多言語、外国語、マルチリンガル

中央アジアでロシア語の権威が落ちないと思う理由

2022/8/10

2019年から通うようになった中央アジア。また2021年はロシアを一周。そこには多くの疑問があった。それはこのロシア語圏というのは日米欧の世界とはまた違い、中華圏ともまた違う独特さがあるということである。 日本も韓国も、欧米諸国も割と政治的な価値観である自由主義?という意味では同じ価値観の中で生きてるような感じがするのだけど、ロシア語圏にはかつてのソ連の雰囲気が残り素朴な感覚がある、または今もソ連を経験した人がたくさん生きているので、そういう表に出てくるG7の国々とは違った雰囲気を感じることができるという ...

ReadMore

海外の反応ネタ

技術大国ランキング TOP10【投票型】(世界はどのようにみている?)

2022/8/4

日本語の記事で技術大国ランキングを探したが、あまり信憑性のあるデータはなかった。また英語圏で探しても、何を根拠としているの?と思うような記事ばかり。私的には、何かの数値で示した技術大国よりも、一般人はどう思っているのか?ということの方が気になりこの記事を作るに至った。 そこで英語圏の投票型サイトに載っていた技術大国のランキングをまず公開。その後、usnews などが発表していた技術国ランキングも載せて、2つを比較していきたいと思う。 https://www.thetoptens.com/high-tech ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

タラズからタラスへ国境越え。交通費、見所、ビザランなど

2022/8/3

タラズとタラス。この二つの地名はカザフスタンとキルギスの国境に隣わせるようにして存在するエリア。ここは中華圏になるか、アラブになるか?の境目?つまり、中央アジアにおける唐とアッバース朝の対決と言われたタラス河畔の戦い(751年)があった場所。 ここはキルギスに関する情報を検索していてもあまり出てこない場所だ。というのも中央アジアを移動する旅行者はたいてい、ビシュケク→タラズ→シムケント→タシケントという移動で、タラズは乗り換え地点であるだけのことが多い。またビシュケクからオシュに向かう際にも、キルギスのタ ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

5年教えて気づいた、アラビア語がさほど難しくない理由

2022/7/23

アラビア語を教えてもう5年近くになるマルチリンガール。とはいっても、初級をずっと教え続けているのであり、アラビア語をマスターした人でもなければ、アラビア語の先生と言うのはどうなのか?と疑問の声もありそうだが、私のレッスンのやり方はあくまでもずっとブレていなく、決められたフレーズの暗記を中心に進み、簡単な日常フレーズを組み立てていくというようなもの。 3ヶ月で終了する人は暗記だけで終わってしまうが、その後、さまざまな工夫が用意されている。 確かに言語学習には終わりはないが、私は一つの言語学習において、まずネ ...

ReadMore

未分類

タイに興味がなかった私が「タイ語」に目覚め始めた理由

2022/7/23

近年日本人の間でも学ばれ始めてきているタイ語。一昔前までは、女の子を買いに行く男性がよく行く国というイメージすらあったタイだが、近年はバンコクは日本の地方都市よりも都会的だし、何よりも世界中から大勢の観光客が来るような国になってしまった。 そんな私はタイに全く興味がない。けれども今年の冬頃から少しずつタイ語が気になり始めている。 この記事では、タイ語のノウハウというよりは、いかにタイ語嫌い、というか興味が全くなかった私がタイ語に少しずつ興味を持ってきたか?ということをお話ししていきたいと思う。 ①タイ語の ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

世界最大級?チュルク語族の言語 TOP20(トルコ語、タタール語、カザフ語、サハ語など)

2022/7/22

近年、ロシアの経済的弱体化とともに、ロシアに長らく支配されているチュルク語を話す国々の連携が深まっているように感じる。以前ブログで書いたけれども、ロシアにいる少数民族の多くがチュルク語を話す民族であり、つまりトルコ人にとってこれらの民族は兄弟みたいなものなのである。 それは東はタタール語、そして日本の真上にあるサハ共和国で話されているサハ語にまで及ぶ。 「ロシアの少数民族の人口順位 TOP57(イケメン、美女写真付き)」 その証拠に、というか、チュルク語系の言語を話す国々を中心に、以下のような動画が視聴さ ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

インドネシア語に影響を与えた5つの言語と、学習によって派生していく理由

2022/7/2

近年注目されているインドネシア。とはいってもこれは10年以上も前から言われていること。私はインドネシアに2回行き、4つの都市を周り、そのうちスラバヤに2ヶ月ほどいた時期がある。あの時も大都市のショッピングモールの充実度など、大国としての国の雰囲気はすごいものだったけれども、今はより進化してるのではないか。と思いながらこの記事を書いている。→やはり、自分の国のように色々調査して、行ってみて、それでどんどん好きになっていくよね。また勉強のモチベーションにもつながる。 以下の写真は2019年あたりにインドネシア ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

語学を3ヶ月で、半年でマスターするを実践しない理由

2022/7/3

今年のノマドも、ベトナム→インド→キルギスと3カ国目。夏はここでゆっくりしたいと思っているところ。あまりに日常が楽しすぎてブログが書けていなかったので、7月はたくさん書けるといいなと思いつつ、この記事では、私が語学を楽しんでいる、つまり短期間で勉強しようとするやり方は、やらない。ということについて書いていきたいと思う。 ①3ヶ月でマスターに騙される日本人 人は切羽詰まっている時、何かにすがりたい。と思うもの。価格が高ければ高いほど、質の良い教材だと思うものもいれば、高ければこのレッスンは間違いないだろうと ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

ヒンディー語が、アラビア語やペルシア語に似ている理由

2022/7/1

7年ほど前にアラビア語を始め、2年ほど前にヒンディー語も着手。またペルシア語はビギナーに一年教えた経験があるため、初級の色々な単語、フレーズに触れてきた。その中でいつも思うのは、これら3つの言語の中で3番目に勉強し始めたヒンディー語は、単語をやっていると知っている単語がいくつもあるという点だ。 もちろんヒンディー語を始めるのは文字や、英語とは全く違うルールだったりで最初はかなりとっつきにくいので、この期間を突破できる人はごく僅かな人たちということになるのだけど、それでも私の場合、いろいろな苦労はあったもの ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

インドのチベット「ダラムシャーラー」に2週間滞在。ノマドは可能か?

2022/6/30

  ①概要 2022年5月、インドのダラムシャーラー(チベット人居住エリア)に行ってきた。日本人の間では、ダラムサラと言われているが、実は本当の名前はダラムシャーラー。ダラムサラというエリアは別にあるので注意。この記事ではダラムシャーラーで統一することにする。 ではでは、この町についてノマド目線でざっくり書いていきたいと思う。ちなみに、以下の写真、まさにノマドやってる〜!って感じでしょう?(笑) インド🇮🇳にいる感覚が全くない。 大袈裟かもだけど、チベット人に守られてる感がある 適度な距離感がち ...

ReadMore

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5