2015/08/27

たった1ヶ月で、スペイン語が読めるようになる方法

多くの方がご存知の通り、スペイン語は英語にとっても似ています。なので、アメリカ人がスペイン語を読めるようになるにはそんなに時間がかかりません。

日本語にもっとも近い言語と言われている韓国語を日本人が勉強するよりも早いと言われています。なので、英語ができる人はスペイン語が少しできるようになりたいという気持ちさえあれば、あとは楽勝なのです。

でも、あんまり勉強としてやりたくない。そんなあなたのために私はこの記事を書きました。
私自身、勉強(中国語で無理やりという意味)という方法で外国語を学ぶのは好きではないので、まずは入りやすい音楽を大量にダウンロード、またはYouTubeサイトをMP3に変換してくれる便利なツールでIphoneなどに取り入れます。


(写真はマドリードのミニ高層ビル群)

そして、せめて10曲以上聴いてみてください。お気に入りの曲が必ず頭に流れるようになります。お風呂に入っているとき、仕事中、いろんな場面でスペイン語があなたの頭に流れるようになれば、それはあなたの勝ちです。(この段階で聴いてスペイン語の意味が理解できるようになる必要はありません)

どんな分野でもそうですが、続かないと意味がないので、最初は遊びを取り入れた継続法を探るのが私のやり方です。

まずは、スペイン語1000WORDSみたいなものをグーグルで検索して自分のパソコンに入っているエクセルにリスト化することをおすすめします。私はあえて、3000円くらいするスペイン語の本を買いました。電車の中で2週間くらい何度もみた単語は消していくという作業を繰り返したのです。
その後に、スペイン語もっとも重要と言われる100単語を集中的にやりました。以下がその記事です。

「スペイン語100単語。基礎が一番大事!」

これが、私が以前書いた記事です。今もたまに、暇なとき見ますが、現在スペイン語の前置詞、冠詞、基本動詞などは見たらわかる状態ですので、スペイン語の新聞などを読んだとき、流れをつかむことができ、数多くある英語と共通している単語を頼りに、大まかな内容を理解できるに至っています。


こちらに私が購入したスペイン語の本を掲載予定

このように、1000語以上の単語を何も考えずに2週間ほど見ていった後に、100語を集中的にやるととても少なく見えます。そして、1000語以上の単語をみた過程であなたはスペイン語と英語の色々な共通点を理解できているので、100語がより簡単に見えるというわけです。

ここでポイントなのは、最初に取り組む1000語以上の単語は、そのエクセルリストの単語をただたくさん見ていったり、英語と共通しているからみたらわかるんじゃないかな?と思ったものを削除していくというやり方です。単語本の場合は横線で消していく。

特に単語本の場合例文があるので、例文を読むことによって毎回前置詞を理解できるので、やはり本を購入することをおすすめします。

この取り組みを行って何を得たのか。
それはスペイン語に対するアレルギーがなくなったことです。

①そしてスペイン語の曲を大量に聴くことにより、スペイン語の音に対する拒否感も消えました。今後もよい曲が見つかれば聴くので、これは完全に私の習慣になりました。

②スペイン語の土台ができたので、今後学ぶときに何を学んでいいのかわかる状態。スペイン人とかメキシコ人、中南米のペルー人、アルゼンチン人をみかけたら、近寄りたくなるかも?自分が少しでもかじったことのある言語のネイティブスピーカーには興味を持ってしまうものです!

一度、この曲を聴いてみてください。私はこの曲にハマっています。英語にはない感じ・・。



スペイン語の曲って人を明るくさせるような曲が多くて、新たな発見につながっています。今はどの英語の曲を聴いても、私には刺激がなく、このようにアメリカの第二言語であり、スペイン、そして中南米の共通語であるスペイン語で聴くことに楽しみを感じております。

一番大事なのは英語とスペイン語が類似している単語ではなく、
基本動詞+前置詞です。スペイン語が簡単に読める程度になるのに、動詞の変化形とかをわざわざ勉強する必要はありません。それをしたい方はスペイン語をきちんと勉強したい人向けでしょう。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」



0 件のコメント: