多言語、外国語、マルチリンガル

インドネシア語に影響を与えた5つの言語と、学習によって派生していく理由

2022/7/2

近年注目されているインドネシア。とはいってもこれは10年以上も前から言われていること。私はインドネシアに2回行き、4つの都市を周り、そのうちスラバヤに2ヶ月ほどいた時期がある。あの時も大都市のショッピングモールの充実度など、大国としての国の雰囲気はすごいものだったけれども、今はより進化してるのではないか。と思いながらこの記事を書いている。→やはり、自分の国のように色々調査して、行ってみて、それでどんどん好きになっていくよね。また勉強のモチベーションにもつながる。 以下の写真は2019年あたりにインドネシア ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

語学を3ヶ月で、半年でマスターするを実践しない理由

2022/7/3

今年のノマドも、ベトナム→インド→キルギスと3カ国目。夏はここでゆっくりしたいと思っているところ。あまりに日常が楽しすぎてブログが書けていなかったので、7月はたくさん書けるといいなと思いつつ、この記事では、私が語学を楽しんでいる、つまり短期間で勉強しようとするやり方は、やらない。ということについて書いていきたいと思う。 ①3ヶ月でマスターに騙される日本人 人は切羽詰まっている時、何かにすがりたい。と思うもの。価格が高ければ高いほど、質の良い教材だと思うものもいれば、高ければこのレッスンは間違いないだろうと ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

ヒンディー語が、アラビア語やペルシア語に似ている理由

2022/7/1

7年ほど前にアラビア語を始め、2年ほど前にヒンディー語も着手。またペルシア語はビギナーに一年教えた経験があるため、初級の色々な単語、フレーズに触れてきた。その中でいつも思うのは、これら3つの言語の中で3番目に勉強し始めたヒンディー語は、単語をやっていると知っている単語がいくつもあるという点だ。 もちろんヒンディー語を始めるのは文字や、英語とは全く違うルールだったりで最初はかなりとっつきにくいので、この期間を突破できる人はごく僅かな人たちということになるのだけど、それでも私の場合、いろいろな苦労はあったもの ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

インドのチベット「ダラムシャーラー」に2週間滞在。ノマドは可能か?

2022/6/30

  ①概要 2022年5月、インドのダラムシャーラー(チベット人居住エリア)に行ってきた。日本人の間では、ダラムサラと言われているが、実は本当の名前はダラムシャーラー。ダラムサラというエリアは別にあるので注意。この記事ではダラムシャーラーで統一することにする。 ではでは、この町についてノマド目線でざっくり書いていきたいと思う。ちなみに、以下の写真、まさにノマドやってる〜!って感じでしょう?(笑) インド🇮🇳にいる感覚が全くない。 大袈裟かもだけど、チベット人に守られてる感がある 適度な距離感がち ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

チベット語を勉強するメリットと、インドに住むチベット系民族の実態

2022/5/6

マルチリンガール。お前、ついにチベット語にまで手を出してしまったのか。とお思いのあなた。正解です(笑)。キルギス語、ベトナム語、ジョージア語、モンゴル語などのマイナー言語学習を経て、今年はチベット語も始めようという気持ちだ。 その中で私自身、チベット語の言語系統や、人口、民族などを整理する必要があったので、この記事ではそういったことをまとめていきたいと思う。それ+インドにおけるチベット人の住む場所なども載せていきたい。→中国に行かなくてもインドにもたくさんのチベット人がいるので、将来的に私も行くことを想定 ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

ミゾラム州の(アイザウル)でノマドは可能か。そしてミゾ語とは?

2022/5/5

インドの5年ビザ(観光マルチ)をとってしまったマルチリンガール。さてインドをどう使い倒すか?と表現すると、またtwitterで私のアンチツイートばかりしている陰湿な中東にめっちゃ詳しいです系の人に叩かれてしまうので、そういう表現はしないが、インドは調べれば調べるほど魅力的な場所があり、現在開拓しようと、ベトナムのリゾート都市にあるコンドミニアムから執筆中である。 どうせ多様なインドに行くのなら、北部のアーリア系、つまりイランのほうから渡ってきた欧米人っぽい顔立ちのインド人と、南部のインドにずっと住んでいた ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

タイの「クラビー」がノマド拠点として重要な理由

2022/4/4

約3年ほど前に母と行ったプーケット。物価は結構高かった。プーケットの物価が首都バンコクよりも高いということはあまり知られていないのではないだろうか。それはさておき、私は最近タイ語強化期間に入ってしまっているため、元々全く興味がなかったタイについて調べまくっている。 言語をやると、自然とその土地のことをもっと知りたくなるという不思議な力。 タイは今まで2回ほど行ったことがあり、プーケット(クラビーのピーピー島)とバンコク。特にバンコクはつまらなく、2週間のアパート生活を終えて韓国に移動したくらいだ。 それと ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

モンテネグロでノマド生活。食費・家賃、お勧めの都市

2022/4/3

モンテネグロという国は、ジョージアにいた時からひっそりと狙っている国。最近生徒さんが、アラビア語に投資してアラブを統治したい。と言い出したが、私もまさにこのモンテネグロという国をひっそりと狙っている(笑)。 この記事も何年も下書きにして溜めてある記事のうちの一つで、最近ようやく私の中で色々まとまってきたので記事化していきたいと思った次第だ。 この国はよくアルバニアなどと一緒にまとめて行く人が多い。2020年ジョージアに私がいた頃、またそれ以前は、アルバニア(モンテネグロのすぐ下にある国)は一部のバックパッ ...

ReadMore

ノマド・都市比較、海外の生活情報

ベトナムの「ニャチャン」「クイニョン」でノマド生活する理由

2022/4/21

近年デジタルノマドの間ではジョージアなどが流行っているが、私は2020年あたりにすでにそっちに行ってしまった。なので、トルコ、ジョージア、ウクライナ、ロシア語圏などには非常に詳しくなってしまったため、次なる拠点?を探しているところだ。 東南アジアも行ったが、イスラム教圏のマレーシアやインドネシアがメインだったので、タイやベトナムなどに関してはそれほど詳しくはない。 とはいっても今回(2022年3月時点)タイでは陰性証明なしで5日間の隔離さえすれば入国できたり、ベトナムも陰性証明を出せば隔離すらないという入 ...

ReadMore

多言語、外国語、マルチリンガル

20言語中「ドイツ語」の優先順位が低かった理由

2022/3/25

現在、20言語学習中のマルチリンガールりょうこ。20言語とはいっても、それ以降、セブアノ語(フィリピン在住の日本人の英語の生徒さんに依頼され)や、アイヌ語などもやっているので、一体自分が何言語に手をつけているのかもわからない状態。 そんな私が18歳の時、高校を卒業してすぐの時にインターネットで知り合った同年代の彼氏(彼氏の定義すらもうわからない)が、ドイツ人だった。彼はワーホリで日本に来ていて、私とネットで知り合ってから、私にドイツ語を学べと言い出したが、その時私は英語すらわからない状態。 そして30歳く ...

ReadMore

© 2022 MULTILINGIRL♫ Powered by AFFINGER5