新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

国家反逆罪レベルという声も。一カ月で削除された反日教育の実態「韓国版歴史教科書」の内容解説が凄まじすぎる件




約一年前だろうか。これから紹介する動画を初めて見たとき、「この人、こんなこと言って韓国で危ない目に遭わないよね?」というのが頭をよぎったのは私だけではないと思う。私はあの動画を見たときすぐさまコメント欄に、「この動画をブログで書かせてもらってもいいですか?」とコメント。彼からOKをもらったが、その後、彼のユーチューブアカウントは無効化されていた。

それから1年くらいが経った今、見つけてしまったのだ。違うチャンネルがこの動画をそのままアップしていたのを…。なので、私のブログでも今ようやく彼が紹介する韓国における反日教育の実態の詳細を書くことができる…。

ちなみに、韓国に住んでいると、インターネットの中では日韓の対立を意識してしまうが、東南アジアにいる今、ちょっと遠くから、日韓の対立を見てみると、北東アジアという狭いエリアにおける小さな国同士のちっちゃな喧嘩にしか思えてならないとも思えてくる。

そう。つまり東南アジアの人たちは、日韓の対立なんてなんとも思っていない。日本ほど韓国を鬱陶しい思っている国はないだろう。なぜなら韓国は日本にしかブツブツ言わないからである。

そのため、日本人がどれだけ、「世界で韓国は嫌われている」と思いたくても、嫌われるほど韓国は世界で注目すらされていない。→私のブログに、韓国嫌われてる系でよく読者が流入してくるのでそれは言わせてほしい。

※私が以下の記事に書いたように、東南アジアでも最大の経済大国であるインドネシアのような国でも、少しずつではあるが、嫌韓が広まっているのは確か。→今後、拡大する恐れはある。

「韓国が世界で嫌われはじめている5つの理由【インドネシアの主張】」

で、話を戻すが、むしろ、今東南アジアに住んでいても思うが、東南アジア人は日本人ほど韓国のことをよく知らない。むしろ若者たちは、日本の若者と同じように韓流男子にハマっているのが現状。それはインドネシアの田舎を訪れたときも、本当だった。





また韓国人はネット上における発信力は抜群。以下の記事を見ても、コメントを見ると、日本がボロクソ叩かれているではないか。英語圏の人たちが、日本に対して皆で叩きまくっているのを私は久しぶりにみたよ…。(中国と韓国は、日々こうやって英語圏へ情報発信に努めている)

「世界から称賛の声。92歳の元慰安婦による「従軍慰安婦」としての8年間に同情する声も【海外の反応】」

何が言いたいかというと、これから紹介するような動画も、英語で拡散されればいいのになぁ…。とも思ったりするのだよね。というのも、彼の動画を見れば、この今までよく見えてこなかった韓国で行われている反日教育の実態が分かるからだ。

今まで日本人が書いてきたブログ、そこにこじつけられるように張り付けられた写真などを鵜呑みにしてきた人は、彼の動画を見て、客観的に韓国で現在どのような反日教育が行われているのか。ということの判断材料にしてもいいかもしれない。


まず、この動画は、個人的な意見や、経験を話すのではなく、教科書の内容を解説しながら進めていきたい。というところから始まる。また、教育と言っても家庭における教育、学校における教育があり、家庭における教育は、調べることはできないので、この動画では、学校における教育を中心に話していきたい。と言っている。

では、以下、いくつかのパートに分けて、わかりやすく書いてみた。



①反日教育と画像検索すると出てくるあの絵の正体

よくインターネット上で話題になる「反日教育」と検索すると出てくる子供たちが日章旗を燃やしたり、日本列島を炎で燃やしたりしている絵。これは私も以前他の記事で紹介したことがある。

なんとタイ人の間でもこの絵のことが話題になっていたのだから私も驚いた。日韓好きのタイ人の間では、メジャーなのかもしれない。

「タイ人の中には韓国が好きではない人がいる理由を知りたいですか?【タイの反応】」

彼の話によると、この絵、実は韓国のすべての学校で行われているわけではない。という。おそらく日本人の多くが、韓国のすべての学校でこのような絵を書くと信じているのではないだろうか。私も、韓国の全小学校でこのような絵を描かされているのかと思っていた。

