新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?10の質問に答えます!






得意な外国語を生かしつつ、世界の情報をかき集めて自分の知識にしていきたいという気持ちからこのブログは始まりました。

2015年くらいから書き始めたこのブログ。最初は、違うブログなどをいくつか作ったり、YouTube 動画も10本くらい作ったりしてみたのですが、いくつかのブログを統合したのが、この MULTILINGIRL♪ です。

多趣味なため、なんでも書きたいのが本音なので…。結果、いろんなものがごちゃ混ぜのなんでも書きます!ブログになりました。( ´艸`)

特に私は世界情勢や歴史、言語について調べるのが好きなので、海外の情報を記事にしているものが多いです。王室系、人種系など、人の考え方などを調べるのが好きです。また生活、起業のノウハウなども収集しています。

また私が好きなユーチューバーや、ブロガーなどの情報もどんどん積極的に発信して連携していきたいと思っています。

この記事では、この4年間くらいで寄せられたいくつかの質問を統合して、わかりやすく、このブログや私について詳しくまとめてみました。

①性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?

まず、誰もが知りたいのはここではないか?と思います。

最近、あなたは男ですか?という、とてもタブーとしている質問をされることが多くなってきたマルチリンガールりょうこです( ´艸`)

私のブログを最初から読んでくださいっている方は、理解している方も多いのですが、最近検索などで私を知った方の中には、一体私が男なのか女なのかわかっていない人も多いようです。

ま、普段の生活のことをお話すると…。

私は、普段は男装です。そもそも体は男性。心の中は女性ですが、私がたとえ女性に生まれたとしても、特別ファッショナブルに着飾ったり、髪の毛を茶髪に染めたりもしていないと思います。


髪を宇多田ヒカルくらいのショートにして、服装にさほど拘らないドイツ人みたいに歩きやすいシンプルな格好でそこらじゅうを歩いているはずです。

なので、私の現在の男装も私らしいといえます。


なぜ、女装に踏み切ったの?

今からちょうど一年前、
そもそも、私は女装そのものに抵抗がありました。ですが、色々なお友達と付き合っていると、

・お化粧が似合いそう
歌舞伎役者みたいな顔立ちだね
ウィッグとかつけたら似合いそう
もし、お前が女だったらな…

と、こんなことを言われるたびに、私がウィッグをつけたらどうなるのだろうか?


と思い、2014年ころ、カツラの装着を試してみたのです。

最初の半年は抵抗がありましたが、何度もウィッグをつけているうちに、よこいりょうこが完成されていきました。

そして、2014年12月、私はこれまでずっとやってみたかった を 
YouTube 撮影をしてみることを決心。これは、いわゆるユーチューバーになりたい!というものではなく、自分自身が今まで持ってきた恥ずかしさや、劣等感みたいなコンプレックス、語学に対する自分のレベルなど、すべてさらけ出して、もう一度、このブログとともに勉強をし直そうと思って始めたものです。

女性としての私をせめて、オンラインだけでいいので、人に知ってもらいたかったということですね。

もともと私は自分自身を色々な人にさらけ出すのには抵抗があり、facebook アカウントすら持っていないような、完全秘密主義的な人でしたが、このように、現在私に対してネガティブな感情を持っている人に対しても、自分自身を向上していくために、メールのやりとりができるまで成長しました。

それは、よこいりょうこ。になれたからだと思っています。なので、私は特別、性別適合手術を受けたいという願望もなく、健康に生きていければそれで幸せだと思っています。






簡単にまとめると、

・普段は男装。

・もちろん恋愛の対象は男性です。
・身体は男。でも、心というより中身は全体的に女。


ですが、別にファッションとかにあまり興味がなく、シンプルな格好をすることが多い。また、異性愛の男性にも、女性の心が少なからずあるのと同じように、私自身も男性の心を少なからず、持っています。

つまり、性別は男性であっても、ジェンダーは女性であり、恋愛対象も男性ということなのです。(日本には性別とジェンダーを区別できない人が多いです→日本語にジェンダーに相当する言葉がないため)

性別(SEX)=男性

ジェンダー(GENDER)=女性

今後も、外見の清潔さは保ちつつも、内面を磨いていきたいと思っています。

マルチリンガールの簡単な経歴

北海道出身。実家の裏には牧場が広がっています。( ´艸`)

