EU入りを目指している?小国「ジョージア」が注目されている理由と、生活してみて感じたこと



イスタンブールはもう懲り懲り。と言いたいところだけど、32階の部屋はかなり快適すぎてほとんどイスタンの中心には出なかった。その代わりイスタンからトビリシにやってくる飛行機を一つ逃した。

というのもイスタンは広すぎて交通網も複雑。チェックインの時間に遅れたのでそれから9時間後のトルコ航空で夜中にトビリシに着いたわけ…。

ちなみにこういったリアルタイムの情報は1日に何度もつぶやいているtwitterで確認できるので、今日ある人は見て見て('ω')ノ→@_multilingirl_

さて、私は今ヨーロッパ周辺にやってきている理由は、時差5時間~7時間あたりに新たな拠点を探したいと思ってのことである。

英語のメンティさんは日本で仕事が終えてレッスンをやる場合が多いので、その時間帯の15人以上のことを考えると私が昼の14時くらいから対応して17時くらいに仕事を終えるのが丁度いいからだ。

中央アジアのキルギスも私のお気に入りの国の一つだけれども、時差は3時間なので…(;^_^A

「住みやすさ抜群。日本人の兄弟国家キルギスの「ビシュケク」に2ヵ月住んでみた件」

そうして色々と情報収集していると、コーカサス地方(ジョージア、アゼルバイジャン、アルメニア)がいいというじゃないか。その中でもジョージアは料理もおいしく人も良く、銭湯もありなどで…。

来たくなっちゃったわけ。ということでそんなジョージアの生活環境を簡単にまとめていきたいと思う。



①銀行金利には注意も必要

グルジアの銀行の金利は10%ほどと言われている。恥ずかしながらこの情報は私が以前アラビア語を教ていた生徒さんから教えてもらったもの。その後調べたらやはりそうだった。

エストニアの電子居住権くらいで情報が止まっていた私。まだまだヨーロッパの西側では色んな個性ある国が存在しているということなのね。

「日本人でも欧州連合エストニア共和国の居住者になれる!安倍首相も持っている「e-residency」を取得するメリットとは?」

さて、以下のサイトによると、金利で言うと、1000万円をジョージアの銀行に預けた場合、5年後に、610万円ほど増えるのに対して、日本では10万円ほどしか増えない。ということらしい。

https://avageorgia.jp/timedeposit/

つまりここで知ってほしいのはそれだけジョージアは今注目されているということなのである。けれどもリスクももちろんある。


②EUの保護国扱い?

トルコでも飲食店やホテルなど、EUからの観光客がたくさんやってきそうな場所には、トルコとEUの国旗が一緒に並べられていて、トルコもこれからEUに入るのかな?と思ったがそれは全くの勘違い。トルコがEU入りすることはまずあり得ない。あれはトルコにとって一番のお客さんであるEUの観光客に対するもの。という意味しかない。

それに対して、ジョージアの場合は上の写真のように、ジョージアとEUの国旗が結構並べられていて、驚いたのは近所の公園の中に、パソコンを使ったり作業をしたりするスペース(施設)があって、その建物に、「European Union for Georgia」と書かれていたのだ。

旧ソビエト連邦であり上述のように2008年に死者数300人を出した南オセチア戦争(ジョージアとロシアの戦争)からも分かるように、ジョージアでは今もなおロシア語を使用する国ではあるしロシアからたくさんのものを輸出しているが、意識はヨーロッパの方に向いていることが分かる。

ここトビリシに来て、何が何だか分からない不思議な国、ちょっと危険な匂いがする。という感覚は一気に消えた。


③温泉天国

私は海外でいつも物足りないと感じることがある。それが湯につかる習慣のない国が多いことだ。例えば東南アジアではファミリー用の高級コンドじゃないとバスタブがない場合が多い。ロシア語圏が好きな理由の一つはバスタブがあること。

