新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

海外で活躍する多言語のブロガー、ユーチューバー、起業家、フリーランス TOP15




この記事では、私がマルチリンガールになった2014年の秋から現在に至るまで、インターネットで知った人や、また直接連絡を取ったことのある、私とだいたい同世代くらいの人を中心に海外で活躍している人たちをピックアップしていきたいと思う。

この中の多くは私が直接連絡を取り合ったことがある人であり、今後取っていきたいとも思っている人たちでもある。また、この記事は、今後拡大していく可能性もあるので、お見逃しなく!( ´艸`)

世界で活躍している人たちを観察することで、何かのヒント、または inspiration になってもらえればと思いこの記事を作ることにした。

みな、素敵な方で、私も、inspiration を受けている。私が多言語を勉強していなかったら知ることのなかったような人たちだ。

彼らの多くは、言語学習を通じ、SNSで繋がったり、また私が記事を作っているときに、偶然見かけた人、そして私の眼に留まった人たちである。

またタイトルにある通り、

・ブロガー
・ユーチューバー
・起業家
・フリーランス

ということからもわかるように、海外在住だけでなく、比較的時間を縛られずに活動している人に焦点を当てている。

また、現在は少ししか書いていないけれども、随時更新していく予定(*´ω`*)


①WASABI/藤沢祐子(ドイツ在住)




ブログ http://wsbi.net
Twitter https://twitter.com/wasabi_nomadik

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・ドイツ語

WASABIさんは、ドイツ在住のフリーランス翻訳家である。ちょうど私がドイツに移住して、フリーランスビザで働きたいなって思っていた時に彼女のブログにたどり着いたのが、知ったきっかけである。けれども、いまだに連絡は取っていない。(;^_^A

これがその時の、WASABIさんが寄稿していた記事である。

https://www.lifehacker.jp/2016/03/160319wsbi.html

WASABIさんって、とてもカッコいいんですよね、まず、名前もとても覚えやすく、あのドイツ在住のフリーランスのなんだったっけ~?って考える必要もなく、

WASABIという名前がすぐに思い浮かんでくる。これこそ、ブランディング化ではないだろうか?

この名前を選んだ経緯は本人ではないのでわからないのだけれども、とてもいい名前の付け方だと思う。

うーん、じゃ私もマルチリンガールなんて名前やめて、DAIKON!とかにしてしまおうかしら!?っていうのは冗談…。

WASABIさんといえば、私よりも3歳ほど若く、現時点で20代後半、しかも獨協大学卒業後、新卒でフリーランスの英日翻訳家として、ベルリンに2015年に拠点を移した人で、若いときから海外に拠点を移すという大胆なことを実行している。

また、WASABIさんは、獨協大学に通っているときに、イギリスのマンチェスター大学に通い、哲学などを専攻したときに、ドイツ哲学に出会い、非常に感化されたようで、考えたかた自体、普通の日本人とは違うのかもしれない。

また、私と同じようなブロガーと翻訳家という部分も持ちながら、他の媒体にも積極的に寄稿していて、ものすごく積極的だ。

たとえば、藤沢祐子(WASABI)として、あの世界中で有名な媒体、ハフィントンポストでも寄稿されている。

以下は、WASABI さんが寄稿しているハフィントンポストの記事。

http://www.huffingtonpost.jp/author/yuko-fujisawa/

今後も、彼女から目が離せない。




②マンスール/金子家暢(ドバイ在住)


インスタグラム 
フェイスブック 

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・アラビア語

私がアラビア語を勉強している上で、一番憧れている存在である。彼はドバイでも有名で、インスタグラムのフォロワーはとてつもないことになっている。またドバイのテレビにも出演し、普通にアラブ人とアラビア語(湾岸方言)で流暢に会話をしているのは非常に印象的だった。

彼はとても薄い顔をしているので、そんな彼が濃い系のアラブ人に囲まれてアラビア語を話してる姿は、誰がみてもわすれられないだろう。それくらいインパクトがある動画だった。( ´艸`)

また、毎回アラビア語で動画を上げたり、その更新頻度もまた凄く、日々努力していることがうかがえる。

「早稲田出身、アラビア語ペラペラで、アラブ首長国連邦ドバイで有名な日本人、金子家暢の生き方がイケメンすぎる件」

そんな彼とは、連絡を取り合ったこともある。


③にしくみ(クロアチア在住)



