新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

10年ぶりに中国に来て感じた発展のスピード(マナー含む)が日本以上にすごかった件




私は、2011年に南京で日本語教師をしていましたが、それ以降中国に行くことはありませんでした。2011年といえば、6年前ですね。

そう、南京ではユーチューブがみれなかったんですよ。なので、ポッドキャストのCNNの映像で、東日本大震災(3・11)を知ったんです。2011年以前も私は中国に行っていました。2006年くらいだったかな。上海に3回も行った年ですね。

そう。私がはじめて中国に行きだしてから10年が経過している。10年って結構長い?短い?私が思うに、この10年あまり東京は変わっていないと思う。

また、それは韓国のブログにも書かれていました。
「15年ぶりに東京にきた韓国人が感じた、ソウルとの違い【韓国の反応】」

一方、今年2017年秋に中国を訪れたとき、私はかなり感動してしまった。感動というと、少々大袈裟な気もするのですが、

確実に、人々のマナーのスピードが劇的に変化しているのを私は感じてしまったのだ。
「北京、上海、ソウルよりも、香港・深セン・広州旅行をオススメする5つの理由」

①街の中心部が整備されている


郊外はやはり田舎なのですが、街の中心部がかなりきれいになっていて驚きました。たとえば、日本人にはあまり人気のない?または知られていない広州という都市。ここは、中国南部最大の都市で、韓国とGDPにおいて経済力は同じくらいにまでなっている広東省の中心都市です。

北京や上海とは大都市圏人口では引けを取らない。むしろ、香港なども合わせると、中国で一番人口が多いエリアです。

広州ー深セン―香港(関東のように全部近い)

その広州は中国人に言わせると、北京・上海より一つランクが下の都市なのだそうですが、私が広州の中心部を歩いていて感じたことは、なんといっても、街がキレイ。以前、中国と言えばゴミが散乱のイメージがあったのですが、おそらく掃除のおばさん?などがいて、すぐにゴミを片付けているのでしょうか?あまりゴミが目立ちませんでいた。

また、私はまさにこの写真のところを歩いたのですが、このように街のいたるところに緑を積極的に植えている。

私の泊まっていたシャングリラホテルの付近でも、夜中にもかかわらず、中国の地方からやってきた農民?たちが(女性も含め)、夜中に、街に花や木を植える仕事をしていたのにはびっくりした。

こりゃ、街がどんどんきれいになってくわなぁ。って思った瞬間だった。だって、人口が多いから、お金を払いさせすれば、どんどん緑は増えていくし、どんどん街のごみは消えていく。

大都市では、そういうクリーンという衛生!?に対してお金を結構使っているんだねと思いました。

②交通事情の改善。車のクラクションがほとんど聞けなかった

http://thecityfix.com/blog/guangzhous-brt-revolutionizing-perceptions-of-bus-travel-in-china/

日本も昔は中国みたいにクラクションがうるさかったですよね?

「日本も昔は、中国みたいだった?1966年にドイツ人カメラマンによって撮影された日本がスゴイ件【海外の反応】」

日本人はマナーが良い!と思っている人。日本人も昔は海外旅行で、マナーがないと欧米人から言われていたそうですし、つい最近まではごみをポイ捨て、ガムをそこら中に吐く人も多かったですよね。

けれど最近は何でもかんでも中国人のマナーにいちゃもんつける日本人も多くなってきました。

上のURLをみればわかりますが、日本人だって車のマナー、特にクラクションを無意味に何度も鳴らすという現在の中国人的な感覚があったのです。




そんな私は、10年前に上海を訪れたときは、上海もクラクションがうるさかったのですが、今回広州旅行をして気づいたのは、そのクラクションは全然聞かなくなった点だ。また、車のマナーが向上していた点だ。

たとえば、広州の川沿いの道路は信号がない。横断歩道はあるのに、あえて信号をつけていない道路が結構あった。

で私が渡ろうとすると、止ってくれたのだ。これは上海ではありえなかった。思うに現在の上海も広州のようになっていると思う。中国では、そういう悪いと思ったことをすぐに禁止にして罰金を払わせるからだろうか?事情はよくわかりませんが…。


③自転車のシェアが日本以上に普及している


もうこれにはビックリ。たまたま宿泊していたシャングリラホテルのフロントの男性に、真夜中、自転車を借りたいんだけどと聞いたら、彼が自分のスマホを取り出し、外にあったシェア自転車のカギを開けてくれた。(私は10ドル払いましたが)そうやって簡単に自転車に乗ることができるのが中国です。

日本だと、シェア自転車はあるのだけど、中国ほど使われていないのがポイント。

けれども日本と同様、スマホなどを持っていないと自転車のカギは空けられない。もしかしたら外国人観光客にもカギを開けられる方法があるのかもしれませんが…。

けど、こうやって自転車の数が半端ない。どこの地下鉄駅に行っても自転車がたくさん置いてある。

これをみて、中国は日本よりもシェア社会という面では、上を行っているのでは?と思ってしまった。

④現金よりカード。フランス人のように現金を持ち歩かない中国人が多い


香港空港を降りて香港市内に向かう時にエアポートバスに乗りました。けれども、みなカードで支払い…。で私はカードを持っていないので、お金を入れようと思ったら、お釣は出さないという書き込みがあった。

35香港ドル。×二人分。つまり、70香港ドル支払いたかったが、100香港ドルしか持っていなかったため、100香港ドルを支払ってしまったのだ。

私以外にも、お釣がなくて100香港ドルを支払っていた外国人は多かったけどね…。つまり、誰もがカードを持っている。カードはスマホなどで支払いしている人が多く、中国の広州東駅のチケット売り場でもスマホをかざして決済している人が多かった。

中国の人民元って汚い。日本のお金と違ってきれいじゃないんですよね。なので私がもし中国人だったらなるべく現金は使いたくないかも。なんて思ったりも。

ま、日本人は現金主義的なところがあるので、欧米で普及しているデビットカードも全然普及していませんしね…。けど、日本人が現金を出してレジとかで時間をかけている間に、中国ではカードで簡単に決済しているという・・。時間的なパフォーマンスを考えると、そういう場合においてはカードのほうが、まさに効率的な気もする。

私は現金主義的な感じなので、カードがイイとは言いませんが、中国に住むのならば中国ではカードを使おうと思います。

「キャッシュレス・ソサエティの中国は、日本や韓国よりも進んでいるな!これじゃお金持ち歩かなくてOKやん!【海外の反応】」

⑤人民元が3円も高くなっていた


10年前なら1元14円でした。で2017年現在香港ドルは1ドル14円です。なので、人民元も1元14円だろうと思っていたら、17円になっていました。香港から広州に行く電車よりも、広州から香港に戻る電車のほうが300円ほど高かったのです。これには衝撃を受けました。

もう中国は物価が安い国とは言えないかもしれない。

けど、元の価値が上がっただけで、中国にあるものの価格、つまり物価はそれほど上がったとは言えないかもしれない。(ものによる)

タクシーなどはやはり安かった。

広州だと、初乗り10元だったので、

初乗り170円ということだ。タクシー使いまくったけど、お金は減りませんでした( ´艸`)

FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!

前田さん
広州ではありませんが、深センへ行ったことがあります。上海は行ったことがなく、北京よりキレイな都市だと感じました。また、都市作りに緑化を積極的に採り入れてるように感じました。広州ではなくごめんなさい。

金さん(中国人)
南行ったことないからわかんない、最近北京でもキレイになってますね

安藤さん(上海在住の老人)
2つコメントします。
(1)アリペイ
スマホで払う方法ですが、いちばん普及しているのはジャック・マー会長のアリババのアリペイ(アリババの支払いだからアリペイです)は来年4月から日本人も中国で使えるようになるでしょう。 すでに日本のドラッグストアや量販店やセブンイレブンでは中国からきた人々はアリペイで支払いができます。