とはいってもジョージアも旧ソ連ではあるものの、何百もの物件をエアビーで見て見たが、バスタブがある部屋は1割くらいだった。

今回私が住む場所は高級コンドと謳っておきながらバスタブはない。けど部屋が広く景色もよく快適なので満足している。

その代わりジョージアの首都「トビリシの名前(由来)=温かい。」という意味であることからも分かるように、昔からトビリシは温泉街として栄えていて、今もその温泉が街の中心部にいくつもあるので、銭湯に何度か行こうと考えている。

ここに来るまではジョージア=グルジア戦争(いわゆる南オセチア紛争)のイメージが強かったが、今はそのイメージは全く変わってしまった。

ちなみに公衆浴場であれば200円くらい。浴槽貸し切りでも1000円くらいと言われている。街の中心部に温泉街があり、日本人が丁度いいと思う42度~43度のお湯もあるという。


④家賃が安すぎる

私はとりあえずその国の物価をざっくり調べるときに1人当たりのGDPを見てしまう。これによると、ジョージアは42万円、キルギスは12万円

確かに私の大好きなキルギスのビシュケク(125万人)と、ジョージアのトビリシ(110万人)は人口が大体同じくらいで比較的1人当たりのGDPも似ているのだけど、トビリシではキルギスよりも良い物件が、更に安く借りれるような気がする。

特に3万円台くらいでも高層アパートが借りれる。


今回の部屋は貸す側も初めてのゲストとして10万円(1ヶ月)のところを5.8万円くらいにしてくれた部屋なのだけど、私はジョージアの最初の一ヵ月をここで過ごした後、3万円台くらいの普通のアパートにチャレンジしてみたいと思う。


⑤ビザ(1年間)

ジョージアは世界に数ある国の中でも、1年間ビザなしで滞在できる非常に不思議な国だということはまだ日本ではあまり知られていない。

https://en.wikipedia.org/wiki/Visa_requirements_for_Japanese_citizens

というのも日本からジョージアはかなり遠い。イスタンブール、ドーハ、ドバイなどを経由して片道でも7万円くらいからではないといけない国だからだ。

バンコクのようにエア―アジアなどで2,3万円で行ける国の二倍以上もし、行くのも乗り換えなどあり大変。

なので日本ではそこまで流行らない。けどヨーロッパ人の感覚からすれば、ここはまさに日本人にとってのバンコクのような感覚がある。



⑥フリーランスのたまり場になっていた件

ロシア語圏に割と詳しいと思っていた私でさえグルジアが現在日本人の若者を中心としたたまり場(フリーランサーなど)になっていることは知らなかった。

グルジアに関する投稿が増えるたびにグルジアに住んでいる日本人のツイートが流れるようになってきた。そこでグルジアに住んでいるインフルエンサー的な人たち(主にtwitter上)を見ていると、また東南アジアに来るような日本人と少し変わった面子がそこには会ったのが面白かった。( ゚Д゚)

いずれにしてもジョージアまでやってくる日本人は少し変わっているというか、面白い、私も絡みたいと思えるような人が多かったのが不思議だった。

私がのぞいたtwitterを以下に公開。

⑦動物に優しい国


動物と共存している国と言えばインドを思い浮かぶかもしれない。野良犬、野良牛がそこらじゅうにいてカオスとなっているデリー。

けれどもジョージアも野良犬がそこら辺にたくさん。しかも犬のサイズは結構大きいのしかいない。猫も結構いて大切にされている印象がある。

イヌはトルコと同様、耳に番号か何かつけられている。狂犬病と虚勢をした犬の印だと思う。直接触りはしないけれども、私にとって犬ちゃんの写真を撮ることが生活の楽しみの一部になっている。

ここジョージアの野犬たちは、上のtwitterに載せた写真からも分かるように、死んだかのようにグッスリ寝ていたり、3匹くらい群れになって友達と遊んでいるかのようにお昼寝したり徘徊したりして、非常に目につく。

