新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマのマルチリンガールりょうこが世界のレア情報を独自の視点から語っていきます( ゚Д゚)//



中東における紛争。原理主義の本当の意味と、それぞれのイスラーム過激派(組織・政党・団体)




度々定期的に流れてくる中東関連のニュースをみていても、何が何だかわからないと思っている日本人は結構、多いのではないだろうか。

当然、アラビア語を勉強しているにもかかわらず、中東情勢の根本的な部分を知らなかった私は、サウジアラビアが私のメル友が住んでいるオマーンを攻撃していると聞いても、なぜそうなったのか、全然理解できなかった。

私がこういう、いわゆるムスリム同胞団とか、ハマースという言葉を知ることになったきっかけは、有名ジャーナリスト田中宇の国際ニュース解説(田中宇先生のブログ)を読んでから(10年以上前から読んでいる)であるが、これら中東の団体名・組織名を見るたびに余計に意味が分からなくなっていた。

この記事も、もともとは2018年10月くらいに治験中に下書きを書いたままにしておいていたが、それから半年が過ぎた2019年5月にそろそろアップすることにした。

この記事を読むことで、少しでもニュースで中東情勢を見たときに役に立てばよいと思っている。

特にこういうイスラム過激派の構図を知ることで、どこの国の政府がどこの組織に支援しているのか?どのような利害関係があるのか?ということが分かり非常に面白い。




また、イスラム教徒といっても、宗派や教派によって分かれてくるので、そういう部分も理解することで、世界の流れ(特にアフリカ・中東・東南アジアの一部)が分かるようになるのだと思う。

以下のような不思議な風習も、教派によって随分変わってくるのでね…。アフリカ、中東、東南アジアのイスラム教ではかなり考え方が違うことも、以下のトピック一つとってみてもわかるようになる。

「男は切除されていない女を選ぶのよ。という声も。イスラム教徒の間で行われている、FGM(女性器切除)の実態 TOP10」

で、これから書くことはいわゆるイスラーム過激派(Islamic extremism)というカテゴリに入る組織・団体ということも覚えておこう。

ちなみに、マレーシアでムスリムのタクシードライバーと話したとき、「俺は過激派(Extremist)じゃないからな!」と言っていたのを思い出した( ´艸`)/

つまり、イスラム教徒同士でも、俺はあいつらと違う。と思い合っているということなのだよね…。

特に今後、マレーシアやインドネシアと日本人が関わることがますます多くなっていくので、イスラム教の理解のためにも大まかな概念を覚えていってほしいと思う。

ちなみに以下の記事は、アラブの王室を紹介したものだけれども、皆決して仲良しというわけではなく、お互いの利益によって、うまく演じている感があるのでまた面白い( ´艸`)

「アラブ(中東・北アフリカ)に存在する8つの王室と、マリク(国王)、アミール(首長)、大統領、スルタンの違い」




①原理主義の意味を整理

まず、過激派のリストを公開する前に、この言葉の意味を覚えてほしい。

原理主義(Fundamentalism)という言葉があるが、実はこの言葉は、本来キリスト教徒に対して使われていたもので、つまり、聖書に書いてあることは一字一句正しいという考えの人たちのことを意味している。

けれども、イスラム教徒に対しても、この原理主義という言葉を使ってしまったがために、今では、この原理主義という言葉がイスラム教徒に対しても使われている。

けれども、イスラム教とは、キリスト教の後にできた新しい宗教なので、イスラム教徒に対して原理主義と使う場合は、伝統的なイスラムの教えに戻ろうとする考え。という意味で使われている。また、キリスト教・イスラム教ともにネガティブな意味に捉えられることが多い。

Islam In Japan The Truth About Islam English Subtitle


②ムスリム同胞団



活動期間:1928年(結成)
誕生地区:イスマイリア(エジプト)→カイロ北東、スエズ運河にある都市
宗派:スンナ派

もともとムスリム同胞団とは、1928年にハサン・バンアーが西洋からの独立とイスラム文化の復興を上げてエジプトで結成している。

で、最近の出来事から分かりやすくこの団体を理解するとすれば、2017年カタール外交危機のように、カタールがサウジアラビアをはじめ、アラブ首長国連邦、バーレーン、エジプトに断交されたのは、ムスリム同胞団の存在がある。

「情に厚いトルコが、サウジアラビアから断交されたカタールを庇い始めた理由【トルコの主張】」

ムスリム同胞団は、エジプトシリア(アサド政権)・サウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンロシアなどでテロ組織に指定されている。

面白いのは、ムスリム同胞団は西側諸国からはテロ組織と認定されていないことである。また、2019年5月時点で、4月30日にトランプ氏がムスリム同胞団をテロ組織に指定しようとする意向を明らかにしたというニュースも出ていた。

List of designated terrorist groups


②ハマース



活動期間:1987年12月14日(設立年)
活動地域:パレスチナ(政党)

