新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

モンゴル語、ビルマ語(ミャンマー語)、クメール語を勉強するメリット、需要、重要性



この記事では、同じ東アジアなのに忘れられたモンゴルと、東南アジアでも日本人がそれほど多くなく、注目もないミャンマー、そしてカンボジアの言語にスポットライトをあて、それらの国の言葉を学ぶメリットなどを書き出していきたいと思う。

モンゴル語を勉強するメリット、需要、重要性


モンゴル語と聞いてもシックリこない人も多いかもしれない。なんていったって、東アジアといえば、誰もが中国や韓国を想像するからだ。

また、そこに北朝鮮が付随してくるような感じだろう。それかベトナムも東アジアでしょ?って思う人がいるくらいかも。

けれども、モンゴルだって、東アジアです!最近ではモンゴルはASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟したいとも言っている…。

「トルコとモンゴルが ASEAN (東南アジア諸国連合)に加盟したい理由【海外の反応】」

人口が300万人しかいなくたって、国として成り立っているのです。人口300万人!?といえば、大阪市より少し多いくらい。



広大な大地に、300万人が散らばっているわけではなく、その半分以上はウランバートルに住んでいる。それがモンゴルなんだ。

実際、現地に住んでいるモンゴル人の友達がいるのですが、彼は23歳という若さでタクシーの運転手。いつも暇だからといって、フェイスブックの音声チャット機能で電話してきます。日本に行きたいとか、かつて住んでいたことのあるドイツに帰りたいとか・・。

なにやらモンゴル人にとってモンゴルという何もない場所はつまらなさそうにも思えるのですが、都会慣れした日本人には、逆に行きたくなる。そんな場所だと私は思います。

そんなモンゴルは、中国の真上にある。にもかかわらず、中国のように無査証滞在滞在でたった2週間だけしかいられないということもない。ま、韓国のように3ヶ月もいられるわけではないのですが、1ヶ月ビザなしで滞在することが可能です。

https://www.tokutenryoko.com/service/visa/57

また、中国のようなインターネット規制もないので、夏にちょっと涼みに行こうかな。的にモンゴルに1ヶ月ステイするという選択肢もあるのですよ!

この記事では、モンゴル語を勉強するメリットを書いていこうと思います。

①日本と同じ東アジアだけれども、忘れられた国




Reference Site
http://www.xsjjys.com/ulaanbaatar.html

ニュースをみれば、中国だの韓国だの、いつも同じような国のことばかりやっていて疲れてしまいますすよね?もちろんモンゴルなんて言う名前は、相撲くらいしかでてこないかもしれません。

けれども、モンゴルといえば同じ東アジアの国。

・日本
・朝鮮(韓国・北朝鮮)
・モンゴル
・中国
・ベトナム(文化的に東アジア、地理的に東南アジア)

と、モンゴルは小さい国ながらも、同じ東アジアで、しかも北朝鮮と同様に日本人におろそかにされた国である。




けれども、人口たった300万人程度の国って、ヨーロッパにはいくらでもあるんですよ?

たとえば、日本人が知っていそうな国の名前をあげていくと・・。

・四国(380万人)→1国に相当する人口を有している
・モンゴル(275万人)
・ラトビア(225万人)
・スロベニア(202万人)
・エストニア(134万人)
・ルクセンブルク(50万人)

「日本人でも欧州連合エストニア共和国の居住者になれる!」

あと、意外かもしれませんが、日本人の中にはアイスランドに行きたい!移住したい!っていう人もいるみたいなのですが、あそこは人口、たったの30万人ですが、人々を惹きつけているんですよね。それはそれでまた凄いのですがね…。

「欧米人が、東京やドバイよりも天国のアイスランドに強く惹かれる理由【海外の反応】」

日本の夏は過ごしにくい。じゃ、夏は1ヶ月だけモンゴルに滞在する!っていうのも、ありかもしれませんね。北海道の代わりにモンゴルみたいな。カラっとした涼しい夏を体験できます。

http://ikoumongol.com/mongolia/climate.html


また親日が多いモンゴルなので、自分から話しかければ友達も増えそうです。ま、移住っていうのはさすがに厳しいですけど、

人口が多ければいいってものでもないので、適度に都会。ってくらいのウランバートルは夏の旅行にピッタリかも。と私は目をつけています!

