新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



ポルトガル語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP26




現在、非常にホットなポルトガル語。世界の主要言語の中でも日本人に学ばれていない言語TOP3には入る言語だろう。(アラビア語とロシア語とともに)

「多言語を勉強してわかった日本人が「ロシア語」/「アラビア語」/「ポルトガル語」を避ける理由」

そんなポルトガル語はブラジルやポルトガルだけでなく、モザンビークアンゴラ(合計人口5000万人)というアフリカ南部でも使われている大変可能性のある言語だということはあまり知られていないようだ。

「ポルトガル語を勉強するメリット、需要、重要性」

そう。私があまり勉強したくなかったポルトガル語に目覚め始めたのも、モザンビークやアンゴラというアフリカ南部にある今後、成長していくであろう国が二つもあるからだ。

スペイン語は中南米とスペインで使える言語だが、ポルトガル語は南米、ポルトガル、アフリカ南部と、3つの大陸で通じるのもまた魅力的(*´ω`*)

ってことで、以下、色々なブログや、私自身が知りたかった表現を付け加える形で、よく使いそうなポルトガル語を分かりやすくランキング形式で残しておく('ω')ノ

この30フレーズを理解しただけでも、ポルトガル語の挨拶が少しできます。って言えるからね~!




26位 Qual é a boa?(クアウ エ ア ボア?)

What is good? という直訳なのだけれども、これで、何か面白いこと、良いことある?という意味になる。

Qual é a nova?(クアウ エ ア ノヴァ?)=何か新しい知らせは?という表現も作れる。どちらも、誰かに話しを切り出すときに、何気なく使ってみるのがいいかも。


25位 Tenha um bom dia!(テンヤムン ボムジア)

良い一日を!という意味。英語で言えば、Have a nice day! 発音が若干難しいので注意( *´艸`)→hの音が抜ける。

また、「おやすみ」は、Tenha uma boa noite!(テンヤウマ ボア ボイチ)と言う。


24位 Boa semana(ボア セマーナ)

「良い週を」という意味。これが、「良い週末を」と表現する場合、Bom fim de semana<ボム フィン ジェ セマーナ>と、中に付け加える。と、Have a nice weekend!と同じに意味になる。

また Boa は good の意味なので色んなフレーズに使える。例えば以下。

・Boa sorte(ボア ソルチ)=がんばって。の意味。英語の good luck と同じニュアンス。

・Bom descanso(ボム ヂスカンソ)=ゆっくり休んで。というのも、よく使いたい表現だ。



23位 Um momento(ウム モメント)

m momento, por favor.と最後に、お願いの意味を表す、ポルファヴォルをつけて、言ってみよう。

また、このpor favor は、スペイン語と同じように、please の意味で使われ多用されるが、これとは別に、(Se) faz favor(ス ファスファボール)というのもある。

seは、if の意味で、英語で言えば、if you like のようなイメージで使われる。どちらとも、同じように使われる点で、比較サイトでもほぼ違はないと書かれていた。


22位 Podia repetir?(ポジア ヘペチル)

もう一度言ってもらえますか。の意味。


21位 Podia escrever-me isso?(ポジア エスクレヴェルメ イッソ)

書いてもらえますか?という表現。英語が分からない人も多いので、まずはポルトガル語で書いてもらうことが重要。このフレーズは必須だね!


https://www.flickr.com/photos/80497449@N04/7378104730


20位 Adeus(アデウシュ)=さようなら

このさようなら。は日本語と同じニュアンスで、もう会うことのないような人に使う。

とはいっても、この表現は沢山使うわけではないので、気軽に、ではまた!と言いたいときは、Até já(アテジャ)と言うということを覚えておこう('ω')ノ


19位 Tranquilo(トランキーロ?)=何も問題ない?

本来の意味は「穏やか」という意味だけれども、「何も問題ない?」という意味にもなる大変便利な表現。


18位 como estás(コメスタス)=元気?

スペイン語も同じだが、como estás もあれば、como está もある。で、sが無くなったほうは省略されただけなんじゃないの?と思う人もいるかもしれない。

けれども、これは文法的なものの影響でつくということを知っておこう。例えば、

como estás tu=あんた
como está você=あなた

というように、スペイン語同様、ポルトガル語にも、英語のyouに相当するものは、informal(あんた)と、formal(あなた)がある。

なので、como está は como estás よりも、丁寧な響きになる。

https://hinative.com/ja/questions/660949


17位 Feliz Natal!(フェリーズ ナタウ)=メリー・クリスマス

ポルトガル語圏はクリスチャンの国なので、メリークリスマスくらいは覚えおこう。ちなみに、明けましておめでとうも、Feliz Ano Novo!(フェリーズ アノ ノヴォ)というように、Feliz=Happyの意味であるという事を覚えておくとよい。


16位 Aceita cartão?(アセイタ カルトン)

カードは使えますか?という意味。



https://pixabay.com/photos/rio-brazil-janeiro-brazilian-2976413/

15位 Como foi o seu dia?(コモフォイオセウジア)

あなたの今日1日はどうだった?という意味。話を切り出すときに使える表現。返答の仕方としては、Não foi mal.E você?(ノオフォイマウ、イーヴォセ?)=悪くなかったよ。あなたはどうなの?

