多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

中国が最も好きな国と、もっとも嫌いな国【中国の反応】





今回、中国語のサイトで、中国が最も好きな国と、もっとも嫌いな国を調査してみましたが、ランキングサイトによって若干のバラツキがあるようですが、ある共通点もみえてきたので、そちらのほうも論じていきたいと思います。(笑)

まず、中国人が嫌いな国から、3つほど検証していきたいと思います。

検証①
10位 ポルトガル
09位 モンゴル
08位 アメリカ
07位 インド
06位 韓国
05位 ベトナム
04位 インドネシア
03位 イギリス
02位 ロシア
01位 日本

http://www.top10.ph/2014/11/05/16610.html

ポルトガルが入っているのがビックリしますが…。モンゴルは北に位置するので、わからないこともない。アメリカはやはりライバルというところからで、インドも同じもの同士のライバル。また韓国が低いのがちょっと頷けない気もする。ベトナムがこんなに上位にきているのは、中国人が敵意をむき出しにしている証拠?南シナ海とかだろうか?

またインドネシアは有名。なぜかというと、インドネシアはインドネシアに住む華人を大量に殺したことがある。その恨みなのかもしれない。イギリスは、アヘン戦争や今まで世界を支配していたことに対するもの。ロシアに関しては、モンゴルを独立させたことなどがあげられるはず。

日本については言わなくてもわかるでしょ?的なことも書いてあった。とりあえず、日本が嫌い!って言うことに、特に理由はないのかもしれない。(笑)

検証②


10位 韓国 
09位 トルコ
08位 イギリス
07位 フィリピン
06位 ベトナム
05位 ロシア 
04位 アメリカ 
03位 インドネシア 
02位 インド
01位 日本

こちらのランキングでは相変わらず日本が首位!このランキングから見ると、どうやら中国が一番いやなのは、日米同盟+インドがくっつくパターンやそこにインドネシアも入ることかもしれない。けれども韓国が10位とは他のランキングとはちょっと違っていますね。以前としてイギリスも入っている。

しかも、ドイツやフランスは決して出てこないのも面白い。あと、トルコがランクインされているのは、ウイグル関係のことかな?と思います。

ロシアは仲良しと思われているけれども、利害関係が優先している関係なので、結局はライバルみたいなものなのかもしれない。

https://wenku.baidu.com/view/1ef77557bb68a98271fefa6d.html

③検証


私的には、こちらのランキングが、この中で最も正確なのかな?とも思ったりもする。

05位 イギリス(脱落した植民地支配者)
04位 ベトナム(野心的な白いオオカミ)
03位 アメリカ(中国にとってのライバル)
02位 日本(宿命のライバル)
01位 南朝鮮(自堕落した傲慢な高麗野郎)

台湾省のやつらは皆、南朝鮮人が大っ嫌い。とまで書いてある(笑)
http://bbs.tianya.cn/post-worldlook-1726393-1.shtml





次に中国人が最も好きな国をまとめてみることにします。

検証①
環球網という中国でもかなり大手の報道機関が調査したところによると、20歳以下の青少年に、どこに国が一番好きですか?というアンケートで、日本が首位になった。

このニュースでは、米国を飛び越えて日本が好きな青少年が多いことに驚きを隠せない様子。確かに中国語では最近日本語も混ぜたりとかして使っている人がいるなど、若い人たちを中心に日本の影響がかなり広まっている。

そもそも中国人は台湾人や香港人の流行を追いかけることから、台湾人や香港人は日本の流行を追いかけるので、自然と中国大陸に伝わっていく循環になっているのかもしれない。

けれども、これは若い人たちの間だけの話ということにもなる。
http://world.huanqiu.com/roll/2010-01/680780.html

検証②

https://wenku.baidu.com/view/8338fd1bf08583d049649b6648d7c1c708a10b48.html

中国人が行きたい国ランキングを見ると、また市民レベルで、どこの国に好感があるのか?ということもわかってくるかもしれない。

10位 フランス
09位 ベトナム
08位 マレーシア
07位 シンガポール
06位 マカオ
05位 台湾
04位 日本
03位 韓国
02位 香港
01位 タイ

タイは本当に人気なのです。以前、中国人が勉強したい外国語ランキングの記事も作りましたが、やはりタイがナンバーワンに輝いていました。

「中国における人気外国語TOP10。気になる日本語は何位?」

タイは中華系の人たちもたくさんいるからかもしれませんね。韓国、台湾、香港、マカオは中国にくっついているくらい近い国なので、旅行先としてはお手軽に行けるというメリットがあるからかもしれません。

日本に行きたい。というのは、日本に行きたくないほど嫌いレベルには決して達していないということを反映していますね。

検証③
こちらはあまりまだPV数が少ないのですが、これから伸びていくページだと思います。

日本、パキスタン、ドイツ、スウェーデンなどが最も好きな国にあげられています。

https://zhidao.baidu.com/question/1243520547125626899.html

いかがでしたでしょうか。私が中国に滞在していた約2年くらいの間、みな中国人は親切だったのと、ネット上でのアンケートはほとんど一致する。

好き!ということはつまり嫌いという意味でもある。もし好きではなければどうでもいいわけで、嫌いにまではならないということなのかもしれませんね。

愛憎という複雑な感情があることは間違いなし。

こんな記事もオススメです。
「アメリカが最も好きな国と、もっとも嫌いな国【米国の反応】」
「韓国が最も好きな国と、もっとも嫌いな国【韓国の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」






中国が最も好きな国と、もっとも嫌いな国【中国の反応】 中国が最も好きな国と、もっとも嫌いな国【中国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.