新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

白人のフランス人女子が、ソウルで韓国人男子を逆ナン!果たして電話番号は教えてくれた!?が話題に【海外の反応】




最近欧米女子の間で流行り出している感のあるアジア人男子たちを逆ナンするいわゆる男狩り( ´艸`)以前このブログでも、オーストラリアで中華系の男子たちを狩りまくる姿を紹介したけれども、

「逆ナン!?オトコ狩り!?オーストラリアの白人女性が中華系男子を逆ナンしている動画が話題になっている件【海外の反応】」

今回はフランス人女子が韓国人男子に電話番号を聞きまくるという内容となっている。イメージ的には、白人で、しかもフランス人女子と聞くと響きがいいのだけれども、実際韓国人男子にはどのように映るのだろうか?という部分はとても興味深いところかもしれない。

また韓国人男子を狩ろうとしている肉食日本女子には、参考になるのではないか…!?

それにしても、これは、結構勇気いりますね…。一方で、このように韓国人男子を逆ナンしに行っている肉食系の日本人女子も実は、多かったりして?(^^;)



ちなみに、この動画は、チャンネル作成者がフランス人女子というわけではなく、韓国人男子なのだけれども、このフランス人女子を使っている?というのがポイント。また、この女子自体も、instagram をもっていて、どうやら、韓国人のイケメン彼氏もいるようだ。

hoyeon.jee93

ちょっと楽しみすぎだよぉ~。若さと、白人の特権ね。

この動画では、韓国人男子二人に囲まれたフランス人女子(寝起きっぽい顔している…)が、ソウルと思われる繁華街で、韓国人男子の電話番号を聞きにいってくるという企画となっている。





で、さっそく色々な人に番号を聞き始めるこの女子。

0:53 あたりが面白い。韓国人男子に番号を聞くと、ロシア人?と、ものすごく顔を作った男子に聞かれている。

なに?韓国では英語以外の言語はロシア語に聞こえるのだろうか?これをみていて思い出したけど、考えてみれば韓国にはロシア人女子が結構多いのも事実。

「犬はウチらの友達なの!韓国に住むロシア人女性たちが感じた韓国の印象とは?【韓国の反応】」

しかもこの男子、0:59 あたりから、英語で、お前何言ってるかわかんねぇんだよぉ!と、困り果てた顔で、しかも、独特のジェスチャーで断っているのが面白かった。

1:36 は、フランス語で質問されているのに、すべて韓国語で答えている。彼は、彼女の話す言語がフランス語だということがすぐにわかった点は面白かった。

しかも、彼女がずっとフランス語で話し続けているにもかかわらず、ずっと韓国語で返答している彼。こういう人、韓国に結構いる!

英語で話し返されるより、私は結構好きかも。こういう話し方を聞いていても分かるけれど、日本人男子はこういう話し方はしない。こういう点でみると、韓国人男子のほうが、堂々と話しているようにも見えた。

2:08 からみると、この男子が、やっと電話番号を聞かれていることに気づいたのか、このフランス人女子に番号を教え始めた。しかも、彼の唇に注目すると、その唇ジェスチャー?に思わずワロテしまったわ…。

2:25 では、高校生っぽい韓国人男子に声をかけたところ、フランス語で返答され、彼女もびびりまくっていた…。え?韓国人でフランス語話せる人なんているのぉ~!?みたいに…。

ちなみに、韓国ではフランス語よりもドイツ語のほうが学ばれているともいわれている。

2:56 では、高身長のバンドマン?に話しかけるフランス人女子。ここは、結構面白い。たぶん、この動画のポイントかもしれない。もう早く家に帰りたいっていう感じの男子に声をかけてしまったみたい…。

3:26 ここもまた、フランス語が通じる男子に遭遇…。これは偶然?しかも、いきなりフランス人から声かけられてすぐにフランス語で返答するとかかっこいい!( ´艸`)

4:08 からネタバレの映像となっている…。



以下、海外の反応です。


■+703
俺、フランス語話せねぇ。ってクールに通り過ぎていった男カッコ良すぎ!

