新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

関東人と関西人の平均顔の違いについて。外国人いわく関西人の顔は韓国人(朝鮮人)に似ている?また、関西は日本じゃない?



この記事は、3つの記事を統合しています。3つの記事とも同じような内容だったので、一つにまとめることにしました。

・関東人と関西人の平均顔の違いについて
・アメリカ人と韓国人の友達から聞いた、関西人と韓国人の顔が似ている件
・関西は日本じゃない?外国人から見た関東と関西

この順番になっています(^^♪

関東人と関西人の平均顔の違いについて



最近私は関西に行ってきました。3年間も海外に行っていない私にとっては今回の大阪訪問はちょっと異質でした。というのも、ちょっと今回は大阪に住んでいる人の顔をよく観察してみたからです。

私は以前、神戸に二回住んだことがあり、その時も感じたことなのですが、

いつも大阪や京都を歩いていて思うことは顔が韓国人に近いということ。一重瞼が多い。また、声の出し方が違う。声の質に関しては関西弁がそうさせているのかもしれませんが、顔が韓国人に近いのはなぜなのか?

やはり弥生人中心の社会が長らく天皇がいた京都を中心にあったからではないか?

関東で知り合う関西人も、私が知っている人でも薄い顔の人が多い。というか多すぎる(笑)

え?!と、ビックリしてしまうくらい。

今回の関西旅行は一人でぶらぶら旅行のはずでしたが、フェイスブックで大阪にいるということをシェアしたところ、オーストラリアや台湾を放浪していたある男性とお茶することになりました。

その人の顔もまた薄いのですが、そもそもその薄い人たちがまた薄い人たちと結婚してを繰り返して、関西には弥生人が消えないのではないか?

逆に関東って、どうなんだろう?地方から集まってきた色々な人たちがいるから、より自分に違ったような人たちを選んだりする人の割合も多いのではないだろうか?関西とは違い、関東は人に干渉しないとか、明らかに関西や韓国とは違う感じ。

たまに関西人で見かける濃い人ってなんとなく九州からきている人って感じがするんだけど、関東にいる濃い人ってなんだか、その種類も違うような気がするんです。これは私の勝手な妄想!?(笑) けれども、私がこの話を関西人にすると、なんとなく言いたいことはわかる。と言われる。

もちろん、関西にも濃い人はたくさんいると思うのですが、やはり関東にずっと住んでいて、渋谷や新宿、銀座を歩いて、関東の平均顔を見ている私が、いざ京都の中心部を歩いてみると、違和感を覚えるのは、やはり平均的に京都の顔が弥生系だということなのは間違いなさそう。

また、大阪や神戸も、やはり弥生系の薄い顔の人のほうが多いと私は思う。こういうことを考えると、キリがないのですが、楽しすぎて(笑)…。

最近私はカップルをよく観察しているようにもしている。

夫婦の顔が似ているか?どうかである。濃いもの同士付き合うのっていうのはあまり見かけない気がする。気のせいかな?



フリー画像だとこういう写真しかありませんでしたが・・・。

また都市をアメリカで考えてみると、ロサンゼルスなどはメキシコ人も多いせいか、小麦色の人たちがファッショナブルに見えたりします。あの街はきっと、いろいろな移民などでできた都市であるため、混血する人のほうが多い、また世界を舞台に戦うハリウッドがあるロサンゼルスだからこそ、より多様なビューティーがそこには存在する気がするのです。

けれども関西は長年続いてきた弥生人中心の社会の発祥地でもあるから、それを守ってきているのかも?というのが私の勝手な妄想です。(笑)

けれども、東京にいるとそれをほとんど感じないので、東京では弥生と縄文の混血化が進んでいるのではないか?というのが私のかんがえ…。

以下、話はちょっと変わってきますが、



関東と違い関西の人は、人に干渉するのが好きなのかな?と思った。

また、関西人は反応的に人を見る人が多い。と思いました。そのフェイスブックつながりの友達と一緒に話してたら、こちらをじろーっと見てくる人が多かったのです。東京だとそういうことはあまりないのですが、関西ではそれを感じました。

ソウルにちょっと似ているような気もする。ソウルや上海だと人のことをジロジロ見るのが普通。ただ目の前にあなたがいるからみてるだけよ?みたいな。私も、どうせ、あの人たち何も考えてないでぼけーっとしてるんだなって思って、気にしていません。

でも関東だと、人のことをジローって見るのは、タブー。そして私は関東では人と目を合わさないようにしています。特に、勘違いの女性と目を合わすのはなるべく避けるようにしています。(笑)

また、ちょっと話が脱線していますが、

私にとって欧米の女子がミニスカートを履くのと、日本の女子がミニスカートを履くのは、なぜか違うように見えるのです。

日本に痴漢が多いのも、その一つなのですが、日本人はこっそり悪だくみを働こうとする人が多い気がします。そしてそれを知っている女子が、足を出して男性の気を誘おうとする。甘え社会といわれる日本らしさを感じるんです。

逆に、フランス人やドイツ人がミニスカートをはいていても、暑いから履いているとか、そういう風にしか見えない。欧米では、日本人男性のように盗撮とか痴漢という話もほとんど聞きませんし。

脱線してしまいましたが、そういう理由で私は特に、日本の女子とは目を合わせないことにしています(笑)



(京都がちょっとハブられている地図ですが・・、大坂と神戸合わせただけでもかなりの大都会・・)

ちなみに、ソウルと大阪どっちが都会!?っていうような記事も書いているのですが、結構アクセスが多くてびっくりしています(;^_^A

「大阪とソウルどっちが大都会で国際都市?!」

夜の新今宮駅付近

新今宮付近を夜歩いていたら、ここは日本?と思ってしまうような空気にも遭遇・・。というのも、家族4人がみんな同じジャージを履いて歩いているところを目撃してしまったから。。なんか韓国っぽい!!(笑)そういうところ、私好きなんだけど、今回の新今宮駅付近は、私が上海のスラム街に迷い込んだときや、韓国のスラム街に迷い込んだ時よりも、なんだか異様な空気を感じた。

別に人が変わったというわけでもないのに、なぜだろう?道路の照明?車の騒音?まだはっきり言葉にできないです・・。



京都はどうだった?
京都に関していえば、京都にいるとなぜかあそこから出たくなくなるような気分を感じた。なんていうか、私、もうずっと京都で暮らしちゃおうっかな?みたいな。大阪はうるさすぎて住みたいとはあまり思わないのですが、京都は程よい都会で、しかもこだわりが感じられ、ちょっと吸い込まれていくような感じでした。

特に、京都の街は10年前に行った時よりも、観光客にとって歩きやすくなっていたため、道路が広く、開放感が感じられました。

また、ここが日本なのか。って、やっと日本らしさを感じることができた感じ。だって、私は北海道で育ち、高校卒業後は、東京という、日本らしさをあまり感じない場所で暮らしているからかもしれません。

北海道人の私が関西で暮らすのも悪くないかも?

大阪でお店の人とかと話したりすると、あんたきれいな標準語話すねー、どこからきたん?みたいなこといわれて、北海道と言ったらいつも印象が良かった。でも逆に馬鹿にされているのかも?と思いながら、私はそういう関西人が大好きです。(笑)

ちなみに、神戸のパチンコ屋で昔働いていた時に、何もしていないのに、

”お前、関西なめたらあかんで?”ってまじめに言われたのはいまでも覚えています。なぜあんなこと言われたんだろう?って今でも思っているのですが…。その人は自分で俺は在日韓国人みたいなことを言っていたのも覚えています。

けれども、やはり関西にいると、私はちょっと関西人とは違うんだ。って感じるので、楽しさは関東にいるときよりも倍増です!(笑)

関西、奥が深いですな?私にとってはやっぱり関西=海外だね。。

ちなみに今後、AIなど、ロボット化が進むにつれてより人間らしさが求めらてくる時代になると思うので、関西の個性、また日本を代表する文化によって活性化していくような気がする。

確実に今以上に関西発!がどんどん登場していく気がしてやまない。

あぁ。早く、また関西に行きたい…。


FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!