が、学校によって先生も違うため、このような絵を描かせる学校も無くはないという。けれども、このような学校は、「さすがの韓国でも珍しい」と彼は主張。

彼曰く、こんな学校が韓国に存在してること自体が、問題。とのこと。


②韓国で使われている歴史教科書



韓国では出版社ごとに歴史教科書の論調が違う。けれども、現在多く使われているのは、国が発行して、2002年~2009年まで全国の中学校で一律に使われていた「国定教科書」なので、教科書による反日教育を検証するには、この教科書が一番良いとのこと。

で、この教科書において一つ気づくことは、最初の目次を開くと、日本と関わったときの内容が多いということだそうだ。



1895年~1945年までが、この教科書の23%を占めている。そうで、最近の出来事だから長めにページ数とっているのでは?と思う人もいるかもしれないが、戦後の韓国の発展についてはそれほどページ数はないことからも、日本統治時代など、明治維新以降、日本と関わった歴史内容にかなりのページが集まっているとも言えそうだ。

日本の野蛮な行為は朝鮮の主権を踏みにじったことで、国際社会でも日本を非難する世論が高まった。
それにもかかわらず、日本政府はこれを知らないことだと言い逃れた。
乙未事変

→というように、韓国では、朝鮮半島の主権を奪った。つまり侵略したことに対して怒っているということにも取れる。(その時の時代背景などを全く何も考えなかった場合の感情論として)


③日本が韓国のインフラを整えてやった説

日本人からすれば、以下の記事からも分かるように、当時朝鮮のインフラを整備してやったことで、現在の韓国経済がある。と考えている。

もともとアフリカと変わらないような未開の土地同然だった朝鮮半島が、ここまで変わったのだぞぉ~。という比較写真は日本のみならず、韓国のネットでも話題になっている。

つまり韓国人は、その変化を知っているのである。

「外国人によって撮影された、日本統治時代の韓国ソウルの光景が凄まじい件【韓国の反応】」

一方、この件について、歴史教科書にはなんて書いてあるのかというと、

日本は我が国の近代化のための事業という名分で道路と水道施設を整備し、銀行、学校、病院などを設立した。このような施設は我が国に来ている日本人のためのものにもかかわらず、これに必要な施設費は私たちの政府が日本政府から借款を受けて負担するよう強要した。こうして我が国は日本に多くの負債を抱えることになった。

となっている。



④国権侵奪

これをもって、長い間独自の文化を創造しながら発展してきたわが民族は、国を奪われ日本帝国の奴隷の状態に陥るようになった。

とも書かれている。おそらくこれは、

1905年11月17日→第二次日韓協約(外交権を失い、日本の保護国となった)
1907年7月24日→第三次日韓協約(ハーグ密使事件をうけて、大韓帝国議会は1907年7月18日に高宗を退位させた)

これらを受けて、1909年→韓国統監府初代統監、伊藤博文がハルビン駅にて安重根により暗殺されるという事件が起こり、その翌年の1910年、日韓併合条約を結び、日本に併合される(韓国併合)。という部分を表しているのかもしれない。

韓国人が日本の歴史について語るとき、この部分を強調する場合が多い。当時、日本の統治に喜んでいた朝鮮人もいたが、そうではない人たち、そして朝鮮の裏にある西洋人の存在も指摘されている。

「韓国を知る上で重要な、朝鮮にキリスト教が根付いた理由と、その歴史」

特に韓国になぜ今キリスト教徒がこんなにいるのか?ということは、日本統治時代の朝鮮を知る大きなカギになると私は思っている。

つまりいつの時代もそうだが、色々な勢力が関わっていたり、お金の流れが関係しているということは何事においても常に想定しておくべきだろう。


⑤民族分裂統治

3.1運動が起きてから、日本帝国は武断統治では韓民族を支配することが難しいということに気づいた。こうして、韓民族の文化と慣習を尊重して韓国人の利益を考えるという、いわゆる文化政治を掲げた。しかしこのような日本帝国の新しい植民地政策は、親日派を養ってわが民族を離隔、分裂させる悪賢い政策で会って、韓民族の団結を抑制し、独立運動を防ごうとした方針であることに変わりはなかった。

