新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

世界と日本の宗教別、信者人口ランキング TOP20




この記事では、世界の宗教についてまとめたランキング記事 List of religious populations のデータを基に、世界にはどんな宗教があるのか?ということを知るために、その数字を見ていきたい。

世界宗教と呼ばれている

・キリスト教
・イスラム教
・仏教

以外にも、色々な宗教がこの世界にはある。ということを示したいのがこの記事の目的である。数字は、2012年~2015年の数字であったりするので、現在とは少し違うものの、ランキングの順番においてはほぼ変わらないと思われる。

この記事を書いて私自身も、こんな宗教もあったのか。などと発見した部分も多かったので、一種の参考になっていただければ幸いです(^_-)-☆


20位 ラスタファリ運動(60万人)

まず、これは宗教ではないものの、宗教的思想運動として、人口規模も一定数いることから、このランキングに組み込まれているのだろうと思う。

カリブ海に位置するジャマイカには昔、アフリカから多くの奴隷がプランテーション農業などのために連れてこられたことから、ジャマイカ人の間でアフリカ回帰運動的なものがこのように、ラスタファリ運動として機能している。といったほうが、わかりやすいだろうか。

また、キリスト教ではないものの、聖書などの記述を参考にしていたりする。特にエチオピアという国は、黒人が帰る国。というように、つまりユダヤ人に喩えれば、ユダヤ人はイスラエルの地が祖国なのである。というような感覚に少し近いかもしれない。

いずれにしても、私が説明するよりも、以下の動画を見るほうが早いかもしれない。

以下は、ラスタファリの人が、出てくる。(ちょっと、ある意味で閲覧注意!かも…)

Rastafari Movement (Religion)

この運動は上でも書いたように、ジャマイカが発祥となっており、ジャマイカの労働階級と農民が、もともとの先祖の地であるアフリカに帰ろう。という運動からきていて、特にレゲエなどの歌手などを中心に広まったものとされる。

ちなみに、フランスでは、ラスタファリ運動は政府によりセクトと見なされているという話しもある。

この動画でも、ラスタファリ運動を説明している。

What is Rastafari?

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Rastafari


19位 ユニテリアン・ユニヴァーサリズム(80万人)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユニテリアン・ユニヴァーサリズム

この宗教は、キリスト教から派生したのだけれどもキリスト教正統派教義である三位一体を否定したり、キリスト教徒を自認していないので、米国の国税調査ではキリスト教に含まれず「その他の宗教」に分類されているという。

なので、この宗教はこのランキングでも、キリスト教には含まれていない。

ちなみに、ユニテリアンというのは、キリストを宗教指導者としては認めるものの、その神としての超越性は否定し、三位一体(父と子と聖霊)の教理を否定する。ことを言う。

それが、宗教名にも使われている形となっている。以下、英語の勉強にもなると思うので、聞いてみるのもいいかもしれない。

08.26.12 SERMON "The Basics of Unitarian Universalism" ~ Rev. Aaron White

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Unitarian_Universalism



18位 ネオペイガニズム(100万人)



ネオペイガニズム(Neo-Paganism)という言葉は、宗教そのものではなく、復興異教主義(ふっこういきょうしゅぎ)というふうに訳される。

この言葉を知るには、まずペイガニズムという言葉を知る必要がある。ヨーロッパの宗教と言えば、ユダヤ教やキリスト教を思い浮かべる人も多いが、聖書を読んでいても分かるように、キリスト教の時代にも偶像崇拝をする人はたくさんいたことがわかる。

このように、アブラハムの宗教(偶像崇拝をしてはいけない)と言われる(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)に属するひとたちからみたときに、侮辱的に、そして差別用語として使われることが多い呼び方が、ペイガニズムなのである。

つまり、ペイガニズムとは、自然崇拝や多神教の信仰を広く包括して指し示す、ヨーロッパやインド圏における言葉だ。

当然、キリスト教中心のヨーロッパからすれば、少数派になるので、差別的な意味を込めて使われる。

それが最近もっと活動的になり、ネオペイガニズムネオは新しいの意味)として、現代では使われているのだ。ちなみに、ペイガニズムのペイガンは、英語の語源で言うとラテン語で、Pagans = 田舎の。という意味である。

