新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ヒンディー語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP30




ますます拡大していくインドの人口。人口規模では中国の人口を超え、世界で1位になると言われている。(戸籍のない人も含めると、もうなっているかもしれない…)

そんなインドの公用語(連邦公用語)はヒンディー語で、英語はその下位にあたる準公用語である。そして、インドは広いため、地域ごとにいくつもの言葉があるので、ヒンディー語を覚えても正直意味がなく、民族などの種類も多いので英語を使ったほうがいいとされている。

けれども、日本の経済が今後縮小し、インドの経済が今後拡大していく中で、日本人とインド人が組まなければならない場面が今後ますます増えるだろう。

「日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20」

そんな中、インドで英語と同様に重視され、実際にはインド全体で中国における標準語的な扱いを受けているヒンディー語の簡単な挨拶程度を学ぶということは、決して無駄なことではない。また、インドとパキスタンはもともと同じ国であり、パキスタンのウルドゥー語とヒンディー語は表記する文字は違えど、ほとんどが一致する。またヒンディー語はフィジーでも使われている。

それに加え、インドはたくさんの優秀な人材を色々な国に輩出しており、今後も日本でもあらゆる職業のインド人に出くわすことだろう。そんな中、インド人の言葉すら知らない人は、非常識と思われる時代が来るかもしれないと言っても、大袈裟ではないだろう。

いずれにしても、他国の文化の重要な部分のみを知っておくことで、繋がりはどんどん増えていくと思うし、自身の考え方にもポジティブな効果を与え、相乗効果を発揮するに違いない。

この記事では簡単なフレーズのみを抜粋し、ヒンディー語の簡単な挨拶くらいなら言えるよぉ~!というレベルを目指していきたいと思う。

私の学習状況次第で、フレーズは増やしたりしていきたいと思います♪

31位 वाह!=ヴァ!

驚いた時に、日本人も、うわぁ。って言うけれど、そんな感じの感嘆詞。英語でも、WOW! なんていうので、これは、世界共通なのかもしれない。


30位 बधाई हो=バッダハイフ



http://muslimhunks.blogspot.com/2011/09/abdul-manan.html


おめでとうございます。の意味。英語で言えば、Congratulations! という言い方だ。通常は英語でインド人と会話し、こういうフレーズはヒンディー語で言ってあげると喜んでくれるかもしれない。

※ちなみに、写真はパキスタンのイケメン有名人。パキスタンのウルドゥー語も、ヒンディー語とほぼ同じ。

29位 बचाओ!=バチャーオー!

助けて!という意味である。インドへ旅行に行く人は必ず必要な言葉。特に女性は一人行動には気を付けよう。インド人と言ってもいろんな種類のインド人がいるし、育ちや収入、宗教も違うわけなので、常に油断はできない。

誰も助けてくれないということも想定しながら、自分の身は自分で守ろう。


28位 शुभ रात्रि=シュブ ラートリ

おやすみなさい。の意味。シュブラートリは、その意味を調べても、英語の Good night と全く同じ。良い夜を。という意味になる。

गुड नाइट=グットナイト(英語をそのままデーヴァナーガリーで表記しただけ)

実は、このフレーズはインド人同士でもあまり使われることがないとも言われている。そもそも、おやすみ。という習慣のない国も結構多い。

けれども、たとえ使わないにしても、シュブラートリとインド人に言うことで、少しでもヒンディー語がわかるということをアピールすることができるため、相手を安心させる効果は期待できるだろう。

http://dict.hinkhoj.com/शुभ%20रात्रि-meaning-in-english.words




27位 शुभ संध्या=シュブ サンデャー

こんばんは。の意味。こちらも上と同様な感じで、良い晩を。という意味になる。

私が思うに、おそらくインド人にはこのように言う習慣はないけれども、英語における、Good evening, Good night. などが、ヒンディー語に訳された形で、形式上、こういう言葉があるという感じではないだろうか?


26位 सुप्रभात=スプルバート

おはようございます。の意味。上と同様、やはり英語からヒンディー語に合わせるような形で形式上存在するヒンディー語の挨拶だと思う。

つまり、インド人には、Good morning のように、良い朝だね。という習慣はないということになる。

普通にナマステと言ったりするほうが無難なものの、上のフレーズは直訳すると、良い朝だね。という意味なので、こうやって言ってあげることで、お前はヒンディー語を勉強しているんだな!と感心してくれる可能性は大である。ので、一回くらい使ってもいいだろう。( ´艸`)



25位 क्या दाम है?=キャー ダーム へェ?

いくらですか?の意味。ヒンディー語圏で値段を聞くなら、英語よりも現地の人たちの言葉で尋ねるのが礼儀というものだろう。実際にこの発音は難しくはないので、カタカナでも十分通じる。

直訳すると、What's the price?(値段は何?)という感じになる。


24位 अलविदा=アルヴィダー

さようならの意味。カタカナで全然通じる。ちなみに語源を調べると、アラビア語のようだ。

What is the origin of the Urdu word "Alvida"?

