新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

典型的なドイツ人の特徴「TOP10」を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!?





現在ドイツ語に没頭している私は、ドイツ人イケメンやらドイツ人の考え方に夢中である。毎日仕事の合間にドイツ語の単語を覚えたり、ドイツ語圏の動画を漁ってみたり、またまたドイツ人イケメンのようなキーワドをドイツ語でグーグル画像に入れて、イケメン物色を始めたり…。

毎日暇なく過ごしているマルチリンガールりょうこですm(__)m♪

で、ドイツ人に街中でインタビューするような動画を観ていると、何やら色々な発見があった。もともといろんな人種が集う国だということは知っていたが、なぜかドイツにいるというだけでかっこよく見えるのは気のせいか。

明らかにドイツのブランド力は、アメリカのそれとは違う。私にとってアメリカ人=カッコイイというふうには結びつかない一方、ドイツだと何かシッカリとした何かを感じてしまう。なんじゃそれ?と言われそうだけど…。

哲学?やはりアメリカに比べると歴史も深いことが影響しているのかも。このように勝手なイメージとして私の頭の中に根付いているわけだ。

で、ドイツ人ってどんな特徴があるのか?ということをもっと調べたくなったの、英語圏やらドイツ語圏のサイトを参考に、10にまとめてみた(^_-)-☆

以下の内容は、私も主観も一部入っているので…。ではでは始めよう。


①ルール、組織、構造を愛する民族。それがドイツ人だ



(写真は、ドイツ人とは関係ない→ロシア人のモデルで、インパクトが強かったので採用。写真をクリックすれば動画に移動します)

ルール?それなら日本人もルールを守るのが好きでしょう?と思われるかもしれない。けれども、日本の場合、ルールだから守るという考えよりも、みんながやっているから私もやるという考えが先行していると思う。

たとえば、ルールがあったとしても大多数の人がやっているからいいんじゃないの?というような、”ノリ”みたいなのが日本には存在している気がする。

考えてみれば、日本人って、ノリでやった。とか、微妙。とか、あまり何も考えていないのが言葉に出ている場合もある。(;^_^A

例えば、車が通っていないような信号で、誰かが赤信号を渡っていたら、あの人も渡ってるから、いいか!という感じで、みんなでやるのが日本人である。

また、組織を愛するという面では日本人と似ているのではないか?実際に日本には多くの科学者がいるのだし。けれども、科学者と言えば、ノーベル賞を受賞している約20%ほどが、ユダヤ人だと言われているのには、敵わないかもね…。

「ノーベル賞の20%、世界の富の分配、産業の独占。日本人はユダヤ人(失われた10支族)説まで、ユダヤに関する知識 TOP10」





②ドイツ人は超直接的

日本人とドイツ人が一番馬が合わないと言われている部分がここだと思う。ドイツ人はアメリカ人よりもさらに直接的。もっとわかりやすく言うと、空気を読まずに、日本人であれば言わなくてもいいと思っていることを言ってしまうタイプの人が多い。

こういう意味では、韓国人もドイツ人に近いと言えるだろう。

おそらく日本人は、アメリカ人はストレートに表現する。と教わってきていると思うが、そのアメリカ人の間でも、ドイツ人はさらに直接的だと話題になる。

「日本人はどっちに似ている?ドイツ人とアメリカ人の違い TOP20」

なのでドイツの場合、ビジネスでは、直接的な表現を好まない国とはコミュニケーションにおいて苦労する場面も有るそうだ。

ちなみにアメリカ人は、日本人が思っているほど直接的ではない。遠回しな表現を使う人が非常に多く、特に教育レベルが高いほど、その傾向が強いと思う。(イギリス人っぽくなるのかも)

Reference Site
How to tell when Germans are really being rude versus just being German


③余所余所しい民族

アメリカ人と比較した場合、ドイツ人は初対面ではあまり自分のことをたくさん言おうとしないということは有名。この部分は、日本人と似ているのではないか?と思う人もいるかもしれない。

あまり自分のことを話さないというよりは、初対面の際にのみ、話し方がフォーマルであったり、距離を少し置こうとするのがドイツ人。つまり余所余所しい。

ちなみに余所余所しいというのは、 distant と表現する。 distance 距離の形容詞系というわけ。

で、これはパーソナルスペースにも関係しているようで、中国人・韓国人が誰かと話すとき近距離で話すのに対して(仲良しの場合)、アメリカ人や日本人はもう少し、距離がある。

日本人の場合は、初対面でも仲良くなっても、相手との物理的な距離が広い場合が多い。一方、ドイツ人の場合は、仲良くなると、その距離は他の国に比べてもグッと縮まることが有名。

「韓国人はなぜ近距離で話す?パーソナルスペース(プロクシミクス)が広い国と狭い国 TOP20」


④フットボール、ビール、ソーセージが好きな民族と言うのは本当?



フットボールといえば、香川選手もドイツで活躍されているのでファンも多いのではないだろうか。ドイツ国民全体がフットボールを愛するとも言えるそうだ。

またビールが好きでソーセージが好きと言うのも、あてはまるのだけど、一方でベジタリアン人口もかなり増えているのが現在のドイツで、収入が高いほどベジタリアンになる傾向が強くなるともいわれている。

「ベジタリアンを推奨する国、国民に占める割合が高い国 TOP20」




⑤他国を見下している傾向があるかもしれない

最近いろんな言語で、ヨーロッパの民族関係を調べてみると、なぜかドイツ人が嫌われている。というようなスレッドをよくみる。

他国からはドイツ人は自分たちが一番凄い民族だと思われているような書き込みがあった。私は今までフランスがヨーロッパで1番ナルシストな国だと思っていたのだけれど、今やドイツはフランスをも超える経済大国だし、またイギリスよりもドイツのほうが経済的に強く、ヨーロッパにおける影響力はドイツのほうがTOPだ。

つまり経済的、政治的にドイツはヨーロッパの中心であるし、またヨーロッパにおける、民族?つまり、ラテン系のなのか、北欧系なのか?という部分で、ドイツの場合北欧系(ゲルマン系)の民族が多いこともあり、そういう民族性からも、他国を見下している部分があるのではないか、と私は最近考えるようになった。

特にスペイン、イタリア、フランスよりも北方に位置するドイツのほうが、金髪、ブルーの瞳率も高く、また身長もヨーロッパの中でも高い。

この身長が高いのは大きいかもしれない。オランダや、北欧も身長が高い人が多けれども、その中でもドイツが一番の経済大国ということも加味すると、納得がいく…。

「白人には何種類ある?北欧系、南欧系、中東系、インド系、アフリカ系を比較」

なので、経済危機で喘いでいるスペイン・イタリア・ギリシャからすると、ドイツ人とうのは、自分たちより強い民族に思ってしまうのではないか?

また、身長的な部分で言えば、最近の韓国とも重なるかもしれない…。

「日本人が低身長なのは遺伝が理由?背が高い国、低い国 TOP20 と、平均寿命との関係」


⑥なぜヨーロッパの王室、貴族の出身はドイツばかり?

私のブログに王室系のカテゴリがあることからも分かると思うけれども、なぜかヨーロッパの王室には、現在のドイツ周辺が出身のものが多い。

「ハプスブルク家、ブルボン家、ザクセン=コーブルク=ゴータ家。現在もヨーロッパに存在する貴族」

もともとフランスという国は、国としてのまとまりがあったのに対して、ドイツという国ができたのは最近。それまでは、ドイツは神聖ローマ帝国という名ばかりの諸侯の集まりだった。

つまり、日本のように、日本!!という感じではなかったのである。また現在、世界のエスタブリッシュメントの中でもかなり格上の存在であるロスチャイルドファミリ―初代当主のマイアー・アムシェル・ロートシルトなんかも、もともとフランクフルトにあるヘッセン=カッセル方伯(ヘッセン選帝侯)のヴィルヘルム9世(後のヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世)の御用商人の銀行家となったことで成功のきっかけを掴んだとされ、その後、ナポレオン戦争で大きな財を成した。と言われている。

「支配階級「エスタブリッシュメント」。国や教育レベルによって意味が違う?」

「ロスチャイルドの五家(フランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリ)と、その末裔たちの現在」

つまり、歴史を語る上で、ドイツの貴族や現在の王室とドイツとの繋がりは無視できないのかもしれない。





⑦ヨーロッパのヒエラルキーで一番頂点?