高校生のとき、
・韓国
・オーストラリア(シドニー、メルボルン、ケアンズ)
・グアム
に行ったことがキッカケに世界観が広がる。

高校卒業後、上京。

当時の私には海外青年協力隊員になって発展途上国で、何かしらの貢献がしたいという気持ちがあり、当時まったく持ち合わせていなかった英語力を鍛えるために、英語の本場イギリスに行きたいと思っていました。

そのため上京後も様々なアルバイトを経験しながらお金を貯める。

結局、私は英語圏で英語を学ぶ前に、中国へ何度も足を運ぶことになります。それは、言語学習という名目でしたが、実際のところ中国に対する強い好奇心と、知らない世界を発見するという楽しさからでした。当時2008年北京オリンピックの2年前だったこともあり、中国上海の活気はものすごかった。

20歳だったあの頃の私は、日本で同年代と話すよりも、中国で私と同年代の人と話すほうが楽しくて仕方がなかった。また、将来、東京に代わる私の新しい居場所がほしいと思って何度も上海に足を運んだのです。

その後、イギリスでのワーキングホリデーを諦め、ニューヨークに1週間ほど滞在しました。私が見たかったもの、それは大都会ニューヨークでの人々のライフスタイルだった。

その後、妥協したカナダでのワーキングホリデーを過ごすために、トロントへ移動。そこで数ヵ月すごす。

当時、英語ができない私にとってトロントで働ける職場といえば、日本料理店くらいでした。これでは、英語を学びながら過ごすのは難しいと判断し、帰国することを決意。

その際、バスでアメリカ大陸を横断。(トロントーロサンゼルス)

カナダから日本(東京)に戻ってきた私は、今まで海外に住むということが夢だったため、目標というものが全く分からなくなり、先のことがみえなくなってしまったのです。

そんな中、数年間働くだけの生活。また、日本語教師になるための通信講座を受講していました。

私には世界の大都市を回ってみるという夢もあり、アルバイトをしながら、今度はロンドン・パリへ行くことになります。

日本でのアルバイト生活も続くはずがなく、上海に住んでいる友達に、来ないか?と誘われ日本大学の通信教育をとりながら、上海に移住するが、仕事がみつからず、またもや帰国。



日本に帰国後、今度はアメリカ人女性の友達に一緒に住もうと誘われ、その気になってニューヨークにまた行ってしまったこともある。

結局、自分自身が変わらないと何も変わらないことに気づいたため、何か続けられるものの一つとしてペスクタリアンになることを決意。

「お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由」

その後、中国と韓国で日本語教師としての経験を積む。

しかし大学に入りたいという夢があったため、日本に一旦帰国。国からの給付金を頼りに、数ヵ月ほど横浜の職業訓練校に通いながら貿易やマーケティングや簿記、また自分自身の進学のために朝鮮語を猛勉強する。

「高麗大学校(韓国語学堂)に入学」

その後、ソウルにある高麗大学校の語学堂で朝鮮語を学ぶ。そのまま韓国の地方都市にある国立大学で英語英文科に入学。

「韓国、大田(テジョン)の忠南大学校で過ごした約1年間」

その後、経済的な理由から、学業を続けることが困難になり今持っている英語力を生かして日本で働くことを決意。そして派遣社員として数多くの現場で英語を使用することになります。

医療
IT
証券
貿易
と、
いろいろな現場で働いてきたのですが、その中でも私が関わっていきたい分野が医療だということに気づくことができ、この医療業界、特に医薬品翻訳のほうの分野で活躍していきたいという気持ちが強くなりました。

が、現在はブログや英語のメンターなどで生計を立てているため、翻訳はたまにする程度になっています。現在、いくつかの収入の水路を構築中。


③で、あんた本当に多言語話者のマルチリンガルなの!?


こちらの動画は、アミューズのオーディションに提出するために、練習中の動画です。5言語を操っています。→改良して8言語くらいにしたいのが本音です。

「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

以下は私の外国語に対する理解度を表にしたものです。

①日本語(母語)
②英語(10社以上で英語使用の仕事を経験できるレベル)
③中国語(仕事で使用経験あり。高度な会話はできないレベル)
④韓国語(日常会話で、韓国人と交流できるレベル)
⑤アラビア語(文字が読めスピーチを覚えて話すことができるレベル)

現在、以下の言語を集中的に取り組んでいます。

⑥フランス語
⑦ドイツ語
⑧ロシア語
⑨スペイン語
⑩インドネシア語
⑪アイヌ語

世界の主要言語の中で、手を付けていないのは、イタリア語、ポルトガル語、ヒンディー語くらいかと思います。

④東南アジア人疑惑とか、在日韓国人疑惑がありますが・・・!?


この写真は、このブログを始めたばかりのころに1人撮影会で撮った写真…。あの頃は、ラテン系女子を目指していたのですね…。

ブログを書き始めて四年目にして、中傷メールも来るようになった私。実は、それだけ顔を覚えてもらっているということで感謝はしているのです。( ´艸`)

特に、この人いつも日本ディスるようなネタかいてるけど、在日韓国人じゃないわよね?とか、白人崇拝、人種差別的な記事はやめろ!とか、そういう類のものですが…。(笑)

何も反論できない人に限って、在日韓国人という逃げ言葉で済ませてしまうのは、本当に申し訳なく思いますね。北海道で生まれ育った私は、上京して本州に来るまで、在日韓国人という言葉すら知らなかったのですが…。

また、なぜフェイスブックの出身校が高麗大学校と書いてあるの?なぜ、韓国語を流暢に話せるの?と疑問に思われていることも事実です。

私は韓国の大学に正規留学するという、人生の途中で普通の日本人とはちょっと違ったルートを通ってきたうちの一人ですが、そのことが、あなたは本当は日本人じゃないんじゃないの?という誤解に繋がっているようです。



→別に韓国人!と思われること自体は嫌ではありません。むしろ最近は、中国人みたいな顔してるねー。という謎の嫌味!?みたいなものにも慣れました(;´・ω・)

高麗大学校は出身校ではなく、韓国語の語学堂に通った3ヶ月くらいのことであり、またその後、英語と韓国語を仕事で使えるレベルに引き上げるため、大田の大学に入学しています。(経済的な理由で1年で中退してしまいますが…)

韓国のレベルは実はそれほど高くはなく、簡単な言葉を繋げて会話ができる程度であるけれども、韓国人からはイントネーションだけは良いね。と言われることはあります。(現地で生活していると多少そうなるのでしょうね)

ちなみに、私がときたま東南アジア人に間違われるのは、父方が縄文系だからかもしれません。日本にはあまりいないタイプ?のようにも見えるチベットやアフガニスタンにもいそうな感じのタイプの南方系です。

また母方が朝鮮人っぽい顔をしているので、たまにどこの国から来たの?って言われることもありますが、韓国では日本人がほとんどいない大田という町でも、日本人とバレているので、一応日本人の平均顔には入っているのかもしれません。(^^;)

そういう事情もあってか、私は人種に関する記事を書くことが好きで、人種差別につながるような記事は一切書くつもりはありません。

⑤新しいタイプのプロパガンダですか?


プロパガンダと聞くと、何やらものすごくネガティブなイメージがあると思います。これは政治的に関連する言葉であり、またありもしないようなことを宣伝したりするような意味合いもあるためだと思います。

けれども、このブログを4年くらい続ける中で、一部の人から、この多言語を話せるっていうなんだかガールって、新しいタイプのプロパガンダだよね。というような声が聞かれて以降、私自身もそのようなレッテルを張られたことに、多少は悩みましたが、

なんなら、

マルチリンガール=プロパガンダ

というふうにブランディングしたらどうか?とも考えたのです。

当初私のブログは語学系を扱うブログがメインだったのですが、それから数年経ってからブログのコンセプトを一新し、海外のブロガーやユーチューバーなどと提携したりもすることで、日本では伝えられていない情報をこのブログを通じて発信していくスタイルに変えました。

なので、当然、海外の人たちの率直な意見も載せていますし、日本語ニュースではあまり見られない、海外から日本が見下げられているような内容も出てきます。

このブログで感じて取ってほしいのは、このブログに書いてある内容ではなく、真実は何か?という、物事を見極める力であります。

もちろん私がすべて正しいことを書いているわけでもなく、私の主観的による記事が多いのも事実です。

また、色々な意見を見ることで、すべての国が日本と同じような価値観でもなければ、美しさの基準も違うのだということを理解してほしいだけなのですね。

そういうものを包み隠さず、マルチリンガールのりょうこがこのブログを通じて発信していければと思っています(^^♪

⑥日本が好きですか?どのような政治観を持っていますか?