アフマド・ヤースィーン

ハマースとは、ムスリム同胞団のパレスチナ支部を母体(元となるもの)として創設されたのが始まり。つまり、ムスリム同胞団から派生したものと考えてもいい。

そしてパレスチナが活動地域になっていることからも分かるように、イスラエルと対峙している。2019年5月のニュース「ハマスなどとイスラエルが停戦合意、パレスチナ自治区ガザ地区」からも分かるように、ハマース=パレスチナと覚えておけばよい。


③AKP(公正発展党)

活動期間:2001年8月14日(成立)
活動地域:トルコ、アンカラ(本部)

AKP公正発展党)とは、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がいる政党。よく、中東系のニュースを見ていると、AKPというものがでてくる上、なぜかポジティブなイメージがない。

それは、トルコ内外からイスラム主義政党であるとみられているためである。イスラム主語というのは、もっとわかりやすく言うと、シャリーア(イスラーム法)の完全なる実施を目指すような考え方であり、それこそ原理主義なので、イスラム原理主義というふうにも呼ばれている。

シャーリアでは児童婚が許されるという解釈をしているものもおり、トルコの児童婚率も高いと言われている。

「児童婚が行われている国 TOP20 と、欧州・アフリカ・中東・アジアで児童婚が消えない10の理由【海外の反応】」


④ターリバーン

活動期間:1994年-
活動地域:アフガニスタン

ターリバーンは、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配していた。またターリバーンはアラビア語で学生の意味であることを覚えておくだけでいいかもしれない。

もともとタリバンは、内戦(1989年-2001年)が続くアフガニスタンにおいて、1994年頃から台頭し始めたと言われている。上で説明した語源からもわかるように、彼らはマドラサと呼ばれるイスラム神学校の学生たちが中心であり、タリバンは快進撃を続け、軍閥を追い散らし、治安を安定させ秩序を回復するようになる。

そのためアフガン住民は当初タリバンを歓迎した。当時のアフガン市民たちは、長きにわたる内戦とそれに伴う無法状態、軍閥たちによる暴行、そして略奪などにうんざりし、絶望感を抱いていた。

しかしその後、タリバンがイスラム教の戒律を極端に厳格に適用した。その内容の中には、服装の規制、音楽や写真の禁止、娯楽の禁止、女子の教育の禁止など、アフガン住民が失望するものばかりであった。

と書かれていた。


⑤東トルキスタンイスラム運動



活動期間:1997年 - 現在
活動地域:中華人民共和国、パキスタン(本部)、アフガニスタン、シリア

中国政府が現在、ウイグル人「再教育」を法制化していることでも話題になっている収容所に集められたウイグル人は、この東トルキスタンイスラム運動が2013年10月28日に天安門前に自動車が侵入し、群集を巻き込んだ後炎上した事件によって強化されたものかもしれない。

習近平がイスラム過激派によって狙われているという恐れや、今後中国が2049年の中国共産党設立100周年までに目標に掲げているものを達成するには、中国国内でこれ以上テロを起こさないようにする必要がある。

それにしても、中国はウイグル自治区を手放せばいいのに…。とも思ってしまう私。けれども、手放したら手放したらで中国にとって厄介な隣人が増え、自治区として放っておいても、テロが繰り返し起こされるので、これはどうにもならないだろう。


⑥タハリール・アル=シャーム



活動地域:シリア

アル=ヌスラ戦線というのを聞いたことがある人もいると思うが、それらいくつかのものが集まって結成。つまり、以前ならアル=ヌスラ戦線という名前もニュースで目に舌が、2017年1月以降は、4つの反政府武装勢力が吸収してできたタハリール アル・シャームで一つになっている。

で、この組織を語るには、アル=ヌスラ戦線の歴史を知らなければならない。戦線のメンバーの大半はイラクにおいて米軍との戦闘を繰り広げていて、アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーのイスラム主義ネットワークに参加していたシリア人だと言われている。

この組織に、カタールやアメリカが武器を送ることで支援していたという噂もある。


⑦イスラーム聖戦

活動期間:1970年代ー現在
活動地域:パレスチナ

イスラーム聖戦は、アメリカ合衆国や欧州連合などからはテロ組織指定を受けている。聖戦(ジハード)を通じて、イスラム教パレスチナ国家を作り出し、イスラエルを滅ぼすことを目的としている。とも言われている。

イランやシリアの支援を受けており、ヒズボラやハマースとは協力関係にある。知っての通り、イランの最大の敵はイスラエルであり、逆も然りである。


⑧PLO(パレスチナ解放機構)

活動期間:1964年5月28日~
活動地域:パレスチナ

PLOとも呼ばれるパレスチナ解放機構。→中東関連のニュースに略字として出てくることが多く、しかも、このエリアでは貧困や紛争が絶えないので、PKO(国際連合平和維持活動)という頭文字が登場することもあり、ややこしい。(;^_^A

で、PLOとは、イスラエル支配下にあるパレスチナを解放することを目的とした諸機構の統合機関で、現在のパレスチナ自治政府の母体となっている。

よくニュースで聞く、ファタハ(1957年~)という政党も、PLOが設立されてから数年後の1967年に、PLOに加盟している。

ちなみに上の写真は、エルサレムにあった以前のPLO本部「Orient House」なんか、ビルダーバーグ会議みたいなのを連想させるね…。

「日本人の参加が拒否された裏のサミット「ビルダーバーグ会議」と、「三極委員会」の違い」



⑨ボコ・ハラム



活動期間:2002年-
活動地域:北アフリカ、中央アフリカ
宗派:スンナ派

比較的新しい組織である。ボコ・ハラムと聞くと、アラビア語がわからない日本人からすると、ボコボコにして孕ませる。というような響きに聞こえるかもしれないが、この言葉にはきちんと意味がある。

