新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「韓国語」や「中国語」「英語」ができなくても、交流できるようになる?音声翻訳機「イリー」と「ポケトーク」どっちが使えるか比較してみた




この記事では最近話題になっている音声通訳機「ili(イリー)と「ポケトーク」について比較してみようと思います。

というのも、語学は勉強しているけど話せないっていう人や、語学をそもそもやる気はないけど、韓国や中国である程度、自分の言いたいことは伝えたい。と思っている人って結構多いと思うのですよね。

また私自身も、英語や韓国語が話せないということで、現地の人たちと意思疎通できない日本人をかなり見てきました。もっと勉強すればいいのに!とただそれだけしか思わなかったのですが、私だって数学がほとんどできないように、語学が凄く苦手な人だっているってことを最近数学を勉強しながら、思い知った私です…。(;^_^A

→IQ低いのですよね私…。

なので語学ができないのは、もともとのセンスっていう可能性もあるのですよね。もちろん努力次第で何でもできると言いたいところですが、私は自分の数学が伸びないことを知っているので…。

で、たとえば韓国旅行に行ったとして、韓国語も英語も分からない場合、日本語ができる韓国人としか交流できないことになりますよね、その場合、色々な場面で、なんだか韓国人から見下されてしまった気分になったりする人も、多いのです。

意思疎通ができないという理由で、お互い少しぎこちなくなったりとか、やっぱりありますよ。

けれども、性能が抜群ではないとは言えども、手のひらサイズの音声翻訳機があるだけでも、相手に自分の意思がきちんと伝えられるので、これは便利だと思い、この記事を書いています。

たとえば、

こんな会話も、音声翻訳機さえあれば、ボタンを押すだけで、すぐに伝えられます。韓国語が初級であったとしても、新しい語彙を学んだりもできるのですね。

①イリーとポケトークの違い

入力言語出力言語双方向通訳ネット環境
ポケトーク63言語63言語
イリー日本語のみ英語・中国語・韓国語不可不要

イリーは、日本語→英語・中国語・韓国語に通訳してくれる機能しかないのに対して、ポケトーク(2018年7月26日)は74言語以上に対応しています。そして、ポケトークは、イリーとは違い、日本語→外国語。外国語→日本語の双方向通訳が可能です。

上にも述べたように、イリーは日本語から他の外国語にしか通訳できません。けれども、イリーの場合は、Wi-Fi 環境がなくても通訳してくれます。ここは大きいです。

というのも、どこにでも Wi-Fi 環境があるとは限らないのですから。

なので、英語圏・中華圏、韓国だけしか訪れなく、また旅行先で、相手にYESかNOを求めるような一方通行の会話だけであれば、断然イリーをお勧めします。

ポケトークの場合、対応言語数は多いのですが、Wi-Fiのある環境でなければなりません。また通信速度が遅い場合、少し翻訳機の速度が遅くなるということもあります。

なので、ポケトークの場合は、ビジネスでいろんな国を訪れるビジネスマンが一つ持っておけば安心と言えるでしょう。

ビジネスマンの場合、ホテルやオフィスで使うことが多いですしね。





②語学のできない隣人にプレゼントするのもあり

中国語・英語・韓国語を学んできた私にとって、この翻訳機を使う必要性は全くないのですが、私がイリーを母にプレゼントして思ったのは、語学を勉強する必要のない、またはしたくない人に対しては、こういう翻訳機は必要なものだということです。

例えば前回、母とシャングリラホテル(中国)に泊まったときに、私は母がホテルにいる間、1人で広州の街を散策していました。その時、いつもなら母は部屋に閉じこもっているのですが、イリーがあったため、喫煙所や、ビールはどこで売っているのかを直接聞いて、楽しんでいました。

これって使う相手だけでなく、使われる相手もニコっとしてくれるんですよね。こういうテクノロジーを見ていると、言語の壁はあっても、こういうお守りサイズのテクノロジー一つで、コミュニケーションがとれるものなんだなぁ。って感じますね。

なので、語学ができる人でも、海外旅行に行きたいけど行けない隣人にプレゼントするには、ものすごくよいアイテムです。


③海外旅行以外で活用する方法



音声翻訳機と聞くと、旅行に行くときにしか使わないじゃん。と思うかもしれないのですが、日本には海外旅行客が年々増えていますので、そういう人たちと交流する際にも使えます。

特に私の地元である北海道でも、多くの中国人、台湾人、香港人が押し寄せています。そのうち占領されてしまうのではないか?と思ってしまうほど、千歳空港や札幌では中国語表記も目立つようになってきました。

けれども中国語の場合、読み書きは簡単であっても話すとなると難しいという特徴があるので、こういう中国人旅行者を助けてあげたり、またビジネスなどでこういう音声翻訳機を使って日本に来る旅行者に対して自分の意見をハッキリ伝えてあげることができるのがメリットだと思うのです。

また、そこから今まで壁だった外国人とのつながりができますよね。メールアドレスとか聞けば、お互いに連絡取り合うこともでき、将来、その国を訪問する際に会ったりするとか、それまでには中国語なり韓国語なり覚えておこう!って思えたりするものです。

私はいつも言っていますが、繋がりってお金には代えられないものですからね。


④ビジネスで活用する方法

現在、イリーもポケトークも、大手百貨店をはじめ、空港の職員なども持っています。最近ではこういう外国人と接触の多い職業では、これを持っているのが当たり前になっているのですね。

また個人でビジネスする際に、活用法は結構あるのですよ?