ブログ http://preciousjourney.info/8.html
フェイスブック https://www.facebook.com/kumipine

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・クロアチア語

アメリカ人男性と結婚し、美女大国クロアチアに移住した女。それが、くみさんだ。結構珍しい。こういう人って。だからこそ紹介する価値があるのだ。

彼女と知り合ったのは、おそらくフェイスブックだと思う。知らない間にメッセをするような仲になっていた。おそらく、私も相当変わったオンナなので、そういう女が寄ってくるのだろう。

引き寄せの法則とかいうやつ?( ´艸`)

くみさんは、私からすると、姉さん的な存在。またこの人の生き方が凄まじい。まさに波乱万丈といった感じではないだろうか。

だって、アメリカ人と結婚しているのだから、アメリカか日本に住めばいいものの、クロアチアだよぉ!?ちょっとぶっ飛んでいる…。

くみさんは、

インターネットでお小遣いを稼ぐ方法などにも詳しく、そういう情報もフェイスブック友達と交流したりすることも結構している。特に同じように主婦層の人たちに伝授している。

彼女が教えてくれるのは、外国で暮らすということは、楽しい。新しい発見がある、また違う視点から日本を観ることができる。ということもあるけれど、生きていくために稼ぐ。そういう重要さに気づかせてくれることだろう。

なんだかパワーを感じるというか、主婦でも、普通の女性でもちょっと立ち上がれば、海外に住んだり、インターネットでお小遣い稼いだりできるんだよ?と、遠くの国から教えてくれているような、そういう人だ。(FBで繋がっているので、私はそういうのを感じちゃうのよ)

日本ではまだ旦那に稼いできてもらおうとだけ思っている日本人女性も多いけれども、こうやってアクティブな女性っていうのは、人種問わずどこの国でも愛されそうですね。

ちなみに、

くみさんから結構、マルチリンガールの紹介でよくメールくるんだけど!って言われるのだけど、私にはメール誰もくれないのだよね…。( ´艸`)



④しょっちゃん(北海道在住)


ユーチューブ 

話せる、または理解できる言語
・日本語
・中国語
・韓国語
・英語

しょっちゃんとは、フェイスブックで知り合った。といったほうが良いのだろうか?もともと私はしょっちゃんのことをユーチューブで知っていたけれども、一度も連絡をしたことはなく、逆に私が彼を知ってから半年後くらいに、彼から連絡がきた。

どうやら、この記事を読んだようだ。

「韓国語(朝鮮語)を勉強するメリット・需要・重要性」

彼は、中国と韓国に交換留学をしていて、クラウドファンディングを使って、中国縦断をしてみたり、日本縦断をしてみたりとかなりアクティブだ。

また、日中韓の友情を日本に広めるために活動をしている。今後、この活動がどのような形で発展していくかはわからないけれども、私は結構注目していたりする。


⑤Nahoko(オランダ在住)



ブログ なほこの伝えるオランダ生活(オランダからの発信ブログです!)
Facebook → Nahoko Endo
Twitter → Nahoko
Instgram → nahoko775

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・オランダ語

Nahokoは、私がブログを始めたときくらいから、ずっと繋がっている人だ。どこから繋がったのかはわからない。私が多言語を勉強しているから、おそらくそういう引き寄せの法則ってやつなのだろう。

で、そんな彼女は、現在パートナービザで彼氏、またその家族と同居中。パートナービザというものが、オランダにはあって、結婚とはまた違うみたいだ。

また以前、ブログでも紹介したのだけれども、

「オランダがスイスと日本だけに最恵国待遇を与える理由」

ちょっと前までは、日本人はオランダで Work Permission (就業許可証)なしで働けると話題になったことがあった。

このように、ヨーロッパの中でもイギリスとかフランスじゃなくても、オランダという選択肢もあるということ。(調べれば調べるほど、いろんなことがわかってくるんですね)

ちなみに、ヨーロッパ大陸の中心都市パリと、オランダの中心アムステルダムは、東京ー大阪くらいの距離しかないので、オランダという場所は結構、穴場だったりする。

また彼女は、私とはじめてメッセージとやりとりしていたときは、オランダ語が全然できない状態だったのだけれども、2015年10月から2017年3月までの間、オランダ語学校にきちんと通い、パートバービザに必要なオランダ語の試験である inburgering に合格している。

遠いオランダの地でこのように頑張っている彼女の姿は、おそらく多くの日本人女性を勇気づけるのではないだろうか?

ちなみに、オランダ語って学ぶ人が少ない分、このオランダの地で活躍しようとした場合、大変貴重な言語なので、第二言語をユニークなものにしたい!と思っている人は目をつけるのもありかもしれない。

みんなと同じことやっていたら、成功できないっていうしね。

「オランダ語を勉強するメリット、需要、重要性」

また現在は清掃の仕事やライターなどをしながら、オランダで彼氏とその家族と生活中。とブログに書いてあった。

結構、他の媒体にも積極的に寄稿されていて、

・THE RYUGAKU
・タビタツマガジン

など。

ライターとして他の媒体に寄稿するということ自体素晴らしいけれども、驚くのは、その寄稿記事数の多さ。

で、私が彼女の生き方を見ていて思ったのは、自分に正直に生きているということだ。好きな人と好きな国で、好きな人の家族と一緒に暮らす。

これは本来、女性だったら憧れることだと思うのだけれど、多くの日本人女性が一歩踏み出せない中、彼女はこのようにオランダで生活している。

なので、恐れないで、自分のしたいことをする!そのために頑張る!っていう道もありだと思う。

多くの人が、会社のために1日8時間も使って、会社のために貢献するだけで終わってしまう中、世界は広いと常に認識し、外に出ていこう、そして外に出て自分が本当に欲しいと思った生活をしようっていう。

つまりオプションBじゃなくて、オプションAを選ぶということ生き方。そういうのを、Nahokoは教えてくれる。そして、私も、常にオプションAであり続けたい。


⑥ぴかりん(ルワンダ在住)



ブログ https://hinemoto1231.com/plofile

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・ドイツ語

私の知り合い、Captainjack さんのお友達。なぜか、私の twitter のタイムラインによくでてきていて、そのたびにクリックしていた私( ´艸`)

私と同じ1987年生まれだそうで、大変、親近感を持ってしまった。ぴかりんさんは、東京外国語大学でドイツ語を専攻!していたようで、大学卒業後には、有限責任監査法人トーマツにて2年半、会計監査業務に従事するというふうに、彼のブログには書かれていた。

そんなピカリンさんは、有限責任監査法人トーマツを退職後、フリーランスとして1年ほど、トーマツの外部協力者・中小企業の税務コンサル、物販、投資などを行いビジネス経験を積み、その後、青年海外協力隊でルワンダにボランティア活動へ。(私が行きたかったやつ…。けど、高卒なので…諦め!!)

そんなピカリンさんは現在、アフリカのルワンダという国に住んでいる。



そんな彼は、現在パソコンさえあれば仕事ができる状態なので、ルワンダで一軒家を借りて生活している。

都心のど真ん中で、4LDKでシャワールームが3つある庭付き一軒家を借り、その家に、昼と夜のお手伝いさん2人雇って家事全般をやってもらっているそうだ。

https://hinemoto1231.com/life/smart-africa

こんな生活もアリ。と思ってしまった。

ちなみに、彼のめちゃくちゃデカくて庭付きの一軒家は上のリンクに写真が掲載されている。これで8万円!!私もこういう生活がしたい!!鶏育てたりとかしちゃって!( ´艸`)

で、話は戻って、日本人の中には、アフリカというと、危ない場所。とか、一生縁のない場所と思っている人が多いかもしれない。

けれども、彼のブログを読むと、そのアフリカというイメージを変えていく。という強い情熱がうかがえる。

日本には将来が暗くなって何もできていない、行動できていない人がどれだけいるだろうか?日本人だからこそできることってもっとあるのではないか?

と強く思わせてくれる内容だった。

ビジネスというものは自分から掴みにいくもの。ただ黙ってれば、訪れるようなものではない。誰かに引っ張ってもらおうとしている人は絶対に成功しないと思うのだ。

おそらく、海外に興味のある日本人はたくさんいるけれども、語学の面とか、情報不足とかで行動できていない人が多いのではないかと思う。

この写真の彼のように、睡眠をしっかりとって、いいもの食べて、たくさん仕事して…。っていう生活をしてみるのもありではないだろうか?