簡単に言えば、私はいわゆる日本すごい!系に属すると思います。

高校を卒業したばかりのあの頃、なんでも揃っている日本で生活していては、自分自身成長できないと思って20代の多くを海外で過ごすように努力しました。

また海外を放浪して、日本という国はどれほど素晴らしいのか。ということをいつも考えてきました。

海外で生活していなければ、今の日本の生活が当たり前。というふうにしか感じなかったと思います。韓国の老人が集まるコシウォンで貧乏生活したり、中国で給料3万円くらいで生活したり、そういうギリギリの生活を通して、どれほど母国の先人たちに感謝しなければならないのか。ということを何度も考えました。



日本に帰国後、国家の品格という本を読んで、ドイツ人の友達に対訳版をプレゼントしたくらいです。それくらい、海外の友達にも、日本って凄いんだよぉ~!?って言いふらすような人でした。

また、中国人や韓国人と歴史の話になることもあります。

たとえば、南京では南京の歴史についてどう思うか?と聞かれても、根拠もなく日本の意見をストレートに言うことはしませんし、また中国の意見を丸呑みするようなこともしません。

また韓国では、慰安婦や竹島といった難しい問題も質問されましたが、相手が教養のある人たちが多かったこともあり、お互い歩み寄る形での議論をとなり、何のトラブルもありませんでした。

というふうに、歴史観に関しては日本の書籍などで読んだりしたことを信じることが多いのですが、実際に相手の立場を考えてその時々に、うまく交わしたりしていることも事実です。

⑦将来の夢を時系列にまとめてみました!


私の将来の夢の変遷を知ることで、どこに行こうとしているのか?私という人間がどういう人間か少なからず分かると思います。

私が物心がついたころは、キャンピングカーで生活することに憧れていました。よくフィリピンの海に家が建っているウォータ・ロッジみたいなところに住んで、魚を焼いて食べたりするという、自然との生活をイメージしていましたね…。

幼かった頃の私は、大人になったら自由になるものだと思っていましたからね。

それから、次々と、私の将来の夢は変わっていきます。

大工→医者→ホテルスタッフ


・国語教師
中学時代や、高校時代には、色んな先生をみてきて、私なら、こうするのに。と何度も思っていました。大人たちが子どもにきちんと教育をしないとだめだと思い、高校教師になりたいと思っていました。

私は昔から、正義感とか道徳的にどうとか、そういうことに細かい人だということも影響していると思います。

客室乗務員 →インテリア・デザイナー →個人事業主→ウェブデザイナー →旅行会社のスタッフ→ファイナンシャル・プランナー



・国際ジャーナリスト
今現在、私のブログではたくさんの海外の情報を提供しています。そういう意味でも、この夢は叶っていると言えるかもしれません。



・日本語教師
教え、教えられる喜びは私の生きがいです。これからもずっと教育関係には携わっていきたいと思います。約3年以上続けている英語メンターの仕事は今後も継続していきたいです。



コスメトロジスト→植物学者 


・不動産投資家
ロバート・キヨサキの本に影響され、個人事業主→投資家→篤志家という道を真剣に考えました。証券外務員の資格をとり、証券会社で働いたこともありますが、投資ということが自分が熱心に集中できることではないと判断したため、断念。

自分の適性を知ること、また自分の長所、短所を知ったうえで、語学を使用する翻訳などの仕事が、ストレスを感じなく、できる仕事だということを悟ったのも、この不動産投資家の夢が消えた後です。



・フィランソロピスト(篤志家) 
お金があれば、教育を通して、貧しい子どもたちに教育の機会を与えたい。ただお金を寄付するのではなく、ひとりで生きていくための支援としての教育です。私は高校卒業後、発展途上国の人たちを助けたいといったボンヤリとした夢しかありませんでした。

