未分類

no image

インドのリゾート地とカジノ事情

2022/8/25  

数ヶ月前に行ってきたダラムシャーラー。ここでは意外なことに、イスラエル人が集まる村があって、それはそれでかなり驚いた。この記事では日本でもオンラインカジノ(たとえば、「オンライン麻雀 賭け」)などが今 ...

no image

ジャックポットの瞬間を見逃すな!今注目すべき海外のカジノインフルエンサーたち

2022/8/10  

オンラインプラットフォーム上でゲームのライブ配信が、特に若い世代にとってテレビやネトフリなどの動画配信サービスよりも、観るべきコンテンツになっているというのは最近よく聞く話だけれど、ネット上でプレイで ...

家からでも海外旅行している気分を味わう方法3選

2022/1/21  

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、現在も尚、様々な国で入国制限が行われており、多くの方にとって海外旅行に行くのはまだ敷居が高い状況だと思われます。 そこで、この記事では、家からでも海外旅行をしている ...

no image

22betブックメーカーとその全機能の詳細と説明

2022/3/2  

22betブックメーカーとその全機能の詳細と説明 最近日本でもブックメーカーが人気を集めています。それらの中でも日本から利用できるものとして多くのユーザーを獲得しているのが22betブックメーカー!こ ...

上下関係はある?東南アジアの国々(ASEAN)はお互いにどう思っている?

2021/11/16    

中国人口の約半分しかない東南アジア(ASEAN)だけれども、その存在感は最近凄まじい。つい最近までは上海やソウルの存在が圧倒的だったけれども、最近はシンガポールや、ジャカルタ、バンコクの存在感が凄まじ ...

ロシアの黒歴史「ジョチ・ウルス」と、モンゴルのロシア支配でアジア人男子がモテると思う理由

ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国ともいわれる)という言葉を聞いたことはあるだろうか。おそらく、相当ロシアの歴史に精通している人でなければ聞いたこともない言葉だと思う。 ブログ書いて5年目の私ですら聞 ...

ヨーロッパ各国におけるTOP「少数言語」から分かる歴史と、民族移動

日本、韓国(北朝鮮)、中国(香港・台湾)と、地理的に沢山の文化圏に囲まれていない日本人にとっては少し分かりにくい感覚かもしれないが、ヨーロッパは面積が小さいながらも、いくつもの言語が存在し、その言語系 ...

ヨーロッパの借金大国「イタリア」が中国に近づいた心理と、コロナウィルス拡大の原因

2021/6/17    

イタリアと中国の関係は、2019年中ごろから書こうと思っていたが、今回、武漢ウィルス(新型コロナウィルス)によってイタリアにおける感染数が中国に次ぐ2位(2020年3月24日現在)になるなど、世界中で ...

新型コロナウィルス(武漢肺炎/COVID-19)は人為的に作られたと海外で報じられている理由

2021/6/17    

今年私が大阪を出たのが、1月の中頃。まだ新型コロナウィルスのニュースが入ってきた初期段階で空港でもそれほど慌ただしい雰囲気はなかった。それがドバイに滞在中、ネットのニュースで新型コロナウィルスのことば ...

親日という意味で韓国人とトルコ人の決定的な違いと、トルコに存在するいくつかの人種

2021/6/17    

現在トルコにあるコンドの32階で生活している。たまたまラッキーだったのか、落ち着いた環境でゆっくりできている。 twitterでは1日5回以上は近況をつぶやいているので是非リアルタイムで繋がりたい方は ...

実際にトルコで体験。欧米で広がる新型コロナウイルスによるアジア人差別と黒人の暴行事件について

2021/6/17    

先日、新型コロナウィルスに関する動画をアップロードしたが、動画内で伝えられることは限られるので、記事にまとめようと思った。 動画だとたまに言いたいことを忘れてしまっている場合などもあるので…( ゚Д゚ ...

カイロに住むことを断念した理由と、生活目線でみたエジプト人について

本日エジプト最終日。たった7日間しかいなかったカイロだけれども、15人のメンターに対応しつつも、ほぼ満足にカイロ中の行きたいところを回ることができたと思う。 けどカイロを回っていて気付いたのは、この都 ...

旅行後、日本人女子がイスラム男子やバリ島男子(アラブ含む)に惹かれる理由

2021/6/17    

私の女友達ね、中東に行ってからね、なんか変わったの。終いには彼氏ができてムスリムに改宗しちゃってさ…。 これは、昔、韓国の英会話交流会で耳にしたこの言葉。確かあの時は、25歳くらいだっただろうか。 ま ...

謝罪なし。フランスが旧植民地(タヒチ・アルジェリア)で嫌われている理由

2021/6/17    

フランスと聞くと、2018年11月17日から始まった黄色いベスト運動というよりは、高級ブランド、ワイン、アート、フランス料理、香水などが思い浮かぶのではないだろうか。 色んな国に行っていて思うのは特段 ...

美・思考・神など、日本人と韓国人は根本的な部分で真逆である理由 TOP7

2021/6/17    

中央アジア、東南アジアに行っていると、韓国人によく間違えられる。そもそも日本人があまりいない地に行くことも多いせいか、中国南部系の顔だと思っていた自分の顔も、北東アジア系に見えるようだ。私は決して、中 ...

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5