そして、そのネオペイガニズムの中でも、かなり目立つのが、ウイッカだ。ちなみに上の写真はウィッカの写真である。

この記事を書いていて思ったのは、このネオペイガニズムについてかなりの動画や記事があるのに対して、日本ではあまり知られていないというのも、面白いと思った。

キリスト教から、ペイガンに改宗した人による動画
Why I Changed From Christianity To Paganism


Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Modern_Paganism



17位 天理教(200万人)



天理教と言えば、日本の新興宗教の信者数でもかなり上にランクインしている。で、まず多くの人は、天理教の礼拝所の建築物のイメージが先行してしまうので、このしゅうって仏教系なのではないの?と思っているのだけれども、実は天理教=仏教ではない。ということをここで覚えておく必要があるだろう。

もし仏教系の宗教であれば、当然このランキングで、天理教としてはランクインされない。

この新宗教(新興宗教)は、江戸時代末期に中山みき(1798年6月2日ー1887年2月18日)によって成立したもので、日本の新興宗教の中では結構古い部類である。


こちらの写真は、教祖、中山みきのものである。以下のURLから、絵ではなく、中山みきの写真もみることができる。


また、いわゆるセクト認定というものはされていない宗教である。(セクト認定とは、外国の政府によって、セクト、カルトなどという認定が文書によってされたものとされている)



芸能人で言うと、
伊東美咲、中島みゆき、加護亜依などが天理教とインターネット上で囁かれているが、私は噂レベルでしかわかりません(^-^;



16位 ゾロアスター教(260万人)



古代ペルシアを起源の地とする善悪二元論的な宗教であり、イスラム教よりも、もっと前に存在したというのがポイント。上の写真は、開祖ザラスシュトラを描いたもの。

宗教と言えば、ユダヤ教が一番古いのではないか?と私も思ったりしていたのだけれども、このゾロアスター教というのは、ユダヤ教よりも昔から存在していたものであり、ユダヤ教や、キリスト教にも影響を及ぼしたとされている。

また一神教を最初に提唱した宗教とも言われることがある。いずれにしても、この宗教が、現在世界の多くの信者を持つキリスト教に影響を与えているというのは、知っておくべきポイントかもしれない。

ユーチューブ動画でも、キリスト VS ゾロアスターなんていうタイトルがでてくるのも、こういう事情からなのかもしれない。

Jesus vs. Zoroaster

ゾロアスター教はもともとイラン発祥であるが、現在、教信者の数の最も多い国はインドとなっている。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Zoroastrianism


15位 カオダイ教(400万人)



https://ja.wikipedia.org/wiki/カオダイ教

この宗教は非常に面白い。ベトナムの新宗教で、

■五教
・儒教
・道教
・仏教
・キリスト教
・イスラム教

これら5つの教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられている。

ベトナムの宗教人口の割合を見てみると、

1位 仏教 (12.2%)
2位 キリスト教(8.3%)→カトリック(6.8%)、プロテスタント(1.5%)
3位 カオダイ教 (4.8%)
4位 ホアハオ教 (1.4%)→仏教系の新宗教

このように、結構支持されている宗教だということが分かる。ベトナムに興味のある人であれば、カオダイ教というのは、知っておくべきワードであるのは間違いなさそうだ。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Religion_in_Vietnam



14位 神道(400万人)

この400万人っていう数字はどこからでてきたのか?と思っている私。日本のサイトでは、日本人のほとんどが、神道とされているのだけれどね…。

この定義は、ちょっと難しいかもしれない。けれどもこのように英語版のランキングに神道が入っていることは、決して嫌な気もしない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の宗教



13位 ジャイナ教(420万人)



ジャイナ教と聞くと、歴史の授業に習ったことのあるインドの宗教だよね。というくらいにしかイメージがわかないだろう。

人数こそ少ないものの、団結が強く、インドでも力を持つ宗教である。

よく仏教と比較され、ジャイナ教と仏教は何が違うの?という質問を目にする。

ジャイナ教の開祖=マハーヴィーラ
仏教の開祖=釈迦

ちなみに、日本には、兵庫県神戸市中央区に寺院がある。(神戸の重要な観光名所のうちのひとつである)

https://www.travel.co.jp/guide/article/22630/



12位 バハーイー教(700万人)