■+368(韓国人)
フランス語しか話せない相手だったら、もうあきらめて、カワイイ。という言葉しかでてこないよね。

■+856(スペイン語圏)
フランス語ってこんなにもスペイン語と似ているなんて思いもしなかったわ。フランス語で、電話番号 "numero de telefon" って言っていたじゃない?あれ、どう考えてもスペイン語にしか聞こえなかった…。あと、この逆ナンで、韓国人男子が瞬時にフランス語で返答していたのを見て、素敵すぎる!!と思ったわ。

■+467
彼女の言っている意味が分からなかったから、俺は家に帰りたかった。って言っていた男子に、共感できる!!

■+99(韓国人)
よし!今日からフランス語を勉強しよう!まずは、猫ちゃんはフランス語でなんて言うのかな!?→chat っていうそうです。

■+155
ロシア人!?って聞いてたあのオトコかわいい!

■+120(白人女性)
韓国人男子ってみなかわいいよね。特に、フランス語で瞬時に返答していた男子は、魔法使いだったわ…。

■+210
この女性って本当にフランス人?彼女のフランス語がなんか不自然だったんだけど…。いずれにしても、彼女もかわいかったわ。

■+90(韓国人男性)

これをみて、外国語を学ばなければならない本当の理由が分かった気がする…。

■+38
これで多くの韓国人が英語が話せるってことが分かったわ。私も韓国に行けば、みんなとコミュニケーションとれるってことだもんね!はは

■+46
英語って本当に世界の共通言語だなって実感したよ。誰もがあのフランス人女子に対して、英語話しているの?って聞いていたのが印象的だった。

■+74(フランス人)

この動画のコンセプトがいまいちわからない。私はフランス人だけど、全然面白くなかったよ。

マルチリンガールのコメント

これほどフランス語が話せる男子がいるとは思わなかった。やらせじゃないよね?(;^_^Aとも思うけれども、ソウルの中心部でしかも若者が多くいる繁華街だったので、外国語ができる人が結構いてもおかしくはないか。とか思いながら見ていた。

また、動画のコメントに、韓国人男子好きの白人女子が結構いてワロタ。( ´艸`)


以下、おまけ記事です。この記事に統合しておきます、韓国とフランスの違いが話題になっていたので、以前他の記事で書いていたものです。興味のある方はご覧ください(^^)/



韓国 VS フランス。韓国ではあり得ないフランス文化について語っている動画が話題に【海外の反応】


多くの日本人が良いイメージを持ってしまうフランスと、悪いイメージを持ってい入るけれども好きな人も多い韓国。

この二つの国が比較されている動画を発見。(というよりも、ほとんどフランスのことしか語っていなかったけれども…)

そもそも、この3人のうち、真ん中はフランス人。そして両わきのアジア人女性が韓国人。で、この二人の韓国人は、このフランス人の女性と、一緒にデザイン関連の仕事で1ヶ月ほど一緒に働いていた仲だそうだ。

彼女は、フランス南部のスペインにも国境が近い都市、トゥールーズ出身。

それにしても、この動画で3人ともちょっと作り笑いしていそうな感じがウケる…。( ´艸`)

アジアに住んでいる白人女性がしそうなあの引きつった顔…。私フランス人だけど、別に自分のこと凄いとも思っていないのになぜか韓国人が、私がフランス人だってこと言うと、すごーぃ!!っていう目で見るからなんか申し訳なく思っちゃう…。みたいな、そういうふうに考えているような顔!!

