未分類

親日ウズベキスタン人と日本人は似てる?両国が持つ共通の話題と、関係の重要性、ハプログループの種類

2021/4/14    

日本から遠い国ウズベキスタン。ソウルからは、8時間以内で行けるが乗り換えも含めると、東京からだと10時間以上くらいかかる場所だ。 そんなウズベキスタンは、南部にあるアフガニスタンなど非常に治安が悪いよ ...

フランス人は王政復古に賛成?貴族制度が廃止された今も残る、フランス貴族の末裔とその生活

王族や貴族と言えば、真っ先に思い浮かぶ国はイギリスだろうか。確かにフランスには王室がかつてあり、フランス革命(1789年)によって、ルイ16世は1793年に処刑された。王族、日本で言えば皇族になるのだ ...

なぜ韓国ではノーベル賞受賞者が現れなくて日本では多くの人が受賞するのか?【韓国の反応】

2021/4/14    

ノーベル賞と言えば、ユダヤ人が有名。なぜユダヤ人だけノーベル賞受賞者の多くを占めるのか。というのは、いつも話題に上る。 「ノーベル賞の20%、世界の富の分配、産業の独占。日本人はユダヤ人(失われた10 ...

雅子さまだけではない。世界の美女クイーン(女王)TOP15

世界の王室は、25~30くらいしかないと言われている。その中でもやはり若い王族たちは注目を浴びる。 以前作ったこの記事でも紹介したように、やはり目立つ存在と言えば若い美女が多い。 「世界のプリンセス( ...

1919年、「人種的差別撤廃提案」をした日本と、その後の暴動、有色人種に与えた影響

2021/4/14    

第一次世界大戦後、パリ講和会議の国際連盟委員会において、当時の大日本帝国が「国際連盟規約」中に人種差別の撤廃を明記するべきという提案をしたことを指す、いわゆる「人種的差別撤廃提案」。案外このことは、薄 ...

欧米諸国における「性的人種差別」について。日本人は下位グループ?

2021/4/14    

この記事では、性的人種差別(特定の人種に対する個人の性的嗜好)のトピックについて書いていこうと思う。日本列島に暮らす日本人にとっては、この言葉は一度も聞いたことがないと思うけれども、多民族国家に住むも ...

メルボルンとシドニー(都市圏人口、雰囲気、ライフスタイル)の違い TOP8

2021/4/14    

オーストラリアという国は、実は近年日本人移住者が急激に伸びている場所であるということはこないだのブログでも書いた。これは東南アジアを向いている一部の日本人には分からない感覚かもしれない。 「日本人が一 ...

日本人が一番多く住む世界の都市 TOP25(1997年→2010年→2019年の比較)

2021/4/14    

日本人が多い国。というのは以前書いた。日本人と言っても、日本人で留学やワーホリ、駐在などで長らくその国に住んでいる人と、永住権を持つもの、また完全にその国の国籍を取得していて選挙権などもある人では少し ...

ニューヨークとロサンゼルス、サンフランシスコ(シカゴ)の違い(都市圏人口、文化、雰囲気)TOP8

2021/4/14    

日本人が大好きなアメリカ。昔ほどではないにせよ、やはりNYやLAに憧れる人も多いだろう。けれども意外にNYとLAの違いが分からない人も結構多い。 ということで実際に見に行ってきた私がこの二大都市の違い ...

東南アジアの中でも「ミャンマー」が今注目な理由と、滞在に関する知識 TOP8

東南アジア大好き日本人が多い昨今。私はバンコクには来てみたが、ずっと部屋で引きこもりという感じ。バンコクには何も目新し物はない。 バンコクは今回初めてだけれども、去年プーケット島やピピ島などとはやはり ...

令和時代の英語留学先(フリーランスなどの長期滞在含む)に「インド」をお勧めるできる人と、できない人の違い

英語留学と言えば、近場で言えばフィリピン、そしてちょっと物価と距離は上がるが、マレーシアという選択肢がある。フィリピンと言えばドゥテルテ大統領の就任以来、犯罪件数が下がってきたとは言われているが、事実 ...

インドネシア、マレーシアに住んでみた私がバンコク(タイ)に住んで感じた違い TOP9

去年の10月頃から日本を出た私。それから韓国の地方都市と、マレーシア・インドネシア、そして中央アジアのカザフスタン、めちゃくちゃハマってしまったキルギス・モンゴルなど、私がアジアで行きたいと思った国は ...

騙された!!ニューデリー(インド)に住むことを断念した理由 TOP5

現在私は、母とデリーに来ている。そもそも私はここ1ヶ月バンコクにコンドミニアムを借りていて引きこもっているのだけれども、今月は1年に一度母と旅行に行く月だったので、数日間だけデリー郊外のノイダ(開発区 ...

日本人顔がインドで見下される可能性がある理由と「シッキム王国」とチベットとの関係

2021/4/14    

現在デリー中心地から少し離れたノイダという開発地区のコンドでこの記事を書いている。デリーの現在の大気汚染レベルは中国の比にはならないほどの最強レベル。 なのでマスクが手放せない…。早く脱出したい気分( ...

歴代反日大統領(韓国)と関連する政策・出来事 TOP9

2021/4/14    

韓国には、大統領は19代まであり、その中で12人(臨時代行は除く)が就任してきた。政権が変わるごとに反日に変わる韓国だが、この記事ではそういった出来事を思い出しやすく、簡単に理解できるようにランキング ...

© 2021 MULTILINGIRL♪ Powered by AFFINGER5