新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

多言語話者の私が、標準語だと思いながら使っていた北海道弁 TOP20




方言。これは英語で、dialect と言いうけど、訛り = accent という言葉もある。北海道の場合は、もともとは現在の函館周辺(松前)以外は、アイヌ民族の土地だったので、日本語が話されている場所ではなかったのは、まず最初に言っておく…。

北海道はもともと、松前以外は日本ではないということは、つまり北海道の方言は、開拓にやってきた日本全国の方言が混ざっているということである。

なので、特に関西で使われている言葉も多く、私が関西に滞在していた時は、え?北海道と関西でも同じ方言あるんだ?と、思ったこともあるくらいだ。

また私は意外と関西人なのかな?って思ったりする場面もあった。少なくても私が関東人というふうには感じない。( ´艸`)→父方は愛知県からきている。

私は道南の日高支庁で育ったので、それほど方言はきつくないと言われているけれども、やはり、振り返ってみると、結構方言を使っていたようだ…。

で、これをわかりやすく、 TOP20 という形にしてみた。ランキング化することで、なんとなく、見やすくなると思うので‥。

写真は、広すぎるデッカイドウのイメージ(^^;)

そういえば、関西に住んでいた時、デッカイドウって呼ばれたことあったわ…。で、私が東京に数年住んでたっていうと、何も言えなくなってたw




20位 布団を敷く(ひく)
この記事を書いている時点で、私は、ひくも標準語だと持っていたわ…。正しくは、敷く(しく)だったのね。

19位 このペン書かさんない!
このスイッチ押ささんない。とも言ったりする。

これもまた方言だということをはじめて知った…。けれども、上京してから日本人とのコミュニケーションが減った私にとって、あまり使っていない気もする。

無意識に使って、あいつ方言しゃべってんじゃね?って思われていたかも…。




18位 がさい
あの車がさいべ。みたいな感じで言う。たまに北海道に帰って父の北海道弁を聞くと、なぜかかわいく見える?というか、イナカッペに見える…。

この意味は、ダサいとは違って、(できが悪い、程度の低い)の意味。よく聞いたかも。私はこういう品の悪い言葉を使わないのだけどね?

17位 あんた風邪ひいたんでないかい?
これはやはり関東では聞かない。

~でないかい?と聞くと、なぜかものすごく心配してくれている気がして、聞くだけでほっとする言葉だ。これは、心配しているようなニュアンスがあるのかもしれない。

標準語でも、~しなさい。っていうのは、身内とか、そういう近い人たちが自分よりも下の人たちに対して使うことだけれども、そんな響きに似ているのかも。

16位 こっこ


Reference Site
https://www.flickr.com/photos/jetalone/952326914

魚のこっこ。とか、そういう言い方をする。また犬の赤ちゃんのことを、犬のこっこって言ったり…。北海道では、秋になると、あきあじという魚が取れるので、そのイクラなんかも、安くなる。その時にイクラのことを、あきあじのこっこ。というように言ったりする。

ちなみに、歌手の Cocco のような発音ではなく、最後を上げるような発音…。

15位 つっぺする
つっぺする。って、私はあまり使ったことないけれども、よく学校とかで鼻水が止まらないときに、鼻にティッシュをつめたりすることってあるじゃない?

そのときに、つっぺするってよく聞いたわ。けど、特にこれが方言だということを意識したことはなかった。




14位 とうきび
これが方言だなんて初めて知ったわ。まず、ともろこしと、とうきびの違いを考えたことすらもなかった…。

13位 なすび
これも初めて知ったわ。けれども、調べてみると、北海道のみならず、西日本の広範囲で使われている言葉でもあるようだ。東日本ではほとんど使われていない模様。

西日本から開拓にやってきた日本人が使い始めて北海道に定着したのかな?

12位 おっちゃんこしなさい


普通に赤ちゃんとかに使う言葉だと思っていたら、方言だった…。よくよくみてみると、おっちゃん。というオジサンてきな単語が入っている…。

ちなみに、意味としては、正座しなさいっていう意味。


11位 かたびっこ
普通に、子どもが使う言葉だと思っていたら、方言だったのか…。という感じ。

10位 あめる
髪の毛があめる。というように使うことが多い。高校の時、お風呂あんまり入っていない人に対して、そういうふうに言っている人が結構いたのを思い出す…。

今日、あんた髪あめってない!?みたいな…。内地に来ても、普通に標準語だと思っていた。けれども、この記事を書いている時点で、これが方言だったということを知る私。

私のイメージの中では、あめる。って、飴(candy)のようなドロドロしたようなイメージがあったりする…。

09位 うるかす
この記事を書いている時点で、標準語だと思っていたわ…。

08位 おだつ
これは、北海道に行くとよく私の兄などが、子どもに、お前ら、おだつなよ!!とか使っているのを聞いたりする。東京では聞かないな…。

07位 ちょっきり
これは、ある辞書によると、高松方言ともなっている。四国から開拓にやってきた人たちが持ってきた言葉かもしれない。




06位 鍵をかける
これは今方言だと知った…。

05位 よしかかる
へー。今初めて知った。寄りかかるの方言だったのか。確かに、今変換しようとしたらできない!!

