多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由

なぜか、日本に広まらないペスクタリアン。英語で検索してみると、ペスクタリアンというキーワードだけで、日本の10倍以上。

そもそもペスクタリアンって何なの?とお思いの方が多いはず。と思いこの記事を作成しました。






私自身、ペスクタリアンになってもう7年目。

まず、この記事を読んでいただく前に、ひとつだけ言わせていただきます。
私はこの記事を読んでいる方に、私の信念、つまり私の考え方を押し付けるつもりはありません!

まず、ベジタリアンという言葉の定義など、わかりやすく説明して見たいと思います。


いわゆる、ベジタリアンや、ビーガンなど、菜食主義に近い言葉はいくつかあるのですが、全てに共通するのは、鳥以外の陸生動物を食べないことが共通しています。主に、イノシシを家畜化したブタ様や、牛乳を提供してくれるウシ様です。(ここでは私が殺せない食べ物については敬意を払い”様”をつけさせていただきます。)


種類家禽以外の陸生動物家禽魚介類卵・牛乳
ビーガン××××
ベジタリアン×××
ラクト・ベジタリアン×××
ペスクタリアン××
セミ・ベジタリアン×
「参照」

”ビーガンとベジタリアンの違い”を簡単にまとめると、ビーガンは一般的にライフスタイルとして動物性製品を一切取らない。という傾向があるのに対して、

いわゆるべジタリアンダイエット健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、食事を制限すること)を目的として、動物性をできるだけ取らないという傾向があるようです。参照

まず、この二つを理解されてからではないとペスクタリアンといきなり言われても、違いがわからないと思うのです。

さて、ペスクタリアンとは何?

まずペスクタリアンという言葉を語源から紐解いてみることにします。
ペスクタリアンという言葉自体、実はわりと新しい言葉で、 "VEGE-tarian" の  "VEGE" を"PESCE"置き換えただけです。"PESCE" 現在のスペイン語でも魚の意味を表します。

漢字に変換してみると、
ベジタリアン=野菜主義者
ペスクタリアン=魚主義者

ですが、上の表のように、食べられるものは、野菜主義者や魚主義者のような言葉からは推測できません。なぜなら、ベジタリアンは野菜だけを食べる人ではないし、ペスクタリアンは魚だけ食べる人でもないからです。



私がペスクタリアンになった理由とは?

私は、2010年6月から約1年3ヶ月、お肉、および動物性製品の摂取をしていませんでした。

つまり、牛革のカバンを持ち歩いていなければ、ほぼほぼビーガンに近い生活をしました。けれども、卵などは食べてましたけどね・・。全然ビーガンに近い生活じゃなかったかも!?(笑)

そもそもなぜ、そのように動物性製品の摂取をやめたかといえば、ビーガンに近い生活を始めることで、何か自分でも長く続けられるものが欲しかったからです。

そして、今後の人生においての柱となるものが欲しかったのです。

私がビーガンに近い生活を決意したのは、その年、ニューヨークの恋人に会いに行った後でした。今後、どこでも暮らせるようになるには、自分が食べるものにより気を付けられる人間になりたい。という思いもあり、食べ物というものをよく知る上でも、食についてもっと見直そうと思ったというのもあります。

その後、約1年3ヶ月後、北海道へ帰国(私にとっては北海道は国・・)したとき、両親と一緒に回転寿司を食べたのをきっかけに、また魚を食べる生活に戻りました。

それ以降、私はベジタリアンではなく、厳密に言うとペスクタリアンです。

”どうしてペスクタリアンになったの?”と聞かれるたびに、その質問に答えられるように、いつも考えていましたが、なかなか頭の中でまとめる事ができないでいました。多くの人に、

”植物だって生きているんだから、同じじゃない。”

と言われたり…。そしていつも何も言い返すことすらできませんでした。ですが、よく自分に問いかけた結果、自分に納得のいく答えがでてきたのです。

まず、私は、ビーガンでも、ベジタリアンでも、ペスクタリアンでもないかもしれません。私が決めたルールは、

”自分で殺傷/殺生できないものは食べない!” というものでした。



みかんや、リンゴ。そしてバナナなど、私が大好きな果物に包丁を入れることは簡単にできます。またそのことに対しても抵抗が全くありません。

私は何のためらいもなく、この写真のようにリンゴを真っ二つに切ることができる。

またミカンの皮をむいて食べることに抵抗がありません。

こんなことを書いていたら、昔ミカンの皮を集めて、お風呂に入れてミカンの香りを楽しんでいた頃を思い出してしまいました。また私が真冬の韓国ソウルで生活していた時に、路上で売っていたミカンを大量に買い冬を凌いでいた記憶も。

