2016/11/24

イタリア語を勉強するメリット、需要、重要性

イタリアと言えば、ファッション。また欧州連合では優秀なドイツと比べられ、お荷物的なイタリアともみられています。このイタリア語を学ぶということに何かメリットはあるのでしょうか?


(近代化してきているミラン市)
http://www.luxuryestate.com/blog/2014/06/new-improved-high-end-neighborhoods-milan/


イタリア人はイタリア語で返答してくれる?

よく、このように言われているそうです。例えば、フランスでフランス人にフランス語で話しかけると、無視された。という話を聞いたことはありませんか?発音が上手ではない人に対して適当に扱うというのがフランス人。だと言うのです。私は実際にフランス語をフランスで使ったことはないので何とも言えませんが・・。けれども、フランス人に自分勝手が多いのは有名な話ですし、それほど驚かない話と言えます。

ドイツでドイツ語を話すと、ドイツ人は英語で返答してくる。(気を使ってくれているのでしょう)

じゃ、イタリアでイタリア語を話すのが一番いんじゃない!?ってことで、イタリア留学をすると、かなりイタリア語が上達するかもしれない。

ということなのです。(笑)


(イタリアなら地中海のビーチも行き放題・・)


イタリアは野菜がおいしい。

イタリアと言えば、イタリアンでしょう。このイタリアンとは実は最近できたものだったというのはご存知でしたか?フランスでは宮廷文化があったのでシェフが競い合って料理が洗練されていきました。一方イタリアはただの田舎だったので、イタリア料理はなかなか洗練されなかったそうです。けれども、近代に入ってからフランス料理のように何か産業を作るために、イタリアが国をあげてイタリア料理を改良していったそうです。

そんなイタリアは気候に恵まれています。北にはアルプス。南には暖かいビーチ。南はほぼ北アフリカですからね・・。しかも、ほかのヨーロッパの国にはない地形。ブーツのように細長く、海に囲まれている。誰もが欲しがるあの瀬戸内海を独り占め。(笑)

そんなイタリア人はフランス人に負けないくらい自国に対してのプライドが高いそうです。

それは、私が思うにこの地形にあると思うのです。



よくご覧いただきたいのですが、イタリアって存在感薄いと思ったら実はそうでもないのです。まず、北は高い山で囲まれていて、実に壁の役割をしている。

たとえば、アメリカとメキシコの国境には壁がありません。なので、メキシコもカリフォルニアも、もし国境がなければ同じ国も同然なのですが、イタリアの場合、きちんと高い山が壁を作っていて、ここからここまではイタリアですよ?と、地形がそれを示している。

なので、自分の国に対する意識がとても強いのでは?と思います。ま、スペインとフランスの間にもきちんとピレネー山脈という高い山がありますが(笑)

イタリア語に1番近い言語はスペイン語

よくイタリア語ってフランス語とスペイン語どっちに近いの?って話題になりますが、スペイン語に近いようです。というのも、英語圏のサイトで私が調べました。

最近スペイン語はスペインの言語と言うよりも、カリフォルニアやメキシコ、中南米の言語として認知されています。

もちろんスペイン語を学習することにはメリットもたくさんあるでしょう。

けれども、イタリア語をマスターするくらい頑張って、イタリアという第二の故郷を手に入れるということも、捨てがたいです。イタリア語が分かれば、スペイン語はほとんど読めるようになるのですから、どっちに行くか?が

スペイン語、イタリア語、どちらを学ぶか?という判断になってくるのではないでしょうか?


(美しいトリノの景色)

イタリアって韓国に似ている?

ある意味、朝鮮半島のようにイタリアも半島です。特別な半島意識があるのは間違いありません。また人口にしても、

イタリアは6000万人
朝鮮半島は、7400万人

でさほど変わらない気もします。これくらいのサイズが好きっていう人にはちょうどいい国かも?って私もイタリアへ行きたくなってきました・・。

人は外国語を学びだすと、いきなり変わります。

たとえば、私の経験からすると中国語を学んだり話したりすると、中国人に負けないくらい強くいようっていう気持ちになりますしし、英語を話すときは、よりロジカルに伝えようという普段の自分とはちょっと違う性格になりますし、韓国語の時は、話す相手は親しい人ばかりと言うこともありちょっと甘えたな感じ。

またアラビア語のを話したり勉強しようとするときは、国際政治をもっと知ろうという風な自分になる。

で、現在フランス語勉強中の私は、ファッションに目覚め始めてきています・・。なんでしょう。自分でもびっくり・・。イタリア語を学び始めたら、より料理が上手になる予感!?

また、ヨーロッパの言語の中でもイタリアという国は、少し特殊。なぜならイギリスの英語は世界中で使われ、フランスのフランス語やスペインのスペイン語も世界中で使われている。またドイツに国境はあっても山などで分けられていないので、なんだか日本とかイタリアのような民族団結っぽさがないようにも思える。

となると、残りの大国イタリア。イタリアは海に囲まれていて北はアルプスという壁がある。。日本のような感覚が味わえるのではないでしょうか?

やはりイタリア語を学ぶ最大のメリットは、

イタリアという第二の故郷を得ることができるということ。またイタリア語の発音は日本人にとってとても簡単と言われていますし、イタリア語を学ぶことでファッションや音楽により詳しくなることができるかもしれません。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: