キルギスとは少し違う、カザフスタン人の美女・イケメン TOP10




現在男探し中のため、どこだかの国を旅しているマルチリンガールのりょうこでーす(^_-)-☆っていうのは冗談で、韓国は寒いのでクアラルンプールを拠点としながら、1ヶ月に一週間ほど周辺国に旅行という生活を送っています…。それ以外は、部屋に引きこもっていまけどw

そんな私は現在インドネシア語を勉強中。というのも、インドネシア語を勉強すれば、東南アジアの南部の男たちは結構落せるようになるので…(;^_^A

っていうのは置いといて、私は夏に中央アジアに行こうと思っている。目的はやはり、私がずっと気になっている、キルギス人は本当に日本人に似ているか?という調査であったり、日本で勉強してきたロシア語を実践して、少しでもロシア語に精通するため。

これは4年前に、以下の記事を書いたことからも分かるように、私の夢はずっと変わっていなく、ただ実行に移しているだけである。

「アラビア語とロシア語をマスターすると見える世界」

そうやって、全く興味もなかった中央アジアのことを調べているうちに、キルギス人が日本人に似ているということに気づくようになったのである。

また、キルギス人の間では「大昔、キルギス人と日本人が兄弟で、肉が好きな者はキルギス人となり、魚を好きな者は東に渡って日本人となった。」と日本語圏のネット上では言われているが、それも是非、直接聞いてみたいのだ。




私の外国語学習のモチベーションはやはり、人と交流することにあり、それは、私が人種・DNA関連の記事をよく書いていることからも、わかるだろう。

なので語学マニアとうよりは、語学を通して私が知らない未知の人たちに、彼らの言語で通じ合いたいのである…。

この記事では、これら中央アジアのイケメン・美女(キルギスが中心)を紹介しつつ、これらの国々の違いなどの情報も少し埋めていきたいと思う。


まずは中央アジアを知ろう

中央アジアという言葉自体、少し定義がものによって違うのだけれども、もっとわかりやすく言うと、現在、中華人民共和国に組み込まれてしまっている新疆ウイグル自治区が、東トルキスタンという考え方をすると、西トルキスタン(カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、キルギス)が、多くの人たちが認識している中央アジアという地区である。

つまりこの記事では、5つの国のイケメン・美女を同時に紹介したいが、モンゴロイド系のイケメン・美女を中心に紹介したいので、それらの率が高い、キルギスとカザフスタンを中心に紹介していきたいと思う。

ちなみに、カザフスタンとキルギスは、日本人っぽい人たちが多い国としては重なる部分が多いが、一人当たりのGDPをみると、カザフスタン(8,762ドル→年間87万円ほど)、キルギス(1,144ドル→年間11万円ほど)と、所得にかなりの差がある。とはいっても、実際に旅行に行った人たちの中には、旅行に幾分にはこれら二つの国の物価はあまり変わらなかったという人もいる。

ま、都市と国全体では全然違うのでね…。けれども、数字的にみれば紛れもなく、キルギスは、ミャンマーやセネガルのような、超貧困国である。

ではそんなキルギスとカザフスタンの人たち、日本人にどれだけ似ているのか探ってみようじゃないか。


①カザフスタン人の女性の顔はこんな感じ?



英語圏で話題にあるカザフスタン人ってなぜ、日本人、韓国人、中国人に似てるのぉ?というときに使われる写真。つまり、カザフスタンってロシア系も多いので、完全にモンゴロイド系の人たちが多い国とは言えないが、意図的に、モンゴロイド系の人たちを集めたものが上の写真…。

ちなみにこの写真は、よく読まれている以下の記事でも使用させていただいた。何だろう、一気に親近感がわくでしょ?