まさに、北海道人の私にとってはモンゴルっていうのどかな国は天国かも!

②モンゴル文字のユニークさ



今でこそ、ロシアのキリル文字を使っていますが、このように、チベット語に似たような文字も使用しています。

Чи япон хүн үү? (君は日本人か?)→こちらが現在、モンゴルで使われているロシア語と同じキリル文字。

このウィキペディアのように、モンゴル語では縦書きなので、おのずと縦表示にしか対応しないウィキペディアのページになってしまうのだ・・。

現在のモンゴルでは、このモンゴル文字を使用しないでロシアのキリル文字を使用していますが、中国の内モンゴル自治区では、このモンゴル文字をいたるところで見ることができるようです。

このように、同じモンゴルなのに、北朝鮮と韓国のように分断されてしまったのはモンゴルも同じようです。

以下にも書きますが、モンゴルと言えば、

・モンゴル
・内モンゴル(中華人民共和国に吸収されたモンゴル)

があるということですね。簡単に言うと、西日本と東日本というようなものです。

③モンゴル語は、内モンゴルでも使用されている



ん?内モンゴル自治区?そんな場所ってあったの?って思う方も多いかもしれません。中華人民共和国といえば、

新疆ウイグル自治区
チベット自治区
内モンゴル自治区

など、もともとの中国を取り囲むようにあった土地を吸収してしまいました。その結果、現在の中国には、55民族ほどいると言われており、そのうちの一つがモンゴル族です。

なので、中国から見れば、朝鮮族の朝鮮語も、モンゴル族のモンゴル語も中国の言語となるわけです‥。

内モンゴル自治州の人口は、2384万人。

およそ台湾と同じくらいの人口かな?ほとんどは漢民族。と言う風に聞いたことがある人は多いと思います。けれども、私がウィキペディアで調べたところ、

この人口のうち、17%はモンゴル人であるとのこと。

つまり、モンゴルの人口よりも多い400万人がここに暮らしている。

しかも、ロシアのキリル文字ではなく、モンゴル文字を使って生活しているという事実がある。なので、簡単にモンゴル語の挨拶などを覚えておくと、モンゴルだけでなく、中国の内モンゴル自治区でも、友達ができやすくなる。というメリットもある。

④モンゴルは避暑地。パソコン1台で仕事をしている人には向いている



中国でも、朝鮮でもない、未だ中国に屈しない国でもある。

モンゴルは日本からも地理的に近く、資源国でもある。もちろん小さい市場ながらビジネスもあると思いますが、一番はそこの人たちと仲良くなりたいか?というのが重要であり、また日本から近いということをうまく利用し、夏にモンゴルに逃げる!ために滞在してみる。という賢い考え方もいいと思います。→私は、絶対にモンゴルに滞在してやる!!っていう気持ちでいますが・・( ´艸`)

また東アジアの中でも日本人が注目していない国であり、大変ポテンシャルのある国でもある。

ご存知の通り、朝鮮半島は、中国の属国化が進行中。またチベットやウイグルなどの地区は、支配下にあるが、モンゴルはまだ列記とした独立国です。

ロシアというバックもいるので、モンゴルが今後中国に吸収されるとは言えない。

とはいえ、モンゴルは中国から天津港(北京の近く)を借りてたり、モンゴル経済は中国への輸出なしでは成り立たないのですが・・。

ここで面白いのは、モンゴルの貿易相手国における日本のプレゼンスが低すぎること。当然、モンゴルにいる日本人も少ないでしょう。そういうものを狙って、モンゴルに行く。そして、モンゴルで人脈を増やしていくっていうのもありかもしれませんね。

また私のように、

モンゴルから何かを発信して、世界を相手にお金を稼ぐというのも、あり得る話かもしれない。

⑤まとめ。



このように、日本人は隣国をうまく活用してみるということを実践するべきかもしれない。特に私のようなライターとか、オンラインで語学を教えるようなパソコン一台で仕事ができる環境にある人は・・。

今後、ますますインターネットスキル、海外での人脈などが重要になってくると思います。企業文化から個人が自分の仕事をしていくスタイルに変わっていくと思います。

そんな中で、人と差別化を図り、自分にしか持てないスキル・人脈を作っていくことが重要なのではないでしょうか?