日本が、1910年に韓国を統治した9年後の1919年、三・一独立運動(独立運動)が起こり、大韓民国臨時政府が樹立されることになる。

最近日本のネット上では、日本統治時代は皆平和で穏やかだったと言うが、一方で、このような反対運動は何度も行われていたし、当時の朝鮮人の中にも、独立したい派とこのまま日本でいい派というのがあった。とされている。

特に上にも挙げたように、独立運動を支持している人にはキリスト教徒が多いのも、裏に西洋が暗躍していたのではないか。とも思えてならない。

そして日韓併合後、朝鮮にも日本の華族のような貴族がいた。ということも覚えておくべきだろう。ちなみに、以下の人たちは現在でも親日派(チニルパ)と言われ、裏切者というふうに教えられる。

「朝鮮貴族の「侯爵、伯爵」リスト TOP21 と、韓国を裏切った親日派(チニルパ)→「乙巳五賊」「丁未七賊」「庚戌国賊」リストに載った人物たち」

土地略奪、産業侵奪、日本帝国は韓国の産業に対する略奪を積極的に推進しながら、韓国を大陸侵略の踏み台にするため鉄道や道路、港湾と通信等の施設を作った。

民族抹殺政策、物的・人的資源の収奪、軍隊慰安婦…。など、上にもあげた中学の国定教科書は、1985年~1945年の記述で多くが占められ、それ以外で日本が歴史教科書に登場するのは、文禄・慶長の役(1592年)だけなのだとか。


⑥韓国人が歴史教科書を読んで持つ日本へのイメージ

このパートが動画の最後の部分となる。つまり国定教科書を一通り学んだ韓国人が、日本人に対して以下のようなイメージを持つようになるのだという。

大昔からずっと朝鮮半島の先進文化と技術を教わって、1592年に朝鮮に侵略(文禄・慶長の役)して莫大な被害をもたらして、そのあと19世紀に運よく西洋の技術を受け入れて発展を成し遂げて、この時期から朝鮮を追い越して、朝鮮を植民地として苦しめて、1945年戦争に負けて、1950年の朝鮮戦争のとき武器を売って景気を回復して、現代日本の繁栄は、西洋の学問と技術を運よく早く受け入れただけの結果で、未来には韓国を追い越す。

特に、私がよく聞くのは、朝鮮戦争の間に、日本で武器製造したことにより日本経済が韓国よりも先に進んでしまったことに対することは、かなり屈辱にも思える。

なぜなら朝鮮の同胞である南北が戦っているのを日本が武器を作り戦争を助長させ、儲け、先に経済発展して、東京オリンピックなんか開催しちゃって…のように、あたかも朝鮮を踏み台にしてのし上がった感があるように見えるからだろう。

また韓国人の中には、将来、日本の経済を超えると楽観している人は結構多い。実際に、西洋のデータでは、韓国の一人当たりのGDPは、2050年頃には日本を超えていると予測している人もいるくらい。

「日本、中国、韓国を比較。2016年→2030年→2050年のGDP(国内総生産)ランキング TOP20」

また一言付け加えると、一人当たりのGDPは国民全体の平均を表しているわけだけど、韓国には日本の一般人よりも豊かな人って結構いるので、今現在、日本人が韓国人を経済面で下に見えることはできない状態でもある。

つまり、ネット上で韓国の悪口を書いたり荒らしている人たちってだいたい仕事もなくやることもない場合が多いかもしれないが、そういう人たちよりも、韓国でそこそこいい仕事を得ている人たちのほうが経済的に豊かなのが現状。

これは、1990年代とは全くことなる。最後に以下の動画を解説して終わりにしよう。


⑦日本人も、韓国人も、所詮このレベルの認識



SkyHashi」というチャンネルを運営する日本語の話せるイケメン韓国人は、韓国には反日教育はない。とこの動画で断言している。この動画は結構、適当に作られた感があるので、参考になるかは不明だが、

日本と韓国との間に、昔悪いことがあったから、皆さん大人になったら、日本に是非復讐してください~!!