バハーイー教は、昔からある宗教?とも思えそうな名前だけれども、19世紀半ばにイランでバハー・ウッラーが創始した一神教で、比較的新しい宗教である。

イランで禁止された宗教であり、そのような理由からイスラエルに存在する。またニューデリーにも大きな礼拝所がある。

で、上の写真はイスラエルでUNESCOの世界遺産にも登録されているハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群である。

もともとイランでできた宗教なのだけれども、当時バハーイー教はイランで禁止されていたため、バハー・ウッラーと信者はイランからイラク、トルコを経て、イスラエルのアッカ(当時はオスマン帝国の牢獄の町)に追放されたという事情から、現在もイスラエルのハイファにあるカルメル山に本部を持つ。という流れになっている。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Bahá%27í_Faith

11位 ユダヤ教(1400万人)

ユダヤ教と言えば、アメリカの政治に力を及ぼすほど影響力があると言われている宗教である。ノーベル平和賞の受賞者の多くはユダヤ人であったり、世界の富の多くをユダヤ教信者が所有していたり、など知っている人は知っているけれども、知らない人は知らない。という宗教ではないだろうか。


「大富豪を生み出す、ユダヤの教典「タルムード」とは?」

「大富豪上位8人(そのうち半数はユダヤ人)だけで、世界人口の半分以上の純資産を持つ事実と、日本の上位10人の資産が国民3000万人分である現実」


10位 スピリティズム(1500万人)


スピリティズムというのは、心霊主義と訳される。宗教ではなく、おそらく無宗教の中に、このような主義者がこの人数くらいいるということではないだろうか。

つまり、人は死んでも、魂はどこかに彷徨っているので、それらと交信できるということである。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Spiritism




09位 シク教(2300万人)

宗教単独としては、かなりの人口を持つ宗教であり、少数だが、日本にもコミュニティが存在する。

また、シク教と聞くと、インドの宗教だということは多くの人がイメージするものの、ジャイナ教や、ヒンドゥー教と同じくらい古いと考えていないだろうか?

シク教は結構新しい宗教で、グル・ナーナク(1469年11月5日 - 1539年9月7日)が、今から約500年前に作ったものである。

ちなみに、シク教の思想として、ヒンドゥー教のように、身分差別の激しいカースト制には否定的である。また礼拝後には男女貴賎を問わず、すべての人が同じ場所に座り同じ食べ物を分けあう事を奨励しているとされている。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Sikhism



08位 アフリカの民族宗教(1億人)



アフリカの人口は、12億人(2016年)となっている。そして、その多くはイスラム教国家か、キリスト教国家に分かれている。

この地図では上から、

・パープル(キリスト教)
・グリーン(イスラム教)
・オレンジ(ヒンドゥー教)
・ピンク(アフリカの民族宗教)

となっている。アフリカ大陸で、ひとつのアフリカ。と考えている人が非常に多いが、衛星写真からみると、この地図でグリーンになっている部分(北アフリカの全域)は、サハラ砂漠よりも上のエリアであり、中東と同類にされることが多い。

なので、同じアフリカでも、サハラ砂漠以北と、サハラ砂漠以南では全く異なる世界なのだ。

キリスト教は、サハラ砂漠以南に多く、このように宗教によって、北アフリカはイスラム教、南アフリカはキリスト教のように分かれているようにも見える。

そんな中、アフリカ独自の民族宗教もまだ生き残っていて、それらが、ピンクの部分である。


Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Religion_in_Africa
https://en.wikipedia.org/wiki/Traditional_African_religions



07位 民族宗教(3億人)



民族宗教と、民俗宗教はちょっと違う。ここでは、民族宗教について書く。この民族宗教というのは、世界宗教に対する言葉である。

・キリスト教
・イスラム教
・仏教

は、多くの国を巻き込んだ宗教である。一方、民族宗教というのは、

・ユダヤ教
・ゾロアスター教
・ジャイナ教
・シーク教
・神道

などのように、特定の民族限定で信仰されている宗教ということができる。それらを総合すると3億人くらいになるということだ。

ヒンドゥー教もインドだけでしか実践されていないインド社会に根ずく宗教なので、世界宗教ではなく、民族宗教というふうにも言われているが、ヒンドゥー教を民族宗教に含めてしまうと、民族宗教=3億人ではなく、15億人近くになるだろう…。