それ以外にも、以下のフレーズもある。

・टाटा(ṭāṭā)=ターター(日本語や英語のバイバイに相当する言い方)もある。ターターは旅の途中でよく使えるし、簡単な言い回しなので覚えておくといいかもしれない。

また日本語のように、
・! बाइ ! =バイバイ(ばいばい!)と、そのまま言っても大丈夫だ。→バイバイは本当に世界共通語だ…。


23位 फिर मिलेंगे=フィル ミリンギ

またお会いしましょう。という意味であり、意味的にも英語の See you again. と同じである。たまに日本語の、さようなら!と訳されてしまうこともあるこのフレーズは、また会おうね~。という言い方なので注意が必要。

もうしばらく会わなくなるような感じの、さようなら。とは違うのでね…。


22位 कोई बात नहीं=コイ バート ナヒン 

どういたしまして。のときにも使えるこの表現は、直訳すると問題ない。という意味になる。英語で言えば、Don't mention it!(ありがとう。と言われたとき、なんでもないよ、そんなこと言わなくていいよ!的な表現)に似ている気もする。

ありがとう。と言われて、インド人風にとっさにこういう言い方ができれば、かっこいい♪

また、どういたしまして。という言い方は、シチュエーションによっていくつかのバリエーションがあり、詳しくはソースに書いてあるけれども、

もう一つ言うならば、英語の You're welcome. のように、あなたは歓迎よ。という言い方として、

・आपका स्वागत है=アプカー スワーガト ハェー(あなたを歓迎よ)

がある。

Reference Site
https://www.quora.com/What-is-the-word-used-for-welcome-in-response-to-thank-you-in-Hindi


21位 आपका नाम क्या है?=アープカ ナーム キャー ハェ?

お名前はなんですか?の意味。これは絶対に聞くフレーズなので覚えておいたほうがいい。年上、年下によっても、言い方は変わる場合もあるが、一番標準のこれを覚えておくことで、とりあえずは、ヒンディー語を一生懸命勉強してくれているのだなぁ。と示すことが重要。




20位 माफ कीजिए=マーフキージエ

意味は、すみません、ごめんなさい、お許しください。などの意味。直訳すると、それをしてしまい、ごめんなさい。というような感じ。

つまり、英語の Sorry と同じ位置づけというふうに思っておいて大丈夫であろう。

けれども一つ注意してもらいたいのは、ダンニャワード(ありがとう)と同様、インド人はほとんど使わない表現である。とされている。

ヨーロッパ的な、Sorry や、Thank you などと違い、アラビア語圏や、インドでは、すぐに自分に非があると謝ったりしない部分もある。

こういうことから、日本人が習慣的に、すみません、ごめんなさい。と言っているのは実は、内容を伴っていない意味での、挨拶みたいなものであると私は考える。

気持ちのこもっていない挨拶はしても意味がない。とインド人は考えそうな気がする…。そういう部分では外見というか、見た目を重視する日本人とインド人は正反対とも言えそうだ。


19位 धन्यवाद=ダンニャワード

ヒンズー教徒の間での、ありがとう。の意味。けれどもインドはヒンズー教がほとんどの人口を占めているものの、イスラム教とも2億人いる。なので、

・Thank you.=タンキュー

もし相手がイスラム教徒であれば、

・शुक्रिया=シュクリヤーと言ってあげることで、相手に与える印象はグっと変わるだろう。

また、धन्यवाद=ダンニャワードは改まった表現であり、日常的にはあまり使用されていない。ということもあって、タンキューというインド訛りの英語を使用することによって、日本人がありがとう。って言うときの感覚で使える。

また、とっても感謝したいときには、バホット(たくさんの意味)をつけてあげることで、その度合いを強めることができる。

・बहुत धन्यवाद=バホット ダンニャワード
・बहुत-बहुत धन्यवाद=バホット バホット ダンニャワード

また、なぜインド人が、ありがとう。という表現を好まないのか?というのは、多くの国同様、ありがとう。という言葉はそんなに簡単に使うものではないという考え(人に親切にすることは当たり前で、礼を言われるほどのことではないため)や、

なぜ親しいもの同士でなぜ、感謝し合わなければならないのか?俺らは身内だろう?水臭いではないか?みたいな考えもあるのかもしれない。

またよく言われるのが、ありがとう。と言うと、カースト制度の影響が残っているインドでは、見下したような感じになるとも言われている。

つまり、ありがとう。と言った側が、上の立場に見えるため、相手からは印象がよくないということだ。そもそも、ありがとう。を言うよりは、その人との関係を継続するほうが、もっとインド人は喜ぶということなのだろう。