けれども正直な話、彼らに食べもやお金を提供しても、何も変わらないのです。なので、私は教育方面で何か役に立てないか考えているところです。

そのためずっと青年海外協力隊に参加してアフリカなどの国へ行きたい。という気持ちもありましたが学歴の面で断念。

そういう思いが今でもずっとあり、それには私自身ビジネスをしたいと思っています。しなければならない。ではなく、したいのです。ビジネスとはお金儲けです。

⑧好奇心の強さが私の人生を変えた


日本から出たい。

と今まで何度も思ってきた私。そういう気持ちが私を海外へ連れていってくれました。もし私が高校卒業後に大学へ進学していたら、この人生はありませんでした。

自分でお金を貯めて、知らない国へ行く。そんなことができる日本で、私は生まれ育っちました。

もし私が北朝鮮人だったら、
もし私が戒律が厳しい一部のイスラム国家で生まれていたのなら、
もしインターネットがこの世になかったのなら、

これは不可能だったはずです。

20代前半はとにかくあまり何も考えずに海外へ旅行に行ったり、海外で仕事してみたり、時には海外で恋愛したりしました。

そんなは私はこれといって自慢できるものも、特技も何もありませんでした。ただ唯一、可能性のあるものとすれば、20歳から何度も中断したけれども続いてきた英語。

私には英語しかなかったのです。



もし英語がなかったら、したくもない仕事をずっと続けていたと思います。そして自分らしく生きていくことはできなかったのではないか?とさえ、思っています。

そんな英語を韓国で数年間、貧乏生活に耐えながら頑張ってきました。

そして韓国留学を終え、日本で本格的に仕事をしようと思ったころ、NCC綜合英語学院というカリスマ英語講師の面接に通過しました。結局はこちらから辞退することになりますが、その後、私はますます自分の英語に対する自信を持つようになりました。

それから私は、英語使用の業務なら、なんでもやってみたいという気持ちになります。実際に英語を使用しながら、いろんな職場を転々することになります。

そして、私は英語だけではなく、さまざまな分野に興味を持ち始めました。

たとえば、英語の語源を勉強してからは、世界史、特にあらゆる宗教について勉強してみたり、金融、医薬、貿易、コンピュータなど、今まで英語翻訳でかかわってきたすべてのことに興味を持ち始め、また勉強の楽しさを知ることで、毎日の過ごし方が以前と随分変わりました。

私は今後も、このブログを通じていろいろなことを学習していきたい。そんな気持でいつもブログを書いています。

⑩今後の活動について


2017年11月より、完全に会社に通うというスタイルを辞めており、現在は在宅での仕事一本にしています。

・英語教師
・翻訳
・ブログ

これらの収入によって生活しています。現在は、銀座の近くに住んでいますが、今後は、本当のマルチリンガールになるために、

今まで学んできた言語を強化する旅に出ようと思っています。

・フランス
・スペイン
・インドネシア
・ロシア(キルギスの可能性が強い)
・ドイツ
・フィンランド

など、それらの国々を回っていくことで、よりブログの内容を強化したり、また新しい情報を発信していきたいと考えています。

ま、このうちどの国を回れるかは、わかりませんが…。ま、性別不詳がいけない国もたくさんありますので、せっかくアラビア語が大好きな私ですが、行けない国はたくさんありますがね…。もしばれたら逮捕されてしまう国もありますからね( ´艸`)

そのため、なるべくヨーロッパを中心にしたほうが無難と考えております。

けれども、あの広い中国をもう少し回りたいという気持ちもあり、中国に留学しなおす可能性もあり。

というのも、私は韓国の大学を中退していますので…。まだ大学生もやりたいんですよね!

いずれにしても、私の一番の関心は言語を学ぶことなので、今後、他の国に回る可能性は避けられないと思っています。今後のブログ内容にご期待を!!

こんな記事もオススメです。
「多言語を学ぶ過程で見つけた、海外の偉人による名言集(英語付) TOP50」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?10の質問に答えます! 性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?10の質問に答えます! Reviewed by よこいりょうこ on 12月 12, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.