永田さん
就職した当時言葉を標準語?にするのにえらい苦労しましたね、今はどちらともあまり関係ないですが。あと、東京生活に慣れると、関西はやはり外国に思えます…。

武田さん
受け入れてくれる人は少ないですが、僕もまったく同じ意見です。というより、外見以外の中身も関西人は韓国人に似ています。似ているというよりも言語が違うだけで、全てがまったく同じに見えます。


坂本さん
大相撲を見ていて思う事ですが、モンゴル人と日本人は似ているようで違う。モンゴル人の顔には、特有の「のっぺり感」がある。関西人と関東人と言っても、原住民ばかりではないので、一括りには出来ませんが、関西人の男は、脂ぎったカニ顔で、関東人の男は淡白なカマス顔のような気がします。

井原さん
私の知識だと、日本人の二重は全体の3割程度で、ほとんどが、沖縄や奄美にいたような気がします。あと、比較的チェジュや韓国に近い五島なども二重が多い印象ですね。
和歌山県人的に見ると関東の人は決して濃くはないですね。半島は結構濃い人が多いですよですよ。


ちなみにもう一つ言えば、大阪は戦後は九州(奄美含む)からの出稼ぎ労働者がとても多く、今もその人たちの子孫が多く住んでいます。さらにいえば、大正区は本土でも沖縄出身者の多い街ですよ。関西=弥生系と言う思い込みに縛られてしまって、観察がそれを確認するための観察になってしまったのではないでしょうか?

あと、民族がお好きならば、朝鮮族もいいですが、台湾の高砂族も日本と関係があるかも知れませんよ。中国語ができるなら、高砂族について調べることは人よりも有利ですし。


安田さん
りょうこちゃんうまく観察するねー。俺も駆け出しは大阪よ。大阪は大顔で東京は小顔。なんだか南に行くにつれ



アメリカ人と韓国人の友達から聞いた、関西人と韓国人の顔が似ている件


私は韓国に留学していたが、一方で神戸にも二回ほど住んだことがある。神戸に住んでいたよーって友達に言うと、オシャレ―。とかよく言われますが、大阪で働いていたんだよね。っていうと、あまり私の友達は反応を示さない。こういうのってただのイメージなのかしら?

やはり、関西でも地域によってイメージはかなり異なりますよね。関東の場合、東京が一番人口が多いので、東京に行く!=関東の意味にもなりますが、関西の場合、神戸や京都、大阪が独特過ぎて、まとまってない感がある。

ところで、私は北海道出身なので高校卒業する18歳くらいまでは、薄い顔をした人たちってあまりみたことがなかったの。



Reference Site
https://seoulistic.com/korean-culture/personality-traits-about-koreans-you-should-know/

つまり、こういう写真にでているような男子って北海道では、ほとんどみたことがありませんでした。見たとしても、気にしなかった感じですね。なんていうか、印象的ではないというか・・。

けれども、私は高校3年生、17歳の時韓国に旅行に行く機会があって、町中にあふれる人たちのその顔の薄さにはびっくりする。確かに、そのとき、2004年くらいで、日本では韓流ドラマのブームが始まったころでもあった。

そして日本で人気だったクォン・サンウ様。(笑)



明らかに日本でイケメンと呼ばれる人の像とはちょっと違いますが、韓国社会ではイケメンの部類に十分入ります。そんな私も、初めての韓国でクォン・サンウ様が雑誌の表紙になっていたのを見たとき、日本であまりモテはやされている感のない顔が韓国では人気なのだな?と思ったりしました。

このように韓国旅行で顔が薄い人たちたくさんみてきた当時の私は、その時点で私はまだ大阪には行ったことがなかったのです。

そして、1年後・・。

19歳のときに初めて関西に行ったときは、関西人の顔がなぜか、関東と韓国の中間の顔?のように思えた。

特別、韓国人に似ているというわけではなく、なんていうか、一重率が高い!?というのがまず言えるかもしれない。これって関西にずっと住んでいると気づかないことなのかもしれません。