そういうこともあってか、このランキングではヒンドゥー教を別に分けて考えているのかもしれない。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Ethnic_religion&oldid=844038171


06位 中国の民俗宗教(3億9400万人)



この民俗宗教というのは、民族宗教とは違う。英語で表記すると分かると思うのだけれども、

①民族=ethnic 
②民俗=folk(民間伝承の意味)

という意味であり、言葉通り、①はその民族で主に信仰されている宗教であり、②は①と同じだけれども、民俗伝承を強調している感じがする。

けれども、ほとんどの場合、①の民族宗教に分類されることが多く、神道なども民族宗教に分類されている。

中国の場合はなぜか、②の民俗宗教として定義されていた。

で、中国って信仰の自由がないとか、無宗教なんじゃないの?と誰もが思うはず。けれども、中国の民俗宗教はアニミズムやシャーマニズムのような先祖伝来の信仰体系の側面を持っており、それに、

中国の三教(Three teachings)などが混ざったりして

・道教 = Taoism
・儒教= Confucianism
・仏教 = Buddhism

独特の思想がここから生まれてきてるのではないだろうか。この中国独特の宗教観に対して英語圏では、Shenism という言葉が使われ始める。また、この中国の民俗宗教というのは、東南アジアでも影響力を持ちつつある。

上の写真は、シンガポールの天福宮で女性が手を合わせているところ。神道の中国版といったところではないだろうか?とも思いたいところだけれども、それとはちょっと違う気もする。

なお、この天福宮の媽祖(まそ)は、道教の女神なので、Shenism を道教と言っている人も多い。

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_folk_religion
https://en.wikipedia.org/wiki/Shenism_in_Southeast_Asia


05位 仏教(5億2100万人)



仏教は世界宗教である。また仏教がネパールで誕生したことはあまり知られていない。日本の新宗教(新興宗教)のほとんど上位が、仏教であるため、日本人にとってもなじみ深い宗教と言えるのではないだろうか。

・創価学会(日蓮宗
・立正佼成会(日蓮宗)
・顕正会(不明)
・霊友会(日蓮宗
・佛所護念会教団(日蓮宗
・真如苑(真言宗系)

一応、仏教徒であれば、自分自身の宗教が、どこから派生しているのか?ということは知る必要があるかもしれない。(教養として)

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Buddhism


04位 ヒンドゥー教(11.5億人)



ヒンドゥー教とは、Hindu と書くけれども、indu = india となり、インドの宗教、つまり、インド教となる。

このヒンドゥーという言葉は、サンスクリットでインダス川を意味する "sindhu" に対応する。つまり、インド北部のインダス川周辺の宗教だということである。けれども現在、インド全体の宗教ともなっており、インド北部だけではなく、ヒンドゥー教があってこそインドが成り立っているとも言えるかもしれない。

今なお、カースト制度が残っているとされている。写真は、インドのカーストの中でも最下位の、不可触民(ダリット)である。

私はダリットの画像を検索して色々見てみたが、笑顔で優しそうな人が多いのも特徴的。



03位 無宗教(12億人)

日本に住んでいると、無宗教の人って世界の半分くらいなのでは?という感覚になるかもしれないけれども、無宗教よりは宗教に属して入る人のほうがこの世の中には多い。ということがわかる数字ではないだろうか?


02位 イスラム教(18億人)

2050年以降、キリスト教徒の人口を超えて、世界最大の宗教になると言われているイスラム教。ハーラル認証など、イスラム教がビジネスとして捉えられてきている今日。日本でも、アラビア語が話せる人材が重宝されてくるのではないだろうか?

