新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

典型的なドイツ人の特徴TOP5を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!?




現在ドイツ語に没頭している私は、ドイツ人イケメンやらドイツ人の考え方に夢中である…。毎日仕事の合間にドイツ語の単語を覚えたり、ドイツ語圏の動画を漁ってみたり、またまたドイツ人イケメンのようなキーワドをドイツ語でグーグル画像に入れて、イケメン物色を始めたり…。

毎日暇なく過ごしているマルチリンガールりょうこですm(__)m♪

で、ドイツ人に街中でインタビューするような動画を観ていると、何やら色々な発見があった。もともといろんな人種が集う国だということは知っていましたが、なぜかドイツにいるというだけでかっこよく見えるのは気のせいか。明らかにアメリカ人とは違う。私にとってアメリカ人=カッコイイというふうには結びつかいないのですが、ドイツ人だと何かシッカリとした何かを感じてしまう。

なんじゃそれ?と言われそうですが…。

哲学?やはりアメリカに比べると歴史も深いことが影響しているのかも。勝手なイメージとして私の頭の中に根付いているわけです。

で、ドイツ人ってどんな特徴があるのか?ということをもっと調べたくなってきた。

この記事は私が海外のサイトから読んだことと、自分の考えを織り交ぜた内容になっています。

①ルール、組織、構造を愛する民族。それがドイツ人だ
ルール?それなら日本人もルールを守るのが好きでしょう?と思われるかもしれません。けれども、日本の場合、ルールだから守るという考えよりも、みんながやっているから私もやるという考えが先行していると私は思う。

たとえば、ルールがあったとしても大多数の人がやっているからいいんじゃないの?というふうな、”ノリ”みたいなのが日本には存在する。

考えてみれば、日本人って、ノリでやった。とか、微妙。とか、あまり何も考えていないのが言葉に出ている場合もある。(;^_^A

組織を愛するという面では日本人と似ているのではないか?また構造を愛するという部分でも、似ているかもしれない。実際に日本には多くの科学者がいるのだし…。

②ドイツ人は超直接的


日本人とドイツ人が一番馬が合わないと言われている部分がここだと思います。ドイツ人はアメリカ人よりもさらに直接的。たとえばビジネスでは、直接的な表現を好まない国とはコミュニケーションにおいて苦労する場面も有るそうです。

日本人の間では、アメリカ人はオープンでフレンドリーで、なんでもハッキリ言う。というふうに教わってきたと思います。

けれども、アメリカには、特に教育を受けた人たちは、相手の反応をうかがいながら、言わなくていいことまでは言わない人も多いのです。

空気がきちんと読めている人も多い。なので、アメリカ人=なんでもかんでも直接的に話すではない。と私は思う。

けれども、そんなアメリカ人からドイツ人をみると、ドイツはとにかく直接的に何でもいうという印象があるのだそうです。

私もドイツ人2人と付き合っていましたが、一人はかなり直接的で言わなくていいことも何でも言うような人だったので、なんだか意味が分かる気もする。




③余所余所しい民族
アメリカ人と比較した場合、ドイツ人は初対面ではあまり自分のことをたくさん言おうとしないということは有名。日本人と似ているのではないか?と思う人もいるかもしれません。確かにこの部分では、日本人と少し似ているところがある。

あまり自分のことを話さないというよりは、話し方がフォーマルであったり、距離を少し置こうとするのがドイツ人。つまり余所余所しい。

ちなみに余所余所しいというのは、 distant と表現する。 distance 距離の形容詞系というわけ。

で、これはパーソナルスペースにも関係しているようで、

中国人・韓国人が誰かと話すとき近距離で話すのに対して、アメリカ人や日本人はもう少し、距離がある。でドイツ人はもう少し距離があるそうです。

「韓国人や中国人はどうして近距離で話す?パーソナルスペース(プロクシミクス)が広い国と狭い国」


④フットボール、ビール、ソーセージが好きな民族と言うのは本当?


フットボールといえば、香川選手もドイツで活躍されていますよね。国民全体がフットボールを愛するとも言えそうです。またビールが好きでソーセージが好きと言うのも、あてはまるのですが、一方でベジタリアン人口もかなり増えているのが現在のドイツ。

「イケメンサッカー選手、香川真司の英語、ドイツ語を徹底検証!」

⑤他国を見下している傾向があるかもしれない
ここは私の推測なのですが…。最近いろんな言語で、ヨーロッパの民族関係を調べてみると、なぜかドイツ人が嫌われている。というようなスレッドをよくみる。

他国からはドイツ人は自分たちが一番スゴイ民族だと思われているような書き込みがありました。私は今までフランスがヨーロッパで1番ナルシストな国だと思っていたのですが、今やドイツはフランスをも超える経済大国だし、またイギリスよりもドイツのほうが経済的に強く、ヨーロッパにおける影響力はドイツのほうがTOPだ。

つまり経済的、政治的にドイツはヨーロッパの中心であるし、またヨーロッパにおける、民族?つまり、ラテン系のなのか、北欧系なのか?という部分で、ドイツの場合北欧系の民族が多いこともあり、そういう民族性からも、他国を見下している部分があるのではないか、と私は最近考えるようになりました。

特にスペイン、イタリア、フランスよりも北方に位置するドイツのほうが、金髪、ブルーの瞳率も高く、また身長もヨーロッパの中でも高い。この身長が高いのは大きいかもしれない。オランダや、北欧も身長が高い人が多けれども、その中でもドイツが一番の経済大国ということも加味すると、納得がいく…。

なので、経済危機で喘いでいるスペイン・イタリア・ギリシャからすると、ドイツ人とうのは、自分たちより強い民族に思ってしまうのではないか?

身長的な部分で言えば、最近の韓国とも重なるかもしれない…。

こんな記事もオススメです。
「ドイツ人とアメリカ人の違い【ドイツの反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


典型的なドイツ人の特徴TOP5を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!? 典型的なドイツ人の特徴TOP5を教えよう。身長の高いドイツ人は他のヨーロッパ人を見下している!? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.