そもそも、ありがとう。を連発するようになったのは、インドにイギリスの文化が入ってからであろう。

ちなみに、インド北部はヒンディー語圏であるので、ダンニャワードと言っても意味を理解してもらえるけれども、インド南部のタミル語圏などでは、

நன்றி.=ナンドゥリ(ありがとう)と言う。こちらは、日本以上によく使うようである。やはり、インド北部とインド南部はまるで国が違うようだ。


18位 हाँ=ハーン

はい。の意味。丁寧に言う場合は以下もある。

・जी हाँ=ジー ハン(ジーを追加しただけ)

https://en.wiktionary.org/wiki/जी_हाँ


17位 नहीं=ナーヒン

いいえ。の意味である。上と同様、ジーをつけることで丁寧なニュアンスを加えられる。

・जी नहीं=ジー ナヒーン(いいえ)

調べてみると、このジーというのは、日本語で言う、~さんとか、英語で言う Sir のようなものに近いと考えればいいということだ。

https://en.wikibooks.org/wiki/Hindi_Lessons/Lesson_2

また、

छुओ मत!=チュオマット!(触るな!)というように、英語における Not の意味を表したい場合は、मत=マット(~しないでください)を使う。

以下にも、もう一つある。

पीजिए!=ナ ピージェ!(飲むな!)→=ナ(~しないでくださいの意味)

この発音を見ると、英語の Not 似ていることから、最近になってヒンディー語に入った英語式の Not なのかなぁ…。なんて思ったりもした。

Reference Site
https://en.wiktionary.org/wiki/न#Usage_notes


16位 आपका क्या हाल है?=アープカ キャー ハール ハェ?

お元気ですか?の意味。直訳するとこんな感じになる。

・आपका=アーブカ→あなたの
・क्या=キャー→何
・हाल=状態
・है=です

つまり、あなたの状態は何ですか?どうなの?みたいな感じの表現である。上の表現をもっと簡潔にし、

・क्या हाल है?=キャー ハール ハエ?(お元気ですか?→アープカを省略した版)というフレーズもよく使われている。

インドに限らず、南アジアのムスリム(イスラム教徒)の間では、

・आदाब अर्ज़=アーダーブ アルズ(挨拶の際に使うフレーズ)も使われているようだ。

https://hi.wikipedia.org/wiki/आदाब

また、英語の How are you? 的な言い方もある。

・आप कैसे हैं?=アープ カェセー ハェン?

http://www.shabdkosh.com/translate/आप%20कैसे%20हैं/आप%20कैसे%20हैं-meaning-in-English-Hindi

男女ともに言い方は異なるが、ここではそのような文法は覚えなくてもいい。あくまでも、ヒンディー語で少し挨拶ができるよぉ~という部分にフォーカスしているので(^_-)-☆



15位 मैं ठीक हूँマェン ティーク フーン

私は元気です。という意味。上の表現の返答として使える。

・マェン=私は
・ティーク=大丈夫

といった感じ。ほんと、簡単に考えれば大丈夫。とにかく発することが重要!


14位 अच्छा=アッチャー

Good! の意味。いいねぇ!って感じで、いろんな場面で使えるフレーズ。

・बहुत अच्छा=バホット アッチャー(とてもいいね!)→Very good! みたいな感じ。



13位 ठीक है=ティケ

OK。の意味。いいよ。とか、何かを頼まれたときに使うといい。で、頭を横に揺りながら、言うとインド人っぽくなる。これはインド人というよりも、南アジアで共通している部分もあるとのこと。

特に、日本人は、いいえ。というときに頭を横に振るけれども、インド人の場合は、これにはいくつかのバリエーションがあり、それを私が説明するのは難しいので、以下のインド人の動画を見ることをお勧めする。

Indian Headshakes | What do they mean?

ちなみに、ठीक है=ティケは、元気?って聞かれたときに、まあまあだよぉ!という感じの応答にも使える。

ティケ ティケというように、重ねても大丈夫で、これはヒンディー語の特徴とも言える。


12位 मैं ___ हूं=マェン ___ フーン 

私は___です。という意味。たとえば、私は涼子です。と言いたければこんな感じ。

・मैं 涼子 हूं=マェン リョウコ フーン(私はリョウコです)

・マェン=私は
・フーン=です

という感じで、日本語の語順と同じだ…。

あんた韓国人?中国人?と言われたら、

・मैं जापानी हूँ।=マェン ジャパニ フーン(私は日本人です)といえば、分かってもらえるだろう。

私の名前は__です。という言い方もある。

・मेरा नाम 涼子 है=メーラー ナーム 涼子 ハェ(私の名前は涼子です)

・メーラー=私の
・ナーム=名前
・ハェ=です

デーヴァナーガリーは難しいけれども、カタカナで表記すると、結構簡単に思えたりする。


11位 यह क्या है?/ ヤェ キャー ハェ?

