新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

金正恩は本当にトランプと会うのか?①韓米訓練の理解、②恒久的な非核化、③言行一致まで圧力継続【韓国の反応】




北朝鮮の金正恩委員長が今年の5月にトランプ大統領と面会することになった。というニュースが最近日本を驚かせている。けれども、もっと驚いているのは韓国人だろう。

実際韓国でも、このことについて議論されていた。最近の韓国のニュースを見ると、日本でも語られていたように、トランプ大統領が金正恩と会う条件として、北朝鮮に具体的な行動がなければ会談はせずとキッパリ発言。

また、金正恩は、韓国特使団と会談した際に、韓米訓練の実施は理解している。ということを伝えてもいて、今後どのような状況になるのか?

ということが、注目されている。



で、この映像では、

トランプ大統領が本当に、金正恩と会談するのか?

①韓米訓練の理解
②恒久的な非核化
③言行一致まで圧力継続

というタイトルになっている。

今までもそうだけど、韓国では平昌オリンピックが終わったあとに、アメリカと北朝鮮が戦争になるのではないか?

という憶測が飛び交っていた。韓国のネットでも、多くの人たちが、どうせ平昌オリンピックが終わったらアメリカが北朝鮮をつぶしにいくんだろう。

というような内容が多かったのも私は覚えている。実際、韓国では悲観的な人が非常に多い。つまり、また大国の都合で朝鮮半島はごちゃごちゃにされるんでしょ?

と思っている人も結構いるということだ。

そんな彼らは、今回のこの動画にどう反応したのか?


以下、韓国の反応です。

01.韓国の名無しさん
いずれにしても、金正恩とトランプ大統領があっても、韓半島は中国化すると思うよ。もう一つ言うと、韓半島の中国化は、アメリカの同盟国日本にまで影響を及ぼすと思う。一方で、米国軍は韓半島からは、撤退しないとも思う。

02.韓国の名無しさん
北朝鮮の憲法に核保有が明示されているし、しかも先代の遺言が非核化ではなくて赤化統一です。つまり、北朝鮮主導の韓半島統一が条件になので、現実的ではないでしょう…。

03.韓国の名無しさん
考えられるのは、今回金正恩が米国に行くことになったとして、またもや米国を騙したら、もう北朝鮮はなくなるかもね。

04.韓国の名無しさん
私は正直、このニュースを見たとき、妙な感情がでてきたよ。なぜ北朝鮮がアメリカに伝えるべきことを、韓国の政府関係者がわざわざ訪米までして伝えに行かなければならないのか?ということ。これは北朝鮮当局関係者が直接伝えることであって、韓国政府関係者が伝えるものではないと思う。

実際に、韓半島に平和が定着することを願わない国民はだれ一人としていない。けれども、このことはもっと慎重に眺めてみる必要があると思うのだ。すぐに解決する問題ではないということは誰も分かっていると思う。油断禁物だ。

05.韓国の名無しさん
韓国ではまだ精神状態を整えられない間抜けな国民が多いから大変だなぁ…。

06.韓国の名無しさん
要するに、トランプ大統領は、金正恩とは、非核化に対する確実な意志なしでは会わないってことだよね?

07.韓国の名無しさん
なんだか状況がおかしくなるような予感がします。いつも大韓民国はこのように他の国の手の中で転がされるのか…。

08.韓国の名無しさん
今トランプはアメリカで仲たがいしていて、いずれにしてもこれを奪回する方法として、戦争以外はないと思います。

09.韓国の名無しさん
なぜに年を取ってしまった米国の大統領が金正恩の子分になろうとしているんだ?文在寅も、北朝鮮の核開発の時間稼ぎに協力しちゃってるしな。

10.韓国の名無しさん
この特使団、まるで金正恩の使い走りじゃないか!

マルチリンガールのコメント
韓国でも日本と同じようなことが語られていた。また、現実的な人たちの中には、今回の米朝会談の実現性を疑問視する声もあった。特に、またアメリカやほかの国によって朝鮮半島がごたごたにされるのではないか?という懸念が強い人が多いように見受けられた。

こんな記事もオススメです。
「中国が提案?北朝鮮を4ヶ国で分割する計画が暴露されていた?【韓国の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


金正恩は本当にトランプと会うのか?①韓米訓練の理解、②恒久的な非核化、③言行一致まで圧力継続【韓国の反応】 金正恩は本当にトランプと会うのか?①韓米訓練の理解、②恒久的な非核化、③言行一致まで圧力継続【韓国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 10, 2018 Rating: 5

1 件のコメント:

兵頭彦太 さんのコメント...

北朝鮮問題はアメリカ大統領がドナルド・トランプであることによって、ここまでの進展がありました。金正恩とドナルド・トランプの会談が実現するか否かは分かりません。でも、金正恩が外交上の動きを活発化したことは肯定しなければならない。ドナルド・トランプが大統領に就任して以来、金正恩とドナルド・トランプはそれぞれが活発に動いた。これは事実です。

今後、統一朝鮮は成立するだろうか。統一朝鮮が成立した場合、その国家は中国寄りなのか、米国寄りなのか。つまり、統一朝鮮は中国と米国が対立しなければ成立する可能性はある。しかし、現在の状況では中国と米国の対立は解消されていない。だから、統一朝鮮は成立しない。非核化は統一朝鮮の成立による。だから、朝鮮半島の非核化は成立しない。

日本を含めた西側諸国はソ連や東欧諸国に経済的な援助をした。また、日本を含めた西側諸国は中国にも経済的な援助をした。それによって、ソ連や東欧諸国は政治体制に変化があった。その後、ロシアは経済の復興によって軍事力を強化した。中国は経済的な発展によって、政治力と軍事力を拡大した。つまり、日本を含めた西側諸国はロシアと中国の脅威を拡大させてしまったのだ。それは経済援助の負の側面だ。それが北朝鮮にも当てはまる可能性がある。

人の心は経済的な豊かさで心を豊かにしない。人の心は経済的な豊かさで傲慢になる。人の心は経済的な豊かさで他人を支配する欲望を大きくする。だから、我々は豊かさという怪物を管理しなければならないのだ。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.