「カザフスタン人と日本人って似てる?「日本人 VS 韓国人 VS モンゴル人 VS カザフスタン人」という奇妙なスレッドを発見してしまった件」


②ディマシュ・クダイベルゲン(歌手)



https://www.pinterest.jp/RahoSohbet/dimash/

ディマシュ・クダイベルゲンは、カザフスタンで有名な歌手。なんとこんな顔をして、身長は190cmであり、彼は中国で有名。というのも、2017年1月に中国の湖南TVの人気歌手コンテスト番組『歌手2017』に出演し、特に中国国内で一夜にして爆発的人気を得たからだ。

ちなみにこの顔、私が女装していない時の顔に若干似てる…。ま、私、こんなに顔小さく端正な顔ではないけどね…。それにしても、彼口紅塗ってない?ま、スターだから当たり前かぁ。

今じゃ政治家の男性も口紅塗ってるもんね…。ちなみに彼の動画を見たければ、以下にリンクを張っとくね。

1000万回近く再生されている、そのコンテスト時の動画…。→東方神起だったジェジュンに似ているような気も…。また美貌だけではなく、何オクターブ??というような聞いたこともない声を出しているのが、この再生数に繋がっているのかもしれない…。

The best voice in the world. Dimash Kudaibergenov - Opera 2 (2017)


③韓国系の好青年??



私はロシア語で色々動画を見ているので、この動画もたまたま見つけたのだけど、彼がサムネイルになっていることからも、彼が現地でイケメン扱いされていることが分かると思う。だって、彼って0:44にやっと登場する人だし…。

こういうモンゴル顔?はカザフスタンで人気なのかもしれない。ということは韓流が流行る国というわけだね。と思って検索してみたらやっぱり…。

カザフスタンで、KPOPのダンス皆でやろう~!的なイベントに、多くのカザフスタン人女子たちが押し寄せている動画を発見したわよ…。


④これが本当の中央アジア顔?



https://batyrbay.weebly.com/

目元が若干コーカソイド系…。また眉毛が繋がっている部分が、イランとかそっちのほうの血をひている気がする。鼻がすっと高く、東南アジアにいるような顔立ちではないし、だからといって韓国にいるような顔でもない。

つまり、これが中央アジアらしい顔なのかもしれない。ややモンゴル人に近い感じにも見えるところが面白い。


⑤カザフスタン人のイケメン



こちらの動画も、色々な人が登場するのに、彼がサムネイルになっていた…。やっぱりこういう顔はイケメン扱い?ってことは、日本人や韓国人は、カザフスタン行ったら、割とモテるんじゃないの?


⑥韓国にもいそうな男子



https://www.gcsnc.com/

この系統の韓国でも見たことあるかも…。あ、中央アジア系だったんだ…。と思った瞬間…。エヴェンキ系ではないと思っていたので、なんかスッキリしたという感じ…。→隣に黒人女性がいるので、もしかしたら外国人留学生同士、つまり韓国人かもしれないが…。


⑦サビーナ・アルシンベコバ



身長182cmで、12頭身ともいわれるカザフスタンのバレーボール選手。日本人にも人気なのだそう。(この記事を作るまで知らなかったw)

ロシア系も入っていそうな気もするけど、それほど白人の血が濃いようなイメージもない。


⑧カザフの美女三人組と、男子一人



この3人は、現在インドに留学中のカザフ人のようだ。女性三人組は、日本人には似ていないが、白人でもない、一体どこの国の人たち?!と言いたくなるような様相…。

一方、右側の男子は、おそらく韓国人に間違われるような顔かもしれない…。カザフって本当にいろんな顔がいるねぇ…。

Enriching experiencefor Kazakh students


⑨美女2人に囲まれるカザフ男子



エキゾチックすぎる…。女子二人は、インド系??(インドをずっと北に行くとカザフスタン…)にも見えるが、男子は、まさにどこの国の人?である。モンゴル系も混ざっているので、日本人にも親しみやすい顔…。

上の写真は、以下のユーチューブ動画のサムネイル。特に男子がロシア語で話すのが印象的で、エキゾチック…。

Kazakhstan Student Experience @ Asia Pacific University, 2013


⑩カザフの美少女3人組



Opening of New University in Astana, Kazakhstan

カザフスタンの首都アスタナに新しい大学が開校。その時の写真のようだ。皆、日本人で通じそう…。にしても、似すぎている…。以下に日本人に似ている人種について以前書いたことがあるが、その中でもとびぬけて日本人に近い人がいるということを悟ってきた…。

「意外に知られていない、日本人に顔が似ている民族・国家 TOP20」

こんな記事も読まれています
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」


コメントを投稿

0 コメント