彼のようなインターネットビジネス系であれば、年齢も問わず自分の好きな仕事を自分がしたいときにできるだろう。


⑦Captainjack(フィンランド在住)



Twitter https://twitter.com/CaptainJacksan
ブログ 移住者の視点からフィンランド情報をまとめます。北欧、移住、留学、語学、仕事、恋愛、時々スマブラ。

話せる、または理解できる言語
・日本語
・フランス語
・英語
・フィンランド語

一瞬、この写真をみると、お笑い芸人?にも見えたりするのだけれども、香川真司似のイケメンである( ´艸`)

彼を知るきっかけになったのは、たまたま私が twitter に投稿していた、

「ノルウェー語を勉強するメリット・需要・重要性」

に、彼からコメントが入っていたことだった。

こんにちは、面白く読みました!

>「ノルウェー語、ドイツ語、英語、オランダ語、スウェーデン語など、いわゆる北ヨーロッパの言語は、すべてゲルマン語派になります。」

この部分ですが、唯一フィンランド語だけウラル語族と、インド・ヨーロッパ語族ですらないんですよ!一応ご指摘まで〜!


このようなコメントが書かれていたのだけれども、私は当時彼の存在は全く知らず、たまたま私の友達が、

そういえば、マルチリンガールの twitter のコメントに、あの有名なフィンランド在住の Captainjack からコメントが入ってたよな。

と言ってきて、え?そうなの?という話しになって知ったことだった。現在は、アフィリエイトで成功し、あのイケハヤをスポンサーにつけるなど、世界中を飛び回って、プロゲーマーとしても活躍している。

また、彼の経歴をみると、その波乱万丈さがハンパないということもわかる。彼は京都外国語大学でフランス語を専攻していて、

・フランス留学
・アフリカ横断
・アメリカ
・ホストクラブ
・ヒッチハイクでの旅
・MLM系ビジネス
・新宿でのタワマン生活
・借金地獄
・イスラエル人に騙される
・治験バイト
・詐欺師との調停和解
などなど

それはもう普通の人が体験しないようなことを20代のうちに経験している。またブログをみて面白いと思うのは、

まだ、年齢的には30歳くらいの彼がこのような経験を赤裸々に語り、またインターネットで収益を上げる方法なども包み隠さず公開しているところにかなり本気度を感じる。ことだ。

多くの人は稼ぎ方を隠すけれども、彼の場合は違いその方法を明示することで、確実にフォロアーが増え、知名度も上がった。というのを私はここ1年でみてきた。

以下、CaptainJackの経歴が2万文字くらい書かれているページのURLです。http://www.captainjack.jp/entry/profile


⑧アツト(日本在住)



私がよく会ったりする人であり、またもう5年以上のお付き合いになるかも。現在はフリーランス生活を送っている。彼のブログでは、記事数こそ少ないが、一つ一つの記事の質が高く、英語学習者の助けになるだろう。

特に翻訳家としてフリーランスで働くにはどうしたらいいのか?ということを多くのブログでは具体的に踏み込まないのに対して、彼はそのような部分を発信している。

私が今後参考にしていきたいと思っているくらいである。またIQの低い私の数少ない頭いい友達でもある。( ´艸`)

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・中国

アツトブログ



⑨秋山燿平(日本在住)


話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・フランス語
・スペイン語
・イタリア語
・中国語
・アラビア語
・ポルトガル語
・韓国語

話せる言語どんだけあるんだよぉ!!っていうことなのだけれども、彼とも知り合って結構立つ。私がブログを立ち上げる前に彼にコンタクトをしたことにより、連絡を取り合う関係になった。また私の銀座近くの家に来たこともあった。

東大院薬学部を中退し、また、ダイヤモンド社から、純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法という本を出版するなど、日本でもマルチリンガルを活かし、活躍中である。

「8言語を操るマルチリンボーイ?秋山燿平さんとのコンタクトに成功」


⑩マエダジュロウ(フランス在住)



ブログ パリノメモ

話せる、または理解できる言語
・日本語
・韓国語
・英語
・フランス語

最近更新がないものの、マルチリンガルであり、フランスの情報を中心としたブログを書いている。


⑪安居昭博(ドイツ在住)



