になっている。

もしかしたら、これほど差ができてしまっているころには、現在の東南アジアにおける南沙諸島海域の中華人民共和国の人工島建設のように、尖閣諸島も奪われているかもしれないと思ったりする私。

また多くの東南アジアの国々が今以上に中国に追従して、もしかしたら中国や韓国が喧伝する日本は悪!的なストーリーで汚染されているかもしれないと思ってしまう。

今でこそ日米の関係は、アメリカの北朝鮮敵視政策や、中国をうまい具合に敵視したり、歩み寄ったりする政策のお陰で維持できているけれども、アメリカが日本を見放してしまったら、日本孤立…。にならないかと心配っである(^^;)

また一つ気になるのは、1人当たりの GDP において、韓国のほうが若干高くなっている点である。つまり、韓国の人口が日本の半分以下ということを考えれば、日本の GDPである677兆円の半分の338兆円より上である353兆円ということは、日本よりも1人当たりの GDP が高いということだ…。

将来のことは、予測できないので、現時点でのこういう推測もあるのか。程度に今回はこんな記事を書いてみましたわ。(*´ω`*)

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_past_and_projected_GDP_(nominal)

こんな記事もオススメです。
「2050年、世界で最も話されている言語と、最も影響を持つ言語ランキングTOP10」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20 日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 16, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.