ヨーロッパと言っても、いろんな国があるので、ここではヨーロッパの主要国であるイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインのみに絞って考えよう。英語圏の掲示板を見ていると、「なぜスペイン人は見下されるのか?」というようなタイトルとともに多いのが、「なぜドイツ人は他国を見下すのか」である。

単に、この主要五か国の中で一番人口が少ないスペイン(4600万人)およそその二倍も人口がいるドイツ(8200万人)と、あたかも人口の多い少ないが関係ありそうにも見えるが、

おそらくそれは人種の違いによるものであると思う。

「白人とアラブ人のハーフなのですか?に怒りの声も。なぜスペイン人は認めたがらない?【海外の反応】」

「誰も言えない、欧米、東アジア、東南アジア、国籍や人種間におけるタブーな序列(ヒエラルキー)日本人は何位?」

Reference Site
Why do German look down on other countries?


⑧ドイツが勝てない国、それがオランダ

ここは私の勝手な想像なのだけど、ドイツが勝てない唯一の国がオランダではないだろうか。まず、人間(特に男性)が一番、目に見える形で勝ち負けを決めることができる身長をとってみても、オランダの平均身長(184cm)のほうが、ドイツの平均身長(178cm)よりも、高いからだ…。

また、ブルーの瞳や、金髪率も同じ北欧なので高い。

もう一つ注目する点は、1人当たりのGDPと購買力も、ドイツよりもオランダのほうが高い。ということかもしれない。

国名一人当たりのGDP一人当たりの購買力平価
オランダ48,55553,582
ドイツ44,76950,206
アメリカ59,79259,495
日本38,44842,659

アメリカが異様に高いのは、アメリカ全体の中に少数ながらも、大富豪が多く存在するからではないだろうか。と思うことがある。

というのは、アメリカ国民の大部分は、かなり貧困にあえいでいるからだ。

「閲覧注意!!これがロサンゼルスの現実。ホームレスと売春婦、そして警察だらけ?日本では絶対に見られない光景!【海外の反応】」

また、オランダの人口は、1700万人と、スウェーデン(1000万人)、ノルウェー(500万人)、デンマーク(570万人)などのスカンジナビアの国々の合計と同じくらい。(ちなみに、フィンランドはスカンジナビアには含まれない)

つまり、北欧の中でも、オランダは結構、質が良く見えるのかも。となると、白人のイケメンを目指している一部の日本人女子は、オランダ人男子を狙うべしかもねぃ( ´艸`)




⑨ドイツ語圏はお金持ち国家が多い

ドイツ語圏といえば、ドイツを中心に、オーストリア、デンマーク南部、スイス東部、リヒテンシュタイン公国など、とにかく一人当たりのGDPが高い国で話されている言語であり、こういう国の集まりの中心がドイツになるため、やはりドイツ人は、他のヨーロッパ人を見下してる傾向があると思う。というのが私の見方。

ちなみに、日本ではドイツ語よりもフランス語が人気だけれど、韓国では、フランス語よりもドイツ語のほうが断然人気だ。

「「韓国語を学んでる日本人って頭おかしい人、多くね?」って韓国人に言われて思ったことと、日本人はフランス語が好きで、韓国人はドイツ語が好きな理由」


⑩全く相手にされていない日本人

最後に…。この記事ではヨーロッパの中におけるドイツ人のことを書いていたが、一番気になるのが日本人のことをどう思っているのかである。

私が調べたところによると、まずドイツはフランスよりも人口が多いのにも関わらず、学校教育で日本語を学んでいる人がフランスよりも少ない。

「世界の日本語学習者 TOP10。意外な国(先進国)で日本語が一番学ばれている理由と、世界の韓国語学習者 TOP10」

それに加え、ドイツでは一昔前の世代に日本の伝統文化やソニーが活躍していた時代などに、そういうイノベーションを起こすメーカーは人気があったが最近は全く話題にならないという。

それだけでなく、

「なぜドイツ国民の46%は日本にネガティブな感情を抱くのか?ドイツ人は日本が嫌い?【ドイツの反応】」

のように、ドイツでは日本人がドイツに関心を抱いているほど、日本に関心を抱いている人はあまりいないということが分かるのではないだろうか。

こんな記事もオススメです。
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」



典型的なドイツ人の特徴「TOP10」を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!? 典型的なドイツ人の特徴「TOP10」を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!? Reviewed by よこいりょうこ on 12月 18, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.