やり方は(来年4月からは、よこい りょうこさんは中国に行っても日本でも(対応開始した店ならば)スマホにアリペイのアプリケーションウエアをお入れくだされば使えるようになります。(中国の銀行口座を開設できない人にも使えるようにするそうです。日本の銀行口座とリンクするのか、それともアリペイ口座にあらかじめお金を入れておくのか、まだ決まっていませんが、日本の銀行も今のままだとつぶれちゃうから、たぶん対応するんじゃないでしょうかねえ)
やり方は二種類あります。
お店のQRコードを読み込んで、金額入れて、店の人に確認してもらうのと、店の機械にアプリケーションウエアを立ち上げたスマホをひっつける方法。
前者のは自由市場とか、小さな商店のやり方でして、機械を導入するのがもったいない小さな店ではQRコードだけ出してありますから、人間が金額を入力して店の人が目で数字確認して実行。
金持ちの店(大レストランなど)は機械にスマホくっつけて、機械が「いくらいくらもらいます」とくるので画面確認して実行です。
地下鉄の通路にいる乞食の人には、乞食さんにスマホを見せるとQRコードを印刷した厚紙をだすのでスマホでうつして、めぐんであげる金額を入力して乞食さんにみせると「おありがとうごぜーますだんなさま」と(たぶん)言うので実行すれば小銭がなくても、乞食さんにめぐんであげることができます。
ただし乞食さんにアリペイでお金をあげるのは雰囲気に問題が生じますから、私はポケットの1角、5角コインをじゃら〜んと放り込みます。

もうひとつコメント。
(2)昔の日本マナー
昔の日本のマナーですが、昔の電車や汽車はホームから窓を開けることができました。
電車や汽車がホームへ入ってきたら、人がいない席のところの窓を開けて荷物を座席へ放り込み、座席を確保する人がいました。
さすがに東京の人はしませんでしたが大阪では当たり前でした。
大阪の人が東京に来るとあれをやるので、すぐに大阪の人だとわかりました。
そのほかにも大阪の人の振る舞いはいろいろあったんですが、もしかして大阪の人が読むと怒るかもしれないので(今日は)書かないでおきます。


渥美さん
現在深セン市内。酷い渋滞でバスがほとんど動かない。バスの運転手がエライ怒っていて怖い。

武田さん
凄いデザインですね! 見直しました

石井さん(香港在住の起業家)
我前天去廣州昨天去深圳明天有去深圳。我們經常說中國的一年相當於日本的十年。中國的十年前就是日本的100年前一樣。→昨日は広州に行って明日深センに行きます。中国では、中国の1年は日本の十年と同じだとよく言われています。

梶山さん
本当に綺麗になったものですね。私の最初の中国旅行は1992年3月、大阪南港からフェリーで上海へ、その名は鑑真号。トイレは例の如くで、手鼻かみや痰吐きは当たり前でした。一党独裁だから出来るトップダウンはビジネス的には羨ましいですね。私も若かりし頃は独断専決の仕事のやり方をやっていて、中国共産党方式と偉ぶっていたのが恥ずかしいです。和の国は合意形成、稟議制が正しいあり方です。

北原さん
新鮮な体験記、楽しく読みました。中国は、凄いですね!日本に来ている、中国の人しか知りませんが、彼ら彼女らも、感覚的にも日本人とあまり変わりませんね。GNPも、日本を抜いて二位。そりゃ、凄いと思います。眠れる獅子が覚醒ですね。骨粗鬆症に、油がいいのは、大豆の、力!??

高橋さん
広州なら、ぜひフォーシーズンホテルにも泊まってください。93Fとかの部屋を一晩4万円くらいで泊まれます。これがかなり広くてびっくり。眼下に広州タワーを見ることができます。30年前は、中信タワーという高層ビルが一番高いビルで、周りは田んぼだったそうです。そういう話を聞くとさらにビックリです。でも、東京も実は、1960年から1990年の30年を比べると劇的な成長をしていて、今の新しい建物が建ったりしていて、90歳になるおばあちゃんからすると、変化が激しすぎるという言葉を口にします。この辺り、今の10代から40代くらいの人が感じている東京のイメージと違うのかなと思うと新鮮でした。

青島さん
妻が上海人で自分も上海に9年ほど高校大学仕事とおりましたが、今行くと高校の時行きつけていたゲームセンターがあった所がどこか分からないくらい発展していて本当にビックリします。いつかまた戻って生活したいです

田中さん
上海北京は他の場所からきた人を歓迎しない文化があるので!

こんな記事もオススメです。
「ここはニューヨーク?白人でもビックリ。中国内陸部の中心、重慶、成都、西安が大発展していた件【海外の反応】」
「恋と喧嘩、トラブル、そして中国語。私を変えた "中国(上海)"」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」





10年ぶりに中国に来て感じた発展のスピード(マナー含む)が日本以上にすごかった件 10年ぶりに中国に来て感じた発展のスピード(マナー含む)が日本以上にすごかった件 Reviewed by よこいりょうこ on 11月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.