04位 冷やしラーメン
確かに、冷やしラーメンなんて関東に来て使わなくなったような気もする。これが方言だったとは…。

03位 ほろう
雪とか降ったときに、家に入るとき、雪をほろって!っていうんだよね。でも、これって標準語でなんて言うの?って言われたら、なんて言っていいのかわからない…。

調べたら、掃う(はらう)なんだって

02位 まかす
よくばあちゃんが使っていたのを思い出すわ…。確かにこの記事を書いていた時点で、これが北海道弁だというふうには思ったことはなかったわ。

01位 〜こく
屁をこく。みたいな…。あいつ、屁こきだべ(屁をよくこくやつ)みたいに使われていた。これが、特別方言だなんて意識したことは今まで一度もなかった。


以下、北海道弁だと知っててあまり使わないようにしているもの。

おつゆ
きしゃ
しゃっこい
みったくない
・なして
めんこい
なんぼ
ぼっこ
・じょっぴんかる
・ぼっこ
しばれる
・なんもだよ~!
・こちょばす
・ばくりっこする
・ばっちい(茨城弁らしい)
・ちょす
・いいっしょや~
・かっちゃく


マルチリンガールのコメント

こういうのを見ていると、私が勉強している中国語や韓国語でも、限りなく方言がたくさんあるのだろうね…。そういう方言を聞くたびに、ひとつの言語を一緒くたにすることは、到底できないのだなってつくずく思う…。

Reference Site
https://ja.wikipedia.org/wiki/北海道方言
https://ja.wikipedia.org/wiki/ノート%3A北海道方言




FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!


原岡さん
『いずい』も最近知りました

金さん
大泉洋に聞けばなんとなく北海道弁をわかりますね(笑)

大澤さん
自分も道産子なんですが仲間に入れてをかぜてと言ってた覚えがあります。

松枝さん
北海道は、限りなく標準語に近いっしょ!自分の北九州弁に比べたら25-26の頃、苫小牧に不良ドイツ人と延べ2ヶ月ほど居ましたが、きれいだな、と思いました

Hideakiさん
「とうきび(唐黍 = とうもろこし)は、ちゃんとした名称です。
「とうきみ」の方がもっと方言ですww

トウモロコシは、ポルトガルにより持ち込まれた説が有力です。
「なんば」、「南蛮黍」.「高麗黍」どれも一緒です。日本は外来の物を唐や、南蛮の字を付けたりします。
Cornは、穀物全般の事をいうので、トウモロコシはMaizeですね(๑╹ω╹๑ )。

大津さん
「鍵をかける」って方言なんですか??? 逆に他の言い方ってありますか???

柳澤さん
印象的なのは「ザンギ」。

Tarumiさん
愛媛の今治では「せんざんき」と言います!少し似てますね!布団をひく、なすび、鍵をかける、〜こく(屁をこく)は愛媛でも同じです!

高坂さん
標準語だと思ってたら、名古屋弁だった事はたくさんあります。

佐藤さん
かたびっこは差別用語になったような記憶が……

播磨さん
広島生まれの広島育ちですが、

・布団を敷く(ひく)

・なすび
・ちょっきり
(「ちょっきし」の方が多いかも)
・鍵をかける

は普通に使っていたような気がします。


梶山さん
九州ですけど、とうきびは使います。唐の国から来たキビだと。なすびはそうなんですね。鍵をかけるは標準語じゃないんですね。日本語難しいなぁ。そだねが1位と思っていました。^_^

井原さん
実は標準語なんてものは今はないのですけどね。昔、聞いた話なので真偽は不明ですが、江戸と京都と大阪(関西?)は明治以降の標準語化教育の除外地域だったと聞いたことがあります。
まぁ、確かに明治天皇や平安京の貴族等々はみんな近畿の言葉ですから天皇の使っている言葉を訂正なんてできないからだろうなと当時思いました。
ちなまに、コーンの事は和歌山では「なんば」と言います。語源は「南蛮黍」ですね。

阿部さん
東北とも相当重なる北海道。仙台より南の海沿いでは、おだづもっこ ということばを使いますね。ふざけてばかりいる人。

こんな記事もオススメです。
「北海道人なら、絶対に覚えておくべき!アイヌ語の単語・表現 TOP50」
「ソウル、済州島、釜山(慶尚道)、全羅道の男子たちが集結。韓国語の「方言」を比較している動画が面白い【海外の反応】」
「都心に住んでいる私が感じた、東京と北海道のド田舎で変わる10のコト」
「韓国で東京弁と大阪弁が比較されていた。しかも、なぜか日本人男子が超人気だった件【韓国の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


多言語話者の私が、標準語だと思いながら使っていた北海道弁 TOP20 多言語話者の私が、標準語だと思いながら使っていた北海道弁 TOP20 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 10, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.