新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由





まず、ひとつ言っておきます。この記事を書いたのは、2015/6/25ですが、それからタイトルなどがそのままパクられ、ユーチューブに拡散されてしまっています。→大変光栄なことですが…。つまり、この記事が原本だということは最初に理解していただけたらと思います(;^_^A

さて、外国儀礼 "Diplomatic protocol" について語らせてください。世界には日本の皇室をはじめ、25近くの王室が存在します。

そんな王室の関係者は、我々一般庶民や、それこそ大富豪とは違う、一種のステータスを持っていて、それら王室関係者のマナー・エチケットなどがたびたび注目されます。

日本では、セレブなどという言葉がよくテレビなどにも出てきますし、ヨーロッパの王室はすごくカッコいい!オシャレ!というようなイメージがあるのですが、ヨーロッパ人からすると、日本の皇室ほど、粋(クール)なものはないと思われていることはあまり知られてはいません。

この記事では、ロイヤルファミリーを調査するのが好きな私が、動画や様々なソースをもとに、なぜ、エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出すのか?という疑問について綴っていきたいと思います。



フェイスブック上にこの記事をアップしたところ、たくさんの反響があり、色々な意見が飛び交いました。

その中でも、テレビや雑誌で活躍し、英国のオクスフォード大学出身で、ゴールドマンサックスやソロモンブラザーズで銀行アナリストとして活動し、日本の金融行政に大きな影響を与えるレポートを発信してきたデービッド・アトキンソンさんと偶然にも、フェイスブック上で議論することができました。

また、普通じゃ関わることのなかったデービッド・アトキンソンさんとお知り合いになれたことをうれしく思います。

この記事では、彼の客観的な意見をもとに私ももう一度この”外交儀礼”について整理をしなおし、きちんと根拠のある解説にしていきたいと思い書いています。

では、本題に入りましょう。

エリザベス女王在位60周年の昼食会、各国の王族らが出席


なぜでしょうか?上の動画が削除されています。→ブログをご覧になっている方から、以下のURLを教えてくただきました。非常に感謝しておりますm(__)m

その動画は、dailymotion という動画共有サイトで、エリザベス女王在位60周年の昼食会、各国の王族らが出席と検索することにより、閲覧可能です。

ちなみにURLもこっそり・・
http://www.dailymotion.com/video/x2thk5o

私のブログでは、できるだけ公式のチャンネルがアップロードしたものを埋め込ませていただいていますので、動画をご覧になりたい方は、 dailymotion で上のキーワードで検索するか、うえの、こっそりURLからお入りください・・。→またまた消える可能性がありますが・・。

で、動画の感想いきますね?(削除されたほうの動画のものの感想です)

外国の国々の頂点に立つ人たちのマナーをみるのって面白いですね。

まず、この記事で何を言いたいかを簡単に知るために、このフランス通信社の”エリザベス女王在位60周年の昼食会、各国の王族らが出席”の3分35秒の部分をみてください。

2012年、英国のロンドンで行われたエリザベス女王の即位60周年を祝う、ダイヤモンド・ジュビリーが行われました。

そして、天皇皇后両陛下も、はるばる日本から英国まで、おいでになったのです。ちなみに、タイ国王は出席していません。私はワクワク、ドキドキしていました。

生きている間に、エリザベス女王と天皇陛下が対面する場面があるなんて想像したこともなかったので…。



ウィキペディアの英語版で、天皇(emperor)の定義について調べてみました。


Emperors are generally recognized to be of a higher honour and rank than kings. The Emperor of Japan is the only currently reigning monarch whose title is translated into English as "Emperor".

一般的に”エンペラー”は、”国王”よりも高い称号として認識されています。そして、その”エンペラー”の称号を持っているのは、日本の天皇だけです。(ウィキぺディア英語版参照)

このような理由で、天皇がローマ法王と並ぶくらい地位が高いと日本では最近インターネットを通じて信じられています。


オバマ大統領が天皇陛下に深くお辞儀をし、アメリカのメディアから非難される




日本ではほとんど報道されませんでしたが、2009年、オバマ大統領が日本を初来日したとき、天皇陛下に深くお辞儀したことで、アメリカ国内では非難が殺到しました。

なぜ、アメリカの大統領が日本の天皇に頭を下げなければならないのか!?


アメリカで、今までの歴代大統領で、そんなことをした人はいない。などとかなりの批判が殺到したのです。

アメリカからすれば、アメリカのGDPの3分の1しかない経済の日本のTOPにお辞儀するなんて、どういうこと!?とアメリカ国民がビックリしてしまっても、おかしいことではありません。特に日本のお辞儀文化を知らない人はそう考えるのが普通でしょう。

ですが日本に通じた人から、日本ではどんな人でも会釈、そしてお辞儀をする文化があるので、オバマ大統領がお辞儀したことはおかしいことではない。とこの番組ではコメンテーターが言っています。


「トランプ大統領が天皇陛下にお辞儀をしなかった理由」

「なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】」


実は、ミシェル・オバマ大統領夫人もやらかしちゃってみました・・

 


一方、ミシェル・オバマ大統領夫人
にも非難が殺到したことをご存知でしょうか。

オバマ大統領とミシェル夫人がエリザベス女王とロンドンでお会いした時のことでした。オバマ大統領もミシェル夫人も同等クラスでしょ?のように、会釈も跪礼(きれい)もしませんでした。特に、ミシェル夫人は
跪礼をすると思われていたらしく、しなかったことで非難が殺到したと思われます。

特にオーストラリアやカナダはまだ国家元首がエリザベス女王なので、ミシェル・オバマ夫人がエリザベス女王に敬意を表さないことは、それらの国々をも軽視していると思われかねないからです。

そのうえ、ミシェル・オバマはエリザベス女王の背中に手をまわして、まるで友達気分で接してしまいました。34秒を見てみてください。これは意図的なのでしょうか?





わざと、このようにエリザベス女王に、私と同等だと示しているとしか考えられません。これはある意味、挑戦でしょう。

実際に欧米のメディアではこのようにプロトコルに違反しているというタイトルで叩かれています。


The Queen and Mrs. Obama: A Breach in Protocol

ミシェル・オバマ大統領夫人はサウジアラビアの前国王であるアドラブ国王や天皇陛下とお会いする際にも、やらかしてしまっています。その一部始終を私が記事化してみました。

「ミシェル夫人、天皇陛下の前で転ぶ?」
「オバマ大統領がサウジアラビアのアブドラ国王にお辞儀した理由」

もちろん賛否両論であり、ミシェルオバマ大統領夫人に関しては私はこういう女性がいてもいいと思っています。おそらく彼女は自分をきちんと持っているのでしょう。



故ダイアナ妃の見事な 跪礼 "curtsy"



1995年、故ダイアナ妃が日本を訪れたとき、見事な跪礼をなさいました。皇后陛下も、ダイアナさんがおいでになるということで、素敵な着物を、お召しになっています。


ちなみに、私は外国の要人がおいでになるたびに、美智子さまがどんなものをお召しになっているのか気になってしまいます・・。

そして、この動画に映っている頃の雅子さまは、本当にイキイキとしておいでです。

1分35秒をご覧ください。これが本当のハイヒールですね。(笑)

ちなみに、"curtsy" "cutesy" "courtesy" 
は、発音がとても似ていますので要注意!

このように、まさに、多くの西洋人はミシェル・オバマ大統領夫人が同じことをすると当然のことと思っていたのでしょう。


ですが、今や昔とは違い、外交儀礼の中に、お辞儀をしなければならないというルールは決まっておらず、これは個人の判断となります。(私がそのような根拠のあるページをみたことがないからです)

たとえば、大統領や国家主席と天皇陛下は同等の扱いになると思います。なので、日本には大統領がいないわけです。国王のいる国には、大統領は存在しません。マレーシアには国王がいるので、首相がいますし、インドは首相ですが、大統領もいます。イギリスもエリザベス女王がいるので、大統領は存在せず、首相ですね。

よく、インターネット上でローマ法王天皇陛下>エリザベス女王大統領首相のように、外交儀礼(プロトコール)で、上座の優先権が決まっているかのように言っている人がいますが、実際にそのような決まりごとは存在しないと思います。


もしあるとすれば、天皇陛下かタイの国王どちらが上座に座るかという場面になった場合、タイの国王でしょう。それは、タイの国王の方が国王に即位してから長いからです。

「List of heads of state by diplomatic precedence」

「ヨーロッパからも尊敬されているタイの王室。天皇陛下とタイの国王、どちらが上座?」

そのリストをご覧になるとわかると思うのですが、タイ国王が一番長いです。なので、天皇陛下が上座に座るとは考えにくいです。


カナダ公式のホームページを引用している場合(天皇陛下が世界で一番の地位という理由としてよく使われる根拠のページ)




このページに書いてある部分を掻い摘んで翻訳したいと思います。

"Style of address"
とは、称号のことです。称号とは、呼び名のことです。このホームページを間違って解釈して、インターネット上で、天皇はエリザベス女王よりもすごい地位だという間違った情報が回っているような気がします。

このホームページに書いてある称号を上から順に翻訳していくと、

天皇(日本の天皇)
国王(スペインの国王)
女王(スペインの女王)
皇太子
王妃
共和国の大統領
アメリカ合衆国の大統領
首相
大使
となっております。 





ウィキペディアの英語版でも書かれてあったように、やはり"emperor"という称号は、"king"  国王よりも、上に書かれています。

現在でも、公式にはイギリス国王がカナダ国王の扱いとなるカナダ政府の公式ホームページで、このような順番で書かれているのです。それは、ある意味根拠となりえそうですが、どこにも優先権などは書かれてありません。(ウィキぺディア英語版参照)

つまり何がいいたいのかというと、天皇陛下の存在は確かに世界でもかなりすごいです。ですが、国際ルールという決まり事で見た場合、上も下もないのです。そのように公式に上下関係を作ってしまうと、国家間でいろいろ面倒なことになるので、上座の優先権は在位数で決めることが多いようです。

たとえば、ローマ法王はカトリック国家
の君主よりも上の立場な存在だそうですが、それはヒンズー教国家であるインドや神道+仏教が国家の基盤になっている日本では、ただのキリスト教のリーダーのようにしかみえません。

それに、実質的に"emperor"とは支配するという意味のように属国などを現在持っていなければなりません。現在の日本は統治しているような国はありませんので、ちょっと以前の世界秩序なども考えると、昭和天皇と今上天皇(きんじょうてんのう)とでは、少し違う気もします。昭和天皇の場合は、昭和63年まであるということを見てもわかるように、在位数も今上天皇を圧倒しています。

今上天皇(27年)
昭和天皇(63年)


ですが、オバマ大統領が天皇陛下に深くお辞儀をしたりするように、その世界最古の天皇という存在はかなり大きく、欧州のロイヤルファミリーにも天皇家は尊敬されています。


おそらく君が代をいまだに歌わない若者がいるので、このように根拠もなく現在の天皇の地位を誇張した表現だと思います。私もカナダから帰ってきたとき、日本のことがもっと好きになり、日本の歴史について勉強してみたのですが、その時は天皇陛下の地位ってこんなに高いとは知らず、知った時に色々な日本人に言いふらしていました。

ほとんどの日本人は真剣に受け止めます。ですがこれを海外の人に言ってみると、ちょっと苦笑いされました・・。

このように天皇陛下はかなり高い地位でありながらも、それを根拠もなく海外の人に言ったりしても意味がないという事です。そしてこのように世界全体をみた上での客観的な言い方に変えるべきと私は思います。

最後に、韓国人が我が国のハングルは凄いと言っているように、日本人が日本語は世界で一番難しい言語とか言っていても、結局それは世界の人々からは全く違う風にみられています。なぜなら中国人は中国語が一番難しいと、中国人同士で言っているように、自分の国が凄いと言っているとしかとられかねないからです。

ちなみに、私は中国語学習者として、中国人がいつも私に、”中国語は難しいでしょう?”と聞いてくる問いに対して、”え?簡単だよ!?”と言っちゃっています・・。(笑)これがまた面白いところですね。

  

(画像をクリックするとアマゾンのレビューがご覧になれます)

こちらは私が結構面白なと思っている本です。こんな人が存在していたんだ。とか、そういう方たちの親戚関係、つながりなどを写真付きで紹介している数少ない本です。ネットで検索してもあまりなかったのですが、やっとみつけました。

全てが正しいのかは私にはもちろんわかりませんが、写真付きで紹介している分、存在自体は知ることができます。

そういう繋がりがわかるとどういうメリットがあるかというと、あの大企業って、あの人たちが実は所有しているんだ。とか、株主構造や、王室などの繋がりを一気に知ることができ、普段ニュースで見るのは大統領クラスなどが一番偉いように思えますが、もっと深く探っていくと、色々な人物がこの世の中では動いていることがわかり、おもしろいと思います。

また、プロトコールといえば、寺西千代子さんなのですが、数十年前くらいからプロトコールについてたくさんの本を書かれている方なのですが、こちらは2016年に出版された、最新版で今までのものをよりわかりやすくしたものです。

プロトコール。普通の人は知らない、一部の人だけがしっているエチケットというものを私は今後も追求していきたいと思います。

追記(2018/08/11)



Queen's Diamond Jubilee: The king and queen of all photographs

ジュビリーの際に撮影された記念撮影の英文記事を読んでいると、これら国王、大統領級の一人一人の名前を説明する際に、一番最初が、天皇陛下の名前になっていました。

多くの人はエリザベス女王の隣に座るのが偉いと思ったりもしたかもしれませんが、この全体写真で一番右に天皇陛下が座るということは、まさに上座に座るという意味ともとれ、天皇という称号もあるかもしれませんが、年齢的にこの中でも高齢な天皇陛下に配慮した可能性もあると思います。