こういうのって、面白いですよね。

人間っていっつも何百人もの顔を見ている。都会を歩けばもっとかも?テレビでも顔を見ているし、学校でも、病院でも、また自分自身が知っている友達全員の顔を思い出すこともできる。

そして、その平均の顔を導き出し、整っていたらイケメンだとか美女だとかモテはやす。

そんな関東在住10年目になる私がいつも気になっているのは、関西人は相対的に関東人よりも薄い顔の人が多いということ。これは単なる私の気のせいだろうか?





で、韓国人とアメリカ人に聞いてみたことがある。

韓国人いわく、
なんか大阪人とかって韓国人に似てるよな。って・・。私も同感!とおもったので彼の発言にはかなり驚きましたが・・。

その韓国人も関東に住んだことがあり、また関西にも住んだことがある人である。

また、私には韓国在住の時にアメリカ人の親友がいた。彼女は本当は日本に来たかったけれども韓国のほうが簡単に働けるー!ってことで、韓国の中学校で英語を教えていた人だ。

彼女は何人もの韓国人を見てきている。そして、約2年間の韓国での仕事を終えた彼女は、大阪と東京に旅行に来た。

私たちは韓国にいたときから、顔の種類の話をするのが大好きだったので、東京に彼女が来たときに、関西の人たちの顔と東京の人たちの顔って同じ?
と言う質問をしたら、やはり私と同じ答えだった。

関西人のほうがやや韓国人のような顔の人が多い。

東京の場合は本当にいろいろなものが混ざってミックスしている感がある。とうことだった。これは私が感じていることとも同じである。

私の韓国人の友達とアメリカ人の友達と私の意見はこのように一致した。

そして、顔とかどうとかというよりも、関西の雰囲気はソウルの雰囲気に近いのではないか?と言う点である。東京はびっくりするくらい冷めた街というイメージ。つまり洗練されすぎている。干渉しない社会が形成されている。けれども、ソウルや関西には、人懐っこい雰囲気も残っていて、旅行の際にはやはり楽しめる。

日本語が話せる韓国人がよく言うことがある。韓国では家族や友達に干渉されて面倒くさい。けど日本に来ると、そういうものから解放される。韓国からすると日本は、個人主義的なものが韓国より強いのだそうです。

なんだろう、この違い。関西ってどっちかというと韓国っぽいのかな?って私はなんとなく思ってしまう。(笑)

皆さんはどう思うだろうか?

関西は日本じゃない?外国人から見た関東と関西

なぜか私の周りにいる外国人の中で、関西がいつも人気。なぜ、こうも関東と関西は比べられるのか?と不思議に思った時期があります。

CNNなどでも取り上げられているように、関東と関西は日本を訪れる外国人からすると、ビックリするくらい違うように見られていることが多い。

という私も上京して10年くらい経ちますが、大阪に行くと、全然違う!ここは外国!?と感じてしまうことが多い。

北海道出身の私にとって、札幌みたいな都市にいくと、なんだろう、ちっちゃな東京みたいな雰囲気しか感じられないのですが、それが大阪とかになると、やはり東日本とはまた違う味があると思ってしまうのです。

http://edition.cnn.com/2015/04/28/travel/discover-japan-kansai-vs-kanto/



こんな話もあります。

たとえばセミナーを開いたりする人は、いつも関東人と関西人の反応が違う!たとえば、関東では笑いをとってもあまり笑ってくれる人がいなかったりとか、けれども関西だときちいんと笑ってくれて楽しんでくれる。などです。

このようにちょっとした小さなことにも思えるのですが、ビジネスをする側からすると、関東と関西のやり方と言うのは、はっきり違うと認識しているのではないか?と私は思い始めてきました。

