未分類

「日本人って白人?」と、世界では真剣に議論されていた

  1. HOME >
  2. 未分類 >

「日本人って白人?」と、世界では真剣に議論されていた




以前、「韓国人が思う日本人の顔。弥生系と縄文系」という記事を書きましたが、これが日本の方に大変お読みいただいています。本当にびっくりするくらい…。それくらい日本人の遺伝子に関して興味のある人は、多いのかもしれません。

「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」

で、今回はアメリカ人の中で議論されている「日本人って白人?」ということについて書いていきたいと思います。

私は人種関連の違いなどを調べるのが趣味なのですが、そういうのっていつも英語の掲示板などで読んでいます。そのほうが一般の日本人よりも多くの意見を見ることができるし、日本語圏の情報だけ見ていても、みな同じようなことを言っているだけのときもあるので…。

で私の大好きな縄文人研究から、以前カナダとアメリカに滞在していた時に聞いたことのある、「なぜ日本人にも真っ白な人がいるの?」という質問を思い出し、英語で、もしかしたら日本人って一部の人には白人って思われているのかしら?と思いつつも、検索をしてみたのですね。

ちなみに、この記事とは別に、日本の東北に平均の日本人と違った肌の色や、カラーコンタクトを付けたかのような日本人がいるというのは、昔から言われていますよね。

「なぜ日本の東北地方には、青や灰色の瞳をした日本人がいるのですか?【海外の反応】」

東北にはキリストの墓があったり、昔、蝦夷(えみし)というエリアで京都を中心とした朝廷側が手を付けられない土地であったことも、ますます不思議な香りがします。( ´艸`)

「世界に存在していた国 TOP10に、日本の「蝦夷共和国」がランクインしていたことと、東北の蝦夷とアイヌの関係」

さてさて、本題に入りましょう。アメリカの掲示板などをみていると、「なぜ、日本人の中には白人よりも白い人がたまにいるの?」とか、「なぜ日本人は自分たちのことを白人と思っているの?」など、日本ではほとんど議論されない、または意識すらしないような議論がされている場合があります。

たとえばこのようなやり取り。

Are japanese people white?

また、中国でも「为什么日本人身上具有白人的血统?」のような質問がされていたり…。つまり、なぜ日本人の血には白人種の血が入っているのですか?というもの。

このように、

少なくとも、欧米人、または中国では時折、日本人が白人のように見えることがあるということ。

この写真は、私の地元でもある北海道日高のアイヌの写真なのですが、この写真を例に出し、いかに一部の日本人がほかのアジア人と違う人種であるか?ということを研究している西洋人が後を絶たない。

そもそもアイヌ民族と言えば、ハプログループDがものすごく強いと言われ、これは韓国人や中国人に見られないグループであるということは、ご存知かもしれません。

「アイヌ民族はユダヤ人?それともアラブ人?日本人に存在する地中海沿岸の DNA」

なので、日本には韓国や中国に比べ、毛深い人や、天然パーマの人って結構多いですよね。

「韓国人や中国人に比べて日本人に、「毛深い人」や、「天然パーマ」(癖毛)の人が多い理由」

けれども、アイヌ民族にあるハプログループY (mtDNA)は、日本の縄文人には見られなく、北方人種にしか見られないという特徴もあります。

日本では、日本人のDNAの話ってあまり聞かないけれども、欧米の日本好きには、結構知られている話なのです。面白いですよね。日本人って、自分たちはみな同じ。と何も考えずに刷り込まれているのに、外国人から見ると、日本人が必ずしも単一民族にはみえなかったりするのですから…。

http://www.jref.com/forum/threads/japanese-are-100-yayoi-not-part-ainu-or-jomon.57144/

その証拠に、明治初期にやってきた西洋人は、きちんとアイヌの人たちを写真に収めていて、あるものは、自分たちと同じコーカソイドなんじゃないか?と思っているものもいます。

「ポーランド初代国家元首の兄「ブロニスワフ・ピウスツキ」が撮影した、サハリンに住む「アイヌ民族」の写真が意味深すぎる件」

またあの有名なイギリスのイザベラバードですら、日本の人種について記録を残しているのです。

「日本人は醜くて、朝鮮人は立派な顔立ち。日本と李氏朝鮮を旅行したイギリスの「イザベラ・バード」がみた両国民の顔立ちや体格の違いとは?」

ところで、私がいつも目にする人の中で、欧米的な顔をする人がいる。それは誰もが見たことのある、または毎日見ているであろう夏目漱石。

1000円札をよくみていただきたい。

なんか、日本人離れしていませんか?おそらく、日本にずっと住んでいた人はわからないかもしれませんが、


日本にはこの種類の顔が多くいますが、韓国や中国ではいないんです。

また台湾にも二重瞼の人はたくさんいますが、夏目漱石のような顔の人はあまり見たことがありません。

簡単に言うと、正面から見た場合、目が大きい人は日本にも東南アジアにもたくさんいますが、それはあまり似ているか?という比較の対象とはならず、やはり顔の骨格ではないか?と私は思います。

面白いことに、日本人は、二重だったら東南アジア系、一重だったら韓国系。のように、輪郭のことは一切考慮して考えない人が多すぎのですよね…。

そういう意味でも、夏目漱石のような顔は、東南アジアや台湾というよりも、中東やイラン、アフガニスタンにいそうなアジア系の顔に似てるのかもしれない。

実際に、中東やペルシア(イラン、アフガンなど)のルートから日本にやってきたと言われている人たちがいるとも言われています。

そもそも、現在でもイランやアフガニスタンでは、青い目の白人が住んでいますが、


「なぜ「アフガニスタン人」や「イラン人」「クルド人」の瞳の色はブルーやグリーンなのか?【海外の反応】」

彼らはヨーロッパからペルシアを通り、中央アジアを通り抜けて、

「中国に「失われたローマ軍団」と呼ばれる青い目の人たちや、ブロンドの少数民族がいる理由と、中国で白人がそれほどモテない理由【海外の反応】」

中国西部に移り住んだと言われています。その過程で日本の東北のほうにやってきた人もいるのではないでしょうか…。

と、ざっくりなことしか言えませんがw

やはり、私は夏目漱石の顔を見ると、なぜか違う人種のように思える。少なくとも私にとっては…。

夏目漱石は外国で活躍した代表的な日本人でもありますが、やはり外国でもモテたのではないでしょうか?こういう顔立ちですし…。

もちろん、モテる、モテない。の基準は姿かたち以外にも、その人に教養があるか?とか、守ってあげたくなる顔だとか、色々な要素が混ざってきますが…。けれども、夏目漱石は、いわゆる男の渋みが出ていますね。

ま、現在の近代日本を作り上げたころに活躍された人たちは、夏目漱石に限らず、あまり表に出てこなかった熊本の牧師さんたちも、結構渋くてイケメンですからね~( ´艸`)

「なぜ「熊本バンド」出身者にはイケメンが多い?戦前の牧師(キリスト教徒)美形男子 TOP30 」

ちなみに、こんな動画も見つけました。以下の動画にでてくる日本人はみな欧米的な顔立ち。


トキオの長瀬さんがでていますが、ハリウッド俳優と日本の俳優を比べた動画です。ちなみに面白いことに、TOKIOというジャニーズのグループは、みな縄文系ですよね。

このように、考えてみると、アイドルグループなどを作る側の人は、日本人の心理をうまく操作しているようにも思える。というのも、日本のアイドルグループはうまく、弥生と縄文のバランスをとっているからです。

また私が感じたことの一つに、90年代に大人気だった小室ファミリーは、縄文人をたくさん採用していた気がする。

その縄文系の日本人+当時日本人にとって今以上にカッコイイと思われていたアメリカという国をミックスさせ、うまく大人っぽさや、ハイソ感を演出したのではないか?

また縄文系とは別に、なんだろう、欧米系が混ざっているような感じのある、V6の岡田さんとかも、うまく取り入れるのがジャニーズや日本の芸能界を作る側のうまいところではないか?そういう、日本にはあまりいない顔をポツンと入れることで、そのグループにも存在感が出る。

世界ではこのように結構日本人とは何?ということが議論されていることが、これでおわかりいただけたのではないでしょうか?

以下、歴史的人物からも考えてみる

歴史の教科書でも学んだ西郷隆盛。これは、やはり東アジア系の顔とは全然違いますね。一体どこからやって来たのでしょう?(笑)

ちなみに私が博多に滞在していたとき、親しい友人にこんな顔の人がいました・・。やはり鹿児島出身の西郷隆盛となんらかの関係があるのか?(ちなみに、この写真は合成写真だったようです。)

また、私がいつも気になっていた初代三菱財閥総帥である岩崎弥太郎(やたろう)氏の顔も独特である。

白人とまではいかないけれども、現代の日本人とかなり離れた顔だちをしているのではないでしょうか?けれども、やはりたまに見る顔でもある。しかし、中国や韓国ではめったに見ない顔。

これくらいレアな顔を持たないと、やはり大富豪にはなれないのかしら?今では三菱が、日本の国内総生産の10%も持つ財閥になっているらしい。

https://zuuonline.com/archives/108098

白人の世界では、WHITE(白人)の定義は曖昧

例えば、南ヨーロッパのスペイン人やイタリア人で、浅黒い人に対してもWHITEと言ったりするのに対して、中東に住んでいるヨーロッパと変わらない顔立ちの人たちには、白人と呼ばなかったり、ロシア人は白人じゃないと言ったりする人など、さまざま。

Caucasian と、Asian で、区別することもしばしば。

アメリカでは人種をきちんと区別しているのに対して、弥生と縄文という全く違う人種が融合した日本では、パスポートに人種の区別をする必要もない。

これは日本が何年もかけて、和。つまり融合することを続けてきたためではないでしょうか?


ちなみに、こんな地図を見ると、あたかも日本人が白人国家の一員として認められた感じもしますね。→かなりこじつけてみました…!(私自身は、日本は独特な存在であってほしいのですが…)

「白人には何種類ある?北欧系、南欧系、中東系、インド系、アフリカ系を比較」




フェイスブックのコメント

青木さん  6月にセブ留学してきましたが、フィリピン人にとって肌が白い事は凄く羨ましい事なんだとか。
日本人から見ると肌が白い=白人ですが、フィリピン人にとっては同じ括りみたいです。
エステだか整形で注射打って美白するフィリピン人もいるって聞きました。

河村さん マレーシアの中国系マレーシアンは、これだけ毎日、日光を浴びて、足も肩も日光にさらしているのに、肌が白いのに驚いています。日本人だったら、即黒くなっているように思います。中国系と日本人の肌には、基本的な質が違うのか?と思ってしまうくらいです(^_-)-☆

Meikoさん よこい様初めまして
私はおむかいが大陸という地域にすんでおりますが、
お友達はまるで白人!?って人が多いですよ。肌の質感や色がまさに!眼球も黒ではなくヘーゼル。



山村地域にはフィリピンからきた配偶者ビザの
方々がいらっしゃいますが10年居住しているうちに
色白になったって喜んでます。日照時間と水質の影響が大きいとのこと。


身内でもこの話題になると、
「爺婆や両親は全くの和風な顔なのに、〇チャンだけ
シラコ(方言。アルビノ症みたいな人のこと。揶揄かも?)みたいに色白でロシア人みたいだな」なんて普通に会話に出てきます。遠い過去に大陸とつながってたかな~って憧憬もあるのかしら。

井原さん
ちなみに、日本人はモンゴルやキルギス、カザフスタンやタジキスタンの中央アジアの人々と見た目が似ています。
そして、言語体系も中国語を除けば、文法は日本と同じですね。
漢民族だけ特別なのかもしれません。

日本語学校で北欧の人を受け持つ機会があるのですが…パッと見、色白のアジア系?って思う人が結構います。
白人はどこまでが白人なのか、考えさせられます笑

ミックスの人も白人なのか…



Hunyako さん

中国は大きいですから地域性はあるにしても、その地域の中での多様性は比較的小さいような印象があります。日本人は、大陸系の人もいれば、いわゆるソース顔もいるし、南方系もいれば、色白、色黒、茶髪など、ミックスなんだなぁと思わせますね。新幹線に乗って、東京から日本を縦断すると、お客さんの顔が地域によっていくらか特色があるのに気づきます。
NZのマオリは台湾原住民とDNAのオリジンが近いようですが、部族の中には、こんな人日本にいる、というお顔も見かけます。
縄文人のDNAは日本人には含まれていますが、大陸にはほとんどないそうです。それが性質や顔かたち、体つきにいろいろな形で現れてくるのはおもしろいですね

Hideakiさん
東北の日本海側に行くと、色白の白人ぽい人が多かったりします。ウタリ(アイヌ)と、ウチナー(沖縄)は結構似てます。西郷隆盛は顔に関する資料が乏しい為、本人ではなく合成のようです。

Mie さん
 私も日本にいたころもそうでしたが、アメリカに来てからも、日本人だと思われたことがありません。(;^_^A 色が白かったころは、ロシア人、フランス人に間違われることが多く、日焼けした今は、南米、インドネシア、アイランド系に思われているようです。(笑)

私のフェイスブック友達には、海外在住の日本人が多く、今回の記事内容には、そのような方からのコメントが多いですね。

こんな記事も読まれています
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」

-未分類
-

© 2021 MULTILINGIRL♪ Powered by AFFINGER5