それにしても日本人の象徴である天皇の名前が一番最初に読み上げられるって、日本国民としては非常に気分が良いですね。




フェイスブックでの反応

水軍さん
日本の皇室は2677年の歴史があります。他国の王室とは比べ物になりません。天皇陛下は神道の最高位であり、かつ、エンペラーなのです。一宗教のトップ、一国の国王だけの方々とは別格です。

るり子さん
一言で言うことでもないんだけど。あまりにも、身近にいるから、本当の凄さがわかっていない日本人がいるってことなのかな。もしくは、日本人でない人かな?

清美さん
日本の教育が天皇のことを十分に行わない、日本の戦争のことしか書かない教科書を使う!これで今の天皇を理解しましょうは無理というもの。

しかし日本のテレビも日本は悪いとしか伝えない放送ですから、なぜ、天皇は各国皇室からこのように対応されているのかわからない人が多いと思います。

山口さん
学校や親が教えてくれないから知らないでは最早非国民ですね。自ら学ぼう、知ろうとすれば今はいくらでも情報を得る事が出来る。

安成さん
詳細は知らなくても、世界一の皇室(王室)が日本に存在するということは知っておくべきだし、教育の履修には必要ではないかと思います。

芝さん
日本人が一番わかってない。それを恥ずかしいとも思わない。その意識は、今風に言うとやばいですよ。

武田さん
天皇誕生日は、東條秀樹閣下のご命日でもあります。閣下を軍神にしないよう、この日を選んで、閣下を処刑したアメリカの無慈悲さを実感する日でもあります。

此の日に処刑即刻火葬其の遺骨は東京湾に投棄!遺族にも引き渡しは去れずと聞いています、でも遺灰の一部が秘かに持ち出されて居ます無論7人の遺灰は持ち出されて今に有りますm(__)m

藤堂さん
水を差す訳ではありませんが、天皇をemperorと訳すのに位前から違和感があります。昨日の大御心を拝聴するに、三日三晩徹夜をされるやうな、宮中祭祀を執り行う等、神道の祭祀の長としての役割が強く、emperor以上に宗教的な意味合いも含める必要から、preist kingのはうが相應しいと思ひます。

訳を變じた処で長き伝統に裏付けられた格が落ちるものとは思ひません。宗教の長と國家統合に象徴との意味合いを考へるにローマ法王の立ち位置に一番近いと思ひます。emperorやpriest kingと英訳せずに國語の天皇が諸外國語として広まるのが最善とは思ひますが。

Youkiさん
安倍の時とは違う!ローマ法王と同等かそれ以上ですからね

Yamamotoさん
外交儀礼では王家の歴史の古い方が上位になります。

Ryoさん
来年は皇紀2676年です。つまり、現存する国の中で最古の歴史を持つのが日本なんです。天皇陛下の存在自体が尊いのです。

Toshikoさん
日本の天皇は125代男系で引き継がれてきている、世界の中でも唯一無二の存在です。だから尊いのです。だからエリザベス女王は一歩前に踏み出すのです。エンペラーだから地位が高いとか、そういう話ではないと思いますが。

こんな記事もオススメです。
「日本のエンペラー(天皇)や皇室について、キミたちが知らないコト TOP5【海外の反応】」
「なぜ日王(日本の天皇)は韓国をご訪問されないのですか?【韓国の反応】」
「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫だって?日王(日本の天皇)が、ついに自らの血統を告白したぞ!【韓国の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由 エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 25, 2015 Rating: 5

4 件のコメント:

yano さんのコメント...

大変参考になりました。

Unknown さんのコメント...

素晴らしい

ikuya shimoda さんのコメント...

素晴らしいですね。日本の礼儀は世界にも絶賛されるでしょう。

匿名 さんのコメント...

初めてコメントします。
同じ様なお話を大学の先生から聞いた事があります。
彼女が中国へ留学していた頃、中国人のお年寄とお話する機会があったそうです。
WW2についても話し合ったそうですが、そのお爺さんによると、「日本の兵隊は優しかったよ。」とのことでした。
ただ、それを聞いていた若者たちは「年寄は耄碌していて、事実と異なる事を話すから困る。」と。
先生もそのお爺さんも、そんな事言われたってなぁ…という気持ちになったとか。
地域や人に拠ると思いますが、ちょっと考えたらどちらが道理にかなうか分かると思いますね。

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa 大学教授、お医者さんやセレブな奥様に 大人気の英会話教室のご紹介!

100%
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.