私は果物をたくさん食べられるほど "wealthy" ではありませんが、メロンやキウイ、こんな包丁を使う果物や野菜も、何の抵抗もなく、切ったりできます。


私は小さいころよく、潮干狩りに行きました。そこでは昆布やウニ、アサリ、カニなどたくさんの "aquatic animals" (水生動物)がいました。あったのではなく、いたのです。

つまり生きているものですから、陸で生活する terrestrial animals (陸生動物)のように、いたのです。ですが、私は滅多に魚をさばいたりはしませんが、必要に応じて捌くことに抵抗はありません。できれば、あまり捌きたくはありませんが…。

ですが、お寿司を食べたり、魚料理を食べることは私の唯一の楽しみでもあります。こんな贅沢ができるのなら、別にお肉を食べなくてもいいという自制の気持ちも、あったりします。(欲張れば欲張るほど、私はそんな自分が好きではないので・・・)

私には、自分の手で、皮を剥いたり、包丁で切ったりできないものがあります。

”Terrestrial animals” 陸生動物 です。

(カナダでは多くのアザラシの赤ちゃんの毛が奪われています。)

私は、何もカナダでのアザラシの現状や、中国人による象牙(ぞうげ)の問題を提示しているのではありません。

私は現在とても豊かな国である日本に暮らしていますが、もし日本でも食糧危機になったり、サバイバル的な環境に移ってしまったら、おそらく生きていくためにペスクタリアンをやめるでしょう。ですが、今の私にはペスクタリアンを辞める理由がありません。栄養に関しても、卵・牛乳などの乳製品をとっているので、特別お肉からしか摂れないものなどないからです。

乳製品などを採らなければ、もっと工夫をした食事を心がけなければなりませんが...。現代日本人は生まれたときから肉を食べるという生活をしているので、肉を食べなければ健康に害があると勝手に思っているだけです。

それでは肉をほとんどとらないパキスタン北部フンザエリアに住んでいる人はどうして世界でも最も平均寿命が高いのでしょうか?

他にも英語で調べてみれば、スイス・ドイツ・イギリスを中心に世界がペスクタリアンやラクトベジタリアンがとても増えてきています。

日本語でベジタリアンに関する情報を調べるのと、英語でベジタリアンに関する情報を調べるのとでは、量・質、また意見が全く違うことに驚くでしょう。

(以下の画像をクリックすると、アマゾンの詳細ページに移動します)
 
(この豆乳は、2010年からずっと飲み続けています。髪の毛が柔らかくなり、肌が滑らかになりました。また肉の代わりに良質なたんぱく質を摂取できます)

ペスクタリアンになってから起きた変化

今まで食べた動物がどのようなプロセスでこの世に誕生したのかを調べるきっかけになりました。私はこのページで、ペスクタリアンになって、こんなメリットがあったよ!なんて言うつもりはありません。ただ実践して年齢を重ねるたびに、私は本来、食べなくても良いものを食べていた時期があったのだなと感じたりしています。

なぜなら、魚介類、卵や牛乳といった、本来の日本食(明治維新までは日本は長らくお肉を食べることを禁止していました)で、きちんと動物性のものは摂取でき、あえてお肉を食べる必要がないからです。

明治維新までお肉を食べることを禁止していた。というのはちょっと大げさな表現なのですが、このような期間があったのは確かです。ですが、もちろん食べている人もいたのが現状です。

お肉を食べない生活を続けているとわかりますが、いきなり肉を食べたとき、胃に違和感を感じるのがわかります。私はペスクタリアンになることを押し付けるつもりは全くありません。ですが、このページをお読みになって、このような意見もあるのだということをお伝えしたく、記事を書かせていただきました。

日本にはペスクタリアンの本が売っていないのですが、アメリカなどでは普通に聞く言葉でもあり、本もこのようにたくさん売られているようです。料理ですから読めなくても写真だけ見るというので、続けるきっかけになったりするかもしれませんね。画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします。なんだか海外を先取りした気分ですね。(笑)

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

2016年06月19日更新





お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由 お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 04, 2014 Rating: 5
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.