フェイスブック
ブログ

話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・ドイツ語

私が彼を知った、または印象に留まったのは、この動画だった。

Vegan Chicken Tatsuta l ビーガンチキン竜田揚げ Japanese Vegan Recipe

私もビーガンだったことがあり、しかも現在は魚や卵は食べるペスクタリアンであるものの、こういう料理には憧れていたため、自分でも作ってみたい。というところからこの動画を見た。

安居昭博さんは現在ドイツを拠点に活動するフリーランス。

彼のことを調べてみると、かなり豊富な経歴を持つということが分かった。ここは、注目する点である。

現在はドイツ北部デンマークに割と近い都市に住んでいる彼だけれども、早稲田大学卒業後、

・アメリカの大学
・デンマークの大学
・マンチェスターの大学

とも関わっていたようだ。

また現在は、フィルムメーカー、つまり映像制作者としてドイツ在住。

ドイツのことなら彼にガンガン聞いちゃってください。ただし、マルチリンガールの紹介でってことを一言お忘れずに(笑)




⑫iYuta


・日本語
・英語
・フランス語
・ポーランド語

iYutaさんも、That Japanese Man Yuta のチャンネルと同じく、Yuta という名前なので、おそらく混同している人も多いかもしれない。

けれども二人とも別人である。



また、

フランス人と朝まで飲みまくる [vlog ENG 日本語] French Party In Poland ポーランドでフランス人会のパーティー [海外 親日国] Soirée Française

こちらの動画では、3:04 あたりから流暢なフランス語で会話している。おそらくこのレベルで話せるということは、留学していたのかもしれない。→留学していたことが判明!(笑)

iYutaさんの動画には、ヨーロッパで撮影したものが多く、色々な地に足を運び活動していることがうかがえる。多くのユーチューバーが、東南アジアや東アジアのような格安の地で撮影するのが多い一方、iYutaさんの場合は、もっぱらヨーロッパが多いのは特徴的かもしれない。

私のブログで紹介した二つの記事は、ものすごく読まれているのも、こういう動画を撮影できる人が日本に少ない証拠でもあると思う。

「これが本音!日本人の印象をドイツ人に聞いてみた動画が面白い【海外の反応】」
「これが本音!!フランス人って、ぶっちゃけ日本人のコトどう思ってんの?【フランスの反応】」
「ポーランド人は本当に、ヨーロッパで最大の親日国家ですか?【ポーランドの反応】」

また、ヨーロッパ系女子にナンパしたり、仲良くしたりしている部分も、多くの日本人男性が見習うところだろう。( ´艸`)

また、私が知る限り、ポーランド語を話す日本人は少ないという点でも大変貴重な存在である。

ブログはこちら。
http://iyutachannel.com

動画はこちら
iYuta Channel

インスタグラムはこちら
iyuta_channel

⑬That Japanese Man Yuta




話せる、または理解できる言語
・日本語
・英語
・フランス語
・スペイン語

私のブログの海外反応系にもたびたび登場する、That Japanese Man Yuta の動画。彼は、英語圏で日本を紹介するチャンネルでは上位に来るほど有名な人だ。

彼の動画はすべて英語で作られており、非ネイティブながら英語で自由自在に表現しているところがすごい。

また、タブーとなっている話題にも多く触れている部分や、英語だけでなくスペイン語のチャンネルまで作成している部分も注目するべきである。

Yuta El Japonés

海外の視聴者を相手に広告収入で稼ぐ。という日本人の中でも、数少ない一人である。たまにフェイスブックでメッセージの交換をしたりする仲である。

普通の日本人とは違い、私に対しても政治的な見解など聞いてくる点が、また面白いと思った。またそういう意味では私と少し考え方が似ているかもしれない。

彼の特徴は、話すときの表情にあり、占い師のような、一見おかしい表情をしながら英語を話すのだけれども、そういう独特なキャラと、物事をロジカルにまとめて伝えようとする力が、多くの日本好きの外国人を惹きつけているのだろう。

そんな Yuta さんとは会おうっていう話しになったけれども、まだ会っていません(^-^;