私も韓国にいたとき、日本語ペラペラのフランス人女子とよく会っていたのでよくわかる…w



で、この動画の内容を軽く説明すると、

韓国とフランスで文化的に何か違うこととかってある!?という内容なのだけど、

フランスではお店に入ると、必ず挨拶をしなければならないという。もし挨拶をきちんとしないと、いいサービスをしてくれないのだそうだ。

というのも、韓国や日本と違ってフランスでお客様は王様というような考え方は一切ない。

ちなみに、

日本ではお客様=神様
韓国ではお客様=王様

また、韓国の場合、お店に入っても、店員が挨拶してくれないことが多いので、この二人の韓国人は、韓国ってなんて不愛想な国なの…。と言っていた。(^^;

なので、フランスではお客さんと店員は対等であり、双方がきもちよく挨拶をすることがポイントなのだそうだ。

また、フランスでは、merde =うんち。という単語があるけれども、英語話者が、shit! っていうときに使うのだそう。ちなみに、日本人も結構、クソ―!って言う人もいるので、同じようなものだと思うけどねぃ。

けれども、英語話者とは違う使い方もある。それが、頑張って!というときだそうだ。

昔、車が発明される前、人々は馬に乗っていたの。で、劇場の前で、俳優が、merde!! と言ったの。というのも、もし劇場の前に馬のうんちがたくさんあったとすれば、それは、観客が多いことを意味するからなの。

だから、試験などを受ける人に対して、頑張って!!(あなたはできる!!)っていうときも、merde! って使うのだそうだ。

私のフランス人の友達も言ってたけど、フランス語には汚い言葉が多いと言っていた。→こういうことだったのか。と納得できるような気もする。

またフランスでは、パンは齧ってはいけないという。つまり、齧る前に手かナイフで、パンを細かく分ける。(小っちゃい子どもでマナーが分からない場合はOK)

またパンをひっくり返した状態でテーブルの上に置くのもNGだそうだ。縁起が良くないようだ。けれども最近は、若者にはこういうことを知らない人たちも多いのだとか。高齢の人たちはよく知っているよう。

ちなみに、フランスでは昔、パン屋さんに行くと、パンの一番先っぽの部分を食べてもいいのだそう。(購入前のパンはこのように齧ってもいいんだそう)つまり耳の部分を、店員の前で食べる(齧る)のが習慣だったんだそう。今はそのような習慣はないのだけれど。

なぜかというと、日本人があまり好きではなさそうなパンの耳を、フランス人は一番おいしい部分だと思っているからだ。(カリカリするのだそう)→FBのフランス人友達に全部聞いてみたw

で、パンの耳、日本では固くて食べたくない!と思われる部分は、フランス語で、QUIGNON(キニョン)と呼ばれるようだ。




また、韓国では絶対にやらないけどフランスでやることとして、la bise があるのだそう。

la bise = 頬にキスをすること→皇后美智子さまも、ヨーロッパの王室関係者とは結構されている。


これは、つまり挨拶として相手の頬にキスをするというもの。これを聞いた韓国女子二人は、うわぁ、気まずい!!うちらはそういうの苦手なのよー!と言う。

でも、嫌いな人にやらなければならない場面になったらどうするの?と聞かれると、それでもしなければならないようだ。けれども最悪の場合、具合が悪いふりをするというのもあるよう。

フランスでも、北部、南部、西部、東部で、この la bise のやり方は違うのだという。パリでは両頬にキスしなければならないらしい。

で、間違ってキスしてしまうこともあるらしい。(いつも頬にキスをしていると間違ってしてしまうのだとかw)

ちなみに初めてあったような人とはほとんどの場合しないようだ。けれど、友達の友達だった場合するのが普通。

また、ビジネスではしない。むしろ、ビジネスの場合は握手。

パーティーでたくさん人がいた場合は、皆にしなければならないという。(これって、会社とかでたくさんの人たちに毎回お疲れ様ですっていう感じと似ているのかな??w)

あと年明けになった瞬間にもするのだという→間違ったことに発展しないことを願うが…w





以下、海外の反応です。


01.海外の名無しさん(フランス人)
私はフランス人女子だけど、この動画はフランスと韓国の大きな違いを知るうえでとても参考になった。あと、韓国人がフランスのことをどう考えてくれているのかも知れてうれしかったよぉ。