Boko はハウサ語で「西洋式の非イスラム教育」を意味し、Haram とはアラビア語で「」の意味である。つまり、西洋の教育は悪。という意味になる。

また、ボコ・ハラムの正式な名称は「宣教及びジハードのためのスンナ派ムスリム集団」となっており、ナイジェリア北部の各州にシャリーアの導入を目指して武装闘争を展開している。なので、「ナイジェリア版のターリバーン」と呼ばれる。実際、アルカーイダと連携しており、2015年にはISILに忠誠を誓っている。

上にもリンクさせた記事だが、ナイジェリアでは、ボコ・ハラムのメンバーによる少女誘拐、無理やり結婚させられ奴隷化するということも起きていると言われている。

「児童婚が行われている国 TOP20 と、欧州・アフリカ・中東・アジアで児童婚が消えない10の理由【海外の反応】」


⑩ヒズボラ

結成年:1982年
活動地域:レバノン(本部)

ヒズボラ(アラビア語で神の党を意味する)は、イランやシリアが支援しているので、活動地域でもあるレバノンはイスラエルと仲が悪い。イスラエルに入国したことのある人はラバノンには入国できない。

というのも、17年にも及んだレバノン内戦中、1978年にイスラエル軍がレバノンに侵攻したからである。


⑪アルカーイダ



結成年:1988年~現在

2001年のアメリカ同時多発テロ事件は、世界に大きな衝撃を与えたことでも有名なアルカイーダは、ウサーマ・ビン=ラーディン氏が創設した。ちなみに、2011年5月2日、パキスタンで、米国海軍特殊部隊・DEVGRUが行った軍事作戦によって銃撃戦になり、殺害されたと報道されたが、スノーデン氏によるとラーディン氏はまだCIAの下で生きているとのこと…。そんな噂もある…。

https://worldnewsdailyreport.com/bin-laden-is-alive-and-well-in-the-bahamas-says-edward-snowden/

そんなアルカイーダの語源は、アルは英語における the と同じ意味で、カイーダが座るの意味、つまり「拠点」的な意味。

ちなみに、アラビア半島のアルカーイダ(活動期間 2009年 - 現在)というのもあり、混同しないようにしよう。アルカーイダは国際的な組織で、活動拠点をオマーンに置くアラビア半島のアルカーイダとは違う。

イラク日本人青年殺害事件2004年4月)などが起きたこともあった。この2004年10月に実行したイラク日本人青年殺害事件では、初めて日本の民間人が犠牲となったことなどから、日本全土に衝撃を与えた。



また、トリビアとしてサウジアラビアには、サウディ・ビンラディン・グループというのがあり、1931年に設立された建築系の会社。ここが、同時多発テロ事件を起こしたとされているウサーマ・ビン=ラーディン氏のファミリーである。

ま、アメリカの自作自演という疑惑もあるけどね…。ラーディン氏とブッシュ大統領は面識があったとも言われているし…。


⑫ISIL(ダーイッシュ)

日本人がアルカイーダとともに一番知っているのがISILではないだろうか。日本ではイスラム国として定着した名前だけれども、その呼び方をするとあたかもイスラム教の人たちみんなが、その対象にもなるような響きから、世界各国の報道機関が、ISILという呼び方に改めた。なので日本以外の国ではダーイッシュと呼ぶことが多い。

こんな事件もあったよね…。
ISILによる日本人拘束事件

Reference Site
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_extremism


⑬バルーチスターン解放軍



以下の記事でも触れたことがあるけれども、

「中国企業、中国軍が海外に租借している土地 TOP5」

バルーチスターン解放軍とは、パキスタンの過激派グループである。上の地図からも分かるように、パキスタンは、大きく分けて4つに分けることができ、その中でもパキスタン最大の都市カラチなどを含むピンク色の部分に多い、バルチ人(Baloch people)による、パキスタンの反政府武装勢力が、バルーチスターン解放軍なのである。

最近のニュースで言うと、2019年5月に、中国政府が租借しているパキスタンのグワダル港で、中国人富裕層や資本家を狙った襲撃が行われている。

また、2018年11月23日にも、カラチにある中国総領事館で、4人が死亡する襲撃に関与している。中国人にとっては、東トルキスタンイスラム運動などとともに、厄介な存在となっている。

この記事を通して私も中東情勢に少しずつ詳しくなっていきたいと思います(*´ω`*)

こんな記事も読まれています
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」



中東における紛争。原理主義の本当の意味と、それぞれのイスラーム過激派(組織・政党・団体) 中東における紛争。原理主義の本当の意味と、それぞれのイスラーム過激派(組織・政党・団体) Reviewed by よこいりょうこ on 5月 11, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.