⑭ERIKOエリコ



話せる、または理解できる言語

・日本語
・スペイン語
・英語

ロシア語を勉強中にサハ共和国について調べていた時に遭遇した彼女のチャンネル。彼女はとてもユニークである。その理由がなんとスペイン語で動画を公開している点だ。彼女の多くの動画はスペイン語でしかもスペイン語圏をターゲットとしたものになっている。

この発想すごくない?( ´艸`)

しかも、サハ共和国に行く女!としても有名である。この力強さはどこからくるのだろうか?と感激してしまうほどである。


⑮こやすなほみ



Twitter 

こやすなほみさんとは、アラブ世界で有名な日本の演歌歌手であり、この動画の再生回数は400万近くもある。Arab Idol というチャンネルで、いわばアラブのアイドルを決めるオーディションのようなものに出演した際の映像だ。

日本でも演歌歌手である、こやすなほみさん。私はアラビア語を猛勉強していた時、この動画にたどり着いた。で、彼女の記事をいち早く書いたのも私だ。

連絡してみて、ちょっとお返事が返ってきたくらいの仲である。

上でも紹介したアラビア語名マンスール(金子家暢)のように、それは日本人形みたいな顔立ちの女性が、透き通るようなアラビア語で演歌を披露している姿に私は目が釘付けになったワケ。

アラビア語がとても上手!こんな日本人ってレア過ぎない!?私はレアなものが大好きなの!!って感じで連絡したわけなの(;^_^A

実は彼女は、東京都生まれで2011年に[こやす なほみ]として歌手デビューしている。バックグラウンドをみていくと、

多摩美術大学の工芸学科ガラスコースを卒業。学生時代はアートを学びながらもアラブの音楽、日本の音楽に興味を持つようになり、

大学卒業後に、チュニジア政府奨学金留学生としてブルギバスクール(チュニス・エルマナール大学付属ブルギバ現代語言語学院)のサマースクールにて正則アラビア語の入門を学ぶび、

その後、2014年にアラビア語圏の各国で絶大な人気を誇るMBC TVグループのオーディション番組「アラブアイドル」シーズン3に初の日本人として参加し、話題を呼んだというのが、彼女のざっくばらんなバックグラウンドだ。

以下のブログには、こやすなほみさんのアラブで活躍されている動画がほとんどある。知らない世界を覗きたい人にはとてもおすすめできる。

http://nahomi-koyasu.blogspot.jp/

日本人ってアラブの世界を知らない人が多いので、一度アラブ系のテレビ番組とか見ると、え、こんな世界って世の中にあったんだっていう変な感覚に包まれる…。


⑯ヒチョル



話せる、または理解できる言語

・韓国語
・英語
・日本語(挨拶程度)

韓国にはユーチューバーがたくさんいる。日本のことを取り上げているユーチューバーもたくさんいるけれども、その中でも私が書きたい記事と重複する内容をもっているユーチューバーばヒチョルだった。

彼が今まで作ってきた動画は、

・黒人
・ゲイ・レズビアン
・タトゥー
・トランスジェンダー
・日本の在日韓国人
・ムスリム
・混血

など、タブーとなっている話題に挑戦してるのが特徴的。彼の記事を掘り起こすにつれて、連絡しようという気持ちになり、連絡してみたところ、日本に来るから泊めてほしいと言われて一泊うちに泊った。

その後、仲良くさせてもらっている。

動画はPV数が100万を超えるものもかなりあるけれども、私から見ると、彼はPV数を稼ぎたいというよりは、真実を追求する探究心のほうが強いのだと感じる。

芸術的な、そういう部分が人を惹きつけるのだろう。彼は現在、世界旅行の旅に出ていて、最初の国はベトナム。今後、もっと面白い動画が見れることだろう。(^^♪

ちなみに、会ってみたら本当に普通の人だったわ…。結構、物静か?

ヒーチョリズム


現在この記事は、作成途中であります、随時、追加していきますので、お待ちを(*´ω`*)

こんな記事もオススメです。
「二ヶ国語以上、トリリンガル、マルチリンガルの有名人 TOP20」
「【海外版】二ヶ国語以上、トリリンガル、マルチリンガルの有名人 TOP20」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


海外で活躍する多言語のブロガー、ユーチューバー、起業家、フリーランス TOP15 海外で活躍する多言語のブロガー、ユーチューバー、起業家、フリーランス TOP15 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 04, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.