簡単なモンゴル語を勉強して、第二の故郷を作るのもアリかもしれない。馬に乗るのが好きだったり、のんびり暮らしたい人には、おすすめともいえる。けれど冬は寒いよ?(笑)

それにしても、こういうスラム街っぽいところ、冒険したくなっちゃいますよね。




ビルマ語(ミャンマー語)を勉強するメリット、需要、重要性


ミャンマーといえば、以前はイギリス植民地の名残なのか、ビルマと呼ばれていました。現在も、英語圏では、ビルマと呼ばれている。

英語ではビルマ語のことを、Burmese language という。ちなみに、ブァーミーズというように発音します。

今まで私のブログでも東南アジアの言語の主要言語について、メリットを紹介してきたのですが、ビルマ語はまさに今、の言語かも知れません。

というのも、

タイ
マレーシア
シンガポール
インドネシア
ベトナム
フィリピン

とたくさんの国がありますが、その中でも、

ラオス
カンボジア
ミャンマー

だけが、少し遅れをとっている感じがあり、同時に非常に潜在のある市場だからです。今後、ますます世界各国から目を付けられる国ではないか?と私は見ています。



ビルマ語は、このようにミャンマーのほぼ全域で使われている言語で、

第一言語:3200万人
第二言語:1000万人

とされている。

シナ・チベット語族に属する言語なので、中国語とも近い。とされている。(言語学的に)

ビルマ語ってどんな発音!?




結構謎も多いビルマ語。なにせ、インドネシア語とかタイ語ですら謎!と思っている人には、ビルマ語なんてもっと謎が多いと思ってしまうかもしれません。発音に関してはそれほど難しい感じはしませんね。


ビルマ語には、メリット・需要・重要性はある?


ビルマ語にメリットはありますか?と聞かれたら、私はない!!というかもしれない。けれども、これは人によって違うのである。多くの人にとって、たとえば、中国語を学んで中国語検定1級をとって就職する。というのが普通かもしれませんが、

今の時代、どこの国に行ったって、パソコンさえあれば労働できるのだ。つまり、ビルマ語を使いどのようにお金を得るのか?ということは、人それぞれによって違ってくる。

また単にメリットと言っても、ミャンマーの文化を理解したい人にとってはもちろんメリットがあるだろう。




また、タイという国に飽きたから、ミャンマーという国をもっと知って自分の国のようにしていきたい。という人にとってももちろんビルマ語を学ぶ価値はある。

私は何度も言っていますが、誰にも邪魔されない自分だけの居場所を作るには、やはり簡単なレアな外国語を学んでおいたほうがいいのだ。

ミャンマーを独り占めしたいなら、簡単な挨拶程度覚えて、ミャンマーに遊びに行けばいい。そうすれば、現地の人ともちょっとした意思疎通が図れるし、またお互いに気持ちいいはずだ。

ミャンマーってどんなところなの?



この動画を観てしまうと、驚かれてしまうかもしれませんが、大変魅力的な国です。

5289万人=ミャンマー
6886万人=タイ
3119万人=マレーシア

と、おそよ、タイとマレーシアの中間あたりの人口と考えておけばいいかもしれません。また、もっとも重要なことは、ミャンマーが、中国、インド、東南アジアの中心に位置することです。



Reference Site
http://www.tibet.cn/news/focus/144523114934.shtml

つまり、今までヨーロッパや中東から船で運んでいた多くのものを、シンガポールのあるマラッカ海峡を通過しなくても、ミャンマーの港から中国国内に輸送することができる。

これって意味わかりますか?

