多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

中国語の語順は、英語が70%と日本語が30%です。覚え方は【タイムリミット】

中国語の文法(語順)は70%が英語と同じ、また30%が日本語と同じといわれています。意外にこの情報を知らない人が多い。

それはさておき、まず中国語の語順は実は、英語と全然違う。ということを知識として頭に入れる必要があります。




私はよく英語と中国語をできるものとして、一般の日本人から質問されるのが、”英語と中国語って語順が同じなんでしょ?”というものです。

例えば、派遣などの面接なんかで、語学力をアピールする際に、私が英語と中国語どちらとも話せます!なんていうと、たいてい面接担当者の中の誰かが、こんな質問をしてきますね…(笑)

私は以前、中国語が中途半端な時期があり、そのときは中国語を英語の語順で話していました。そして、英語っぽい発音とも言われたことがあり、

あ、それって私が英語うまいからだよね?とか、別に中国語の語順も英語の語順風に話してもいいじゃん。みたいな、気持ちがあったことも事実です。。

そのうち、中国人からは嫌な顔をされたり。

ちゃんと中国語の語順も学びなさいよ!とでも言いたかったのでしょう・・・。


(中国らしい写真を発見)


私のように、中国に何度も行って、ある意味中国人からは中国人より中国のこと知っているよね。などと言われていたので、そんな中国通の私がが英語の語順と英語の発音で中国語を話していたら、そりゃ嫌われますよね…。

そして時間が経つにつれ、私自身も中国語の学習にきちんと取り組むようになりました。その中で、一番意識をしていなかった中国語の文法。

ですが、実際、英語に慣れてしまった私が中国語の語順を並び替える作業は結構難しいです。

ということで、こんな記事を作ってみようと思ったのです。

以下の例文をご覧ください。


我昨天开心地在公司用电脑跟他聊了几个小时。
私は昨日会社で楽しみながら彼と数時間パソコンでおしゃべりをした。

ちょっと無理やりな例文になっちゃったかな?

実際にこんなに⑧つもの単語を使った文はあまりないと思いますが…。
こんな無理やりな分ですが、一応中国語での語順の優先順位が以下となっています。


 順  
例文の単語
  ①主語どんな言語でもこれは不変
  ②T (Time)
昨天
  ③M (Manner)
开心地
  ④L (Location)
在公司
  ⑤I (Instrument)
用电脑
  ⑥T (Target)
跟他
  ⑦動詞 (Verb phrase)
聊了天
  ⑧どのくらい (Time duration)
几个小时

http://resources.allsetlearning.com/chinese/grammar/Word_order
このページを参考にしています。

そして、⑦について特に注意してほしいのです。

英語は②、③あたりに動詞が来るのに対して、中国語の場合は主語と動詞の中に入るものがとにかく多いです。ここが注意するポイントです。

また、⑧つも覚えなくても、 TMLIT と覚えるだけで十分だと思います。なぜなら、主語はどの言語でも前に来ることが多く、また中国語の動詞は最後の方に来るということを覚えておくこと、またどのくらいの時間というのが最後に来ることくらいは簡単に覚えられるはず。

厄介なのが、赤い部分の TMLIT でしょう。
私の頭は英語優先なので、中国語の語順はこのように覚えてしまっています。

"TMLIT"という頭文字。TMレボリューションじゃないですからね!?(笑)
タイムリミットの略語と思い込んで…。これで思い出すようにしています。

また、中国語の語順は英語とちょっとばかりではなく、かなり違うということをお分かりいただけたと思うのですが、

もちろん、

I Love You = 我爱你 のような SVO だけの短文は英語と同じですが、長くなるとだいぶ変わってくるということですね。。

私はこの文法を、2015年11月、中国語を使用する会社で働いていたときに、会社への出退勤時に歩きながら、何度も口ずさんでいました。(笑)


日本語と中国語だけを話そうと思っている人には、これを覚える必要はないかもしれませんが、英語を第一外国語として文法が固まっている方であれば、ぜひタイムリミットと暗記していただくことをお勧めします。

ちなみに、30パーセントは日本語と同じ語順と書きましたが、

たとえば、このような例文です。

这 个 红 色 的 小 盒子 里面 有 什么?
この赤色の小さい箱の中にあるのは何?

これって、まったく中国語と日本語の語順が同じですよね?こういうのは中国語の文法力が上がってくると気づくことであり、知識として覚えておくと後々、あそういうことだったのか!というのがわかってきます。

以下は私が一年以上かけて学んだ文法書。


(画像をクリックするとアマゾンのレビューページがご覧になれます)

正直レビューにも書いてある通り、中国語の文法はこの一冊で十分です。それは私が保証しますし、私はこの文法書を現在中国語を教えているメンティーさんとも使用しています。

以下おまけとして、英語と中国語の簡単な語順を解説していきます。

これを読めば、英語と中国語の語順を3分間でマスターできる!?


ここでいう中国語とは、いわゆる北京語である普通語です。中国語といえば、広東語や上海語も含む大きな概念ですが、このページでは、中華圏の共通語である普通語のことを指しています。

「中国語(普通語)は英語で、マンダリン?その意味と語源」

こんな表を作ってみました。
英語I     went toFolmosa by airplanesome years ago to study Mandarin.
中国語有些年前坐飞机台湾学习中文了。

上述したタイムリミットにないものがここには、あります。そうです、

学习中文了の部分。英語と違って、中国語の勉強をするために、と言いたいとき、ために。という部分は不要になります。

为了~するために。という言い回しもありますが、基本不要です。このようなフレーズは分の最後のほうに来ることが多いです。

上の二つの例文をもう一度何度も読んでみてください。そうすると、論理よりも勘が働くようになります。

ちなみに、

フォルモサってどこ??と思ったあなた…。台湾の別称です。

やはり、中にはこのように日本語と全く同じ語順のパターンも存在します。

工作 的 事 我们 以后 再 讨论。→仕事のことは、私たちは後で、また討論しよう!
我 把 书 看 完 了。→私は本を読み終わった。

どうでしょう?日本語と中国語の語順まったく同じですよね?

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」
「中国語(北京語)を勉強するメリット、需要、重要性」

2017年04月15日更新





中国語の語順は、英語が70%と日本語が30%です。覚え方は【タイムリミット】 中国語の語順は、英語が70%と日本語が30%です。覚え方は【タイムリミット】 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 19, 2014 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.