新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本のアイヌと、カナダの先住民族インヌには関連性がある?【カナダの反応】





アイヌに関しての海外の反応は全然日本でも知らない人が多いと思います。という私ももちろんこの記事を作るまでは、海外の人たちが日本についてどのような知識があるのか?または、アイヌや沖縄の琉球民族のことについて多少なりとも知識があるのか?ということは知りませんでした。

英語でアイヌのことを調べていると、なぜか日本語よりも検索結果が多いような気もしたりするし、そういう風に考えると、日本ではアイヌの存在が忘れられていく一方で、海外では日本が好きな人たちの間でアイヌのことを知っている人が多いような気もする。

少なくても私の外国人の知り合いは、アイヌを知っている人が多い。


(カナダのインヌ。インディアンのように男性でも髪の毛が長いですね。)

また、このコメントを翻訳しているうちに、日本のアイヌとカナダのインヌの関連性について私自身が興味を持つようになったので、タイトルは、

日本のアイヌと、カナダのインヌには関連性がある?

にしてみた。この記事では、以下のアイヌについての動画についての海外の反応を書いていきますが、その中でも目を引いた記事03のカナダ人の内容がメインとなっています。またカナダ人のコメントも多かったのでカナダの反応にさせていただきました。

それでは、以下海外の反応を見てみたいと思います。



https://www.youtube.com/watch?v=0Q6cYEQUpBg

01.海外の名無しさん
非常に魅力的です。なぜ私がこの動画に興味があるかというと、アイヌの中でも色々な種類がいると聞いているので、その違いについてとても興味があります。私が思うに、アイヌはネイティブアメリカンやニュージーランドのマリオ族にも近い感じがするし、オーストラリアの先住民族のように見える場合もある。

02.海外の名無しさん
まず日本人は学校でアイヌのことについてほとんど学んでいない。なので日本の生徒たちはアイヌの文化やその精神を学ぶ機会を失ってしまっている。しかも、アイヌのアイデンティティが日本政府の中で認識され始めたのも非常に最近のことで、日本史の中でアイヌとの関連性をあまり教えてくれない。

03.海外の名無しさん(カナダ人)


カナダの Sept-IlesQuébec には、 インヌ というコミュニティがあります。この インヌとは人間を意味する。

なんだろう、とても偶然だと思うのです。つまり、日本のアイヌとカナダのインヌが同じように思えること。

なぜなら、アイヌもアイヌ語で、人間の意味です。ちなみにインヌはカナダ人の間ではフランス語風に、Montagnais というふうに呼ばれています。語源としては、フランス語のモンターニュ(山)から来ている。

ちなみに、インヌ族は、北アメリカの先住民族(カナダの用語ではファースト・ネーション)の最大部族の1つとされているクリー族のの中に含まれる8グループのひとつである。
https://en.wikipedia.org/wiki/Cree

また、

インヌは、 Innu-aimun という彼ら独自の言語を持っていて、しかも Mushuau Innu という宗教まで持っている。また、カナダのニューファンドランド・ラブラドール州には、彼らのコミュニティがあるので、彼らの生活を目にすることができる。

また彼らの領土であるニューファンドランド・ラブラドール州のことを、「ナタシナン」と呼んでいる。実際に彼らを観察してみると、いかに日本のアイヌ民族と似ているかがわかるでしょう。

ちなににインヌについては、ウィキペディアに記述がありますが、日本語ではまだ作成されていないようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Innu

ということで、おそらく日本でもアイヌとインヌの関連性はあまり論じられていないのではないか?

インヌのコミュニティは以下にあります。
http://www.nametauinnu.ca/en/culture/nation/detail/73





04.海外の名無しさん(アメリカ人)
このドキュメンタリーかなり楽しめたよ。っていっても、それにはいくつか理由があるんだ。ま、表面的なレベルで言えば、日本は非常に美しい国だし、人に伝えられるような偉大な歴史を持っている。けれども、今回のドキュメンタリーでしらない部分、つまりアイヌという知らなかった存在について学ぶことができた。

特にこのドキュメンタリーで興味深かった部分と言えば、アイヌがどうやって日本社会でうまくやっていっているか?という部分であったり、日本人がアイヌに対してどうやって接してるかについてだ。

もっと深いレベルでいうと、アメリカにおけるいわゆる一般のアメリカ人がそのほかの少数民族、つまりネイティブアメリカンなどにどうやって接しているのか?にかなり近いものを感じた。

05.海外の名無しさん
遺伝子額では、彼らがチベットとインド沿岸のアンダマン諸島の人々と関係していることを示しています。アイヌは日本列島に約4万年前には住んでいたと推定されている。
「日本人と同じ【ハプログループ D】を持つ、アンダマン諸島のオンガン人(ジャラワ族、オンゲ族)」
「日本人と共通の DNA を持つ【チベット人】のイケメンTOP5」

06.海外の名無しさん(カナダ人)
この動画をシェアしてくれてありがとう!私は色々ミックスしているカナダ人です。この動画を見て感じたことは、カナダとの強い内的、精神的なつながりを感じたということ。私は自分の家族の歴史の中に、つまり祖先に日本人がいるかどうかはわからないのですが、何か自分の中で見つかった気がする!今後もアイヌのことについて勉強していきたいと思います!

07.海外の名無しさん
本当に素晴らしいドキュメンタリーでした。一番、感動したパートはアイヌ女性がアイヌの歌を歌っている部分でした。この動画でアイヌについて学ぶことは非常に有意義な時間でした。

08.海外の名無しさん
この動画はウソだね。アイヌは日本の南端から来たんだよ。肌が黒いから北のほうに追いやられてしまったんだ。

09.海外の名無しさん
アイヌの窮状(きゅうじょう)はカナダの場合の先住民族の窮状に匹敵します。
窮状=困り果てている状態。

10.海外の名無しさん
昔の日本人は一部のアイヌたちに強制した。それは日本が中国や韓国でやったことと似ている。けれども、アメリカはそんな日本の友好国になってしまった。

マルチリンガールからのコメント
この動画のコメントを見ていると、日本人のコメントはもちろんなく、北米在住の色々な方からのコメントがたくさん見受けられました。(白人、黒人、ラテン系、ハーフなどさまざま)

海外からのアイヌについての意見は非常に貴重なものなので、今後も、アイヌや、またカナダのインヌについて調査を進めていけたらと思います!

追加。以下はカナダのフランス語圏で放送されているインヌの人たちの動画です。



こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」







日本のアイヌと、カナダの先住民族インヌには関連性がある?【カナダの反応】 日本のアイヌと、カナダの先住民族インヌには関連性がある?【カナダの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.