新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜなの!?日本と国交がない、または外交関係を一切有さない国 TOP9




日本ってどこの国とも国交があったと思っていた私。というよりも、まずそんなことすら気にしたことがなかった。

けれども色々調べてみると、日本が国とは思っていないけど、他の国からしたら、立派な国だよ?と思われている国も結構あるということがわかった。

この記事では、日本と国交がない、または外国関係を一切さない国などをわかりやすく、ランキング形式で伝えていこうと思う。

ちなみに9位だけは例外…。

09位 イスラエル(日本政府から特定の主張を承認されていない国)


イスラエルは、イスラエルの首都はエルサレムと主張している。けれども、エルサレムという都市はパレスチナも、自らの首都をエルサレムと主張しているため、多くの国の大使館がイスラエル最大の都市テルアビブに置いている。

けれども、トランプ大統領がテルアビブのアメリカ大使館をエルサレムに移転すると明言してしまった…。

08位 北キプロス・トルコ共和国日本政府が外交関係を一切有さない地域)


Reference Site
https://earthobservatory.nasa.gov/NaturalHazards/view.php?id=20421

トルコの近くにキプロスという島国があるのは知っている人が多いかもしれない。

ここは北半分が独立してしまったのだ。けれども、面白いことに、これを承認している国はトルコしかいないようだ。

07位 アブハジア共和国日本政府が外交関係を一切有さない地域)
・ロシア
・ニカラグア
・ベネズエラ
・ナウル

と、独立承認している国も少ない。





06位 南オセチア共和国日本政府が外交関係を一切有さない地域)
ロシア連邦には入っていない国だけれども、ロシア・ルーブルが使われる国である。けれども、この国の独立をまず初めに承認したのは、ロシアだ…。

ちなみに、ロシアには22の共和国があるが、

「ロシアって国じゃないの?なぜ、ロシア連邦には22もの共和国がある?北朝鮮は、23番目の共和国ですか?」

北オセチア共和国はそのうちのひとつであり、もしかしたら将来南オセチア共和国もロシアの共和国の一部になる可能性すらある。

05位 サハラ・アラブ民主共和国(日本政府が外交関係を一切有さない地域)


もともと西サハラという国があったが、内陸側が分断してしまった…。そもそも、私はいつもアフリカの地図を見ながら、西サハラって何?っていつも思っていたりしていた。

04位 マルタ騎士団(日本政府が外交関係を一切有さない組織)


マルタ騎士団(マルタきしだん)は、キリスト教カトリックの騎士修道会である。現在は国家ではないが、かつて領土を有していた経緯から「主権実体」として承認している国々がある。

こんなの知らなかった…。→国ではないのに形式上、国として認めている国があるっていうのは、また面白い話だ…。

団(修道会)事務局はイタリア・ローマ・コンドッティ通り68(マルタ宮殿)に置かれており、建物内はイタリア当局から治外法権が認められている。

となっており、ということは、ローマにはバチカンもあり、マルタ騎士団もあり、と、イタリアも合わせると国が3つもある都市となるのだろうか?

それにしても形式上、国として承認している国の多さも驚きである…。

03位 パレスチナ(事実上独立した地域)


ここがもっとも不思議なところ。パレスチナとは、現在のイスラエルがあるところにもともとあった国で、その国が、戦後、ドイツをはじめとするヨーロッパなどのユダヤ人迫害を理由に、聖書に書かれていたユダヤ人の土地(パレスチナがある場所)に一斉に押し寄せてしまった。

で、イスラエルはユダヤ教の国であり、ユダヤ人は優秀なので一瞬にして、砂漠を緑に変えてしまう。



一方で、その土地に住んでいたパレスチナ人は現在、領土が小さくなってイスラエルに脅かされながら暮らしているという状況。

面白いのが、アメリカをはじめとして日本などはパレスチナを国として認めていない。

けど、国連加盟193か国のうち136か国が国家承認しており、他34か国と外交関係を結んでいる。というふうに、

他の国からすればパレスチナは立派な国として認められている。

02位 台湾(事実上独立した地域)


これは、簡単に言えば、日本政府が中華人民共和国を選んでしまったためである。また最近の情報として、現在台湾の正式名称は中華民国であるけど、台湾として国連加盟申請の声もある。

李元総統「国名を台湾に変更を」 中華民国から、住民投票訴え

というようなニュースを私は最近読んだ。

また、中国がアフリカの国々などに、中華民国(台湾)とは国交を断絶し、中華人民共和国と国交を結べ!と、お金で釣ったりもしているらしい。

その誘いに、ブルキナファソは拒否したという話しは有名だ。

「台湾(中華民国)と国交を結んでいる国。なぜ日本は含まれていない?」

01位 北朝鮮(国際連盟加盟国)


ごめんごめん。あまりドアップではみたくないものを…。

北朝鮮という国は、また面白い。北朝鮮自体は国連に加盟はしているのに、日本とは国交がない。

けれども、ヨーロッパの多くの国では、北朝鮮と国交がある。というのも、また面白い話である。

「ヨーロッパの国々も認めている?実は北朝鮮と国交を結んでいる国のほうが多い理由」



北朝鮮の場合は、台湾と違い、中国などの圧力がないので、日本と北朝鮮の拉致問題などが解決し、諸々の問題が解決すれば、国交が結ばれるかもしれない…。

また、

過去には、国家として承認していなかった国は以下のようだ。

・バーレーン(1880 - 1971年)
・ブータン(1907 - 1971年)
・オマーン(1862 - 1971年)
・カタール(1916 - 1971年)
・トルーシャル・オマーン(1820 - 1971年)
・クック諸島 クック諸島(2001 - 2011年)
・ニウエ(1974 - 2015年)
・ソマリア(1991 - 2013年)

Reference Site
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本が承認していない国一覧#

マルチリンガールのコメント
これを書いたことで、世界にはいろいろな国があるのだなということがわかった。特に、台湾には多くの日本人が行っているのにもかかわらず、日本が中国の圧力に屈して台湾と国交を結べないのは残念。

またパレスチナ問題も、いつ解決するのかわからないけれども、日本はこれらの問題に関してはアメリカやイギリスに追従しているのでしかたないか。という気持ちにもなったりもする。

こんな記事もオススメです。
「日本と韓国が国交断絶したらどうなる!?2種類の動画を検証してみた!【韓国の反応】」
「韓国人は観光で日本に行ってあげてるのに、どうして日本人は韓国に来なくなっちゃったの?→日本人は、台湾に夢中なのだよ!」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

なぜなの!?日本と国交がない、または外交関係を一切有さない国 TOP9 なぜなの!?日本と国交がない、または外交関係を一切有さない国 TOP9 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 10, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.