29. マルチリンガル情報

ジョージア語(グルジア語)を勉強するメリットはない。けど、確実に得られるモノ

この記事にたどり着くであろう人は、おそらくジョージアにプチ移住してみたい。とかなんらかの理由でジョージア語を学びたい人だろうと想定している。 先に言っておくが、ジョージア語を勉強するメリットなんてほと ...

小池百合子東京都知事、ネパール語も話せる?タガログ語や、ベトナム語、ビルマ語で広報した理由

先日、見てはいけないもの。を見てしまった気がした。それは現東京都知事の小池百合子氏が、ネパール語で何かを話している動画だった。小池氏とは先日も東京都知事選の際に学歴詐称のことが話題になったばかり。 東 ...

世界で一番、ネイティブ話者が多い言語と、世界一話されている言語 TOP10

現在、東欧のジョージアでtwitter強化や、動画撮影に入り始めたマルチリンガールりょうこ。さて、現在私はスペイン語強化期間中なので、毎日単語やフレーズを覚えたり、twitter上(@_multili ...

スワヒリ語(アフリカの言語)を勉強するメリット、需要、将来性

現在、外国語強化期間に入っているマルチリンガールりょうこです。twitterでは、2000人以上の仲間と交流させていただいています(@_multilingirl_) さて、私は現在スワヒリ語の可能性に ...

ドイツ語やヒンディー語も。日本語と同じ語順(SOV)をとる言語 TOP10

最近はずっとtwitterの中で生活していると言っても過言ではない。そんな私は、最近ショート動画で多言語を話すことにハマっている。 2020年1月→アラビア語・韓国語・英語・スペイン語・中国語・フラン ...

ロシアの黒歴史「ジョチ・ウルス」と、モンゴルのロシア支配でアジア人男子がモテると思う理由

ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国ともいわれる)という言葉を聞いたことはあるだろうか。おそらく、相当ロシアの歴史に精通している人でなければ聞いたこともない言葉だと思う。 ブログ書いて5年目の私ですら聞 ...

ヨーロッパ各国におけるTOP「少数言語」から分かる歴史と、民族移動

日本、韓国(北朝鮮)、中国(香港・台湾)と、地理的に沢山の文化圏に囲まれていない日本人にとっては少し分かりにくい感覚かもしれないが、ヨーロッパは面積が小さいながらも、いくつもの言語が存在し、その言語系 ...

私が中国語と韓国語から、アラビア語とロシア語に軸を変えた理由

最近ブログの更新が滞っている。というのも現在ジョージアにいる私はロシア語フレーズ1000に専念しているからだ。ロシア語を教えるテキスト作りもそうだけれども、先月トルコでアラビア語や動画作成に専念したよ ...

トルコ語を勉強するメリット・需要・重要性

マルハバ!!現在イスタンブールに1ヶ月アパートを借りながら仕事中のマルチリンガール(@_multilingirl_)です。去年は主に、カザフ・キルギスなどの中央アジア、インドネシアなどの東南アジアに住 ...

カイロに住むことを断念した理由と、生活目線でみたエジプト人について

本日エジプト最終日。たった7日間しかいなかったカイロだけれども、15人のメンターに対応しつつも、ほぼ満足にカイロ中の行きたいところを回ることができたと思う。 けどカイロを回っていて気付いたのは、この都 ...

過酷な砂漠を生き抜く「アラブの格言」から見る、日本とは全く違う世界観

アラビア語の勉強を始めた2015年。私は新しい世界への扉を開く思いで興奮しながらアラビア語を勉強していた。文字も違えば、日本人が大好きなキリスト教圏の言葉でもない。 意外に日本人が憧れる言語のほとんど ...

韓国語(ハングル)を勉強している暇があったら手を付けておくべき、あまり学ばれていないオススメの言語 TOP10

日本には、大した目的も無くただ闇雲に韓国語を勉強している人が非常に多い。ビジネスでは全くといって需要がない韓国語学習者が、他にもっと必要とされている言語に移行すれば、日本はもっと多様化していくのではな ...

英語も通じる?今EUで、ウクライナが注目されている理由 TOP7と、EU加盟に対する厳しい声

ウクライナ。と言えば美女とか、2014年クリミア危機を思い浮かべる人がほとんどなのだと思うけれども、この国の魅力を知っている人はどれだけいるだろうか。 日本からは遠い国であり、北京やアルマトイ、カター ...

ASEANのマイナー言語(ビルマ語・クメール語・ラオ語)を勉強するメリット・需要・重要性

この記事では、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中でもスポットが当たらない国の言語に関するメリットや需要について書いていきたい。 あくまでもこの記事の目的は、これらの言語を学びたいけれども、いまひとつ ...

「バイリンガル」や「マルチリンガル」は収入が倍増するのか。言語能力をお金に変える方法と、各主要言語における今後の趨勢

日本でも今じゃバイリンガルは当たり前の時代になった。企業の経営者の多くは英語は話せなくても読み書きができるのが普通であるし、西洋では言語系統が似ていて学習しやすいことや、国籍が多様化した都市が多いため ...

© 2021 MULTILINGIRL♪ Powered by AFFINGER5