02.海外の名無しさん(フランス語圏)
面白かったよ。私は今インドでフランス語の先生として働いている。フランス人ではないけど、フランス語圏で育ったよ。あとフランスにも少しだけ暮らしていたことがある。フランスの文化に対する韓国人のリアクションが面白すぎたよ。というのも、ここインドでも彼らはフランスの文化に対してものすごく反応的だからね。

03.海外の名無しさん(ブラジル人)
ブラジルでは、脚を折る!というような言葉があるんだけど、これがつまり、頑張って!っていう意味になるよ!だから、フランスみたいに、うんち=頑張って!とはならないね。あとフランスと違うのはブラジルでは初めて会ったような人でも、2回キスをしたりする。

ブラジルではハグとかキスとか当たり前なんだけど、韓国ではこれができないっていうのはなんだか辛いなぁ。

04.海外の名無しさん(フランス人)
昔々、フランスのパン屋では、ひっくり返したパンは死刑執行人のためにとってあったものだって聞いたことがあるよ。だからフランスではパンをひっくり返した状態でテーブルに置くと、縁起が悪いと言われているのだってさ。

05.海外の名無しさん(フランス人)
この動画で言っていた通り、パーティーに行くと、みんなに la bise をしなければならない。私はこれが大っ嫌いなんだよねぇ。

06.海外の名無しさん
ビジネスでは la bise をしないって言っているけど、時々場合によってはすることもあるよ!その職場の空気によるんだけどね。女性はよく男女関係なく自分から la bise をする一方、男性からは la bise よりは握手を求めてくるほうが多いかな。ま、男女関係なく、その人たちの性格によるのだけどね。

07.海外の名無しさん(韓日精通のフランス人)
韓国と日本に何度も行っているフランス人の俺からしたら、 フランスに帰ったとき la bise をやるのは本当に疲れる。面倒だよぉ。もし、la bise をしたくないなら、パーティーに先に到着するといいよ、後から来た人が la bise をしてくれるから、こっちから先にする必要もないしね!

08.海外の名無しさん(スペイン人)
うちらスペイン人もフランス人と同じように、頑張って!って言うときに、mucha mierda(たくさんのうんち)って使うよ!!

09.海外の名無しさん(フランス人)
私フランス人だけど、なぜ、頑張って!っていうときに、うんち!っていうのか、今この動画を見て初めて知ったよ…。

10.海外の名無しさん
フランス人のすごいところは、口を閉じながらガムを噛めるところだよね。

マルチリンガールのコメント

これを見ていて思ったのは、 la bise は頬にキスをすることだけれども、これを嫌がっている人も多いのだということ。日本も、別に疲れてもいない人にお疲れ様ですって何度も言わなければならないのが嫌だと思う人もいるけれども、フランスもこのように昔の習慣が今もなお残っていて、やらないと、なんであんたはやらないの?という空気があるのだろうね。とすると、アメリカがもっと楽なのかなぁ?なんて思ったりもした。

こんな記事もオススメです。
「黒人女性が語る、日本人男性と韓国人男性のセックスについての考え方。ウチは韓国人男子のほうが好きだもーん!に世界はどう反応したか?【海外の反応】」
「韓国人男子が、白人女性や黒人女性をナンパしている動画が世界で話題に【海外の反応】」
「韓国人男子と付き合ったことのある西洋人女子や日本人女子たちが、その内情を暴露!【海外の反応】」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


白人のフランス人女子が、ソウルで韓国人男子を逆ナン!果たして電話番号は教えてくれた!?が話題に【海外の反応】 白人のフランス人女子が、ソウルで韓国人男子を逆ナン!果たして電話番号は教えてくれた!?が話題に【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 09, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 3回まで無料体験もできて、マルチンもお世話になった 最高のオンライン英会話です!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.