こういうのが、反日教育であるというのが、彼の主張。また、「韓国の中には、広島・長崎の原爆によって多くの日本人が死んだことに対して、喜んでいる人たちがたくさんいるのだろうか」という質問に対しては、色んな人がいるので、そう思う人もいるだろうが、「原爆投下により戦争が終わった」ということに対して喜びを感じている人のほうが多いと思う。と回答。

※0:53→日本と韓国が戦争したかのようなことを話しているが、日本と韓国は戦争なんて一度もしたことはない。

それはともかく、本質をついていると思った内容があった。それは、東日本大震災の際に、「死ね」などの言葉が韓国のネット上で話題になったりしたが、普通の韓国人はそんなこと言わない。という彼の主張。

そういうことを言うのは、人前で自分の意見も言えないような友達のいない人がネット上でつぶやくだけで、またネットではネガティブなものだけが拡散されるので、それがたまたま拡散されて話題になっているだけとのこと。

→これは私もそう思う。韓国では、人が集まって反日みたいなことをしていると、逆にあの人頭おかしんじゃないの?と思われるので…。

けれども、やはり上の動画を見ていて一つ気になったのは、いまだに多くの人が日本と韓国がまるで戦争をしたかと思っているのではないか。という点だ。

これは日本にも教育格差によって、個人によって歴史認識が随分ズレているように、韓国はそれ以上に教育格差が激しく、大学卒業率は日本よりも高くても、いまだに「日本と韓国が戦争をした」と思い込んでいる人がいるということであり、私が思うに、KPOP大好き層の日本人の中にも、薄っすらそう思っている人は多いかもしれない。



以前、以下の記事でも書いたが、

「韓国に住んで分かった、韓国人が日本を嫌う本当の理由」

私が通っていた韓国の国立大学では、日本との歴史問題の話になったとき、ある男性が、日本の「植民地時代」という表現をしたのに対して、横にいた女性が、「植民地時代ではなくて、統治時代ね」と訂正したように、歴史認識には随分ズレがあるということである。

それは日本人の中にも、欧米列強が搾取していた植民地が意味するものと、韓国を日本に併合した形の統治が意味するものの違いが分からない人がいるのと同じなのである。

つまり私はこのブログでも何度も言っているが、日本語(国語力)や英語を鍛えることによって、言葉の定義や、違いを明確にしたほうがいいと思うのだ。

事実、英語圏でも日本が朝鮮を植民地にしたとは書いていない。統治とかいてある。けれども、植民地という言い方が適切な場合もあって、英語も日本語も、これらの言葉の定義が曖昧になってきているのも事実。

つまり、日本が韓国を植民地にした。という言い方は間違いでもないということだ。けれども、日本の場合、韓国を併合して自国にしたわけであり、イギリスがインド、オランダがインドネシアを搾取する構造にしていた植民地とは少し違うということなのである。ということを日本人は強調するが、外国ではこの主張は通じない場合も少なくない。

いずれにしても、最近日韓の関係が歴史上最悪のところまで来ているが、この状況を喜ぶ国がある。それが中国。中国はそういうすきを狙って、何か今も日本に対して着々と進めているような気もする。中韓好きな私でも、これくらいはわかるのだ。

それにしても、なぜ彼が突如、チャンネルを無効化したのかは謎だ。以下のURLでこの動画が見れるが、私が実際に見たオリジナル版は、もっと長かった気がする。

こんな記事も読まれています

国家反逆罪レベルという声も。一カ月で削除された反日教育の実態「韓国版歴史教科書」の内容解説が凄まじすぎる件 国家反逆罪レベルという声も。一カ月で削除された反日教育の実態「韓国版歴史教科書」の内容解説が凄まじすぎる件 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 11, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.