まるで自分たちは人間だと思っているかのように見えるのが写真からも分かると思う。これは来てみないと分からない感覚かもしれない。


⑧東アジア系がモテる

これは私の推測でしかない。けど当たっていると思う。それは極東系の顔はこちらではモテるということ。それは街を歩いていて、自分が周りからどういう視線を得ているのかいろんな国で比較しても分かる。

明らかにジョージアの場合、トルコよりも東アジア系がモテる感じがする。その理由は、ジョージアでtwitterを開くと韓流系がトレンドのトップを占めていることからも分かるかもしれない。

以下の記事にも書いた。

「韓流に繋がってる?白人でも中東系でもない。アラブとロシアの中間に位置する人種、コーカサス」

ジョージアは白人の国だけれども、少しアラブと白人が混ざった人もいれば、ロシア人などスラブ系のように彫が深くない白人などもいる。

歩いていて感じることは、人種的に下に見られているという感覚をほとんど感じないことだ。ちなみにジョージア系は以下の記事でも書いたけど、中東とロシアの真ん中にある微妙な人種である。

日本人の私からしてはあまり遠い人種という感じはしないのも不思議なところ。しっかりまとめてあるので参考になると思う。

「黒海とカスピ海に挟まれた「コーカサス地方」(アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア)の言語、経済、人種、物価の比較 TOP7」



⑨ロシア語が通じる

ジョージアとロシアは仲が悪いように思えるけれども、日韓が政治レベルで仲が悪くても民間の交流や貿易の交流がかなり強いのと同じように、ジョージアでもロシア人の観光客はやってくるし、ジョージアも旧ソビエトだったのでロシア語を話せる人が結構多い。

ロシア語圏は非常に広く、東欧、コーカサス、中央アジアなどでいまだに使われているので私にとってもこのロシア語が通じるというのはかなり点数が高い。

「ロシア語を勉強するメリット、需要、重要性」

と、まだまだ書きたいけれども、もう書ききれないのでこのくらいに…。この中には起業家もいればフリーランスとして翻訳や動画編集など、日本での仕事を請け負いながら、物価が非常に安く1年も滞在できる優位性を生かしてここで働いている人もいる。


⑩ジョージアのロサンゼルス「バトゥミ」が穴場




トビリシに住み始めて2週間くらいして分かってきたことだけれども、バトゥミのアパートのほうがトビリシよりも安く、しかも海沿いに再開発した、いわば横浜のみなとみらいのような場所があり、そこに投資用のアパートがいくつもあり、外国人などが借りやすい状態になっている。

※フォーブスで紹介された2020年に不動産投資するべき欧州の6都市にもこの都市は含まれている。

もちろんAirbnbなどで借りればラクチンだし、私が調べたアパートでは32階の部屋で3万円いかないものもあった。

これは夏になるとハイシーズンになるため家賃があがると思われるが、短期的に部屋で仕事をしたり、気分転換に海沿いの整備された公園などある国はちょうどいいと思って私も狙っている。

というのもトビリシは街が凝縮されている上、車の排気ガスが酷いので、スローライフと、物価の安さを堪能したいなら、断然バトゥミだろう。


⑪バトゥミ(4.5万円)の部屋



こんな感じで、かなりブログや生徒さんのレベルアップに精を出せる環境ができました。インドネシア第二の都市スラバヤでも、同じ値段で、これだけ部屋が広くて、海が見れて、空気が綺麗ではなかったので、インドネシアはもはや私の中で物価の高くて食品の質があまり良くない国となっている。

「タワマン33階での生活。インドネシア第二の都市「スラバヤ」に一ヵ月住んでみた感想」

最後に

正直ここまでジョージアが密かなブームになっていたのは知らなかった。今後、ますます個人で稼ぐ時代になったとき、ジョージアはバンコクまではいかないけれども、今よりももっと日本人の間で知名度が上がっているかもしれない。

また何か発見があったら追記します('ω')ノ

コメントを投稿

0 コメント