実際に、キリスト教からイスラム教に改宗する人も増えている…。

「イスラム教に改宗する白人女性が後を絶たない理由【海外の反応】」

小池百合子先生のように、アラビア語のプロになるのも、出世する道のひとつとして考えてもいいかもしれません(^_-)-☆

「小池百合子先生の英語とアラビア語の実力を検証」



01位 キリスト教(24億人)

キリスト教というのは大きく分けて二つある。カトリック。そしてプロテスタント。けれども、ロシアをはじめ、ロシア正教会なども存在し、これだけ大きい宗教なので、かなり分岐している。

ローマ法王もいれば、ロシアにはキリル1世という人物までいる。最近はこの二人が手を結んだことが話題になったばかり。

First time in history: Patriarch Kirill meets Pope Francis (LIVE RECORD)

また明治維新などで活躍した日本の先人にもキリスト教信者が多かったりする。現在日本ではキリスト教の割合は低いものの、それでも結構キリスト系の人は多く、またその関連の大学も多い。

特に日本では、海外への布教活動が活発と言われている韓国系の教会が年々増えており、西洋では異端とされる教会なども進出している傾向がある。

「韓国を知る上で重要な、朝鮮にキリスト教が根付いた理由と、その歴史」

Reference Site
List of religious populations
http://www.pewresearch.org/fact-tank/2017/04/05/christians-remain-worlds-largest-religious-group-but-they-are-declining-in-europe/


最後に、日本版…。

以下の数字は、約~万であり、日本語のいくつかのブログに載っていたものを私なりにまとめてみたものである。

20位 円応教(約45万人)
19位 生長の家(約58万人)
18位 世界基督教統一神霊協会(約60万人)
17位 妙智會教団(約65万人)
16位 崇教真光(約80万人)

15位 世界救世教(約83万人)
14位 真如苑(約90万人)
13位 パーフェクトリバティー教団(約93万人)
12位 佛所護念会教団(約124万人)
11位 霊友会(約139万人)
10位 顕正会(約167万人)

09位 天理教(約160万人)
08位 日蓮宗(約390万人)
07位 高野山真言宗(約410万人)
06位 立正佼成会(約430万人)
05位 浄土宗610万人

04位 浄土真宗本願寺派(約796万人
03位 創価学会(約830万人)
02位 幸福の科学(約1100万人)
01位 神社本庁(約6805万人)

情報は今後も追加していきます(^_-)-☆



フェイスブックの反応

如さん
日本の宗教感は、ちょと不思議?ですね~、いつも、思いまする。→神棚と、一緒に、仏壇。日曜日には、教会へ!

井原さん
中国の宗教事情は複雑怪奇すぎて全くわかりません。ただ、イスラム教徒の区画は特別に存在するので回教徒の存在感は大きいですね。

谷口さん
中国の民俗宗教ってのは、民間信仰って云う方がしっくりくるかも。
宗教としての体裁が整っていない気がする。
ま、神道もそんなところがあるけど。

武田さん
靖国教 は何人くらいいるのでしょうね? 間違っても神道にいいれないでくださいよ!

東アジア人の心は「儒教」 日本人の心は「神道」であり、どちらも宗教ではないです。パソコンで言えば、宗教がウインドウス 神道はDOSであり、儒教は2進法だと理解しています。

僕は仏教徒なので、仏教の様式に沿って、各種儀式を行い、代々檀家(だんか)となっているお寺に行き、仏教式の墓を家族で保持しています。しかし「神道」を1番大切に生きています。

にほんはかって神仏習合として、神道を宗教(仏教)にセットにしていましたが、江戸時代が終わった頃より、神仏分離が行われてきて、「宗教部分が仏教徒のみ」ではなくなり、キリスト教等も許されるようになりました。

高坂さん
神道が宗教なのは不思議な感じがします。教義、教典が何かわからないです。

松枝さん
法輪功なんかも今回の括りでいけば、10位位に入ってこないかな~法輪功の信者の方と話したことあるけど、宗教だと思うな!

石井さん(香港在住)
私は真言宗ですが人数少ないですね。関東の農家は結構真言宗多いと思っていたのですが。

安田さん
私は浄土真宗、大谷です。祖父の代から、それ以前は?。

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

世界と日本の宗教別、信者人口ランキング TOP20 世界と日本の宗教別、信者人口ランキング TOP20 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 30, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.