現在日本の二倍以上のGDPを持つ国にどんどん輸送するルートになるわけです。ミャンマーの位置は非常に面白い。

今後、世界のGDPランキングで上位を争う、インドと中国のちょうど間にあるのだ…。

ま、こんなこと書いてたらワクワクドキドキしてきますね・・。言語好きな私にとっては特に。

しかも、イケメンも美女も多いらしい。(美女調査だけは済ませておきました・・。まだイケメン調査はできていませんが・・)

「実は美人大国だった!?他民族国家「ミャンマー」の美女ランキング TOP5」


ま、いろんな意味で、面白くなっていきそうな国ですね。ちなみに、ミャンマー人の顔をいろいろ写真でみていると、なんだろう、チベットとかの感じに似ていて、なんか日本人に似ているのではないか?とも思ってくる。これは、なんかタイの感じとはちょっと違うんですよね。

次にクメール語に行きます。




クメール語を勉強するメリット、需要、重要性

普段ニュースにほとんど登場しないカンボジア。私だけが知らないとか?いつもグーグルニュースしか見ませんし、テレビなんてめったにつけないので・・。この写真を見たとき、カンボジアってこんなに発展していたのか?と目を疑いました。高層ビルとかはないのですが、明らかに低層ビルなども、他の発展途上国に比べてまともな建物が多いような気がする。という点。

カンボジアって、タイとベトナムの間に位置する国なので、あまりピンとこない人が多いのではないか?と思う。

ま、アンコールワットが凄く有名なので、アジアのみならずヨーロッパからもたくさんの観光客が訪れるとは思いますが。

以下のプノンペンの写真を見ても、想像していたように町は整然としているようにみえる。 なんでしょう、ベトナムとかの写真をみるよりも、もっと整備されているような気がするのは気のせいでしょうか?

東南アジアの中でも求人が多い




私の大好きなカモメという海外求人をみてみると、カンボジアでは毎日なにかしらの求人が募集されている。しかも、ほとんどはスカイプ面接なので、気軽に現地に行くこともできそう。現地採用だと思うので、日本より給料は高くないかもしれませんが、貴重な海外生活を満喫できることは間違いなし。

http://kamome.asia/myanmar/

②東南アジアの穴場的な位置にある



なんだろう。多くの日本人がタイだのベトナムだの言っている間に、ひっそりカンボジアで暮らすのもありかも知れない。この地図を見ると、驚くことにマレーシアの半島部分よりも面積的にも広い。

しかも、ホーチミンからバンコクまでの高速道路を建設中なので、その中間に位置するプノンペンが今後、より発展すると予想される。

③文字がカワイイ



アラビア語やヒンディー語に惹かれる日本人女子も多いのですが、このクメール文字も、かなりお勧め度高め!クメール文字の場合、タミル文字と同じく、丸い感じがあって、かわいいです。何かの暗号、秘密の日記などに活用できそうな感じもする。


まとめ。

ミャンマー語を勉強するメリットは、簡単な挨拶フレーズを覚えることによって現地に第二の故郷を作るとか、将来のために、コネクションを作っておく。などでしょうか?

また、少ない資本でビジネスを始めることも可能。けれどもミャンマーでビジネスをはじめるのは結構面倒な手続きが多いと言われていることも考慮する必要がありそうです。

また、これからミャンマーにやってくる日本人が宿泊できるようなゲストハウスを作るなど。と、考えてみても色々ありそう。夢が広がるばかりです。w

またある人にとってはイケメンとか美女探しにも使えそうですね。( ´艸`)そういう私が来年とか、彼氏を探しにミャンマーに行っている可能性すらあるw

やはりなんといっても、現地の人との交流でしょう。それが一番の財産になるはずです。東南アジアのタイ、マレーシア、ベトナムなどに飽きた人で、インドネシアほど暑い国には行きたくない人は、注目すべき国かもしれません。

ミャンマーの一番北部は、緯度的には台湾よりも上ですからね…。

また、クメール語に関して言えば、皆がタイやベトナムに行ってる間にその中間のカンボジアという地理的にもおいしい国を自分の故郷にできる点ではないでしょうか?

できるだけ皆がやっていないことをするのが一番いいと私は思うのですよね。

こんな記事もオススメです。
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

モンゴル語、ビルマ語(ミャンマー語)、クメール語を勉強するメリット、需要、重要性 モンゴル語、ビルマ語(ミャンマー語)、クメール語を勉強するメリット、需要、重要性 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 29, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.