新しいタイプのプロパガンダ!?海外在住、多言語話者でオカマの「まるちりんがーる」りょうこが言語や国際事情を独自の視点で発信していきます( ゚Д゚)/



日本のエンペラー(天皇)や皇室について、キミたちが知らないコト TOP10【海外の反応】




日本では皇室について関心を持つ人はそれほど多いとは言えない。けれども、海外に行ったりして日本の皇室について質問されたことがある人は多いのではないだろうか?

日本人が思っているよりも、日本好きの外国人にとって皇室というものは興味深いものなのだ。

特に日本のように王室があるヨーロッパの国々では皇室のニュースなんかもよく取り上げられる。雅子さまが一瞬復活したときも、このように報道されていた。(*´ω`*)

「おぃ!プリンセス雅子が、我らフィリップ国王をお出迎えしてるぞ!【スペインの反応】」

また、多くの国々では特に日本が好きな人にとってはやはり皇室は称賛されることが多い。

「日本の皇室、天皇家の写真が世界で称賛されていた件【海外の反応】」

なので、日本人ならこれから書く10のポイントは押さえておきたいところだ。で、この記事は、ある動画に書かれていたことから私なりに5つにまとめてみたあと、私のブログでまとめていた知識も、5つ追加した。なので、合計10あるわけだ。

※2で、その動画のURLを紹介している。→0:12 にミシェルが天皇陛下の前でコケそうになるところからこの動画は始まる…。最初からユーモアたっぷりだ( ´艸`)

これは私も以前書いたけどね…。

「ミシェル・オバマ夫人が、天皇陛下の前で躓いたり、エリザベス女王の肩に手を回したりする理由」

1.世界最古の皇室が日本なのだ



日本の皇紀は、神武天皇即位紀元ともされているが、紀元前660年とされている。そのため、2018年を皇紀で表すと、2678年になる。

2018年というのはキリストが誕生してから2018年が経ったという意味だが、皇紀は神武天皇が即位してから、2678年が経ったという意味なのだ。

このことから考えると、紀元前660年に始まった日本の皇室と、西洋でも最古と言われ、935年に始まったデンマーク王室には、1000年以上の差がある。

また世界でも最も人気のあるイギリス王室が誕生したのは、1066年だ。



つまり、比べ物にならないくらい日本の皇室は古い歴史を持っているのだよ。

ちなみに、インドネシア独立は、皇紀で示されていることも、覚えておきたい。こちらは以下でも書いたことがある。

「なぜインドネシアは日本に占領されたのに、中国人が嫌いで日本人のことは好きなのですか?【海外の反応】」


2.明仁天皇は神の子孫である

10 Things You Didn't Know About THE JAPANESE EMPEROR 天皇

※この記事は、上の動画からもいくつか抜粋しているが、上の動画では、天皇の前で唯一、こけそうになったミシェル夫人の天皇陛下面会映像から始まるのが面白いよん( ´艸`)

さてさて、日本神話に登場する神である天照大神(あまてらすおおみかみ)。これは皇室の祖神で、日本国民の総氏神ともされる。つまり、現在の天皇から紀元前660年まで遡ると、初代天皇と言われている神武天皇にたどり着き、それをもっと遡ると、

ウガヤフキアエズ

火遠理命(ほおりのみこと)

ニニギノミコト

天照大神

となる。

つまり、現在の天皇は天照大神(神)の子孫であるということになる。


3.明治天皇まで実は天皇は一夫多妻だった



皇室好きの人には知ってる人も多いが、歴代天皇には皇室があったため、たくさんのお相手がいたという意味になる。これは、後継ぎの問題があるため。

また、明治天皇のお子様たちは、生まれてもすぐ亡くなることが多かったため、特に男児の中で大人にまで育ったのは大正天皇お一人だけということもあって、

たとえば大正天皇は一夫多妻制であった。というのも有名な話だ。

イスラム教圏の人のように、一夫多妻制が日本にもあったということが、一番わかりやすい例かもしれない。

今後、年齢的にも、秋篠宮さまが天皇になることはないと思うので、悠仁さまが2050年ころの天皇となる可能性が高いが、悠仁さまがご病気になられたりした場合、誰が天皇をやるの?ということになる。

そういう意味もあり、一部では皇室に側室を設けることや、旧皇族を皇族に復活させ、今よりも皇室のメンバーを増やし、悠仁さまだけに負担がかからないようにしていくかなどの議論がある一方、世界的な時代な流れとともに、愛子さまを天皇に(女系天皇)できるような流れになっていくかもしれない。(悠仁さまに何かあった場合)



というのも、いくつかのアンケート調査で、国民の多くが賛成していることや、女性天皇・女系天皇問わず、外国からの圧力(女性差別のように思っている外国人も多い)、また天皇に継がれているハプログループDNA(Y染色体)などの信ぴょう性の話(2000年以上続いてきたという証拠がない)など、不明な部分が多いため、実際に男系が途切れたところで、何か変わるのか。という疑問もある。

特に、以下の記事でも紹介したが、女性の君主が多い西洋では、愛子さまが天皇にならないのはおかしいという意見も多くあった。

「愛子天皇は誕生なるか。歴代女性天皇 TOP10 と、女系天皇との違い」

やはり男系が続いて欲しいという希望はあるが、今の状況を考えると皇室に負担がかかる一方、今まで天皇家とともに日本人はやってきたので、女系天皇になった途端、国民と天皇家の絆が薄れるのではないかという心配もある。とはいっても、日本は時代とともに変化していくのではないだろうか。



4.天皇が初めて民間から選んだ皇后が美智子だ!



タイトルの通り、皇后美智子さまは、皇室の歴史においてはじめて民間人から選ばれた皇后だ。また、美智子さまはインドや台湾をはじめ、多くの国の日本好きから支持されている。

「世界中で愛されている日本の皇后 (Empress) 美智子さまの英語【海外の反応】」

次期皇后となる雅子妃も、民間人から選ばれた皇后となる。ちなみに、雅子妃の父は、ハーバード大学教授、外務事務次官、国連大使、第22代国際司法裁判所所長を歴任するなど、地位の高い人でもある。

美智子さまが、今上天皇と結婚すると言われたときには、皇室内でも反対派が多かったり、バッシングなどもあった。そのことについては、以下のブログにまとめた。

「明治維新以降、天皇や日本国民を支え続けている「日本の母、女王」皇后、皇太后 TOP5」

そう、雅子さまだけでなく、美智子さまも皇太子妃のときはかなり耐えていらっしゃったということなのだ。



5.明仁天皇は、科学雑誌サイエンスにも寄稿する魚類学者でもある



明仁天皇は、魚類(ぎょるい)学者でもある。日本魚類学会に属して自ら研究して書いた論文28編を同学会誌に発表している。

また、

1992年(平成4年)には『Science』誌に"Early cultivators of science in Japan"という題で寄稿している。

また発見したハゼの種類もこんなにある。

・キマダラハゼ (Astrabe flavimaculata Akihito et Meguro)
・シマシロクラハゼ (Astrabe fasciata Akihito et Meguro)
・ヒメトサカハゼ (Cristatogobius aurimaculatus Akihito et Meguro)
・コンジキハゼ (Glossogobius aureus Akihito et Meguro)
・クロオビハゼ (Myersina nigrivirgata Akihito et Meguro)
・ミツボシゴマハゼ (Pandaka trimaculata Akihito et Meguro)

また50年以上、侍従として天皇陛下を支えてこられた目黒勝介(海洋生物資源科学科卒業)の存在もある。

上に列挙したハゼの種類には、すべてに明仁と目黒。と書かれてある。つまり、目黒さんの存在も大きかったことがわかる。

天皇陛下のご研究のご著書などについて(宮内庁)


6. 天皇は韓国人の血を引いている

有名人、とりわけ王室・皇室の中でも頂点に君臨する人たちの中には、こういう血筋の話がかなり話題になる。例えば、エリザベス女王なんかは、イスラム教創始者ムハンマドの血を引いていると、イギリスで話題になっており、イギリス人の間でも、かなり信じられている話だ。

「エリザベス女王が、天皇よりも世界的に有名な理由と、ムハンマドの子孫説の真実【海外の反応】」

けれども、天皇の場合は違い、明仁天皇本人が、自らの血統について、

「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く、この時以来、日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また、武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております。

と語っている。このことは韓国で広まっており、以下の韓国の反応からも分かるように、日本の天皇=俺らから派生した人たち。という優越感に浸っているものがいるのも否定できない。

「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫だって?日王(日本の天皇)が、ついに自らの血統を告白したぞ!【韓国の反応】」


7. 天皇の葬儀には、世界中からオリンピック級の要人が集まる

昭和天皇の葬儀には、多くの要人が集まった。(国王、大統領、首相など)

ジョージ・H・W・ブッシュ大統領(バーバラ夫人とともに)、エディンバラ公フィリップ(イギリス)、フセイン1世国王(ヨルダン)、ハイム・ヘルツォーグ大統領(イスラエル)、ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王(ブータン)、フランソワ・ミッテラン大統領(フランス)、リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領(ドイツ連邦共和国)、スハルト大統領(インドネシア)、リー・クアンユー首相(シンガポール)、フアン・カルロス1世国王 / ソフィア王妃(スペイン)

など。まだまだ書ききれないので以下を参照していただきたい。

「昭和天皇の葬儀「大喪の礼」に参列した各国の国王、大統領、首相リスト TOP10」


8. 平和なイメージのある平成天皇も、かつては外国訪問の際、バッシングされていた

現在では、天皇(明仁)=平和。というイメージがあるが、即位間もない頃は、イギリスやオランダで戦争犯罪!と叫ばれていたり、日の丸を燃やされたり、卵を投げつけられるというハプニングも。

「日本の天皇は戦争犯罪者!とイギリス人が抗議。オランダでは日の丸を燃やされ、卵を投げつけられた理由【海外の反応】」

しかし、外国訪問などで他国の先人を慰霊したり、人柄が評価され、このようなことは起き無くなった。ちなみに、オランダが反日国家であった理由は、日本とオランダが以下の条約を結んだことからも、かなり仲が良かったにも関わらず、

「オランダがスイスと日本だけに「最恵国待遇」を与える理由と、フリーランス(起業家)にとって「ベルリン」よりお勧めな理由」

インドネシアの独立戦争を支援したからだともいわれている。いずれにしても、現在の日本はインドネシアともオランダとも良好な関係にある。


9. 天皇が唯一訪れていない国が韓国

天皇は、就任以来、多くの国に訪れ、慰霊儀式に参加されたり、先の戦争に対する責任を強く感じ、海外訪問に取り組まれてきたが、唯一韓国のみ訪れていない。

その理由、説は以下にも書いたが、いくつかある。

「なぜ日王(日本の天皇)は韓国をご訪問されないのですか?【韓国の反応】」

一つ挙げられるとすれば、世界でも唯一天皇という言い方をせずに、日王という言い方をし続けることや、



U.S. ambassador slashed in South Korea

2015年、駐韓米国大使が韓国でテロリストに攻撃されたこと(なぜか忘れられてしまっている…)により、同年、大邱市(韓国)で開かれた「世界水フォーラム」に韓国政府から招待された皇太子殿下が、初の訪韓を見送っていることなどを考えても、やはり安全面だろうと思う。

しかし、天皇陛下(明仁)は韓国にものすごく行きたいのではないか。という声もネット上でよく聞かれる。

また、韓国のネット上では、安倍は悪、天皇は善のように、天皇は悪くない。など擁護するコメントも目立つのが面白い。

いずれにしても、天皇は中国を訪問されているので、日本とつながりのある主要国で唯一訪問していない国と思われる。



10. 日本のエンペラーは、西洋のエンペラーとは違う

日本の天皇は、称号的として、英語表記の際に Tenno ではなく、Emperor を使っているが、これは、歴史的に中国の Emperor に対抗しようとして英語表記の際に Tenno ではなく、Emperor にしようとした説などもある。(清に皇帝がいるのに、天皇=King だと、西洋から日本が下に見えるからかもしれない)

が、現在の日本は大日本帝国だったときのように他の国を統治したりしていないので、厳密に言うと、現在の天皇は、Emperor ではない気がする。

少なくとも英語圏の人たちは日本の天皇を、彼らがイメージするような Emperor としてはとっていないようにも思える。

確かに大日本帝国以前からも Emperor は使われていたが、”日本はもう大日本帝国ではないのだから、Emperor を今でも使い続けているのは、歴史的ななごりなだけ。”と済ませている外国人の意見もあった。

日本人が何といおうと、これが欧米人の普通の意見だろう。

Why is Japan the only country with it's monarch called 'Emperor'?

ちなみに、イランにもアメリカの傀儡国家時代に、エンペラーが存在していた。

「エンペラーは日本だけではなかった。イランに「皇帝」が存在していた理由と、廃止されてしまった理由」

けれども、現存する最後の Emperor が日本の天皇だからこそ、日本が良いお手本になっている可能性もある。

平成天皇(明仁)から行われてきたような天皇が国民と同じ目線で会話する姿など、このような姿勢は、従来の Emperor (世界各国)が行ってきた高圧的な Emperor とはかなり違う。

令和の時代もこれを受け継ぐことで、Emperor というものは、本来こうあるべき。というイメージを日本が世界に発信できるチャンスかもしれない。

そういう意味で日本は Emperor の称号を使い続け、皇室・王室における世界の模範となってほしいとも思う。

ちなみに、天皇とエリザベス女王どちらが偉いのかという、議論にハマってしまっている人もいるが、それは以下に詳しく書いた。

「エリザベス女王が天皇陛下と握手する際に、自ら一歩踏み出す理由」

上の記事は、YouTubeでそのままコピペされ転用されたり、2019年ベストセラーの日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義や、デービッド・アトキンソン 新・観光立国論(2015年)で有名な、デービッド・アトキンソンさんの目にもとまり、facebook で繋がったりした記事…。




以下、海外の反応


01.海外の名無しさん
確かに良い内容だったけど、現代の歴史家は、天皇が誕生してから1000年くらいは、すべてが伝説上の天皇であり、存在しなかったと懐疑的な見方が多いよ。そこをワザと動画に載せなかったのかい?

それでも日本は世界で最古の皇室だろう。けど、デンマークやノルウェーなどのスカンジナビア系の王室と数百年しか違わないだけだ。1000年以上も差があるとは言えない。

02.海外の名無しさん(日本人)
現代の日本の歴史家は、2600年前に日本で最初の天皇が誕生したとは考えていません。
仮説のひとつとして、最初の9代までの天皇は伝説であり、言い換えれば存在しないという主張もある。

けれども、10代天皇である崇神(すじん)天皇は実在したと考えられている。けれども実際、10代天皇の崇神天皇は、前97年~前30年(キリストが誕生する前)に在位していたというが、実際は、3世紀から4世紀初めにかけて実在した。と言われていたりもするので、皇室には2600年もの歴史があるっていのはちょっと違うと思うな。

03.海外の名無しさん(カトリック教徒)
日本の皇室にはずっと続いていてほしい。私たち伝統的なカトリック教徒は、皇后両陛下を誇りに思っています。彼女は私たち自身の民の一人であるからです。 聖母マリア様が、皇后両陛下の御国を守り、保護してくれることを祈ります。 アーメン。

04.海外の名無しさん
日本人は、明らかに自分たちの皇室を誇張しているよね。紀元前660年なんて、証拠もないくせに!

731部隊の戦争犯罪についての動画を次回は作ってくれよ?日本のいいところだけ伝えようとして、悪いところは伝えないのかな?

05.海外の名無しさん
次は、皇后美智子さまのストーリーがみてみたい!!




マルチリンガールのコメント

このコメントには、中国人か韓国人と思われる戦争犯罪系のコメントも多くあったが、それ以外の国からは称賛の声が多く上がっていたというのが私の感想だ。

もちろん、私はネガティブな部分のコメントも載せておくようにしている。731部隊というのは実際に実在してるのだし…。

いずれにしても、私自身、天皇家について知らない部分もあったので吸収出来た部分が多かった記事となった。

ちなみに、私は以下の本を持っています。すべての天皇のことが書かれているので、全部読み切れていませんが、面白いですよ(*´ω`*)

(クリックするとアマゾンのレビューページに飛びます。)




FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!


清水さん
日本の歴代天皇陛下は初代~10代は空想上であると言われております 実質上の初代は崇神天皇 実は天皇家は三王朝交代説が昔から有り崇神天皇家→応神天皇家(仁徳天皇)→継体天皇~今上天皇陛下です

Johnsonさん
明治維新で、九州熊本の大地主だった私のおじいさんは、貴族男爵に成り、東京の国会に 熊本から、列車通い!スタンフォードの西教授の書いた明治維新の本の紹介、ありがとう。早速 注文して読みます。

松本さん
皇族や天皇なんて単なる政府のイヌネコだと思います、

Honokaさん
私も知らない事があり、勉強になりました。ありがとうございます。

岡田さん
理論的にと言う観点で皇室を見ても仕方がない。事実は文字があり伝えられている事などで、正しいかどうかは歴史学、考古学の学問で解明すれば良い。

125代続き、その前は弥生時代、縄文時代と遡る事が出来る日本であると言う事が大切な事。世界を見てもこんなに長く続いている国は無いと言う事です。

Tokumasaさん
そして、日本も世界で一番長く国家として存在しています。

こんな記事もオススメです。
「あなたは、韓国系?東南アジア系?祖先(ハプログループ)を知るための遺伝子検査「ジーンライフ」製品の詳細を調べてみた」



日本のエンペラー(天皇)や皇室について、キミたちが知らないコト TOP10【海外の反応】 日本のエンペラー(天皇)や皇室について、キミたちが知らないコト TOP10【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 28, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.