2015/10/09

アラビア語で色(カラー)を表す単語。

アラビア語は私が今まで学んできたほかの外国語と違い、類似点が少ないので最初から全部覚えなければなりません。なので、形のあるものはイメージで覚えるようにすることにします。

ゆっくり確実に覚える。それを毎日続けると、差が出ます。私はそれをほかの外国語学習で学んでいるので、このようにわかりやすいページを作ることで覚えていこうと思 います。

まずは、アラビア語で、"color" のことを、

لون

と言います。ルウェンのように聞こえます。通常アラビア語は母音を表示しないので、ここに書かれているアラビア文字は、[l] [w] [n] の組み合わせだけです。なので、私が見つけたスマートフォンのアラビア語のアプリでこの発音を聴いて、カタカナ表記しています。そうすることで、カタカナでまず覚えて慣れようという作戦です。(笑)



أزرق
(Reference) (blue)

アズラックという風に聞こえます。

私はほとんどテレビを見ないのですが、

保険・生命保険はアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)、つまりアフラックという単語が私の頭に存在していたらしく、このアズラックを覚えるときに、かならずアフラックが頭の中にでてきました。今この記事を書いている時点で、アフラックが保険だったってことを知ったのですが、それまでは文房具メーカーがアフラックだと思っていました…。

幸い私の頭の中には、なぜかアフラックが存在していたので、

アラビア語のブルーを覚えるのはそれほど難しくはなかったのです。だって、フをズに変えればいいだけだもん。

ذهب
(Reference) (gold)
これは形容詞ではなく、そのまま名詞の金という意味です。

金色の(golden)のウィキペディア記事が見つからなかったため・・・。
ダハブのように聞こえます。


أخضر
(Reference) (green)
イホベルのように聞こえるのですが・・・。ض は、Dの音だったような?!


رمادي
(Reference) (grey)
ラマディ―ですね!

برتقالي
(Reference) (orange)

バルトゥカリー

イギリス人=ブルターニヤと言います。私はこのブルターニヤのブルタまで、イメージした後に、英国人ってそういえばカールの髪の毛の人多かったな?ってことで、

ブルトカール=食べるほうのオレンジ。を覚えることに成功!!

色のほうはバルトぅカリーなのかな?子音だけ覚えれば、あとはリスニングを通して自然に覚えていくことができるので、ここでは問題ありません!

أسود
(Reference) (black)

アスウェンのように聞こえる。でも、د これは、Dの音じゃなかった?どうやらこの単語は、形容詞らしいです。


زهري
(Reference) (pink)
辞書と一致しなかった!?

بني

(Reference) (brown)

バニーユでいいでしょう。

ちなみに、コーヒーは、カフワですが、コーヒーの豆にも、名称があります。それがブンです。バニーユと同根。アラビア語で色を覚えると、

こうやって、新しい単語も付随してくるのですね?

英語にも日本語にもコーヒーの豆という単語は存在しませんが、

アラビア語で茶色を意味するバニーユを少しいじるだけで、コーヒーの豆という意味になるのですから、

ほんと、面白いですね。

أرجواني

(Reference) (purple)

アルジュワニー。

なんか、ゴージャスな響き・・。

これはね、簡単に覚えられそう。紫色のジュースを想像すればいいのだと思う。え、ジュースでどうやって覚えるの?とある、ジュースに鰐(ワニ)ちゃんが入ってた!みたいな。また非現実ですが、小人級のワニちゃんがたくさん浮いている紫色のジュースみたいな??

あるカフェで、ジュースの中にワニが何匹か泳いでいた・・。みたいにね・・。想像力働かせすぎ!!

أحمر
(Reference) (red)

アフマル。

うーん、どう覚えようと考えたとき?アホ!マル!みたいに覚えたらいいかな?と思いました。きっと、散歩しているときに、アホとかマルとか思い出したときに自然にアラビア語に、アフマルっていう単語、そういえばあったなー?って思い出すかも??(笑)

それか、アホを葬るとか?非現実的な話ですが・・・。


فضي
(Reference) (silver)

フォビル?

私は以前、リンゴという単語が全然覚えられなく、じゃ英語で表記してみればいいじゃん?ってことで、アラビア語単語帳のリンゴの欄に、

two fur huh!?

のようなことを書いたことがあります。これで覚えてしまいました。二つの毛皮?は!?(お前何言ってんの)みたいな・・・。

この手法で覚えるとすれば、シルバーは、たとえばシルバーのことをお金と想像して、ビルは紙幣を意味するので、

for bill!? みたいな英語をイメージすると、シルバーはすぐに覚えられるのかもしれません!

ちなみに、現在の100円玉は、銀ではないようです。


أبيض


(Reference) (white)

アラビア語の単語数が増えていくと、どんどんアラビア語脳ができてくる。これは本当だということが分かりました。白=アビヤード。なんていう単語、全然頭の中に入らなかったのに、

私の頭の中にあった、家=バイトという単語から、

卵を意味するバイダという単語にたどり着き、

そして、白を意味するアビヤードの語根が実は卵のことなんじゃないか?と思い始めるという思考ができあがってしまったというわけなのです。まさに1つの単語からいろいろ考えることができるようになれるレベルにきてしまったということでしょうか?

أصفر 
(Reference) (yellow)

アースフェル

これってどうやって覚えたらいいかというと、とっても簡単なことなんです。それは、アスファルトをイメージすること。アラビア語は基本子音だけの言語。母音が少し違おうが、アスファルトでも通じる!というのが私の考え!

このように、アラビア語の名詞などを中心に写真付きで記事化していこうと思います。アラビア語はどの人にとっても未知なものだと思うので、私が率先して研究していこうと思います。(笑)

0 件のコメント: