2012/08/05

なぜ、ユダヤ人ばかりがノーベル賞をとっているの?

ノーベル賞はこれまで800人を超える個人に贈られているそうですが、そのノーベル賞の20%がユダヤ人であるという話なのです。実に奇妙な出来事である。 そう思わないでしょうか?

ユダヤ人とは、簡単に言うと、ユダヤ教を信ずる人”と言えます。ソース
なぜなら、総人口が1300~1400万人と言われていてソース 世界人口が68億人ということを考えたら、塵にも満たない人口なのに、 どうしてそんなに天才が生まれるのでしょう?

これは、ユダヤ教を信ずる者が読むとされているタルムード。

ちなみに、アルフレッド・ノーベルユダヤ人?という声も囁かれますが、ウィキペディアの英語版にも書いていませんし、他のソースにも書いてありませんでした。

ソースに書かれている日本語訳は以下です。
ホロコーストミュージアムアルフレッド・ノーベルを展示している場所にあるプレゼンテーションカードには、アルフレッド・ノーベルの先祖はユダヤ人だと書かれているらしいですが、アルフレッド・ノーベル自体がユダヤ人だという証拠は見つけられませんでした。

つまり、これはどいういうことかというと、アルフレッド・ノーベルユダヤ人だったから、ノーベル賞を受賞する人はユダヤ人が多いということにはならないということです。実際に、そうやって噂する人も多いので、私が英語で調べたわけです…。でも、どうしてノーベル賞ノーベル賞を受賞する人がこんなに多いのでしょうか?私は以前からとても気になっていました。

そして、色々と調べた結果。どうやら、その秘密は
タルムードにあるらしいのです。 タルムードは聖書とは違う。 タルムードって凄く。ものすごくためになることが書いてあるのです。 なので、私はタルムードに書いてある良い部分だけまとめてみました。私が気に入っているタルムードの言葉

(ちなみに、タルムードはユダヤ人以外にとっては理解できないようなこともたくさん書いてあるのも事実です。)

この図は、ユダヤ人がどこの国にどれくらいの人数いるかの図です。
イスラエルに住んでいるユダヤ人と、アメリカに住んでいるユダヤ人ってだいたい同じくらいの人口だなんて、ビックリです…。つまり、アメリカ合衆国には、イスラエルという国が1つ存在しているということになります。

そして、北海道第二の都市、旭川市の人口に匹敵する約30万人のユダヤ人がフランスに住んでいるのも衝撃でした。
(タルムードは聖書と違って、こんなにたくさんあるそうです。それを小さい時から読まされるのだそうです。それは頭良くなりますよね…。)

この民族の研究は、今後も追求していきたいと思います。