と言える。とはいっても、グーグル翻訳機などで発音を確認して真似してみてね。若干、難しい発音が結構含まれているので(;^ω^)


14位 Quero esse(ケーロ エッシィ)=それが欲しい

それが欲しい。という意味。どこでも使うので必ず覚えておきたい表現。レストランなどでメニューを見ながら言ってもOK。

また、 esseをaquele(アケーリ)に変えると、あれが欲しい。となる。


13位 Gostei(ゴステイ)=気に入った

気に入った。という表現。どんなシチュエーションでも使える。例えば、料理を食べたときに、これ気に入った!など。

反対に、あまり気に入らない場合は、Não gostei muito(ナン ゴステイ ムイント)と言う。→I didn't like it very muchと同じニュアンス。


12位 Tchau (チャウ)=バイバイ


さよならを言うときの軽いバージョン。英語にも、ciao(イタリア人の真似として)が使われている。スペイン語、イタリア語などのロマンス諸語では共通の言い方。


11位 Muito prazer (ムィント プラゼール)=お会いできて嬉しいです


英語で言う初めて会うというニュアンスはなく、my pleasure(私の喜び)という表現が、ポルトガル語では初めましてのシチュエーションで使う。

単に、Prazer だけでもヨシ。


10位 Até mais(アテ マイス)=またね

Até logo(アテ ローゴ)という表現もある。→またすぐに。という意味合いになる。logo=soon の意味。

また以下のような表現もある。

Até Amanhã(アテ アマニャン)=また明日
Até mais tarde(アテ マイス タルヂ)→また後で。mais tarde=more lateなので、もっと先までというニュアンス。

次回までね!というニュアンスを作りたい場合、 Até a próxima(アテアプロッシマ)という表現もある('ω')ノ


9位 Tudo bem?(テゥード ベン)=元気ですか?

Como vai?=How is it going?のように、どう進んでいるの?的なニュアンスの言い方に対して、Tudo bem?は英語に直訳すると、Is everything alright?(すべては順調?)的な言い方。

答え方は、 Tudo bem!=All right! と言えばOK。また、まぁまぁだね。と言いたいときは、英語におけるMore or less(多かれ少なかれ)と同じ意味である、Mais ou menos(マイゾメノシュ)という事も可能。

コツは、よく外国人がやる手のひらを下に向けてヒラヒラさせて、まぁまぁっていうときのジェスチャーとともにやること。( ´艸`)


8位 Feliz Aniversário!(フェリーズ アニヴェルサーリオ)

誕生日おめでとうというフレーズ。意外に使う言葉。友達が増えるほど、誕生日の人も増えるからね…。

 

7位 Não falo português(ナオファオ ポルトギース)

ポルトガル語を話せません。という意味。とにかく最初に連発する言葉なので覚えておくこと。意味が分からないと言いたいときはNão entendo.というフレーズがお勧め。


6位 quanto que é?(クアント キエー?)=いくらですか?

旅行の際は連発する言い回しなので、是非覚えておこう。


5位 Com licença(コン リセンサ)=すみません

英語の「excuse me」に近い表現で、人込みを避けたり、声を掛けるときに使える便利な表現。一方、英語における「Sorry!」と対となる表現が、Desculpa(ヂスクウパ)である。軽い謝罪として使用可能。

けれども、このDesculpaは、Tu me desculpa.(あなたに対して私はごめんなさい)の略であり、語尾が、a となる。

Desculpe(デスクーピ)は、3人称なので、Peço a você que me desculpe. の略となる。なので、Desculpa よりも、フォーマルに聞こえる。

また、人にぶつかったときに、自分の過ちを相手に伝えるときは、Foi mal(フォイ マウ)という表現もあり、こちらは、It was my bad のような、英語圏では使わないような表現。

また、男女関係なく、Perdão.という表現もある。英語の Pardon と同じ語源。

Reference
https://hinative.com/ja/questions/870900



4位 おはよう(ボンディーア)=Bom dia

こんにちは!→Boa tarde!
こんばんは!/おやすみなさい! Boa noite!

英語では、こんばんは=good evening で、おやすみ=good night と、単語を分けているが、ポルトガル語の場合は、どちらとも noite でOK。

3位 sim(ハイ)=はい

Não(ナォゥ)=いいえ。→発音が、英語のNoやNowの中間のようになっているので注意が必要。


2位 Olá(オラ)=こんにちは!

Olá以外にも、かなりカジュアルになってしまうが、Oi!(オイ) というのがある。これは日本語でオイ!って言うニュアンスとは違うのでご安心を…。

英語で言う、Helloや、Hiの違いだと思ってみれば分かるかも。

また単に、元気ですか?と言いたいときは、Como está?(コモェスタ?)と言ってみよう。


1位 Obrigado/Obrigada (オブリガード/オブリガーダ)=ありがとう

男性が言う場合と女性が言う場合で分かれる。語尾が-oとなっているのが男性が言う場合。-aのほうが女性が言う場合。

Thank you very much のように、very much のニュアンスを含めたければ、muito obrigado(a)→ムイト。を追加すればOK。


またその返答として、日本語で言うどういたしましてが、De nada(ジェナーダ)→直訳としては、なんでもない。という意味。

今後も追記していきます(^^♪

こんな記事も読まれています
「ポルトガル語を勉強するメリット、需要、重要性」








ポルトガル語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP26 ポルトガル語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP26 Reviewed by よこいりょうこ on 9月 01, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.