たとえば、Airbnb などで自分の部屋を民泊運営する際になんかも使えますよね。最近はインターネット上で個人間のビジネスも多いので、特にイリーではなく、ポケトークのようなものは、一つ持っておいて損することはないです。




⑤子供にプレゼントするメリット(個人の学習にも使える)

また語学を敬遠していた人、または語学を全く知らない人がこれを使うことによって語学に興味を持つ可能性がありますね。たとえば、私は昔、英語のできない母から英語関連の絵本を誕生日にプレゼントされたことがありましたが、今私はこんなふうに医薬翻訳を生業にしているのですよ…。

小さい時に親からプレゼントされるものが将来につながることってよくあるのですよね。

同時に私が30歳になって母を旅行に連れていくようになって、私がこの音声通訳機をプレゼントしてからは、全く語学に興味のなかった私の母ですら、中古で英和辞書を買っていましたからね。

実際に、この翻訳機を使うと、相手は結構喜んでくれます。ニコって笑ってコミュニケーションが円滑に進むといった感じです。

子供にプレゼントするメリットはかなり大きいと思います。オフラインで使えるので、自分で何か日本語でつぶやくだけで、それを英語・中国語・韓国語に変換してくれるのですから。

将来のための一種の投資とも言えると思いますね。以下の数字を見ると特に…。( ´艸`)

「日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20」

⑥韓国語を活用する方法



写真はソウルの上空写真。下のほうが切れていますが、本当はソウルはこの二倍くらいあり、ソウル都市圏はアジアで3番目の2500万人規模です。韓国人と意思疎通できれば、この一帯も支配できます!( ´艸`)

で、本題に入りましょう…。

最近は若い人を中心に韓国語を学びたい人が多かったり、日本から韓国に旅行する人もかなり多いので、この3言語の中でどちらかといえば、韓国語が一番需要がある気がしますね。

韓国語ができないけど一人で韓国に行きたい。という人にはお勧めです。というのも、韓国に行ったことのある人はたくさんいても、そのほとんどがソウルの同じような場所だけにしか行ったことがなく、一番面白い地方の韓国を味わったことがないからなんですね。

以前この記事でも紹介しましたが、韓国の地方は、ソウルほど発展していなくて、人も優しくて楽しいですよ( *´艸`)

「ソウル以外の韓国の主要都市【釜山、大邱、大田、光州】を比較してみた!」

また、自分からコミュニケーションをとれば、ナムチン(彼氏)ができる可能性もアリアリ。


⑦中国語を活用する方法

中国語の場合は韓国語の場合と違い、漢字で意思疎通できるので、ゆっくりであれば相手に言いたいことが伝えられます。けれども、複雑な話、たとえば、返品してもらえませんか?なんていう言葉は、漢字で書いても意味が伝わらない可能性があります。

なぜ返品したいの?と言われたときなども困るでしょう。そういう場合は、音声翻訳機があれば、すぐに解決できますね。

またこちらから話そうと努力して翻訳機を使ってあげることで、外国語ができない中国人の相手も構える必要がなくなり、場も和やかになるはずですね。




⑧日本人が言う差別は勘違い。そして音声翻訳機は仲介者になる

最近タイで差別されたという英語もタイ語も話せない日本人の話なのですが、どちらも話せないと、タイ人の彼らもどうやって接していいのかわかりません。また、人によっては英語を話せない日本人に会うと優越感に浸るアジアの人たちも多いのも確かですが…。

そんな中私は英語を勉強して彼らよりうまくなってください。というよりは、最新のテクノロジー、つまり音声翻訳機を使うことをお勧めしています。

それはなぜかというと、この翻訳機を使って相手と会話すると、相手もニコって笑ってくれるからです。

また自分が語学できませんよ。というように相手よりも自分が下だということを示すことで、相手はもっと好意を寄せてくれるはずです。

自分より弱いものには助けてあげなきゃ。って思う人間の心理ですね。

そういう意味では、英語ができないからといって弱気になることなんて全くなく、翻訳機一つ携えて、旅行に出かければいいのですね。

正直、語学よりももっと有益な勉強はあるので、語学に時間をかけてられないという人も多いと思いますから。

余談ですが、韓国人や中国人の中には、俺らは日本人にナメられていると思っている人もいるので、こちらから通訳機で自分の考えを伝えるだけで喜んでくれますよ。


⑨ポケトークよりもイリーのほうが安い

ポケトークの場合は、24,880円ほどで、イリーの場合は、16,800円です。私の場合、ポケトークではなくイリーで十分と思っています。その理由は、ポケトークみたいに何言語も詰めたところで、それを使う人ってかなり限られてくると思うのですよね。

なので、欲張らず、一方通行の翻訳機だけれども、韓国と中国、そして英語圏に行く人は、断然イリーのほうが良いです。

また最大の売りはやはりオフラインで使えるので、飛行機の中でも、フライトアテンダントに、何か注文したりもできますからね。



⑩私なりの結論

イリーよりもポケトークのほうが値段的に高いので、まず、自分の使う目的がはっきりしている人はイリーのほうが良いと思います。

また優柔不断だけどいろんな言語を学びたいとか、いろんな国に行って使いたいというぼんやりした気持ちがある人は、ポケトークのほうが良いと思います。けれども、しっかり目的を持つことが重要ですね。

ビジネスで使用する方は、ポケトークのほうがいいですね、言語の数だけ可能性もありますので…。

今日はこのくらいまでにしておきます( ´艸`)/

以下、興味があれば性能とか色々みてみてくださいね。

ili(イリー)の公式サイト 



「韓国語」や「中国語」「英語」ができなくても、交流できるようになる?音声翻訳機「イリー」と「ポケトーク」どっちが使えるか比較してみた 「韓国語」や「中国語」「英語」ができなくても、交流できるようになる?音声翻訳機「イリー」と「ポケトーク」どっちが使えるか比較してみた Reviewed by よこいりょうこ on 9月 25, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.