これは何ですか?の意味。インドにいけば、分からないものばかりなので、とりあえずこのフレーズを連発するしかない。


10位 स्वादिष्ट=スワディシュト




おいしい。という意味。なんかドイツ語っぽい発音…。

こういうのは、レストランなどに行ったときに、インド人の店員などに直接言ってあげることで、コミュニケーションをとるきっかけにもなるので、どんどん使ってもらいたい表現だ。


※ちなみに写真は、インドの女優 हिना खान(ヒナカーン)。私的に藤原紀香にそっくりと思っている…。

詳しくは、以下の記事で書いた。

「インド北部 VS 南部。インド人男性からみた美女 TOP10」


09位 ज़रा इसे दोहराइए=ザラ イセ ドハライエ

もう一度言って下さい。という表現。


08位 और आप?=オーラップ?

あなたは?という意味。

07位 थोड़ा थोड़ा!=トラトラ!

ヒンディー語喋れるの?とか言われたときに、トラトラ!(ちょっとはね!)という感じで使える。トラ=少しの意味なので、重ねることでヒンディー語らしくなる。


06位 बाथरूम कहाँ है?=バツルーム カハ ヘェ?

トイレはどこですか?という表現。英語と同じように、Bathroom という表現を使っているので、言いやすいフレーズといえるだろう。


05位 एक मिनट=エーク ミニット

ちょっと待って。という言い方。直訳すると、1分。という意味。英語で言うと、One minute! みたいな感じだ。

いきなりインド人に使ったらビックリされるかも!?(^_-)-☆


04位 आप कहाँ से हैं?=アープ カハーン セー ハェン?

どこから来ましたか?(出身はどこですか?)の意味。インドは巨大な国家なので、出身地を聞くのは当たり前といえば当たり前だ。

南部出身であれば南部の文化をもっと勉強してあげたりすることもできるので、ぜひ出身は聞いておこう。


03位 आपसे मिलकर खुशी हुई=アープセ ミルカル クシー フイー

はじめまして。のシチュエーションで使える表現。意味的には、初めて会いました。的な意味ではなく、会えて嬉しく思います。のような、英語にすると、I am pleased to meet you. というような感じである。

で、もっと、その喜びの度合いを高めたい場合は、Big の意味を表す、बड़ा=バラを入れてあげる。

・आपसे मिलकर बड़ा खुशी हुई=アープセ ミルカル バラ クシー フイー(会えて大変嬉しく思います)

この表現はおそらく、英語のフレーズに近いことから、西洋の影響でできたフレーズの可能性もある。ナマステ。などで、事足りると思うので、状況を見ながら使ったほうがよさそうだ。


02位 अस्सलामु-अलैकुम=アッサラームアライクム

忘れてはならない。インドの人口の14.2%、よそ2億人ほどがムスリムである。ムスリムにヒンズー教が使うようなナマステと言っても、喜ばれはしないだろう。彼らの宗教の挨拶、アッサラームアライクムを使うと、この人はできる!と思われること間違いなし。

相手がどっちの宗教かわからなければ、

・हलो!=ハロ!(英語のハローをヒンディー風に)
・हाइ!=ハーイ!(英語のハーイをヒンディー風に)

で済ませておく。いずれにしてもヒンズー教徒に合掌してナマステ。というようなことはしないで、ただアッサラームアライクムと言うだけでよし。

このフレーズは、アラビア語圏のみならず、イスラム圏であるインドネシアなどでも通じるので、絶対に覚えておきたい言葉だ。


01位 नमस्ते=ナマステ

こんにちは。と、よく訳されるこのフレーズ。実はこのナマステはいろいろな場面で使われる。その前に、

・おはよう
・こんにちは
・こんばんは
・さようなら
・はじめまして
・やぁ!

いつでもどこでも使える挨拶の基本だ。この点で言えば、韓国語のアンニョンと似ているかもしれない。

なので、とにかくナマステって言っておけばOK。また、相手を見て、胸の前で両手を合わせて言うのが普通。

一方、以下のように尊敬の対象には、

・नमस्कार=ナマスカールという言い方もある。またこれは、伝統的に尊敬する立場の人に対して、親しみを敬意をこめて、相手の足を触るというやり方もある。(以下はやりかたの動画)

How to touch feet right
The couple does Namaskar

あまり宗教的な挨拶にとらわれたくなければ、
・हलो!=ハロ!(英語のハローをヒンディー風に)が無難であろう。

また、ナマステの語源は、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)の南無である。

今後も、私の学習状況により、フレーズを増やしていきます(^^♪

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



ヒンディー語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP30 ヒンディー語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP30 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 12, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.