それはさておき、

私は上京して10年くらいになるので、いつも外国人などが東京に来ると、東京ってすごいでしょ?みたいに、自慢げになったりする。

こんな大都市圏みたことないでしょ?みたいな…。けれども、多くの外国人が東京は大きすぎる。と言う。

確かにニューヨークよりも都市圏人口で言えば、1000万人ほど多いし、他にこれほど巨大な都市って、発展途上国のジャカルタとかデリー、ムンバイくらいしかないかもしれない。

また、東京の場合、洗練されすぎてつまらない。という声がよく聞こえる。

一方、私は一時期神戸に住んでいた時期があり、そのときに MTV で働いているアレックスとモン(中国系アメリカ人)を案内したことがある。大阪を案内したのですが、東京より全然エキサイティングと言っていました。

たとえば、アメ村にいる若者のファッションは、東京よりもクール。とか、大阪城にしても、大阪の下町っぽさがあるエリアにしても、また梅田という洗練された地区にしても、うまく融合されているのだそう。

また関西では、やけに人のことを干渉しますよね?干渉というより、珍しい外国人などが近くにいれば気軽に話してくれるような空気がある。これは東京の場合に比べて私も確実にそう感じる。

またこの記事では大阪のことばかり書いていますが、大阪人は結構凝視する人が多い。東京人は目を合わせようとしないのですが、大阪では凝視したり、人のことをもっと見たりする人が多いと思う。

外国人が日本語を理解できなくてもそういう反応と言うのは、外国人からすると感じられる部分でもあるので、やはりそういった関東と関西の違いを感じるのだと思う。

韓国人もそうですが、やっぱり大阪のほうが楽しいと言っている人が多い。

あー、私も大阪行きたいな・・。

大阪には今後も独自の街づくりを進めていってほしいと思います。(笑)

こんな記事もオススメです。
「日本在住の外国人が、東京ではなく【大阪】にハマってしまう理由」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


関東人と関西人の平均顔の違いについて。外国人いわく関西人の顔は韓国人(朝鮮人)に似ている?また、関西は日本じゃない? 関東人と関西人の平均顔の違いについて。外国人いわく関西人の顔は韓国人(朝鮮人)に似ている?また、関西は日本じゃない? Reviewed by よこいりょうこ on 8月 21, 2016 Rating: 5

2 件のコメント:

rimrom789 さんのコメント...

自分は4年、大阪に居てました。

ネーミングに特色がおますな~。本職コピーライターは卒倒するんちゃうかいな。
痔の薬の店の看板、大きく赤色で「ぢ」
フグ専門店の店名、「ずぼら屋」
お好み焼き屋、「ぼてじゅう」
元祖ファミレス、「食い倒れ」
根拠不明のネーミング代表例、釜飯屋の店名・法善寺横丁 「正弁丹吾 亭」

その物ズバリなので印象強く残ります。

京都は「はんなり」、間違うてもこないな強烈なネーミングは(笑)

タコ焼きと大文字の送り火の差、でっしゃろか。

NOの表現は断然関西に軍配上げたい。
「ダメ!」VS「うち いやゃあ~^^」&京都ヴァージョン「あきまへんえ~^^」
YESの場合も。
「いいわよ」VS「えぇよ~ぉ」&京都「よろしおすぅ~」

KOKI IMAI さんのコメント...

東京駅から50kmまでの通勤圏は、関東というより首都ですね。
全国から人が流入するので、全国平均に近い顔になる。
※関東・東北や南九州は、やっぱり縄文系が強いと思ます。
神奈川県・世田谷区・中央沿線などの西側は、西日本出身が多いようです。
逆にさいたま市などは、東北・信越出身が多いと言われている。

通勤圏から外れところが、本当の関東だと言えますね。
昔の多摩地区は農村で、多摩弁というのが使わえていました。
関東べえー・若者言葉のルーツとも言われている。
行かんべー・歩ってく・ウザったい・あん(何)だかよとか、有名です。
ちょっくら・くっちゃべ(喋る)ってねーでよ・えばり(威張る)やがって

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.